FC2ブログ

雄国山麓の秋景色

Nikon D80のレクイエム記事も、本稿・次稿を残すだけとなりました(泣) 磐梯山ゴールドラインを駆け下り、進路を雄国山麓沿いのルートにとります。 前週は無芸大食妻と共にサーベイしておいたエリアですが、今回はより確実な情報を元に、そば畑を探しにやって参りました(^^)

雄国山麓のそば畑
[2011/09/18 雄国山麓のそば畑] <↑ Clickで拡大>

農家の皆さんは本当に働き者です。 ここに到着したのは、まだ7時になったばかりでしたが、既にそこここで農作業に勤しんでおられる姿があります。 丹精込めて作った農作物が、何一つ臆することなく商品として出荷出来る日が一日も早く来ることを祈るばかりです。

雄国山麓のそば畑
[2011/09/18 雄国山麓のそば畑] <↑ Clickで拡大>

雄国山の山懐は、見事に開墾されておりまして、その耕作エリアの広さはちょっとしたものです。 白いそばの花を目安にそば畑を追い求めて行きますと、ようやく開けた耕作地に辿り着きました。

ここから見える一本の樹木が、なかなか面白い枝葉の付き方をしています(^^) 昨年の晩秋に気付いていたのですが、こうしてアップで撮影してみると、その特異さがお分かり頂ける事でしょう。

志村!上!上!
[2011/09/18 志村!上!上!] <↑ Clickで拡大>

思わず「志村!上!上!ヽ(;^o^ヽ)))」ってのを連想してしまったww ちと、旧いっスね(^▽^;)ゞ

ともあれ、この樹木の枝葉が何故にこんなスタイルなのかは不明です(⌒-⌒;) 人為的に刈り込まれているのかなぁ~? でも昨年も同じカタチだったからなぁ~(笑) まっ、謎は謎のままのほうが面白いかも知れません(^-^)

雄国山麓のそば畑より飯豊山を望む
[2011/09/18 雄国山麓のそば畑より飯豊山を望む] <↑ Clickで拡大>

喜多方の盆地の向こう側にある飯豊山の山脈は、残念ながら雲が掛かっていてクリアに見通すことは出来ませんでした。 このビューを一番狙っていたので残念です。

秋豊穣の里
[2011/09/18 秋豊饒の里] <↑ Clickで拡大>

黄金色に染まった水稲は、収穫間近のタイミングでした。 幸いなことに、ここ喜多方では放射性物質は検出されなかったそうです。 広大な耕作地の中を駆け抜けながら、これだけの農耕地が機能させられなくなったら・・・と考えると、ちょっと寒気がするほどの恐ろしさです。

今年が大丈夫なら、来年も大丈夫でしょう。 ふくしまブランドがどのように受け入れて貰えるのか。 これだけは個別の捉え方ですので何とも言えませんけど、声高にアピールしなくても、応援してくれる方々の方が圧倒的に多いのは事実です。
 

コメント

写真も美しいですが、新蕎麦が食べたいです。
って言うか、無芸さん D7000は10日までに買わないとキャッシュバック外れるみたいですが、どうします?
2011/ 10/ 04( 火) 17: 19: 04| URL| ヤマト君のパパ# DL7C8m6w[ 編集 ]
 
うんうん(^-^) 早く秋の新蕎麦を楽しみたいですね♪ 最近ようやく、蕎麦の愉しみを少しずつ分って来ました。

D7000はねぇ~ww
2011/ 10/ 04( 火) 19: 13: 11| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1842-5d2115cd