fc2ブログ

Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone

勿来を後にして、国道6号線を北上し「小名浜臨海工業地帯」へと車を進めます。 東北ではトップクラスの臨海工業地帯と言う事で、メインの道路は片側4車線ずつという、途方もない道幅となっています。

あまりに道幅が広すぎて、KEEP LEFTで左側に寄って走っているのがバカらしくなるくらいww しかも日曜日の22時以降ですから、ココを通る車は皆無ってくらい少ないんだな(笑) これだけ平坦で道幅の広い直線路を走っていると、「これって有事の際の滑走路かい?」ってな思いも過ぎるほどですよww

広大な工業地帯をゆつくりと車を進めて行くと藤原川の橋の辺りから、丁度良さ気な景色が撮影出来そうです。 早速車をデポして撮影開始です(^^)

Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone
[2010/12/12 Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone]  <↑ Cliclで拡大表示します>

藤原川への写り込みと共に撮ったのは「堺化学工業 小名浜事業部」の施設でした。 会社の概要を調べてみたら、かなり幅広い分野の製品があるようでして、金属(チタン、ストロンチウムetc.)、触媒、医薬、電子材料まで、私にはほとんど理解不能です(^◇^;) でも、やはり根は男の子ですので、かなぁ~~り興味はソソられます(笑)

Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone
[2010/12/12 Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone]  <↑ Cliclで拡大表示します>

川を挟んだ逆サイドには「日本海水 小名浜工場」があります。 ここは川沿いの堤防からプラントを一望出来るという絶好のロケーション♪

Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone
[2010/12/12 Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone]  <↑ Cliclで拡大表示します>

何だか聞き覚えのある会社名だなぁ~と思って、会社概要を調べてみたら・・・ ハハハ(^▽^;) この会社の製品は、確かに馴染みの深いものでした。

福島県産で唯一の海塩「塩屋崎の塩」の製造元でしたぁ~ww 地元の鳩スーパーでも扱われている塩でして、ここはその製造を行っているようです。 調べてみたら、意外と身近♪ これは知る楽しみ沢山ありそうですよ(^^)

Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone
[2010/12/12 Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone]  <↑ Cliclで拡大表示します>

ついつい夢中になって撮影していたら、実は川を渡って吹き寄せる風が、以外と冷たいことに気付きました。 真冬の裏磐梯にも毎年足を運んでいますので、絶対的な気温の低さは大した事は無いのですが、いわきだからと甘く見て、しっかりと防備をして来なかったのは失敗だったかも(^▽^;)

maruさんと、「うぅぅぅ、結構躰の芯まで冷えてきましたねぇ~」って事で、次のターゲットを探すべく車に戻ります。

更に車を走らせて行くと、又もや気になるプラントを見つけて車を駐めます。 道路脇に広大な駐車場がありまして、また何でこんな無益なモノを・・・と思っていたら、暗闇の向こう側には「アクアマリンふくしま」が・・・(^▽^;) どうやら水族館の臨時駐車場だったようですww

Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone
[2010/12/12 Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone]  <↑ Cliclで拡大表示します>

「三菱化学アグリ東日本」のプラントです。 こちらでは水稲・麦・茶などの化学肥料や有機肥料、園芸用肥料が造られているようです。 って事は、私達の食卓に直結か?ww

Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone
[2010/12/12 Night Vieu of ONAHAMA Seaside Industrial Zone]  <↑ Cliclで拡大表示します>

何やら面白いものばかりが満載で、ホントに飽きる間がありません(^^) 工場って結構萌えるかもww
Last Modified :

Comments







非公開コメント
いろいろと調べたのですね~流石です。
2010-12-18-22:36 maru
[ 返信 * 編集 ]
たまに行く出先の工場は、夜はこんな感じですよ~。
最近ではナイトクルーズとか流行っているみたいですが、中に居る方は見慣れた風景なので、ちょっと驚きもあります。
昼間とは違う情景が見られるのは、あるかもしれませんね。
2010-12-19-12:04 GGだしゅ。
[ 返信 ]
工場の魅力は、機能美なんでしょうね。
張り巡らされたパイプラインにワクワクしちゃいます。
夜景となればさらにそこに、無機質な雰囲気が強調されて独特の雰囲気が。
夜空に流れる煙も雰囲気があっていいですねぇ。

私もまた鹿島に撮影に行ってみようっと♪
2010-12-19-17:54 和
[ 返信 * 編集 ]
maruさん
いや・・・(^^;) 自分が一体どこに立っていたのかを確認する為にww
2010-12-20-13:13 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
GGだしゅ。さん
そこでお仕事をなさっている皆様にとっては、何とも奇妙な感じでしょうね(笑) 彼らにとっては“仕事場”であり、それを眺めに来る人達は、言わば“観光客”ですもん(^▽^;)

それでも工場には機能美という素晴らしい見所がありまして、私達にとっては、出来る事なら場内に入らせて頂き、思う存分撮影させて頂きたいという希望もww
2010-12-20-13:17 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
和さん
そう、無駄のない造形美には、ワクワクさせられるものがあるんですよねぇ~ww 鹿島臨海工業地帯は、その規模も桁外れでしょうからねぇ~ 圧倒的なボリュームも楽しめそうですね(^^)
2010-12-20-13:21 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
久しぶりにお邪魔したら工業地帯。わたしもここ好きです~下手な運転でも大丈夫。
夜、6号バイパスを通るとどの煙突からも煙がもくもく。眠らないのは都市ばかりではないんだなあと思います。無芸さんも眠らない^ ^

こちらへ来てから炭鉱跡とかの廃墟を目にすることが多くなりました。面白い、といっては語弊がありますが、あのなんとも言えない虚無が歴史だと言うことを感じさせてくれます。
そういうところの作品も見たいな~なんていわきの宣伝したりして^^
2010-12-20-14:46 オドラデク
[ 返信 * 編集 ]
さすが無芸さん、こちらにも行きましたか。
ここもいいですよね~。
夜、ここを通ると近未来的というか、異空間な世界に迷い込んだ感じがします。

ちなみにいわきは工業製品出荷高が東北一。
ゆえに工場も多い。
開拓しがいがありますよ~(笑)
2010-12-20-19:13 moja moja
[ 返信 * 編集 ]
オドラデクさん
もしかして、オドラデクさんも“工場萌え~”ですか?(^^;) アノ手のプラントって、稼働停止すると再起動が大変らしいんですよね。 だから昼夜問わずに操業を続ける方が効率がよいと聞いたことがあります。

私は廃墟撮りには、まだまだ未熟過ぎです(^▽^;) 廃墟Worldは、ハマると堪らない世界らしいのですが、私の感性がとても着いて聞けそうにありませんww
2010-12-20-20:22 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
moja mojaさん
実は出発直前になってから、慌ててサーベイ致しましたモノで、あまりコレといった情報は取れなかったんです(笑)

ただ「アクアマリンふくしま」の先の方に、工場地帯があったよなぁ~って感覚だけww 一人で来ていたら、なかなかここまでしつこく粘着撮影できません(^o^)
2010-12-20-20:25 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]