FC2ブログ

そば処 二八 (二八食堂) ~福島県郡山市駅前~

郡山駅前のバスターミナル出入り口から、国道4号線へと伸びる通称「貨物通り」に面した老舗のそば屋さん「そば処 二八」さん、だったハズですが、今は真新しい“食堂”の暖簾が掲げられていますので、「二八食堂」に改称したのかも知れません(^^;)

私が子供の頃からあったお店ですので、少なくとも開業から半世紀は経っているものと思います。 地元ローカルテレビ局「福島中央テレビ (FCT)」の人気イブニング番組「ゴジてれChu!」の料理コーナーで、永らくパーソナリティーを務めている佐藤文夫先生のご実家でもあり、普段に彼の姿もここにあります(^^)

彼は「ゴジてれChu!」の前身だった「ゴジてれシャトル」でもレギュラーメンバーでしたので、テレビ画面を通じてお馴染みの顔(笑) 実は街中で彼に出会うと、うっかり自分のお友達と勘違いして、思わず挨拶しそうになった事もしばしばです(^▽^;)
 
二八食堂 (そば処 二八)

そんな佐藤文夫先生も、実はお隣の学区ではありましたが無芸と同級生でして、互いに共通の友人繋がりがありました。 ご縁はすぐ手の届くところにあった訳でして(弟さんは以前から知り合いww)、今回は無芸の方から一方的に引き寄せてみる事にしました(笑)

歴史と伝統がしっかりと染みついたお店は、永らくの常連様方に愛され続けている訳でして、初めて暖簾を潜った無芸は一種の珍獣みたいなモノww まぁ、今更臆することは何もありませんし、楽しませて頂くとしましょう。

さすがに“そば処”の看板の通り、そば系メニューが圧倒しますが、うどん、ラーメン、丼物からカレーライスやチキンライス、オムライスからチャーハンまで、多種多彩なメニューが用意されており、しかも極めて良心的な価格設定とされています(^^)

色々と迷うほどのメニューに加えて、お昼だけのサービス価格が嬉しいランチメニューもあったりして、これは困った困ったww 結局は伝統のそばは頂きたいと思いつつ、お昼のサービスセットの合わせ技に行き着きました。

「もりそば (520円)」

二八食堂 もりそば

極めてスタンダードなもりそばです。 妙な飾りっ気はありませんが、これぞ毎日食べても飽きること無い、出前もオケイなおそばの典型ですね(^^)

二八食堂 もりそば

やや太打ちですが、適度な食べ応えが約束されたドッシリ系のそば。 ほんのりと甘い蕎麦の香りも伝わって来て、滑らかな舌触りの心地よさは古典的でさえあります。

二八食堂 もりそば

漬けダレは、最初に宗田節の甘いニュアンスが感じられ、カエシは意図的に抑え加減にされているようです。 お陰でおそばをドップリ浸して食べるのに向いています(^^) このドップリ浸しってのは、これまた蕎麦喰いの悦楽でもありますナ♪

ズルッと手繰ってみますと、何となくずっと昔に食べたような記憶が甦りまして、二口、三口と食べ進めている内にハッと思い出しました。 今では地元で押しも押されぬ割烹の名店となった「割烹 丸新」さんの前身、先代時代の「新そば 丸新」のそばの味を彷彿とさせるものがあります。

後日その筋に尋ねてみると、やはり先代・丸新さんと同じ製麺所のそばが使われているようです。 そばとの相性を求めると、自ずと類似性が高まるのでしょうね(^^) ちょっと懐かしいような、そんでもってしっかりとお腹を満たしてくれる、町のお蕎麦屋さんらしいそばでした(^^)

「ミニ煮込みかつ丼 (300円)」(11:00~15:00のセットメニュー)

二八食堂 ミニ煮込みかつ丼

お昼の時間帯だけのサービス丼です(^^) これが大ヒットでして、無芸にとってはかなりツボな一品♪ しっかりとご飯茶碗1杯強のごはんに、ご覧の通り飴色に輝くような煮込みかつが載せられています。

二八食堂 ミニ煮込みかつ丼

ロース肉はしっかりと筋切りが施されていて、歯切れの良さもさることながら、その味付けの良さは特筆モノです♪ 甘じょっぱく濃ゆい味わいに仕立てられていて、問答無用にンマいo(^▽^)o これもまた「そば処 二八」の伝統の味わいと言う事でしょう。 とても美味しく楽しませて頂きましたぁ~♪

帰りしなに佐藤文夫先生に御挨拶をして参りましたが、実はこの先にちょっとしたコラボ企画がございます。 その正体は改めて御案内させて頂くとして、どうかお楽しみに(^o^)




そば処 二八
福島県郡山市駅前2-8-21
電話;024-922-0945
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】16:00~20:30
定休日;日曜日


大きな地図で見る  

コメント

シフォンちゃん、この先生に習ったです。。。
シフォンちゃんが若かりし独身の頃
郡山公会堂の青少年ホームで、安い価格で教えてくれるお料理教室で、佐藤先生が講師をしてくれていたんですよ
その頃も佐藤先生は独身でしたv-10

ゴジテレで、初めて佐藤先生を見たとき、嬉しかったです
ご実家が二八そば屋さんだって事も知っていましたが、ここを訪れれば、逢えるんだ
色んな顔をもっていて凄いですよね!
さすが、無芸さんもお顔が広い
実は、シフォンちゃんの料理の腕はこの佐藤先生ありななのかな。。。i-229
とても、懐かしく感激しましたe-266
2010/ 10/ 06( 水) 05: 39: 24| URL| シフォン# -[ 編集 ]
 
あっ、そうだったんですかぁ~♪ それじゃあ、佐藤先生とは古馴染みですね(^^)

私は別に顔が広い訳では無くて、たまたま街中に生まれ育って半世紀近くになるだけです(笑) Blogを通して、常に新しい出会いに恵まれている事に感謝しております(^^)

お料理の基礎的な発想力を養う機会があったのは、非常に良かった事でしょうね。 私は未だにお魚の解体に苦手意識がありまして、手を出すことさえ出来ません(^▽^;)
2010/ 10/ 06( 水) 10: 34: 02| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ようやく近所アップですね~

コチラは・・・タンメン・・・無芸さんの苦手な・・・
がヨサゲな・・・しかもミニ丼とセットで(笑
自分も佐藤先生は存じ上げてます・・・
時々身近にいたりなんかして・・・(驚

普段は地味に仕事してますからね~(笑
やはりTVはテレビで・・・タンメンイケマス・・・?
2010/ 10/ 06( 水) 22: 00: 29| URL| maxmax# nirwQam2[ 編集 ]
 
ご近所様なのに、未だに暖簾を潜っていないお店は沢山あるんですよ(笑) そもそも精力的に新規開拓に勤しむタイプではなく、気に入ったお店に通い詰めるタイプですもので(笑)

実は私もラ~のラインナップには気を惹かれておりました。 弱点を見抜かれているなぁ~(^▽^;) タンメンと塩ラ~は、正直良く分らないんですよぉ~ てか、そもそも豆系調味料好きなもので、ソチラの引力にいつも負けちゃうわけでww

文夫先生、ご縁がありましたか♪ それでは尚のこと、近々お知らせする無芸とのコラボには是非とも♪
2010/ 10/ 07( 木) 02: 15: 30| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1480-5f17243d