FC2ブログ

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

つい先頃レポ挙げしたばかりの「郡山大勝軒」ですが、お初の新味体験を致しましたので、書き留めておきます。

郡山大勝軒

徐々に日が長くなって来まして、17時くらいでは、まだ明るさの残る時節となりました。 ウチのじいさんがブルーレイHDDレコを買ってきたは良いが、どう接続するかを自分では探ろうとさえせず、ボクに丸投げして来たので、倅の責務を果たして参りました。 HDMIケーブル一本でハイビジョンテレビと接続完了なんですねw( ̄▽ ̄;)w そんなに簡単になっているんだぁ~ 何せウチには、そんなお道具はありませんので初体験ww でもPCは一人1台なんだわ。 家族それぞれに見たいものが違うからでしょうね。 まっ、そんな流れで、ジイさん宅の帰り足に漂着したのがここでした(^^)

「つけ麺 中盛 (700円+0円)」

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

へっへっへ( ̄∇ ̄) 腹ペコだったから、中盛(300g)頼んだった♪

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

ツヤツヤの麺は、弾力を伴いながらプッツン!とした確かな歯応えを伝えて来ます。 やはり冬場の麺は、出来が良い気がします。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

たっぷりの漬けダレからは、魚介系の豊かな風味が立ち登り、動物系の出汁は、バックボーンでしっかりと後ろを支えている感じです。 着実に動物系の出汁は洗練の度合を高めていますので、グッと奥底で旨味を支えていながらも、その存在は極度に強くは感じられなくなってきました。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

甘酢を配した漬けダレは、独特の大勝軒Worldを生み出します。 この原型を基に、広く一般世間につけ麺のスタイルが定着したと言っても過言ではないでしょう。 ダイナミックな具材の存在感もまた、それまでの中華そばには無かったものです。

「無芸さん、これ混ぜてみて(^^)」

郡山大勝軒 辛し玉


工藤店長が差し出してくれた辛し玉です。 漬けダレに溶かずに、オン・ザ・麺でやるのが良いとのアドバイスです。

この日の辛し玉は、かなりの自信作だったらしい(^^) 直接つまんで口にしてみましたが、冴えた辛味の中にも、ジワッとした旨味が感じられました。

郡山大勝軒 辛し玉

って事で、お薦めに従って、辛し玉・オン・ザ・麺!v('▽^*)

漬けダレを潜らせて、軽快に啜ってみたら・・・

ゲホゲホゲホゲェ~~~~!(`ロ´;)

あぅぅぅぅ、オン・ザ・麺にすると、辛味がシャープに効いてきますぅ~!ヽ((◎д◎ ))ゝ ボクにはこの辛しのストレートな辛味はチト苦手・・・(^▽^;)ゞ

たまたまカウンター席のお隣に陣取られていたお客様にも、

「店長からのプレゼントですから、良かったら試してみませんかぁ~?」とお薦めしてみました(^^)

(あっ、そんなに麺にまぶしてしまったら・・・(゚o゚;;)

ボクみたいに咽せったりしませんでしたが、しきりにお冷やを飲んでいたっけ(^^;) うぅ~~ん、ちょっと気の毒しちゃったかな?(; ̄ー ̄)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

コメント

無芸さん、辛し玉じゃなく辛しでしょう。zachsは必ず必須!!
シャープですよね。これが引き締めるんで別皿注文が好きなんです。

無芸さんからのキッカケでブログ開設しました。ポチッとさせてよろしいでしょうか?
2012/ 02/ 15( 水) 20: 33: 18| URL| sachs944# -[ 編集 ]
 
ここまで色々と試させてもらえるお店はイイですね~。
居酒屋さんならコッチでもあるのですけど…。

悔しいから、何かでリベンジです!
2012/ 02/ 15( 水) 22: 19: 57| URL| GGだっしゅ。# -[ 編集 ]
 
実はおいらも昨日神田大勝軒に行ってしまいました.

こちらの中盛は450gです.(60円増し)

デフォが300gで,同一料金の麺少なめで200g+メンマか味玉トッピング可です.

多分,郡山大勝軒との味の出し方は若干違うと思いますが,たまに食べたくなる味ですなぁ・・・・・

僕らの花カツミに行きたい!!!!
2012/ 02/ 16( 木) 06: 33: 19| URL| 大熊# -[ 編集 ]
 
そうそう,郡山大勝軒高いなぁ

こちらデフォの300gで680円.

土地の単価からすると神田大勝軒頑張ってるね!!

連投スマソです!!
2012/ 02/ 16( 木) 06: 36: 10| URL| 大熊# -[ 編集 ]
 
正式に「辛し」という名前が付いているんですかね?(^▽^;)ゞ いやぁ~、実は辛し系のシャープな辛さは苦手なもので、ここでは「辛し~」ってメニューを所望した事がありません。

バットの上にズラッと並べられていた“辛し”が、小玉に纏められていたものですから、“辛し玉”なのかなぁ~ってww オン・ザ・麺で頂きますと、本当に効きますよぉ~!(>_<)
2012/ 02/ 16( 木) 10: 50: 41| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
以前も述べた通り、ここの店長と副店長は、ストイックなほどに仕事と向き合っています。 その上で向上心も豊かですから、常に自分達の仕事の確認をしてきます。

店主・阿部さんがここに居た時から続く、何気ない親交を彼らは見ていたのでしょう。 ボクの方がずっと勉強させて貰っています(^^) でも教えられるほどに、ラ~屋さんを始めようなんて全く思わなくなりますww
2012/ 02/ 16( 木) 10: 57: 26| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
こんえにちは 
大勝件の事は色々で、ラーメンの神様 (山岸さん)が中野で修行中?の時が、氏のラーメンとの出会いです。

私が小3 その後 池袋で独立 今にいたっています。氏のすごい所は 弟子の指導でしょうか、美味しい物を提供 暖簾分けは簡単みたいです。

最低限の腕でと(大勝件)の名前を許しています。
ここか辺が 神様と言われていいるのかもしれません?。

各お店で味も違い 値段も。

地元に合った物であれば OKでは?。

そうそう 40年前の話ですが、当時はまだ (つけ麺)は存在していませんでした。

(まかない)としての代物、味のチェックを兼ねてだと思います。

常連が ” 俺にも 食わせろ~ ” からメニューに上がりました。

当時は(つけ麺)では無く 特製と呼ばれていましたよ。特製の名称 知っている人は少ないと思います。

麺の分量は 並み 大盛り 一番 との段階でした。

私は何時も ” 特製 一番 ” と注文。

〆のスープ割りですが、丼を出せば 大鍋から柄杓でのスタイル たまらない世界でしたよ~~~。

この当時のラーメン専門店(数は限られていましたが) 独特なスタイルで食べさせてくれた物です。これ  あくまで 東京山の手スタイル。

詳しくは次回のおりにでも。

    大 勝 軒

私にとってのラーメンのルーツです。

また~~~

2012/ 02/ 16( 木) 12: 19: 45| URL| バンダナ親爺」# -[ 編集 ]
 
大勝軒と言えば未だに、ここ地元郡山大勝軒しか知らない無芸です(^▽^;)ゞ 多分、ここだけで満足しちゃっているんですよねww 神田大勝軒さんは、確か山岸さんがかなり目を掛けていたと聞いています。 カレーラーメンの復活なんかも、ここで行ったと記憶しています。

よほど極端な価格差が無ければ、ボクはあまり気に留めませんww 以前は650円で提供してくれていたんですけど、一度値上げしたらまず戻さないのが大方のお店でしょう(^^)

価格に見合うだけの価値があるかを、食べ手はちゃんと見据えていますからね(^^) 別に一杯1,000円だってかまいません。 食べたいキモチにしてくれて、手許にお金さえあるのなら、やはり足を向けるのがファンってものですよね。

なかなか当地へお出ましになる機会は少ないでしょうけど、郡山大勝軒もお味を確かめて頂きたいですね(^^) 地域性に合わせての進化も楽しめますので、きっと満足して頂けると思います。
2012/ 02/ 16( 木) 13: 13: 56| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
私も山岸さんの自叙伝を拝読致しまして、概略は記憶しております。 ひたすら残念なのは、山岸さんが現役で窯場におられた頃の味を頂けなかった事です。

多くのお弟子さんを輩出した今、それぞれに進化し続け、繁盛店になって行かれる事が、山岸さんの楽しみになっておられる事でしょう(^^)
2012/ 02/ 16( 木) 13: 20: 35| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
この前の記事の後に行きたくなって入ってみたら行列だったからあきらめた って言ってたけど
今回は行ったんだなぁ。。。熊。
って ココでダンナの行動を調査するって どぉよ!?( ̄∇ ̄;)
2012/ 02/ 17( 金) 08: 41: 00| URL| おかみっちょん# -[ 編集 ]
 
大熊さぁ~~ん! 大変だよぉ~!(゚ロ゚屮)屮 全部バレてぇ~らぁ~♪(((*≧艸≦)
2012/ 02/ 17( 金) 13: 09: 50| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1995-9f679f0c