FC2ブログ

2010年秋 浄土平撮影行 (酸ヶ平→浄土平)

さあ、いよいよ浄土平撮影行も今回が最後。 10:30頃に「酸ヶ平避難小屋」を後にして、「浄土平」への下山を始めます。 下りの1.7kmかぁ~ 楽勝だとイイんだけどなぁ(笑)

道標

整備された木道を辿り、下山を開始するも、丁度登りのハイカーのピークタイムに当たっているようでして、度々木道のすれ違い待避エリアへ身をかわすことしばしば(笑) 2・3名のグループか、10人以上のマス・ハイカーが多いです。

ストイック
[2010/09/26 ストイック] <↑ Clickで拡大表示します>

浄土平の向かい側に位置する「吾妻小富士」よりもずった高い位置から見下ろせば、木道を登ってくるハイカー達が、まるで空中に浮いているかのようです。

吾妻小富士
[2010/09/26 吾妻小富士] <↑ Clickで拡大表示します>

一切経山の山肌の向こう側に、徐々に吾妻小富士の姿が現れて来ました(^^) 火口の縁は一周出来るようになっていて、豆粒のようにハイカー達の姿が見取れます。

迸る
[2010/09/26 迸る] <↑ Clickで拡大表示します>

「鎌沼」の水は湧水ではなく、雨水が溜まって出来たものだそうでして、火山灰の層が雨水の浸透を食い止めてしまうので、溢れ出た沼の水は「酸ヶ平湿原」を潤して、小さな流れとなって「一切経山」の谷を流れ落ちて来ます。

揺れる
[2010/09/26 揺れる] <↑ Clickで拡大表示します>

朝方はやや強めの風が吹いていて、ススキの写真はブレブレになってしまいましたが、この頃にはすっかり風は穏やかになり、ようやくススキの写真も納められるようになりました(^^)

沢になる
[2010/09/26 沢になる] <↑ Clickで拡大表示します>

下りの道程も半分ほどまで来ますと、「酸ヶ平」から流れ出た水は、しっかりと沢の様相となって来ます。 落差の大きなポイントでは、ちょっとした滝のようになっているのですが、水量の多い時期でしたら、なかなか迫力があるかも知れませんね。

沢道
[2010/09/26 沢道] <↑ Clickで拡大表示します>

軽くS字を描くように流れ落ちてくる沢は、絵的には非常に結構なもの(笑) きっと何かしら呼び名が付いているのでは無いかと思うのですが、ついぞ探し当てる事は出来ませんでした。

彩りの吾妻小富士
[2010/09/26 彩りの吾妻小富士] <↑ Clickで拡大表示します>

自然歩道も残り1/4ほどまで来ますと、道幅も広くなってきて、ちょっとした休憩を取れるような広場まで見受けられます。 ここでは食事を摂りながら景色を楽しむハイカーの姿もありました。

大穴の噴気
[2010/09/26 大穴火口の噴気] <↑ Clickで拡大表示します>

大穴火口の噴気は、風が収まっているので、ほぼ直上に上がっていますね。 最後の下りは、自然歩道に水が染み出していて、それを避けながら足を進めます。 「浄土平湿原」に戻ったのは、11:30くらいになりました。 途中で何度も足を止めて、写真撮影を行っていたからですね。

一目散に降りてくれば、多分20分くらいで足りると思います。 ここからは磐梯吾妻スカイラインの道路端を歩きながら、車をデポして置いた「兎平駐車場」まで、ダラダラと登り坂を歩く訳ですが、実はここでほとんど足を使い切ってしまっていたらしく、徐々に旧友C君の歩調に付いていけなくなりました(^^;)

何というかなぁ~ そんなに脚力が衰えたって感じでは無いのですが、歩幅が狭くなってしまっていると言いましょうかww やっぱり欲を出して「一切経山」まで立ち回っていたら、ちょっと危うかったかも知れません(汗)

下り坂では意識的に躰を支えるために、爪先に力がこもるのですが、これが意外と疲れます(^_^;) 靴紐をキッチリと締めて、くるぶしの辺りをキュッと締めておくと、かなり安定すると言う事を知ったのは後のハナシww

長々とお付き合いを頂き、ありがとうございました(^^) 今回の撮影行は、普通のハイカーさんなら2時間30分ほどの行程を、たっぷりと約6時間掛けて歩いてきました。 やはり楽しく安全に写真撮影を行うには、余裕ある計画が絶対条件だと感じました。 また、初めての登山撮影行でしたが、様々なヒントを得る事が出来ました。 
私を連れ出してくれた旧友C君に感謝です(^^)  

コメント

この場所は私も好きな場所です♪
ゆっくり楽しまれていて何よりですねー!

↓彩雲にお目にかかれるなんてラッキー。
2010/ 10/ 07( 木) 16: 50: 48| URL| Jey# -[ 編集 ]
 
こんにちは(^^) ご訪問、コメントを頂き、ありがとうございます。

Jeyさんのお写真Blogは、たまに訪問させて頂いておりました。 センスの良いお写真の数々、大いに刺激を頂いております♪

E5、大いに気になりますよね(笑) 私はせめてD7000でも落手出来たらなぁ~(^^;) と、物欲に火が付いたら大変ですww
2010/ 10/ 07( 木) 19: 09: 54| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1478-5071bc83