FC2ブログ

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

定期ローテーションの「郡山大勝軒」ですが、岡田副店長プロデュースの「チャーシュー丼」が更にアップ・デートしましたので、しっかりとお腹を空かせて夕刻の訪問です(^^)

「つけ麺 並盛 (700円)」

郡山大勝軒 つけ麺 並盛

サイドメニュー丼を頂く都合がありますので、ぐっと抑えて並盛を所望します。 まっ、冷静に向き合いますと、この並盛でさえ、充分な麺量ですけどね。 ここで「小盛」を所望するって手もアリなのてすが、それでは無芸大食の名が廃りますので、意地でもそれだけは避けたい事情ww

郡山大勝軒 つけ麺 並盛

いつもながらツヤツヤな水膜に覆われた太麺は、小麦の香りが鼻腔に届く存在感のハッキリとしたもの。

郡山大勝軒 つけ麺 並盛

魚系フレーヴァーが甘ささえ感じさせる漬けダレ。 以前は充分に重量級だと思っていた漬けダレは、今では中量級に分類されます。 リンゴ酢ベースの甘酢や上白糖を用いて、甘酸っぱく仕立てられた漬けダレは、つけ麺の始祖的存在「東池袋大勝軒」の定石を守るものです。

ご本尊と大きく異なるのは、モモ肉チャーシューに加えてバラロールチャーシューが加えられている点でしょう。 これは店主・阿部君の決断で決められたものであり、オリジナル性の表れでもあります。

郡山大勝軒 つけ麺 並盛

ツルッと舌触りの滑らかな麺は、グッと噛み込みますと適度な弾力を伴ってプッツンと歯切れます。 リズム感溢れるこの食感を楽しみながら、ストイックに麺を食べ続けると、いつの間にか自分の思う量よりも多くの麺が胃袋に納まってしまうという寸法です(^^)

さて、この日のお楽しみはこちら。

郡山大勝軒 OKA式豚DON POP

このPOPは既に過去型の丼です。 最初のバージョンは「チャーシュー丼」としてリリースされました。 途中1度のアップデートがありまして、現在の「OKA式豚DON」に進化致しました。 このPOPの仕様がVer.2.0だとしますと、この日私が頂いたのはVer.2.1です。 多分現在はVer.2.2に更なるアップ・デートが施されているかも知れませんww

「OKA式豚DON ごはん少なめ (240円)」

郡山大勝軒 OKA式豚DON ごはん少なめ

POPの写真と見比べれば一目瞭然の進化ですね。 残念ながら無芸はVer.2.0を食べ逃しました(^^;) だって手直しが早過ぎww

このコロッケは、自家製チャーシューの端っこの部位がタップリと仕込まれているそうです。 チョロッと掛けられているソースは、副店長・岡田君の自家製デミグラスソースです。 デミグラスソースまで自作しちゃうあたりは、ちょっとマニアック過ぎるくらいですが、この探求心と面白いことしたいキモチは、きっと彼の財産になるでしょう(^^)

郡山大勝軒 OKA式豚DON ごはん少なめ

十八穀米を敷いてあるそうですが、その食感に違和感はありません。 以前は豚バラのチャーシューの厚切りを炙ったものが載っていましたが、今回はトロッとするほどの煮豚バージョンにすげ替えられていました。 辛子マヨネーズも添えられていたり、ちょっとカオスっぽいのですが、白髪ネギが効いているせいか、意外と端正に感じられるあたりが面白いところです。

さて、ここに登場した特製コロツケですが、どうやらVer.2.2では姿を消してしまうらしいです。 大勝軒のコロッケなんて初耳ですので、ご興味のある方は話の種に今の内に一度どうぞ(^^)





郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る

 
さて、ここに隠された追記に気付いた方だけにご披露するネタがあります(^^) 実は非正規の漬けダレってのにありつけました。 どうやらスタッフさん達の「賄いつけ麺」で進化したヤツなのだそうです。

「無芸さん、ボクらの賄いつけ麺を味見してみませんか?( ̄ー ̄)」

勿論お断りする理由など何一つあろうハズも無く“切望”させて頂きましたヨ(〃∀〃;)

「結構辛いですけど、そっちは大丈夫ですか?」

「うぅ~~ん、人が食べられる程度の四川料理だったらオケイだけど・・・(@^^)ゞ」

「あっ、ソレなら大丈夫でしょう♪」


やおら中華鍋にラードを投じて、玉ネギとモヤシを炒め始めます。 軽く火が通ったところでスープを注いで一煮立て。 なにやら配膳台でゴニョゴニョと造作して出てきたのはこの漬けダレ。

郡山大勝軒 賄いけ麺

ヒィ~~~?!(゜▽゜;) 真っ赤っかですやん?!

毎日賄いでもつけ麺を食べているらしいんですね。 流石に毎日だと、色々と魔改造をしたりするらしいんですが、その中でもかなり完成度高く仕上がったヤツらしいですo(^◇^;)o

郡山大勝軒 賄いけ麺

確かにインパクトのある辛味なのですが、ラードや玉ネギ由来の甘味があったり、甘酢や上白糖はそのまま残されていたりするので、“甘酸っぱ辛い”という新機軸の押し味に満ちています。

これはハマるとヤバい魔力があるなぁ~( ̄▽ ̄;) この漬けダレを正式にリリースするかどうか、店主・阿部君に見て貰う予定だそうです。 巧く合格点が与えられれば、晴れて皆様の前に登場する事になると思います。

コメント

「チャーシュー丼」として初めてリリースされた頃でもサイドメニューの域を超越した品に思えましたが、
度重なるバージョンアップで最初の頃の面影すら見えないほどスケールアップしてるような気がします(笑)

プロトタイプのつけダレも気になりますw
是非レギュラーメニュー化して欲しいですね♪
2011/ 11/ 08( 火) 09: 42: 47| URL| Iceman# Q.zvybpY[ 編集 ]
 
これはきっと、店長と副店長コンビが、仕事に対していつもストイックであり続ける為の、大切なアピールメニューなのだと思います。

普通に考えて、店主が別のお店に掛かりきりになっていて、あまり会う機会さえなければ、従業員さん達は、決められた仕事だけを着実にこなし続けるだけでしょう。 このコンビときたら、閉店後にもシコシコと独自に研究開発を行っているんですよww

その努力や発想を出来る限り伸ばしてあげて、作品として発表の場を与える店主も立派だと思います。 彼らは行く行くは、一本立ちして行く事と思います(^^)
2011/ 11/ 11( 金) 13: 47: 26| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1888-52716c41