FC2ブログ

家族亭十々 ~福島県郡山市富久山町~

郡山市の起点から国道288号線沿いに三春方面へと向かい、日東紡績と富久山自動車学校の中間点あたりにあるのが「家族亭十々」です。 以前から気になっていたお店でしたが、丁度折良く訪ねる事が出来ました(^^) そろそろ還暦近くかと覚しき店主様が一人店内で寛ぎつつ、夕方のお客様を迎える前のひとときを過ごしておられました。

家族亭十々

以前に「今日もどこかで・・・きっとどこかで」 (URL) のAuthor・maxmaxさんが、何度かレポ挙げされていたので、好奇心がそそられたと同時に、ある程度の予備知識は入っておりましたが、実際に暖簾を潜ってみますと、思っていた以上に食堂らしさに溢れていますww

メニューの中から気になった「五目あんかけメン」ってのがどんな仕立てなのかをお尋ねしてみますと、単にラーメンの上に餡仕立ての具が載せられているのではなく、広東麺タイプのスープ丸ごとにトロミをつけたものだと言います。 ご店主様は続けて

「ラーメンの上に餡が載ってくるヤツって、俺自身が好きじゃ無いんだよね」って・・・(゜▽゜;)

つまりは自分が納得しない食べ物は出す気は無いって事?!( ̄ー ̄; もしかすると、町外れの食堂なんて思ったら、とんでもない御仁がここに居たりしてww 何だか期待値が上がっちゃったワ(〃∀〃;)

って事で、ここまで聞いておきながら何ですが、この日の胃袋はお米を欲しておりましたので、

「チキンカツ定食 (740円)」 (←優柔不断ww)

家族亭十々 チキンカツ定食

調理開始から丁寧に一点仕上げのお仕事をしている様子が伺えましたヨ(^^) キッチンから漏れ聞こえる音で、鶏肉の筋切りをしているのが分かります♪ お味噌汁もちゃんと熱々に誂えられて来ました。

家族亭十々 チキンカツ定食

チキンカツのサイズ自体は、本当に標準的なものです。 ってか、拙筆のBlogにはあるまじき標準サイズとでも言いましょうか(汗) マカロニサラダのマカロニが、完全にヨレヨレだったのはご愛敬ww

家族亭十々 チキンカツ定食

で、やはりアレです♪ カラシは溶きカラシってところは無芸的に高得点(〃∇〃)ゞ どんだけ溶きカラシが好きなんだオレ? やっぱりチューブ入りでニュルッと添えられていたら、一気に興が冷めるのは事実でして・・・

家族亭十々 チキンカツ定食

チキンカツ自体はモモ肉のイイ所が出ておりまして、柔らかさと皮の部位からの適度な脂質と肉汁が、キレイに頃合いに揚げられた衣の中から見え隠れ。 卓上のソースは特に手が加えられている気がしないのですが、脂質や肉汁と合わさりますと、旨味倍増でモーマンタイです♪

唯一の困り事言えば、ご飯の焚き加減が柔らか過ぎf(^^;) 私がもともと少しパリッとしたハリのある食感が好きな事もありますが、アブラモノには特にその思いが強くなります。 たまたまの出来事であることを祈りつつも、きっと再訪するだろうと思う無芸です。

余談ですが、食事の仕上がりを待っていたら、店内に小学生と覚しき三人の少年が現れました。

「こんにちは~! お水を下さぁ~い!(^o^)」 って。

キッチンからご店主様がやって来まして、冷蔵庫から冷え冷えの冷水ポットを取り出しまして、少年達に振る舞います。 しかも、ちゃんと少年達専用のコップまで用意されているっぽい(^◇^ ;)

ひとしきり渇いた喉を潤すと、「どうもごちそうさまでしたぁ~!」と挨拶して出て行きました。 何とも今時珍しい光景に出くわした無芸。 帰りしなにご主人様にその件をお尋ねしてみると、どうやら小学生である事は確かでして、通りすがりに喉が渇いたら何時でも立ち寄って飲んで行くようにと了解されているようです。

「あの子達の兄弟達や近所のお兄さん・お姉さん達も、ずっとここに立ち寄って喉を潤して行ってたのね。 それがバトンになって今も続いているんです。 その時こそ、挨拶とか感謝ってものを覚えて貰う機会なんだよね(^^)」

やっぱりこのオヤジさん、只者では無いかもwwヽ(^▽^;)




家族亭十々
福島県郡山市富久山町福原字陣場193-15
電話;024-922-4103
営業時間;11:30~20:00くらい?
      ※正確な情報がありませんが、通し営業である事は確認しました
定休日;月曜日
駐車場;8台分ほど


大きな地図で見る
 

コメント

おもいっきりズッコケました_| ̄|○
五目餡掛け麺と期待させといて、チキンカツて(;´Д`A

こういう、子供達を優しく見守ってくれるオジサン、この子達が大人になった時にあんなオジサンがいたな~て思い出してくれたら良いですね。
2011/ 07/ 28( 木) 21: 14: 55| URL| メンジャミン# -[ 編集 ]
 
私もズッコケちゃいました・・・。
五目餡かけ麺・・・、期待が膨らみます♪
2011/ 07/ 28( 木) 22: 03: 44| URL| katsu-you# FlgaJB1g[ 編集 ]
 
こちらは私も気になってたお店です。
十々=じゅうじゅう=焼き肉屋さん?とか思ってました(^^;)

お冷やとは言え、今時にしては本当に珍しいと思いますが、ほのぼのとした良いお話しですね♪

いずれお邪魔させて頂きたいと思います(^^)
2011/ 07/ 28( 木) 22: 22: 07| URL| Iceman# Q.zvybpY[ 編集 ]
 
メニューを見ると、ジャンボ冷やしってのがありましたね~。
気になりますね~。
次は、見せてもらえそうな予感がします。(ニヤリ
2011/ 07/ 29( 金) 00: 48: 38| URL| GGだっしゅ。# -[ 編集 ]
 
昔、地域の若者(団塊の世代)が連日のように集まり、その雑談の中で町の行事が自然に決まったり、社会ルールも自然と身についていた食堂か居酒屋がこの場所にあったそうです。

ご主人の話からすると、その頃の精神がこの店で息づいているような感じがしますネ。

しかし、五目あんかけ麺が頭から離れません^^
2011/ 07/ 29( 金) 07: 21: 36| URL| ヤマト君のパパ# DL7C8m6w[ 編集 ]
 
なんともいい話・・・自分も小さい時
通学路をショートカットするため(近道)に
「とおらせてくださ~い」と声を掛け「はいよ~」と
返事もらったものです。同じく、表水道を「のませて
くださ~い」といって頂いていました。それが地元の
繋がりで親も承知していて1つにまとまっていたようですね。
今はそんな事さえないですもんね。おおっと話題が・・・
自分もコチラの定食モノに気があります・・・次回!
2011/ 07/ 29( 金) 08: 39: 18| URL| maxmax# nirwQam2[ 編集 ]
 
いやいや、食べたいってキモチは山々だったのですが、実は店内のエアコンが切られていまして、自分があんかけメンを食べているところを想像すると・・・ヾ(。><)シ

街中の人口がどんどんと郊外に流出しているのはどこでも同じです。 通学路沿いに普通にあった個人商店はほとんどその姿を消してしまいました。

子供達の通学の安全に目を配らせたり、時には子供達にとって必要と思われる最低限の常識ってものを教え込む人が少なくなりすぎました。

こうして永らくご近所のお子様達を陰に日向にサポートしている方がおられるのは、とても心強い事ですね(^^)
2011/ 07/ 29( 金) 13: 02: 22| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
実は前述の通りでしてww せめてエアコンが効いていたら、違った選択だったかも(^^)
2011/ 07/ 29( 金) 13: 04: 02| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
何故に十々かは、私にも分かりませんが、そのうちオヤジさんと仲良くなれたら聞いてみましょうww

さり気なく頑固っぽい方ですが、その分だけ外連味のないお仕事をされると思いますヨ(^^) 是非とも訪問してみて下さい。
2011/ 07/ 29( 金) 13: 08: 22| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
どこからそんなネタを探し出して来たんですか?!(一。一;;) 何せ1,160円と言う価格からして、途方もないシロモノが登場するのでは?とビビってしまいました(^▽^;)ゞ
2011/ 07/ 29( 金) 13: 11: 06| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
何だかそういった逸話は、ちょいとほじくり返してみますとそこここに残っているみたいですね(^^) 膝詰めで話し合える仲間達に出会えた方々は、本当に滋味の多い人生を送っておられると思います。

割とご近所ですから、偵察がてらにカツ丼でも如何ですか?(^o^)
2011/ 07/ 29( 金) 13: 14: 56| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
そもそも裏路地っぽい道筋が消えつつあると思いませんか?(^^;) 自転車程度ならギリギリ通れるって感じで、それこそ他所様の庭先をかすめるような場所ww ああいう路地って子供は好きなんですよね(^o^)

ゆったりとした道幅のある、綺麗に整備された遊歩道のような歩道は、文明の成せる技ですので大いに受け入れますけど、その道を囲む人の生活ってものも、時代と共に変わって来ちゃったんでしょうね。

定食類も面白そうでしたね! きっと楽しませて貰えそうな気がします(^^)
2011/ 07/ 29( 金) 13: 22: 56| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1776-9962fb63