FC2ブログ

中国料理 カレント ~福島県郡山市小原田~

以前から気になっていた課題店の一つ「中国料理 カレント」さんを、ようやく訪問して参りました(^^) 実はBlog仲間のmaruさんチのご近所なんですけど、毎回インターバルタイムに当たったりしまして、なかなかありつけないままでした。

中国料理 カレント

その昔は洋食屋さんだったハズですが、経営者さん自体が変わりまして、現店主様が中国料理店として開店して、今年で26年目との事です(^^) 何年か前には、大手コンビニ「セーブオン」のタイアップの中華弁当を監修されていたのですから、当然ながら期待アゲアゲです♪(^▽^)

って事で、maruさんチの前をスルーww 夜の部が始まった頃合いを見計らって入り口のドアを開けました。 思ったよりも客席数が多かったです。 4人掛けのテーブル席が7つと4人掛けの小上がりが3つ。 充分な広さだと思いますが、駐車場のスペースと敷地内には3台分ですww

メニューを広げてお目当ての品を確認しつつ、他にも心惹かれる品々にグラグラです(笑)

「五目炒麺 大盛 (700円+50円)」

中国料理カレント 五目炒麺 大盛

どっひゃぁ~~~! やっちまったか?オレ!w( ̄▽ ̄;)w

大盛用の大皿ってのはどうやら用意されていないようなのですが、この共用のお皿にご覧の通り溢れんばかりの盛りっぷりですよぉ~(*'▽'*)わぁ♪

ご覧の通りしっかりとお醤油の色合いを反映した、褐色系の餡がダクダクとww 五目ってだけあって、各種のお野菜に止まらず、豚肉、イカ、エビなどもあしらわれています。

中国料理カレント 五目炒麺 大盛

そしてここでも出ました♪ 溶きカラシの登場です(‐^▽^‐) ってか、あんかけ焼きそばにカラシの組合せは、未だに馴染まない無芸なのですが(^▽^;)ゞ

中国料理カレント 五目炒麺 大盛

麺はちょっと細めの中華麺でして、ご覧の通り適度な焼き付けは施されております。 一度茹で上げてから焼き付けを行うのでしょうか? 麺自体は少し柔らかくなり過ぎている気がします。 ただ、麺量に関しては文句の付けようのない大盛の貫禄でして、食べても食べても減らないような錯覚にさえ陥りそうでしたww

餡は妙な甘さを感じさせない、醤油系の塩味が比較的シャープに効いているタイプです。 味目も一塩強めにされており、トロミの掛け方は絶妙です。 シャープな濃ゆい系がお好きな向きには堪らんでしょう(^^)

中国料理 カレント

ビジュアルの美しさよりも「腹イッパイになってネ♪」ってメッセージが込められているような、質実剛健な調理スタイルは、住宅街の一角で永らく愛され続けているお店ならではのスタンスかと思いました(^^)




中国料理 カレント
福島県郡山市小原田5丁目16-5
電話;024-943-2896
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗敷地内に3台分


より大きな地図で 中国料理 カレント を表示
 

コメント

どこかで見た建物だなぁーと考えていたら、ようやく思い出しました (^^ゞ
餡のトロミと言い、色と言い、これは「あんかけ焼きそば五条件」の中の二つを見事にクリアしてますネ。
これは、絶対食べに行かなければなりませんね。
しかし、郡山にも知らない名店がまだまだあるんだなーと感じました。
2011/ 07/ 30( 土) 08: 05: 33| URL| ヤマト君のパパ# DL7C8m6w[ 編集 ]
 
私もまだまだ未発見のお店が沢山あります。 課題店もあり過ぎて、困るくらいですヨ(^^)

私の方こそレポ挙げされているBloger様方から、新鮮な情報を沢山頂いています。 大ヒットが出たら、本当に嬉しいですね(^o^)
2011/ 07/ 30( 土) 13: 55: 13| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
近所なのにまだ行ったときが無いんですよね・・・(汗)
2011/ 07/ 30( 土) 15: 38: 23| URL| maru# sSHoJftA[ 編集 ]
 
「あじよし食堂」さんの近くのお店ですよね(^^)

「この辺りは飲食店が多いんだよ~」って、あじよしのおばちゃんが話されてたのを思い出しました。
2011/ 07/ 30( 土) 17: 12: 06| URL| Iceman# Q.zvybpY[ 編集 ]
 
まあ、不思議とそう言うお店ってあるものですww 私もご近所にある「ふく家」さんは未だに暖簾を潜っておりませんから(^▽^;)ゞ
2011/ 07/ 30( 土) 20: 29: 51| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
そうですそうです(^^) そもそも小原田エリアは宅地ですので、地域に根ざした食堂も多かったのだと思います。

どこでも同じですが、後継者が居なかったり、周囲環境の変化で経営が為り立たなくなるなど、悲しい現実の中で暖簾を降ろすお店も多いですよね。
2011/ 07/ 30( 土) 20: 48: 42| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1777-36c4938b