FC2ブログ

手打ち中華そば 和屋 (なごみや) ~福島県福島市飯坂町平野~

ニャンダフルさんとの合流時間までの間に、無芸としては珍しく、アヒルごはんの二連食を決行しました(^^) 実は前々から是非訪問してみたいと思っていたお店なのです。 国道13号線沿いの飯坂町平野にある「手打ち中華そば 和屋 (なごみや)さんです。

白河ラーメンの始祖的存在「とら食堂」さんの流れを汲むお店で、自家製麺に加えて無化調との事。 広野町からいわき市に移転した、とら食堂直系の暖簾分け「活力屋」さんで修行を積まれ、2006年5月に独立した店主・真柄さんですが、ご本尊たる「とら食堂」さんへも定期的に足を運んで、未だに研鑚を積み重ねておられます(^^)

手打ち中華そば 和屋

実を言えば、店主・真柄さんとは、数ヶ月前にご縁があって知り合いまして、“知らぬ仲”と言う訳ではありませんでした。 否、仲良しと言っても失礼にはならないかと思われ・・・(^▽^;) 今まで未訪問だったのは、私の不徳と致すところでしたが、

「無芸さん、白河タイプのラーメンは、好きじゃないでしょ(笑) 無理してお出でにならなくても良いんですよ(^^)」と、自分の好みまで見透かされていました(汗)

とは言え、訪問機会を虎視眈々と狙っていたのは事実でして、ようやくチャンスが巡ってきた次第ww レポの方は、真柄さんのお人柄を汲んで、決して妙なバイアスの掛かったものにならぬように心してレポする事をお約束致します(^^)

さて、アポ無しで暖簾を潜りまして、厨房でお仕事中の真柄さんに御挨拶(^^) 滅法驚いていたし(笑) ごめんねぇ~、ようやく来ましたよぉ~(笑) 初っぱなは「中華そば」を所望するのがフツーだと思うのですが、敢て

「ねぇ、今日は何を食べたらイイ?(^^)」

って振ってみると、意外にも「つけ麺」で勝負に来ましたヨ♪ しかも、真夏にあつ盛りでネ よしよし(^o^) こりゃあ楽しみだわい♪

「温玉つけ麺 1.5玉 (900円)」 (1玉=180gで、メニューには無い3玉でも対応可能ww)

和屋 温玉つけ麺 (1.5玉)

漬けダレ投入用のすりごまが先にやって来ます。 これをスリスリしながらカウンター越しに彼のお仕事を眺めます。 やべぇ~~! いつも馬鹿話に花を咲かせるばかりだったから、彼の仕事中の姿なんてイメージした事が無かったけれど、こりゃあ相当な凄腕だぁ~!w( ̄△ ̄;)w

深い寸胴を利して麺を茹で上げ、平ザルで麺上げをしていたのですが、その巧妙な事と来たら・・・ 湯切りの丹念さもさることながら、彼の巨体がまるでリズムを打つように軽快に動いています。 平ザルをここまで躰の一部のように使う男はそうザラには居ませんよ(^^;)

和屋 温玉つけ麺 (1.5玉)

で、こう来た! まさか「あつ盛り」にスープが張ってあるとは思いもよらず・・・

和屋 温玉つけ麺 (1.5玉)

糸切り唐辛子も色鮮やか。 チャーシューはもしかすると“愛情盛り”がされている?(^^;) 麺量も270gにしては多いような気もするんですけど(笑) 何て贅沢な♪

正直に言えば、この「あつ盛り」のスープ漬けに塩を振っただけでも一品の出来上がりになりそう(笑) お陰でベーススープの味を確かめる事が出来ました。

和屋 温玉つけ麺 (1.5玉)

“ネギダク”の漬けダレは、一目で油膜の厚みが分るもの。 たいそうたっぷりと注がれている油膜は、チー油(鶏油)だそうです(^^) この時点では、まさかこのチー油のパワーが如何なるものかを予見する事は出来ませんでした。

和屋 温玉つけ麺 (1.5玉)

温玉は常温にされているお陰で、黄身に妙な固体感が無くてステキ♪ 飯坂と言えば「ラヂウム卵」って関連を思い出しました。 無芸が子供の頃は、ゆで卵と言えば黄身の周りが青く変色するほどの固茹でが常識。 飯坂土産の「ラヂウム卵」を初めて口にした時には、「これってゆで卵?!∑( ̄Д ̄;)」ってくらい驚いた記憶が残っています(笑)

和屋 温玉つけ麺 (1.5玉)

熱々のスープの張られた丼から、自家製平打ち縮れ麺を漬けダレに浸して、いよいよ一口。

「ぐわぁ~~!? あぢぃ~~~!!!!ヾ( ̄0 ̄;ノ」

一瞬悶絶しそうになったw|;゚ロ゚|w あのチー油が効果的に熱を封じ込めていて、つけ麺にあるまじき熱さに仰け反りました(^◇^;) 作戦立て直し(笑) 落ち着いて味を確かめながら頂きます。

リッチな鶏出汁の旨味と風味が、口中に広がります。 甘味は加えられておらず、酸味は適度に効かせてあります。 結構シャープな味付けになっていますね。 麺は当然の如くピロピロ系なのですが、「あつ盛り」が故にしなやかな舌触りでして、食感や歯応えはあまり意識させられません。 きっと冷水で締められた「冷や盛り」でしたら全く違った印象になるでしょう。

つけ麺を食べながら、こんなに大汗を掻いたのは初めてかも(笑) チャーシューは流石と言うべきでしょう。 しっかりとした肉質が伝わって来て、肉喰った感があります(^^) 写真では巧く写せませんでしたが、メンマも柔らかく妙な固い繊維感は無く、味変に一役買っています。

温玉を投入すれば、当然ながら黄身の濃厚さと相まってシャープな印象だった漬けダレが、一気にクリーミーに。 すりごまと糸切り唐辛子も、決して前面には立ちませんが、なかなか良い味変ツールとして作用していました。 無芸が今まで食べたことのない個性派のつけ麺でした(^^)

これだけのパワーを見せられてしまうと、麺の方も白河ラーメンの呪縛から一歩踏み出して、強力粉ブレンドの極太縮れ麺なんぞを所望してみたくなりますww (←多分、絶対無理だろうけど・・・)

「和屋」さんを気に入ってしまうと、白河への足が遠退くとは良く耳にしていましたが、その言葉に納得。 無芸の白河ラーメン原体験がもしも「和屋」さんだったら、白河ラーメンに対する印象は全く違ったものになっていたかも知れません(^^)




手打ち中華そば 和屋 (なごみや)
福島市飯坂町平野字原76-1
電話;024-542-8383
営業時間;11:00~16:00 ※材料がなくなり次第終了
定休日;水曜日、第2木曜日
駐車場;7台(店舗横)、10(第2駐車場)


 

コメント

あまりおじゃまできてはいないのですが,近くに白河があるようで幸せです。まさに白河に足が遠のくお店です。そしてマガラさんの人がらの良さが感じられるような気もします。
2010/ 08/ 03( 火) 19: 56: 40| URL| よはん# -[ 編集 ]
 
こんにちは(^^) ワハハ♪ ここにも白河が遠ざかっちゃった人がいましたね(笑)

確かに店主・眞柄さんのお人柄がそのまま投影されている気がします。 外連味のない仕事ぶりは、ちゃんと味に現れますし、何よりも気持ち良いものですね。
2010/ 08/ 03( 火) 20: 21: 40| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
こんばんは♪(^-^*)/ハロ~!

スープがはられたつけ麺って食べた事がないので、凄い気になります!!

すりごまがあるっていうのも珍しいですよね!!
コクが増すのでしょうか??

2件目は『自家製麺 えなみ』さんのスパイシィーつけ麺を食べたと推理しているのですが、如何でしょうか(笑)

僕は今夜は若武者さんで『無芸さんスペシャル』食べてきました(笑)
2010/ 08/ 03( 火) 23: 58: 10| URL| ハロ# tHX44QXM[ 編集 ]
 
私もスープの張られた「あつ盛り」を出すお店があるとは知っていましたが、目前にしてみますと、そのゴージャスさには目を瞠りますww

この時点で既に二連食でしたので、とても「えなみ」さんを攻略する胃袋は残っておりませんでした(笑) でも読みは鋭いですww

あのぉ~~~(^^;) 「若武者」さんに、そんな隠し球なんてありましたっけ?(笑) もしかして「大将餃子」→「スティック春巻き」→「麺類」+「定食」とか?(爆)
2010/ 08/ 04( 水) 00: 39: 17| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ウェルカムふぐすま!!

  アッツアツをあなどってはいけません(´∀`)
 ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルですよ!

 でも癖になる味でございます~また是非おいでませ
   ふぐすまぁ!(@´゚艸`)ウフウフ
2010/ 08/ 04( 水) 11: 33: 27| URL| mimizo# -[ 編集 ]
 
おおーーーーこっれは、なんともきれいなビジュアルですねっ 
暑いけど熱くいただいてみたいな^^ でも、大汗モノなんですよねえ・・・・

明日、福島へ行くのですが、どうしようかな。
つけだれの強力さを実感したいっ 迷いますーーーー明日は営業してるのよね・・・

2010/ 08/ 04( 水) 16: 59: 27| URL| オドラデク# QeUf.kPM[ 編集 ]
 
こんにちは(^^) お邪魔しておりましたぁ~♪

あつ盛りつけ麺で、あれほど“熱い目”に遭ったのは初めてでした(笑) 鶏出汁風味がリッチで、今まで体験していた白河ラーメンの淡麗さとは一線を画する作に瞠目させられましたよ(^▽^;)

当然ながら、機会を見つけては足を運ぶ事になると思います♪
2010/ 08/ 04( 水) 17: 51: 03| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
私もこのビジュアルには大満足でした(^o^) ヒィヒィと汗を掻いていると、団扇が差し出されるかも(笑) これまた一興なり(笑)

チー油パワーの見事さは相当なモノです(^^) 是非ともお立ち回りになってみて下さい。 当然カウンター席で眞柄さんの麺上げも見てネ(^o^)
2010/ 08/ 04( 水) 17: 54: 11| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
そうですか?

無芸さん、苦手なんですか?・・・
白河系は・・・手打ちの多加水麺・・・

へえ~
2010/ 08/ 04( 水) 22: 24: 51| URL| maxmax# nirwQam2[ 編集 ]
 
実を言うと、苦手と言うよりも、もっと好きなタイプがあると言う感じです(笑) 食べ物は何に限らず、ご当地のバックボーンと密接な関わりがありますので、極めて多様なスタイルがありますよね(^^)

この先、もしかすると私の好みが変化して、白河ラーメンに熱中する事もあり得ます(笑)
2010/ 08/ 04( 水) 22: 34: 25| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1415-b3a1934f