FC2ブログ

橋本ヒロシ ~福島県郡山市朝日~

【2011/2/28をもって閉店されました。】

橋本ヒロシ

毎度先鋭情報満載のウーロンさんのBlog『ウーロンBlog (福島のラーメン食べ歩き)(URL)で、寝耳にミミズな耳寄り情報が挙げられていました。

なんと「つけ専」のラ~屋さんが5月15日に新規開店していたと言うではありませんか♪ そりゃあ、行かなくちゃ!(>_<)/ と、言う事で、早速初訪問と言う訳です(^^)

何だか昔の同級生に聞き覚えのありそうな名前が店名(笑) お店の方に伺ってみると、このつけ麺をプロデュースした方のお名前なんだとww てな訳で、残念ながらお店の中に橋本ヒロシさんはおられません(笑)

店舗は以前「博多人情屋台」のあった物件。 って事で「橋本ヒロシ」(さん付けしそうになるww)も、経営母体は以前と同じく「ジン コミュニケーションズ」と言う事は明白。 左隣はてんこ盛りの生蕎麦が嬉しい「天玉や」さん。 暖簾を潜ってカウンター席に陣取ったら、暖簾を分けて天玉やさんのご主人がヒョッコリと顔を出されたりして、「アラララララぁ~(^^;)」なんて顔を合せて思わず笑ったりして。

互いに仲良くしておられるようで、お隣同士で出前を取りあったりのお付き合いのようです(^^) って事は、天玉やさんの、美味しいかき揚げをお取り寄せなんて事も出来るか??(^▽^;)

さて、出だしからリラックスしまくり(恐いモノ無しww)になってしまいましたが、早速課題の看板メニューをお願いしてみます。

「石焼つけ麺 大盛 (850円)」

橋本ヒロシ 石焼きつけ麺 大盛

並盛(200g/650円)、中盛(300g/750円)、大盛(400g/850円)そして特大(600g/1,000円)の四つのバリエーションに加え、カレーテイスト、トマトテイスト、そしてピリ辛テイストが選べます。

橋本ヒロシ 石焼きつけ麺 大盛

備前風の平皿に盛られた麺は、全粒粉がブレンドされているそうで、その色合いからも容易に想像出来るように、挽きぐるみの小麦フレーヴァーが芳醇に香ります♪

橋本ヒロシ 石焼きつけ麺 大盛

流行の極太麺は角断面とされていて、低加水率タイプでしっかりとした芯のある噛み応えあるタイプ。

橋本ヒロシ 石焼きつけ麺 大盛

大きめの平皿に盛り込まれた麺は、400gとは言えなかなかのボリューム感を放っています♪

橋本ヒロシ 石焼きつけ麺 大盛

漬けダレは木枠にしっかりとハマっていて、グツグツと沸騰しとぅ(゚ロ゚屮)屮 間違っても手で引き寄せてはイケません(当然ww) まるでマグマのような粘性の高さに期待度アゲアゲ(^o^)

橋本ヒロシ 石焼きつけ麺 大盛

これピンボケぢゃ無いんヨ(^^;) あまりにも漬けダレが麺に絡んでいるもので、表面に膜が張っているのね(笑) こんなビジュアルは久しぶりだわ♪

って事で、頂きまぁ~す♪(^Q^) 豚骨をベースに鶏ガラスープを適度にブレンドし、カツオ、鯵、サバ、エビの節系テイストを織り交ぜた漬けダレは、押し味に富んでいてナカナカのインパクト♪ 塩味は抑え気味になっているので、しょっぱい感はありません。

強いて言えばここまでのドロポタを表現したなら、もちっと意識的な甘味と辛味があっても良さそうな気がします。 てか、そうしちゃったら既存のドロポタ系に類似してしまうのかな?(^^;) ベースがしっかりとしているだけに、もう一押しあっても諄くならない気がします。

と、ここで卓上調味料に白ゴマミルがあるのに気付きまして、ちょと投入してみる。

橋本ヒロシ 石焼きつけ麺 大盛

あっ♪ イイかも( = ̄+∇ ̄=) 白ゴマの挽き立てテイストにもバッチリ合いますネ。 ここでフと気が付いた。

「この漬けダレの濃度と、言うことを聞かないくらいごうじょっぱりな極太麺では、弾幕被弾するかも・・・( > < ;)//」

そうだ♪ ティッシュペーパーがあるじゃ無いか♪ って事で、他にお客様がいない事で恥ずかし気もなくティッシュを襟首に差し込んで簡単紙ナプの防御(^▽^;)

橋本ヒロシ 石焼きつけ麺 大盛

そうそう、具材のお話も(笑) わたしゃどうもストイックに麺を楽しみたいタイプなので、スープと麺だけで満足出来たらサイコーって人なのねww バラ・ロールチャーシュー、さすがに手練れの味でふ。 拍子切りのメンマは極太で噛み応えアリアリでふ。 刻み玉ネギは、石焼きの器でグツグツ煮られて、頃合いに甘味と歯応えアリでふ。 そんでもって、漬けダレに沈んでいた刻み柚子がたまに当たると、一服の清涼感を演出しまふ。

橋本ヒロシ 卓上調味料

さすがに400gの麺量と、超濃厚魚節豚骨の漬けダレでは、終盤にはちょっと味変したくなつて来て、真ん中の調味料はラー油かな?とちょいと差してみる。

「うおっ?!Σ( ̄ロ ̄lll) あっ、甘い?」

ラー油だと思い込んで漬けダレに落としてみたら、表面に浮かないのが不思議でしたが、慌ててこの調味料を少量味見してみたら・・・ 甘酢だったぁ~!( ̄□ ̄;) お願い・・・ 事前に手掛かりを下さい(>_<;)

「花カツミ」の摺り辛子(激辛ww)をくれとは言いませんが、せめて一味唐辛子か豆板醤、ラー油でもイイっすorz 何て事は些細な事なんですけど、ドキドキワクワクの初訪問レポでした(^^)

※食べ終えてみるとやっぱり3発ほど被弾痕アリ(^^;) 次回は石焼カレーつけ麺に白飯ADD ONでも♪




【閉店済み】
橋本ヒロシ
福島県郡山市朝日2-17-22 Mビル
電話;024-954-3761
営業時間;【昼の部】11:30~15:30 【夜の部】17:30~21:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に共用で数台分


大きな地図で見る  

コメント

なんとも濃厚なつけダレ!
石焼とのことですが、まさに磐梯山の奥底に潜むマグマを連想させる?!(笑)
しかそ、そのタレに甘酢ってのは・・・想像を絶しますね。(^^;)

お義母さまのこと、ご愁傷様でした。
無芸さんの書きぶりからも、そのお人柄がしのばれます。
心からご冥福をお祈りします。
2010/ 05/ 18( 火) 23: 01: 05| URL| 和# Xqd.HNrY[ 編集 ]
 
毎度毎度、フットワーク軽いですね~
業務用原チャリに過給気ついてんじゃ?
ないでしょうね~(大笑

最近、つけ麺もストライクゾーンに
入ってきているので・・・食べてみたいですね
2010/ 05/ 19( 水) 06: 45: 22| URL| maxmax# nirwQam2[ 編集 ]
 
マグマかぁ~ww 確かに石鍋でフツフツと沸騰している漬けダレは、ソレを彷彿とさせるビジュアルでした(笑)

甘酢は決して悪いものではありませんが、記述が無いと初訪問ではハマりそうな罠ですww (てかハマったorz)

お心遣い、ありがとうございます。 きっと何時の日か、素敵な思い出だけが満ちて来ると思います。
2010/ 05/ 19( 水) 14: 36: 35| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ワハハ(^o^) だって“つけ専”ですよぉ~♪ そりゃあ速攻で行くでしょ(笑)

割りスープはポットで供されますので、遠慮無くリクのこと(^^)
2010/ 05/ 19( 水) 14: 39: 10| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
新しい薬局かと思った。。。。(´・ω・`;)
2010/ 05/ 20( 木) 18: 52: 43| URL| おかみっちょん# -[ 編集 ]
 
ワシもww
2010/ 05/ 20( 木) 22: 49: 36| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
【ハシモトヒロシッ♪】
つけ麺、進化していますね。
トマトテイストですか?
トマトスープにもチャーシューとメンマ?
それともベーコンとエリンギ?
私もこのモチモチ麺、体験したいです。
2010/ 05/ 20( 木) 22: 54: 36| URL| katsu-you# FlgaJB1g[ 編集 ]
 
はたして、どんな仕様で供されているのか興味のあるところです(^^) もしかするとベーコン&バジルとか♪
2010/ 05/ 21( 金) 18: 48: 39| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
たしか『ジン コーポレーション』だったと思いますよ!
2010/ 06/ 04( 金) 15: 06: 51| URL| 秘密の名無しさん# -[ 編集 ]
 
ジン・コーポレーションから発展的に分社して、ジン・コミュニケーションズとなりました(^^)
2010/ 06/ 04( 金) 16: 01: 31| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
トマトがおいしいです!
2010/ 07/ 14( 水) 03: 52: 46| URL| ぽにょ# -[ 編集 ]
 
橋本さん、前は男性スタッフだけでしたが、女性がお一人いました
2010/ 07/ 14( 水) 04: 02: 43| URL| ぽにょ# -[ 編集 ]
 
こんにちは、はじめまして(^^) ご訪問、コメントを頂き、ありがとうございました。

トマトつけ麺を召し上がった方の記事を拝見致しますと、これまたナカナカ楽しめそうですね♪

“男気一本”だと思っていたら、いつの間にか女性スタッフも加入ですか(笑) 雰囲気が和らぎますかね?(^o^)
2010/ 07/ 14( 水) 14: 32: 16| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1338-7bbf367c