FC2ブログ

七日町ぶらぶら

会津若松市の老舗「三春軒」さんへの初訪問の後は、ちょっと腹ごなしに七日町通りの散歩です(^^) GW最終日となったこの日は、東日本大震災直前に訪問して以来ですが、さすがに夕刻近くになっていた為か、日中の賑わいも少し遠退いた感じでした。

昨日、無芸の仕事場を訪問してくれた会津若松市の清酒醸造元さんのお話によると、今年のGWの会津若松市への観光客は、望外と言うほど多かったそうです。 特にリニューアルの完了した鶴ヶ城に、やや咲き遅れ気味となった桜が華を添える事となり、終始大渋滞が続いていたと言いますから、本当に良かったですね(^^)

会津若松市七日町 満田屋

会津天宝味噌醸造元の直営店「満田屋 (みつたや)さん。 店内には焼きたての味噌田楽を楽しめるブースがあり、七日町を代表する観光スポットとなっています。

自社製の味噌関連商品はもとより、地元の民芸品や個性的な食品なども取り揃えられています。 このお店一軒だけで、会津土産が揃っちゃうっくらいの品揃えですね。 土蔵造りのどっしりとした重厚な建物も、会津の城下町風情を目一杯発している感じです。

今まではメインストリートしか歩いた事がなかったので、ちょっと一本裏通りに入ってみます。 と、早速色んな目新しい風景が見えてきますよ(^^)

会津若松市七日町

知っての通り「三菱」のカンパニー・マークですが、ペイントが剥げ落ちて下地が露出しています(^^;) これってトタンですよね? どれだけ昔の広告看板なのでしょうww 建物からすると、以前は文房具店さんだったのかな? それとも設備機器を商っていたのでしょうか。 今ではそのヒントさえも分からなくなっているだけに、イマジネーションを刺激するものがあります。

また珍しい業種も発見しました。 竹の卸問屋さんですって! それって竹細工の原料だったり、建築用の装飾とかに使うのでしょうかね?

会津若松市七日町 竹卸問屋

私の祖母宅の近所には、今にして思うと本当に様々な商いをしている方がいました。 その中の一軒は釣り竿やさんってのがありまして、こちらには釣り竿用の竹が沢山ありましたよ。 勿論子供が遊び半分に出入りするようなお店ではありませんので、いつも竹竿を炙っては竿の歪みを見極めているおじさんの姿を不思議な気持ちで見ていました。

会津若松市七日町 末廣酒造嘉永蔵

こちらは無芸の仕事にも通ずるところなのですが、清酒醸造元「末廣酒造」さんの「嘉永蔵」です。 今では観光蔵としての顔も持っていますが、歴とした仕込み蔵です(^^) もう一箇所新蔵がありますので、そちらで生産量の大半を造っています。

この「嘉永蔵」は主に手仕事の酒造りが中心です。 来訪者向けに、蔵内の案内も行われており、カフェや博物館も併設されています。 製品の直販は勿論、試飲コーナーもありますので、事情が許す方は味を確かめてから買い求める事が出来ます。

会津若松市七日町 末廣酒造嘉永蔵

今回の震災で、蔵の漆喰が落ちるなどの被害が発生していたそうですが、中通りエリアに比べればまだまだ軽微です。 一見平穏そうに見えた七日町ですが、歩き回っている内に損壊している土蔵を発見したり、漆喰の塗り直しを行っている建物もあったりで、どうも同じエリア内とは言え、一筋縄ではいかないようです。  

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1700-9f4acaf2