FC2ブログ

海老根・長月宵あかり 秋螢2010 ~郡山市中田町海老根~

中田町の海老根地区で平成15年(2004年)から開催されている「海老根 長月宵あかり 秋螢」が、今年も9月の第3土・日に開催されました。 ここ三年、何故か足を運べなかったのですが、今年は久しぶりに訪問出来ました(^^)

ここ中田町の海老根地区では、江戸中期から農閑期の副業として手漉き和紙が造られていました。 一時は途絶えていたものの、平成10年に伝統文化の保存と言う事で保存会が結成され、今では「海老根手漉き和紙」として大切に伝承されています。

海老根 長月宵あかり 秋螢

この「海老根手漉き和紙」を使って灯籠の明かりを灯すのが「海老根 長月宵あかり 秋螢」です。 それぞれの灯籠には、彩色デザインが施されており、地元の小中学生から商工会会員さん、一般の方まで、様々な作品が約300機、風雅な蝋燭の明かりが灯されます(^^)

海老根 長月宵あかり 秋螢

蝋燭の点灯・公開は18:00~21:00と言う事で、何とか夜空に青味が残る時間帯に間に合いそうです。 点灯開始時刻の15分前に会場に到着しました。 以前よりも来場者の数が少ないような気がしますが、もしかするとこの三連休が影響しているのか、それとも私達の到着が早めだったからなのかは謎ww

海老根 長月宵あかり 秋螢

18時の場内アナウンスを合図に、地元の中学生達が灯籠に明かりを灯し始めます(^^) これは人海戦術の勝利と言うべきでしょうか、僅か10分にも満たぬ間に全ての灯籠に火が灯されました。 この日は残念ながら、厚い雲のせいで、空が綺麗な蒼になりませんでした。 ささやかな目論見はあっけなく崩壊・・・(^^;)

海老根 長月宵あかり 秋螢

全ての灯籠には、作者の名を刻んだ名札が添えられていて、作者の家族や知人の皆さんが、その作を楽しんでおられましたよ(^^) また、婦人会の皆様による、豚汁の無料振る舞いは今年も行われておりました。

私は撮影に夢中になっていたので、今年は頂き損ねてしまいましたが、以前と変わらぬお持て成しの心は変りありません。

海老根 長月宵あかり 秋螢

例年なら近所で飼育されている牛さん達が、ひたすら鳴き続けていたのですが、今年は何故か一声も届かず。 牛舎から流れてくるニオイは変りありませんでしたので、何でかな?(笑)

海老根 長月宵あかり 秋螢

無芸大食妻がだいぶ蚊に刺されてしまい辛そうでしたし、無芸大食娘はすっかり飽きてしまったようでしたので、1時間ほどで会場を後にしました。 撮影中に参加していた中学生男子に声を掛けられました。

「ここには初めて来たんですか?」

「いえいえ、三年ぶりですが、これで三回目ですよ(^^)」


ちょっとはにかんだような笑顔を見せて、でもちょっと満足気な表情でした(^^) この地区の小学校では、卒業証書も「海老根手漉き和紙」で造られているそうです。 この地に生まれ育った子供達は、やがて地元を遠く離れようとも、決して郷土を忘れることは無いでしょうね(^^)




海老根長月宵あかり 秋螢
毎年9月第3土・日曜日に開催


より大きな地図で 海老根長月宵あかり 秋螢 を表示  

コメント

おおっ!幻想的ですねぇ。
蝋燭の灯りはじつに暖かないい色してますよね。

最近、コッテリ系の麺写真が多かったようですが、こんなほっこりした写真も素敵ですね。(^^)
2010/ 09/ 21( 火) 21: 55: 51| URL| 和# Xqd.HNrY[ 編集 ]
 
今年も反省点多数の撮影となりました(^^;) まだまだスキルアップが必要ですね。

本当は趣味写真をもっと挙げたいのですが、如何せん休日のお天気次第でして(笑)
2010/ 09/ 25( 土) 21: 30: 32| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1464-24a8f59b