FC2ブログ

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

あづい~~~!(;´▽`A`` 蒸し暑い夏の日が続いております。 冷たい麺が美味しい季節ですよね。 って事で、今年も恒例の「中国飯店 なるき」さんのアレを頂きに参上しましたよ♪

中国飯店 なるき

「冷やし中華 大盛 (850円+130円)」 通常の麺料理は、大盛は+210円なのですが、何故か冷や中だけは+130円の大盤振る舞いww って事で、当然“大盛CALL”でございますo(*^^*)o

なるき 冷やし中華 大盛

直上からのアングルでは、イマイチ説得力のない大盛姿ですが、これを横から覗いて頂きますと・・・

なるき 冷やし中華 大盛

ほらネ♪ とってもステキでしょ!(〃∇〃)

麺がマウンテン状態のところに、これでもか!と載せられた具材がタップリ♪ クラシカルな布陣のキュウリ、ハム、ナルト、薄焼き卵、紅ショウガにモヤシ。 このモヤシにはちゃんと下味がつけられていまして、水気の追い野菜でスープがボケるのを防いでおります。

なるき 冷やし中華 大盛

クラシックな冷や中であり続ける為にも、マヨ無しであると同時に、添えられるカラシは、チューブ入りでは無くて水溶きカラシが添えられているのもお約束です。

スープは酸味と甘味の効いたメリハリのある味。 ゴマ油の風味も程良く感じられまして、ずっと遡る事40年前と変わらぬままに伝えられて味が楽しめます(@^∇^@)

なるき 冷やし中華 大盛

ツルツルシコシコな中細ストレート麺は、こちらもお約束通りに自家製麺。 しっかりと流水で洗い切られておりまして、ヌメリのヌの字も無しww 具材のタワーがなかなかの高度ですもので、所謂“天池返し”などはしないで、スープに浸っている下の方からホジシボしながら頂きます(笑)

件の水溶きカラシが少量でも効き味抜群ですので、溶き加減を誤りますと、自滅体験をする事になるのでご用心ww 大量の麺は具材の豊富さにもサポートされて、最後まで飽きることなく食べ尽くせます。 今時の冷や中はマヨ付きが常識化しておりますが、マヨ無し派には当然の事ながら、マヨ好きな皆様方にもお勧めしたい老舗の冷や中です♪




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

コメント

『冷やし中華 はじめました』
このビラビラが出ると すごーく夏を感じる~!
冷たいだけじゃなくて 酸っぱいのがイイのね。夏には。
最近は“ゴマだれ冷中”がお気に入りだけど
マヨはけっこうですぅー。。。。

ナルトが ステキ!

2011/ 07/ 03( 日) 07: 43: 18| URL| おかみっちょん# -[ 編集 ]
 
確かにステキです♪
こんなモリモリ麺の冷やし中華は見たことないです(笑)

私も、老舗の冷やし中華巡りを始めようかと(^^)
2011/ 07/ 03( 日) 14: 57: 31| URL| Iceman# -[ 編集 ]
 
これ魅力!
そろそろ出没しないとイケないですね~。

最近のは、マヨネーズが付くのですか?
知らなかった…。
お好み焼きも、マヨネーズ付きは難しいです…。
2011/ 07/ 03( 日) 20: 42: 27| URL| GGだっしゅ。# -[ 編集 ]
 
ゴマダレ冷や中を初めて口にした時は、まさに衝撃的でしたよww ゴマダレ冷や中の黎明期には、もっと濃厚で破壊力満点な「くるみダレ冷や中」を繰り出したお店もありましたヽ(^▽^;) うっ、思い出したらもう一度食べて見たくなったワww でも仙台のお店なんだよなぁ~(^^;)ゞ

冷や中にマヨが普通に受け入れられているのは全国ドコでも同じだと思っていたのですが、決してそう言う訳では無かったんですってね。

多分地元の一部上場企業のラーメンチェーン店「幸楽苑」さんで人気メニューだった「サラダ涼麺」が、地元メジャー化のきっかけだったのではと思われます。
2011/ 07/ 04( 月) 12: 49: 26| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
去年、私も市内の代表的な冷や中をフルコンプしようと目論んだのですが、何せ膨大過ぎる軒数に追いつかず、それは夢の中の夢となっております(^^;)ゞ

タワー度で計れば、今年はまだリリースされていない、「麺屋 信成」さんの「豚しゃぶ冷し麺」が市内最強かと思われます♪

麺量では「インター食堂 富田店」の冷や中大盛の破壊力はナカナカですよww

ともあれ、なるきさんの冷や中は、古典的なテイストですが、これがキホンなんだなぁ~と納得させられるものがあります。
2011/ 07/ 04( 月) 12: 57: 01| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
妙な虚飾もありませんけど、堂々たる王道の冷や中だと思います(^^) お味も納得できるでしょうし、良い余韻が記憶に残る事請け合いの、郡山冷や中のコブラツイストですww

おかみっちょんさんへのコメレスにも書きました通り、福島県では冷や中+マヨは、ほとんど受け入れられている楽しみ方だと思います。

無いダロ!と思われるのも仕方ありませんが、挑戦してみる価値はありますよ(^^) と、誘っておくww
2011/ 07/ 04( 月) 13: 01: 56| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
大盛りでインパクトありながら、基本に忠実そうでイイですね!
画像で見る限り、麺も絶妙っぽくてかなり魅力です。

マヨ添加は、パスタサラダ的なものならよく見ますが、
純粋な冷し中華ではまだお目に掛かったことないですね。
一時期、野菜サラダで中華ドレッシク+マヨの組み合わせに
ハマったことがあり、それに近いのかな?と想像しますが、はて?^^;
2011/ 07/ 04( 月) 21: 40: 40| URL| 猫提督# IUMqe7pY[ 編集 ]
 
あれれ?(^▽^;) やっぱり関東圏では、冷や中+マヨって組合せは、あまりポピュラーじゃ無いんですかね?

まあ、このお店のご店主様も

「冷や中にマヨネーズなんてかけて、キモチ悪くならないの??」

ってマジ顔で言いますからww それでもお客様からマヨ要求をされつつ、何とか平静を保っています(^▽^;)

市販の生麺タイプの冷や中でお試しになってみて下さい。 ツボにハマれば、きっとヤミツキになります(^_-)
2011/ 07/ 05( 火) 19: 11: 29| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1751-e1d95caf