fc2ブログ

トーキョーワンダーウォール10周年記念展

つい数日前の事、無芸の高校の同窓生から一通のメールが届きました。 彼の名は“大槻透”君。 無芸よりも干支一回り下の後輩にあたりますが、実は東京芸大大学院卒の新進気鋭のアーティストなのです(^^)

東京都庁が主催する若手アーティストの公募展、「2003年 トーキョーワンダーウォール」で見事に審査委員長賞に輝き、一躍アート界の注目を集めた逸材です。

3年前に地元で初の個展を開催した折に、仲間の筋から情報が寄せられて訪問して以来のご縁です(過去記事)。 拙のBlogで記事を挙げさせて頂いた後、アクセスログの検索キーワードに“大槻透”のワードはほぼ毎日見られますから、その注目度の高さは確かでしょう(^^)

さて、その大槻君からのお知らせは、開催10周年を迎えた「トーキョーワンダーウォール」10周年記念展に、過去の10年の受賞者の作品を集めた展示が行われているとの事です。 彼は今回の展示にあたり、F150号(227.3cm×181.8cm)の新作を発表しております。

金箔を用いた大胆な色彩と、象徴的なモチーフを楽しくなるような現代的な解釈で捉えた作風ですので、一度その作品を目にしたら、鮮烈な印象として記憶に残ると思います(^^) 初めて彼の作品を見て下さる皆様の為に、大槻君にお願いして近作の画像を拝借致しました(^^)

大槻透作 「The Power of Kaminarimon」
「the power of kaminarimon (2009)」 <↑ Clickで拡大>
※ 拡大画像には盗用防止のため透かしを入れてありますがご了承下さい。

【作者・大槻透君からのコメント】

実際の雷門の両側に立っている風神と雷神を女の子に擬人化し、左側の雷神の子にはドラクエの「いかずちの杖」を持たせ、赤い服の模様は浅草がある台東区のマークになっております。

右の風神の子は、ドラクエの裁きの杖(バギという風の呪文攻撃が出ます)をもたせ浅草寺のシンボルマークか不明ですが、やたら浅草寺の提灯などに書かれている「山」という字に似た模様を服にあしらってみました。

画面より下半分の金箔の部分ですが(写真だと分かりにくいですが)雷神の子の下は、浅草のアサヒビールのビルのてっぺんについている「金のう○こ」と呼ばれているシンボルの形をしています。

風神の子の下は、松本零時デザインの「卑弥呼」という水上バスをモチーフにしています。 隅田川には似つかわしくない(笑)近未来的デザインで、浅草からお台場まで川を下ります。



この作品は、台湾で開催された個展でコレクターの手に渡ったそうですが、こんな風神・雷神様だったら楽しいですね(^^)

また彼の作品には、ニャンコが度々インポーズされています。 猫好きなんだろうなぁ~と思っていたら、猫飼いである事が判明(笑) 彼のBlogに度々登場しておりました(*^_^*) 「みゆきちゃん」と名付けられたニャンコですが、この子がまたカワイイ♪ 大槻君の作中には、こんな風に描かれています。

大槻透作 みゆきちゃん

今回展示されている新作「四季2010」の中に描かれた「みゆきちゃん」を特別公開!(←多分ネット公開初ww)

一筆毎に丹念に描かれていて、大槻君の慈愛の心境が良く感じ取れますね(^^) しかも背景の金箔の中には「かわいいみゆきちゃん」との箔押しも(笑) どんだけ猫好きなの(^o^)

って事で、大槻君の新作も展示されている「トーキョーワンダーウォール10周年記念展」の開催要項は以下の通りです。

「TOKYO WONDER WALL 2000-2009 10年!」

 ●会  期  2010年(平成22年)5月29日(土)~ 6月20日(日)
 ●会  場  東京都現代美術館(江東区三好4-1-1 木場公園内)
          入選作品展:企画展示室3階
          10周年記念展:企画展示室1階
 ●開館時間  10:00~18:00(入場は17:30まで)/毎週月曜日休館
 ●入場料   無料



無芸は上京出来るか分りませんが、在京の同窓生の皆様には、是非とも足を運んで頂けたら幸いです。 勿論、首都圏の読者の皆様方にも、是非とも宜しくお願いします。




大槻透
公式ウェブサイト MY GIRL (URL)
フォトログ (URL)
ブログ (URL)
Last Modified :

Comments







非公開コメント