FC2ブログ

2011年深緑巡り 『大沢沼の朝景』

「曲沢沼」とは兄弟のように寄り添う「大沢沼」は、その規模は数倍あるだけではなく、撮影ポイントの背後には山を背負っています。 ジュンサイの栽培が行われているこの沼では、季節と共に湖面がジュンサイの葉で覆われて来ますので、水鏡が楽しめるシーズンは限られています。

大沢沼の朝景
[2011/6/5 大沢沼の朝景] <↑ Clickで拡大>

2009年の2月の時点では、対岸の林の中にロッジが一軒ありました。 「あんな場所で過ごせたら良いなぁ~」と思っていたので、しっかりと記憶に残っていたのですが、いつの間にかその姿が消滅しております。(過去記事)

少なくとも昨年にはその姿が消えていたと思われるのですが、どのような事があったのかは全く分かりません。 そもそもそこへ行く為には、湖上をボートで渡るか、湖岸に沿って行くしか無い訳です。 湖岸にそれらしい道は無かったような・・・(^▽^;)

大沢沼の朝景
[2011/6/5 大沢沼の朝景] <↑ Clickで拡大>

単に茂った枝葉に隠されているだけなのでしょうか? 真冬に来た時も、そのロッジは見つけられなかっただけに、気になりだしたら留まるところ無しです(^^;)

沼の水面では、大型の川魚が勢い良くハネていまして、一体何事か?ってくらいでした。 もしかすると産卵期なのでしょうかね? 普段は見られない魚のダンスが披露されていましたよ(^^)

大沢沼の朝景
[2011/6/5 大沢沼の朝景] <↑ Clickで拡大>

さて、どうにもお日様は顔を出してくれそうもありませんので、これで北塩原を離れまして、次は初訪問のヒメサユリの群生地へと移動です♪  

コメント

今頃の産卵期だと、ニゴイでしょうか?
以前、只見川水系の野尻川でもの凄い大群を見たのが確か今頃の季節だったと思います。

確証はありませんけど・・・(^^;)
2011/ 06/ 10( 金) 18: 07: 46| URL| Iceman# Q.zvybpY[ 編集 ]
 
お魚は食べる方専門でして、全く分かりませんでした(^^;)ゞ 川面から見え隠れしていた魚体からすると、確かに鯉っぽかったかも知れません。
2011/ 06/ 11( 土) 02: 01: 03| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1727-18ef6353