FC2ブログ

2011年冬景色 秋元湖の朝景

暫く写真撮影行脚に出掛けていなかったなぁ~と思ったら、ナント一ヶ月も間が開いていました(大汗) 道理でBlogが“食べネタ”で埋め尽くされている訳だわ(⌒・⌒)ゞ

いつも撮影行脚にご一緒頂いている旧友C君とサッチンさんは、共に多忙を極めておられますもので、声掛けも躊躇しちゃう訳です。 まぁ、正直なところ、一人きりで撮影に出るには午前4時には起き出すモチベーションが必要な訳でして、ついダラダラと機会を逸しておりました。

たまたまこの日はフッと夜中に目が醒めまして、「あっ、行かなくちゃ♪o(;-_-;)o」みたいな、何の裏付けもないのに衝動的にww 当然家内にも伝えておりませんでしたので、テーブルに書き置きをしてイソイソと準備開始です(^^)

全く前夜に予定していなかったもので、事前の準備もなくドタバタとww 30分ほどで機材も積み込んで出立です。 道々どこへ行くかを考える。 夜も明けやらぬ空を見上げれば、どうやら雲は無いみたい。 こりゃああまりドラマティックな空模様は撮れまいと判断して、湖面の反射狙いで秋元湖に決定です。

まだ時刻は5時台だと言うのに、裏磐梯エリアへと続く道はなかなかの交通量です。 ちょっとピッチの上がらない前走車がおりますと、あっと言う間に“花魁道中”になってしまいます(^^;) ほとんどが釣り客の車ですね。 スキー&スノボの客とは車の質が違うので一目瞭然です(笑)

秋元湖の堰に近づくと、そこここに来訪者の車がデポられており、ちょっと驚くほどです。

「まっ、まさかカメラマンぢゃ無いよね?!( ̄△ ̄;)」

湖畔路は除雪されていないので、結構深い轍が出来ています。 そこを釣り宿のスノーモービルが甲高いエキゾーストノートを響かせながら、釣り客を乗せてピストン輸送しているようです。 無芸も湖畔路を進んで行きますが、轍から外れることなく進むしかありません。 コンパクトカーの4WDなんて、轍の山に時折下回りが当たるくらいなんですよ(^^;) 路肩にカメラマンが陣取っていたりするので、ゆっくりと進んで何とかデポする場所を確保出来ました(ホッ)

夜明け間近の秋元湖
[2011/3/6 夜明け間近の秋元湖]  <↑ Clickで拡大表示します>

この日ここに集まっていたカメラマンは、ざっと見渡して10名以下でした。 小野川湖のお立ち台周辺は、なかなか盛況だったようです。

カメラマンが少ないと言う事はポジ取りしやすいと言う事ですが、もう日の出間近になっていて、あまり吟味している時間は残されていません。 日の出の位置も以前よりも大分北寄りになって来たみたいですし、とにかく三脚を据えるしかないですね。

湖水の日の出
[2011/3/6 湖水の日の出]  <↑ Clickで拡大表示します>

ちょうど箕輪山の辺りから陽が昇ってくる時期のようでしたが、山頂部には雲が発生していて陽の光を遮っています。 結局雲の上まで太陽が上がってきたのは6:30くらいでした。

秋元湖の朝景
[2011/3/6 秋元湖の朝景]  <↑ Clickで拡大表示します>

それにしても今の秋元湖の水位はかなり低いです( ̄ω ̄;) 湖面の氷が溶けてしまった場所は、湖底が露出している箇所も多数です。

朝靄
[2011/3/6 朝靄]  <↑ Clickで拡大表示します>

陽の光が差し込み始める頃には、湖面から朝靄が立ち始めました。 この朝靄が朝日の赤い色合いに染められまして、なかなか美しいものです(^^)

湖上の釣り客が写ってしまいますが、構図的にどうにも仕方なく、色々と工夫はしたのですが絵的にバランスが取れなくなります。 もういっその事許容してしまえとww

釣り人
[2011/3/6 釣り人]  <↑ Clickで拡大表示します>

無芸の撮影ポイントでは、その足許は既に氷が溶けていたのですが、湖上の釣り客の辺りはまだまだ氷が安定しているようです。 スノーモービルも平然と走っているくらいですから、人が歩く程度は難無きことのようです。

秋元湖の白鳥
[2011/3/6 白鳥]  <↑ Clickで拡大表示します>

氷の溶けている湖上には白鳥がおりました。 ってか、ここで白鳥を確認したのは初めてなんですけど(^^;) こんな場所にさえ居留地を求めて来るのでしょうか? もしかすると、小魚などの餌に困らないからですかね? うぅ~~~ん、分かりませんヽ( ̄ー ̄ )ノ

白鳥のクチバシは平たいですから、基本的に穀類や水草などが主食だと思われるんですけど・・・ 単なる安息の居留地でしょうかね?

春氷
[2011/3/6 春氷]  <↑ Clickで拡大表示します>

一度は溶けた氷が、朝の冷え込みで再結氷した氷紋ですね。 朝日が当たって色を映していました(^^)

日の出・朝靄
[2011/3/6 日の出・朝靄]  <↑ Clickで拡大表示します>

朝靄に朝日の色が映えるのも、僅かな時間だけです。 気の早いカメラマンは、次の撮影ポイントへ移動を始めました。

ちょっとキラキラ
[2011/3/6 ちょっとキラキラ]  <↑ Clickで拡大表示します>

朝陽の差し込んだ雪面は、その色を映しながらも、氷の結晶がキラリと反射します(^^) 木々も赤く色を変えつつ、背景の雪面には陽の光が届かないので青味を帯びた色合いに。 日の出の時間帯は、ダイナミックな色合いが楽しいです♪  

コメント

太陽の位置がだいぶ変わりましたね。
季節の移り変わりを感じます。
2011/ 03/ 08( 火) 10: 59: 29| URL| maru# sSHoJftA[ 編集 ]
 
そうなんですよねぇ~(^^;) 一ヶ月も遠退いておりましたので、先ずは太陽の出てくる位置を予想するところからスタートでしたww
2011/ 03/ 08( 火) 19: 07: 54| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1640-eec46231