FC2ブログ

2011年 錦秋巡り 『烏帽子平・湖見峠』

「磐梯吾妻スカイライン」の最高地点付近は「烏帽子平 (えぼしだいら)と呼ばれています。 最高標高は1,620mに達し、毎年道路が開通する頃には“雪の回廊”と呼ばれる高さ4mの雪の壁が切り通される場所です。

烏帽子平の紅葉
[2011/10/10 烏帽子平の紅葉] <↑ Clickで拡大>

以前から通りがかりに、その美しい景色が気になっておりましたので、今回初めて車を駐めて周辺を探索してみました。 幸いにして路側に車1台分の幅のある駐車スペースがありました。 ここにデポすれば、路上に車がはみ出る事はありません。

枯れ枝の装い
[2011/10/10 枯れ枝の装い] <↑ Clickで拡大>

さすがに高い標高と言う事もあって、枯れ木の姿も少なくありませんが、これがまた独特な風景を醸し出しています。 普段は荒涼とした風景なのですが、秋の紅葉シーズンの時期だけは、色付く広葉樹林の色合いを得て、白く朽ちた枯れ枝さえも美しく映えて見えます。

烏帽子平の紅葉
[2011/10/10 烏帽子平の紅葉] <↑ Clickで拡大>

「浄土平」よりも標高の高くなる「烏帽子平」からは、ご覧のように「一切経山」が望めます。 噴気が東に流れていたのは残念ですが、なかなかの眺望です(^^)

更に標高を下げて「湖見峠」まで下ります。 ここから望む景色は、まるで錦絵のように多彩な色が散らされています。

湖見峠の紅葉
[2011/10/10 烏帽子平の紅葉] <↑ Clickで拡大>

撮影から既に10日以上が経過していますので、現在はもっと赤みが強くなっているか、一部は枯れ色に染まり始めているかも知れません。

白樺
[2011/10/10 白樺] <↑ Clickで拡大>

更にあと10日も経ったら、白樺の樹の白さが際立つような風景に変わっている事でしょう。 仕事の商品撮影用に手に入れたSIGMA70mm F2.8 EX DG MACROの試し撮りです(^^) 噂通りのキレキレな描写力に驚きました。 これで絞りはF3.2です。 単焦点レンズの濁りのないキレの良い描写力と精細さに改めて驚き(^▽^;) 単焦点レンズコレクターのキモチが少し分かりましたww

 

コメント

烏帽子平と一切経が同時に見えるんですね。何十回と通っているんだけど、バックミラー見てないんで気がつきませんでした。というよりも気分は喜多方でのモーニングでいっぱい。
 確かに、F2.8のズームが手に入れば、単焦点は使用しなくなるんではと思ってましたが、手元に置くべきですね。
2011/ 10/ 22( 土) 06: 10: 34| URL| sachs# -[ 編集 ]
 
通りかかる度に気になっていたスポットなのですが、今回は車をデポする場所を発見出来ましたので、初めて歩き回りました。

F2.8通しのズームレンズは、あっれば極楽の松レンズww でも単焦点のヌケの良いシャープな描写もまた、ツボにはまれば至高のレンズですね(^^)

F2.8通し1本と単焦点3本でほぼ同じ重量ですが・・・(^^;) 悩ましい限りです。
2011/ 10/ 22( 土) 13: 11: 31| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1862-311a7280