FC2ブログ

福島県初のスパークリングワイン『新鶴のあわ』

えぇ~~(^^;) 本日は少しばかり、注目の新製品のご紹介です。 以前、発売の御案内をしておりました、福島県初のスパークリングワイン『新鶴のあわ』が10月1日より発売になりました♪

メルシャン 新鶴のあわ
(画像は使い回しですww)

(株)メルシャンが1976年から、旧・新鶴村のぶどう栽培農家と共に、欧州系ワイン用葡萄品種「シャルドネ種」の契約栽培に取り組んでいます。 地元には醸造設備は設けられておらず、収穫されたぶどうは山梨県の同社ワイナリーに運ばれ、手練れの名匠達の手で大切に醸造・瓶詰めされております。

国産ワインの高品質化の流れの中でも、新鶴のシャルドネワインは、年を追う毎に着実な成長を果たし、今では名醸ワインの本場ヨーロッパでも“日本のシャルドネワイン”として確かな評価を勝ち取るようになりました。

ぶどう栽培に適した水はけの良い土壌と、長い日照時間、独自の雨避け対策や昼夜の寒暖の差の大きさなど、新鶴地区のぶどう畑のポテンシャルは極めて高いものがあります。 唯一追いつかなかったのは、その生産量でしたが、契約栽培農家も徐々に代替りしつつあり、若手の生産者が精力的に高品質化と共にぶどう畑の拡張に務めて参りました。

その甲斐あって、この度福島県産初のスパークリングワインとして『新鶴のあわ』を発売する運びとなりました。 初年度となる2009年ヴィンテージの生産量は、約4,000本のみ。 国内一斉発売と言う事で、ワインビジネスに関わる方々から、大いなる期待を持って迎えられております。

ワインはシャルマー方式と呼ばれる、密閉したタンク内でワインを発酵させつつ、発酵時に発生する炭酸ガスを液中に蓄積させる造り方です。 瓶内に酵母菌を加えて炭酸ガスを蓄積させるシャンパン方式に比べて、ガス圧こそは約4気圧と低めになりますが、ピュアな果実の風味がそのまま表現され、しかも低コストで製品化出来るメリットがあります。

 本場フランスのシャンパーニュ地方でも、シャルドネ種100%で造られるシャンパーニュは、「ブラン・ド・ブラン」と呼ばれ、高品質でプレステージ性の高い製品に用いられます。 『新鶴のあわ』は正にこの「ブラン・ド・ブラン」となります。

全体的に軽快でスッキリとしており、ほんのりとパイナップルやトロピカルフルーツを思わせる芳醇な香りが心地良く、シャルドネらしい雑味を感じないシャープな切れ味が楽しめる、本格的な辛口のスパークリングワインです。

お陰様で過去記事を覚えておいて下さった読者の方々が、発売開始と同時に無芸の仕事場を訪ねて下さりまして、(と、この記事を執筆中にも、これをお求めのお客様が・・・(^^;))好調な滑り出しとなっております。 また、和食店様からも「カスッとしたシャープな辛口」とご好評を頂いております(^^)

以前のエントリーでも、その味わいの印象は書きましたが、やはり品の良さが際立つ雑味感を感じさせない、とても綺麗な味わいでした。 その味はしっかりと認められたようでして、毎年開催されている国産ワインの品評会「Japan Wine Competition 2010」で、初登場で堂々の銅賞を受賞しておりました(^o^)

市場の反響次第では、いつ完売になるか分らないのですが、何とか今年中くらいは間に合ってくれればと願う無芸です(^^;) もしお気に留めて頂けますようでしたら、是非ともお声がけ頂けましたら幸いです。




さて、もう一つワインのネタを。 去る6月に発売致しました、福島県産初の欧州系ぶどう品種の赤ワイン『磐梯熱海メルロー』は、お陰様で8月上旬をもって完売となりましたが、その後も度々お問い合せを頂いております。 自分でワインを造り出すことは出来ぬ立場ながら、商品化にあたり、末席ながらもその一翼に加えさせて頂けた事は、酒屋冥利に尽きるものでございました。

ファースト・リリースとなった2009年に続き、今年のぶどうの状態が気にならぬハズも無く、先週の土曜日にぶどう園に立ち寄ってみました。 既に生食用のぶどうは全て収穫を終えており、園主・菅野さんの姿は園内にありませんでしたが(又もやアポ無しww)、ぶどう園のあぜ道からその様子を観察して参りました。

菅野ぶどう園のメルロー

丁寧に一房ずつ袋掛けを施し、大切に育てられているメルロー種。 まだ収穫は行われておりませんでした。 袋掛けされた房と、露天のままの房が混在していますが、多分露天のままの房は未熟果と言う事で、収穫対象外のものでは無いかと思われます。

菅野ぶどう園のメルロー

デジイチを持たずに、ラ~撮り用のコンデジでの撮影でしたので、あまり褒められた写真ではありませんが、まぁ雰囲気だけでもって事で(笑) 生食用のぶどうよりもずっと粒は小さいんです。 なかなか現物にお目に掛かる機会は無いと思いますが、房自体もそんなに沢山の粒を付けていません。

多分この写真の房は収穫対象外にされてしまうものと思われますが、まずまずの状態ではあると思います。

菅野ぶどう園のメルロー

袋掛けをされた房の中身を確認することは出来ませんでしたが、ぶどうは最後の成熟期を迎えているものと思われ、あくまでも無芸の勘ではありますが、あと半月ほど先になりそうな気がします。

菅野ぶどう園のぶどう畑

ぶどうの葉も少しずつ色付き始めましたが、ぶどうの葉の紅葉も、又一興であります(^^) どのようなぶどうが収穫されるか楽しみです。  

コメント

新鶴のぶどう畑には
私もお邪魔したことがありまして
生産者の方々の熱意とお人柄にファンになりました^^
なので 新鶴ワインの話題が出るととても嬉しいのです

あわ~! 早く飲みたい^^
2010/ 10/ 07( 木) 00: 28: 34| URL| めい# /AC6v4ws[ 編集 ]
 
あの赤ワインは完売していたのですね・・・。

それじゃこの「あわ」をちょっとした贈答用にしようかな?
自分も飲みたいですが・・・(*^_^*)
2010/ 10/ 07( 木) 01: 12: 45| URL| maru# sSHoJftA[ 編集 ]
 
来年は絶対帰る予定なので、飲みたいです~。
赤ワイン、その頃には出るでしょうかね?
2010/ 10/ 07( 木) 01: 28: 32| URL| ree# -[ 編集 ]
 
こんにちは(^^) 新鶴のシャルドネ畑をご訪問なさった事があるんですか?!(驚) 一般には開放されていないレアな場所なんですけどww

ホントに生産者の皆様のパッションには驚かされます。 プロのぶどう栽培者だなぁ~と感服致しました(^^)

全国的に見ても、このレベルのシャルドネ種の栽培が出来るところは、そう多くないんですよね。 たまたま醸造施設が一体になっていないので、健民の皆様には今ひとつピンと来ないのだと思います。

そんな訳で、拡売に関わる無芸と致しましては、微力ながらも応援して行きたいと思っております(^^)
2010/ 10/ 07( 木) 02: 23: 33| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
「磐梯熱海メルロー」は望外のお引き合いを頂きまして、瞬く間に完売致しました。 ありがたい事でもあり、リクエストにお応えし切れなかった事に恐縮するばかりです。

「新鶴のあわ」も見所がありますよぉ~♪ どんな食べ物と相性が良いか、お料理人様方と常々協議しております(^^)
2010/ 10/ 07( 木) 02: 28: 38| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
そうですか(^^) 来年には久々の里帰りを目論んでおられるんですね。 故郷のご家族が、首を長くして待っておられる事でしょう。

「磐梯熱海メルロー」は、年明けのリリースになるかと思われます。 私も楽しみにしているところです(^^)
2010/ 10/ 07( 木) 02: 31: 13| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/ 10/ 07( 木) 23: 04: 32| | # [ 編集 ]
 
わざわざお声がけを頂き、ありがとうございます。

巧く作動すると良いですね(^^)
2010/ 10/ 08( 金) 13: 35: 49| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
10月2日に郡山方面に行ったさい
「出てるかな?」とお店に寄らせてもらったところ
ビンゴ!だったので買い求めて、
うすいデパートの北海道展で買った蛸の山葵漬けを肴にして、その夜のうちにいただいてしまいました・・
そんな希少種だったなら、もっとじっくり飲むんだったわ。
とっても飲みやすくて美味しいスパークリングでした。
クリスマス用にもほしいところですが、まだありますかね?
2010/ 10/ 09( 土) 06: 43: 21| URL| 珊瑚# -[ 編集 ]
 
こんにちは(^^) 早速のお買い求めを頂き、ありがとうございました。 品物の希少性云々よりも、お楽しみ頂けた事が何よりです。

まだリリースされたばかりですので、手在庫は確保してあります(^^) 宜しければまたお楽しみ下さい。
2010/ 10/ 09( 土) 13: 47: 43| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
新鶴のあわ、かなり期待しております。
以前購入したシャルドネは、こちらでも大好評ですよ。
そう言う自分、ワインは殆ど知らなかったのですが、これを機会に色々と興味が出てきました。
先日も山梨のシャトーメルシャンへ行きまして、穂坂というのを買ってみました。 これまたGOODです。
そうなると、あわシリーズも期待大です。

今年中に再訪出来るといいな~と、思う今日この頃でした。
2010/ 10/ 11( 月) 23: 01: 45| URL| GGだっしゅ。# -[ 編集 ]
 
こんにちは(^^) 新装なったシャトー・メルシャンへお出掛けでしたか(^o^) 昔も充分に立派でしたけど、今回の新装工事で更なる名所の誕生って感じですね。

「穂坂のあわ」は甲州種から造られておりますが、これもまた秀逸なスパークリングワインです(^^) 年内の再訪の際には、是非ともお目に掛かりたいものですね(^o^)
2010/ 10/ 12( 火) 15: 34: 43| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
こんばんは。
ホルモン大豊大町店より、失礼します。(笑)

先ほどお店にお邪魔したのですが、またしてもニアミスでした。
いつか、お会い出来ると良いですね!

二次会で、あわを試したいと思います。
2010/ 10/ 16( 土) 17: 21: 36| URL| GGだっしゅ。# -[ 編集 ]
 
こんばんは。はじめまして。
郡山駅前のホテルから失礼します。

GGだっしゅ氏に連れられて昼間にお邪魔しました。
「あわ」いま頂いていますが、これは美味しいですねぇ。
日本酒好きなんですが、これはいくらでも飲めちゃいますね~。

是非、またお邪魔させていただきたいと思います(^^)
2010/ 10/ 16( 土) 19: 56: 57| URL| 猫提督# IUMqe7pY[ 編集 ]
 
無芸の仕事場にお立ち廻りの上、お買い求めを頂きありがとうございました。 また、過分なるお心遣いを賜りまして、恐縮に存知ます。

発信場所は直ぐ近くなのに、仕事に追われて顔出しも出来ませんでした。 申し訳無いっス(T△T)
2010/ 10/ 16( 土) 20: 20: 03| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
こんにちは、初めまして(^^) GGだっしゅ。さんとご一緒にお越し下さりましたか。 ありがとうございました。

実はお立ち回り頂いた頃は、配達帰りに「ニャンコ公園」で写真撮りをしていたかも(^▽^;) ごめんなさいねぇ~

「新鶴のあわ」お気に召して頂けて幸いです(^^) スカッとしたシャープな辛口仕立てですので、左利きには特にウケが良いかも知れません(笑)
2010/ 10/ 16( 土) 20: 26: 31| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1481-153eb5b9