FC2ブログ

ミノムシが絶滅危惧?

かれこれ一週間前の出来事ですが、無芸の仕事場の前にある歩道に、ミノムシがゴロゴロと散らばっていましたw( ̄△ ̄;)w 極希に1匹2匹を見かけることは、そんなに珍しい事では無いのですが、この日は異常なくらいの多さでして、竹ほうきで掃き集めてみたら、軽く30匹はいました。

ミノムシ

それから3時間後、再び歩道には同じくらいのミノムシが散乱していますΣ(^∇^;) 歩道の上を見上げても、そこには街路樹は無く、ただ空と電線だけ・・・

これってもしかしたら、空から降ったオタマジャクシ事件みたいなの??(゚ロ゚屮)屮

って、とても不可思議な事だと悩みました。 で、ふっと歩道のツツジの植え込みに、何かうごめいたような気配を感じて、近づいてみてみると・・・

ミノムシ

おんやぁ~~~?!w( ̄▽ ̄;)w こんなところにミノムシがいましたヨ(笑) 写真でも良く見ると分るかも知れませんが、ミノムシの右側に幼虫の頭が出ています。 まるでヤドカリのように、家を背負って移動中ww どうやらツツジの小枝が彼らの住家の建築資材のようです(^^;)

しかし冷静に考えてみたら、これって蛾の幼虫なんですよね(⌒▽⌒;) 植え込みをよく観察してみたら、いやいや、居るは居るは(汗) しかも、1ブロックの植え込みだけにしか姿が見えませんから、きっとこの植え込みだけに卵が植え付けられていたのでしょうね。

ウチの女性陣は蛾が大の苦手ですので、これは害虫駆除をせねばなるまいと、使い古しの割り橋で抓み獲って駆除。 しかし、あまりに大量なので、植え込みの維持管理をしている役所の部署にに連絡をして、駆除の要請を致しました。

そして今、この記事を書きながら、ミノムシ君について調べてみたら、確かに蛾の幼虫ではありますが、年々その姿を消しつつある“絶滅危惧種”との情報が何件も・・・ノ( ̄0 ̄;)\ (やっちまったかオレ?)

まだ、害虫駆除の実動隊は姿を現しておりませんが、こりゃあとってもビミョ~な事になりました(ー’`ー;) さて、困ったなぁ~




先にご紹介させて頂いた地元産の本格赤ワイン「磐梯熱海メルロー」ですが、お陰様で上々の滑り出しとなっております(^^) 誠にありがたく、感謝申し上げます。 目下最大の悩みと言えば、生産量の少なさ故に、あとどれだけ商品供給が続けられるかです。 葡萄畑を視察して来た時に、ある程度の生産量は予想していたのですが、ほぼ無芸の思った通りしかありませんでした。

発売から僅か一週間で、生産量の壁にぶつかるとは・・・ 何とか落手をご希望下さるお客様方に、あまねくお届け出来るようにコントロールしなければならないかも知れません(T△T)

さて、そんな一週間の間に、このワインを楽しみに足を運んで下さったお客様から、飼い猫・ニャオの登場機会が少ないヨ、との嬉しいご指摘を頂いておりました。 まるでタレント猫ですね(^▽^;) 相変わらず元気にしています。

ニャオ

レジスターの上の置物なのは変わりませんww 蒸し暑い梅雨場だと言うのに、倉庫の中でお昼寝をしていたり、夜には集会にも参加している模様ww

ニャオ

ニャオおばさん、相変わらずレジ上からお尻がズリ落ちていますww LANのケーブルがお尻から外れているのはご愛敬(^o^)




今日は岡田JAPANの決勝トーナメント第1戦ですね♪ パラグアイを相手に、どんなゲームを見せてくれるか楽しみです(^^) 初のBEST8を目指して、その力を遺憾なく発揮して欲しいものです。

ところで、南アフリカ共和国(以下南ア)は、アフリカ大陸随一の高品質ワインの産地であることはご存知でしたか? 恵まれた気候風土であると同時に、過去の歴史の中ではイギリスの植民地であり、多くのヨーロッパからの移住者が人種隔離政策の中で我が世の春を謳歌していました。

南アの複雑な事情は、皆様方は既にご承知としてここでは触れませんが、そのヨーロッパからの移住者達が持ち込んだのがワイン産業でした。 特にイギリス人は、ボルドーワインを永らく愛飲していた歴史的経緯もあり(100年戦争ではフランスとボルドーの取り合い)、棲み着いたこの地で納得出来るワインを造り出そうとしたのは、ごく自然ななりゆきだったのかも知れません。

ヨーロッパから持ち込まれたワイン醸造用葡萄品種と栽培技術、ワイン醸造のノウハウや資本投下などもあり、前述の通りアフリカ大陸では随一のワイン生産地となりました。

南アワイン

コストパフォーマンスに優れる南アのワインは、無芸の仕事場でもいつの間にかその数を増やし、常連のお客様方には良く知られるようになりました。 そのポテンシャルの高さを示すかのように、ミシュラン東京で3つ星にランクされている、フレンチ・レストラン「ロオジエ」でも、初のフランス産以外のワインとして、南アの「ミヤルスト・ルビコン」がオン・リストされたくらいです(^^)

カジュアルな価格帯だけに留まらず、絶対評価の高品質ワインに於いても、南アのワインは注目を集めているんですね。 って訳で、今夜は南アのワインでも楽しみながら、サッカーのゲームをテレビ観戦するとしましょう(^^)  

コメント

早速頂きましたがラベルを見なければ高級フランスワインと言われても分からないくらいです。
高級ワインは飲んだ時ないですが・・・。
2010/ 06/ 29( 火) 21: 18: 53| URL| maru# sSHoJftA[ 編集 ]
 
そう言えばミノムシってここで一度も見てないんですよ~。
蛾・・・私は虫全般嫌いです。
2010/ 06/ 30( 水) 01: 30: 47| URL| ree# -[ 編集 ]
 
ニャオちゃん こんにちわ! お久しぶりですっv-238
ムシムシして嫌な季節だけど お元気そうで何よりですんヾ(*´∀`*)ノ
ムシムシでミノムシ。。。
そーいえば 熊家の周辺には、そこそこ大きな公園ありーの、大学ありーの・・・
なのに もう何年もミノムシくんたちに会ってないです。
絶滅しそうなのかぁ。。。
子供のころ よく ミノを剥がしてあそん・・・(以下自粛)(´-ω-`;)
2010/ 06/ 30( 水) 07: 50: 49| URL| おかみっちょん# -[ 編集 ]
 
「磐梯熱海メルロー」お気に召して頂けたようで、良かったです(^^) 掛け値無しに、しっかりとしたコスパの整ったワインだと思いますよ。
2010/ 06/ 30( 水) 12: 47: 44| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ミノムシを調べてみたら、特定の種類の蛾だけが“お家”を造るみたいです。 フロリダには生息していない種類なのかも知れませんね(^^)

Kidsに見つかったら、恰好のオモチャかな?(笑)
2010/ 06/ 30( 水) 12: 52: 23| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ミノムシのミノを解体?!Σ( ̄□ ̄∥) そりゃあ、もしかすると、おかみっちょんさんが絶滅の危機に追い込んだとかww
2010/ 06/ 30( 水) 12: 54: 42| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1379-7058f4b1