FC2ブログ

2011年 錦秋巡り 『天狗の庭』

ドラスティックな日の出にはなりませんでしたけど「天狗の庭」にも、ようやく薄雲フィルターを通った柔らかな朝の光が届き始めました。

天狗の庭の紅葉
[2011/10/10 天狗の庭の紅葉] <↑ Clickで拡大>

同じ場所から撮影をしていますと、年々木々は成長し続けているのが分かります。 前年と同じイメージでファインダーを覗きますと、「あれれ( ・_・)?」と一瞬考え込む事も度々です。 そう、見え方が変化していることに気付かされるのです。

吾妻小富士と紅葉の天狗の庭
[2011/10/10 吾妻小富士と紅葉の天狗の庭] <↑ Clickで拡大>

そこそこの光が得られ、山麓はにわかに色の鮮やかさを放ちます。 紺碧の青空背景も良いですが、秋らしい雲が流れている空も良いです。

その色紅き
[2011/10/10 その色紅き] <↑ Clickで拡大>

道路沿いの広葉樹の色付きが一際冴えているのは例年の通りです。 徐々に強く差し込んで来た陽の光にも助けられ、ハッキリとした色合いが目映く感じられるほどです。

天狗の庭の紅葉
[2011/10/10 天狗の庭の紅葉] <↑ Clickで拡大>

多彩な色のモザイクのような天狗の庭。 一週間前には、まだ色付きの気配しか無かったのに、一度スイッチが入ると一気に進みます。

紅葉のスカイライン
[2011/10/10 紅葉のスカイライン] <↑ Clickで拡大>

僕たちが毎年のように訪れる撮影ポイント。 例年なら日の出前からカメラマンの姿が途絶える事のない場所です。 ご覧の通り、完全にシーズン・インしているのに人影は無し。 まあ実際には全く誰一人いなかった訳ではありませんが、圧倒的に少なかったです。

吾妻小富士
[2011/10/10 吾妻小富士] <↑ Clickで拡大>

もしかすると「つばくろ谷」で撮影していた人が多いのでしょうか? 徐々にカメラマンの姿が増えて来ました。 ただ困ったことに、撮影ポイントのちょっと先には、路肩の駐車スペースが用意されているのに、歩く事自体を嫌ってか路上駐車をするカメラマンが大半です。

確かに早朝の内は一般の観光客は少ないでしょうけど、万一の事故の誘発要件になりかねない行為です。 駐車スペースが使い切られて寄せられないのならともかく、潤沢にスペースが残されているのに路駐というのは頂けません。 中にはシニア軍団のワゴン車が、カーブの外側に路駐する始末Σ( ̄ロ ̄lll) あまりにも酷い・・・

どんなに立派な道具を携えようと、社会的な地位を手にしていようと、そしてどんな立派な作品を世に出しているにしても、やはりダメなものはダメです。 ルール違反ですから(^^;) まあこの団体さんが、本当に好き勝手にやってくれる人達で、静寂の中で突然ホイッスルを吹いて、居合わせたカメラマン達を驚かせてもご満悦(。。lll) 場の雰囲気が凄く悪くなったので、私達はその場を離れました。

天狗の庭の紅葉
[2011/10/10 天狗の庭の紅葉] <↑ Clickで拡大>

楽して撮りたいシニアカメラマンが来ない場所まで歩いて行って、落ち着いて撮影を再開ですww 色のパノラマが目を楽しませてくれるのですが、気が付けば同じようなカットを無闇に何枚も撮っていたりします(^▽^;)ゞ

V字渓な紅葉
[2011/10/10 V字渓な紅葉] <↑ Clickで拡大>

もうそうなってくると、私のようなビギナーには新展開の絵は望むべくもありませんので、ぼちぼち引き時のサインです。

紅葉のスカイライン
[2011/10/10 紅葉のスカイライン] <↑ Clickで拡大>

今年もイイのを貰いましたね(^^) 来訪者の少なさを気にしていたのですが、実はこの後大変な賑わいとなり、磐梯吾妻スカイラインは今年一番ってくらいの渋滞が発生していたそうです。 いや、良かった良かった♪ 巻き込まれなくて良かったww
 

コメント

レストハウスも今までにない集客だったみたいですね。
あとは本当に風評被害がなくなることですね。
2011/ 10/ 20( 木) 21: 48: 43| URL| horikoshi# sSHoJftA[ 編集 ]
 
そうですか(^^) 何れにせよ良かったです。 誘客活動は先の長い事になるでしょうけど、草の根的に県民みんなが働きかけ続ける事が大切ですね。
2011/ 10/ 21( 金) 21: 27: 10| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1860-94fdfa92