FC2ブログ

ホテル・ハマツ ビアパーティー・モッキンドー 『おいしい郡山まるごとビッフェ』

8月3日から9月31日まで、郡山市虎丸町の『ホテルハマツ』でロングラン開催されている、ビアパーティー「モッキンドー」 『おいしい郡山まるごとブッフェ』に、湯の宿楽山・支配人の伸ちゃんから「一緒にどぉよ?」とお誘いを受けて出掛けて参りました。

ビア・パーティー「モッキンドー」


ここホテルハマツでも、地産地消の食材調理に大きく一歩踏み出されているようです。 地場農産品生産者とのコンタクトを持つ伸ちゃんにとって、このような催しは、やはり見落とすことは出来ないようです。

ビア・パーティー「モッキンドー」


この催しは、ビアパーティーの名を冠していますが、地元・郡山の農畜産生産者さん達ともタイアップによって実現しました。 単なる管理飼育・管理農産の生産手法から、よりナチュラルで、しかも滋味深い味わいで、安心な生産物の確立を目指す方々の懸命な努力が味覚に伝わってきます。

ビア・パーティー「モッキンドー」


ホテルハマツには和洋中の職人調理人さんがおられますから、食材の個性を大切に活かした、ユニークな趣向が凝らされていました。 この「シシリアン・ルージュ・トマトと南湖じゅんさい」もその一つです。 鮮やかな色合いが美しく、シチリアン・ルージュのフレッシュさと自然な甘味と酸味が程良く調和しており、猪苗代湖のほとり・湖南町の「じゅんさい」のチュルリとした舌触りと相まって、夏のアミューズとして非常に完成度の高い一品でした。

ビア・パーティー「モッキンドー」


多種多様な新品種が豊富に配されているのもみどころです。 ブッフェに並べられた品数は、ざっと30品目近くありました。 SPFポーク、ケルプ農場の通称・ケルプ鶏の卵を使ったトマトのスープも、爽やかなトマトの酸味が心地好く楽しめました。

ビア・パーティー「モッキンドー」


テタンダードなビシソワーズも、品良く仕立てられ、蒸し暑さの残る夏の夜にはありがたい一品。

ビア・パーティー「モッキンドー」


ビアパーティーの名を冠していたので、やはりビールとの相性の良い皿が多かったようです。 デザートに用意されていたトウモロコシのアイスクリームは、トウモロコシの風味を活かしつつ、それの持つ甘味がしっかりと前面に押し出されていました。 これって「道に駅」にでも出展したら、きっと話題になるんじゃないかしら?

鈴木光一さん


当夜、ご同席頂いていたのは、伸ちゃんご夫妻と鈴木農園の鈴木光一さん。 鈴木さんは楽山農園の契約栽培を一手に担っておられますが、地元・郡山では若手No1と言われるリーダー的存在です。 先頃も地元ローカル局の夕刻の人気番組「ゴジてれシャトル」に出演なさっておられました。

地産地消を捉えるには、最終的な消費段階まで見届けて、そのノウハウを生産計画にフィード・フォワードするべきといった、一連の流通をグローバルに見る目と、アグリビジネスだけに固執しない、農業家としてのロマンを説いて止まぬ好青年です。

とても日々多忙な方なのですが、たっぷりとお話しを聞かせて頂きました。(^^)




ホテルを後にしたら、まだ時間は21時半。 このまま帰宅するには、チト勿体ないので、ちょっと行きつけの鳥料理屋さんへ。

甚六


郡山市駅前の「甚六」さんです。 鳥料理と鉄鍋が自慢のお店です。 さきほどしこたま食べちゃったので、さすがの無芸大食もほぼ飽和状態。(^^;) 丁度、蔵元から届いたばかりの『京の華 純米吟醸 限定生詰め』を頂きながら、少々つまませて頂きました。

甚六


甚六さんの鶏肉は「伊達地鶏」です。 しっかりとした肉質とジューシーな肉汁が迸る、ゴキゲンな味わい♪ 本格焼酎や梅酒、そして拘りの国産ワインがお手頃価格で堪能できます。 あぁ~~、今夜も美味しかったぁ~~(^^)  

コメント

ホテルハマツのランチは、よく食べます。落ち着いて食事できますね。
いつだったか、忘れましたが、12月に郷ひろみのデイナーショーが
あり、フロントの方においくらなんですかと聞いたら、4万8000円とか
言っていました。。。ゲッ、お高い~~おばちゃんばっかり、郷さん~~~笑

それにしても、食材の生きの良さが、現れてくるような写真ばかり
です。ハマツのランチにも使用されているのでしょうね、

あはははは、無芸さん、最後の締めは、焼き鳥ですか?
肉質がいいですね、貧相な焼き鳥じゃなく、食い応えがありそうです。
笑。。。うまかったことでしょう~~~!!
2006/ 08/ 25( 金) 07: 43: 45| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
遅くまで?早くまで?お疲れさまです。

ほんっとーーーに、美味しそうなものばかりじゃぁありませんかぁ!
食材の組み合わせが、斬新さを感じさせますね。
鮮度の高い食材じゃないと、出来ないでしょうねぇ・・・。

焼鳥は「ぷりっぷりっじゅわー」って感じだし・・よだれが出ますよ、ほんとに。
じゅんさいじゃぁ無いけど、じゅるじゅるって・・・(笑)
2006/ 08/ 25( 金) 08: 24: 19| URL| 下町ダンディ# -[ 編集 ]
 
あ~っ!!光一さんだぁ~^^

私も近いうち行きたい場所のひとつであります

焼き鳥も美味しそう。。。
2006/ 08/ 25( 金) 10: 19: 16| URL| ゆきねえ# -[ 編集 ]
 
ララオ0181様
そう言えばホテルハマツはララオさんの出向き先のご近所でしたね。i-179 ちょっと落ち着いてお話しをしながらのランチには最適の場ですね。

そうですか、「ひろみGO」のディナー・ショーって、やはりプレミアム性が高いのでしょうね。 きっとそれても満員御礼だったのでしょう。 確か去年の暮れは「松田聖子」も来ていたような… 最近では「叶姉妹」もディナーショーをしました。 やはり48Kだった気がします。 女性客が多かったそうですが、オトーサン達は気後れしちゃうのでしょうかi-229

このイベントはとにかく品数が多くて、私も全てを口にする余力はありませんでした。(爆死) なんかデジイチを持ち出して写真など撮っていると、まるで間抜けな産業スパイのようで…i-229 鈴木光一さんがご同席だったので、不審者とは思われなかったようです。

甚六さんはお料理は美味しいし、お足も良心的です。 そして何より店主の松本勝男さんのお人柄に惹かれます。 繁華街で足を伸ばすと、最終的にこの店のカウンターが恋しくなります。i-237 ララオさんも、当地でワラジを脱ぐときは、是非とも押しを運んでみて下さい。i-189
2006/ 08/ 25( 金) 13: 39: 41| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
下町ダンディさん
日々ご多忙の中、お立ち寄りコメントを頂き、ありがとうございます。 昨夜も貫徹でしたか? わたしゃお盆明けから、細々とした仕事に追われ、なかなかBlogの更新が滞っておりました。 折角お立ち寄り下さる皆様には、ちょっと後ろめたい気持ちでしたが、アピール・ネタがあると、時間って何とか付けちゃうんですよね…i-229 ハハハ、このままBlogを自然消滅させる訳には参りませぬ。

食材の鮮度は折り紙付きです。i-179 早朝4時くらいに収穫した作物が、ディナータイムには食卓に並んでいます。 地元産品ならではのスピードですね。i-179 新鮮さに優るテイストは無いのかも知れません。

アハハ、じゅんさいをジュルジュルしちゃいましたぁ~♪ ホント、うまぁ~~でしたヨ。 甚六店主・松本さんの塩降りは、なかなか見事なんです。 もうアレを見ただけで、「絶対にんまい!」って確信出来ちゃいます。i-233 しかもこの店主さん、日々その腕前が進化しています!i-189
2006/ 08/ 25( 金) 13: 48: 41| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ゆきねえさん
こんにちは、いつもご訪問ありがとうございます。i-179 このイベントでは、ご協力なさっている生産農家様方が、入り口に直売所を設けて、来場客に顔が見えるように接点がとってありました。 しかもかなりの確率で、お帰りにお買い求めがあるそうです。 一般消費者が生産者と生声を交わせる機会があるのは、本当に素晴らしい事ですね。

光一さんからゆきねえさんのお話しを少しお聞きしました。i-179 どこかで御接点が深まると嬉しく存知ます。i-179 それにしても光一さんは、いつもTALKが熱いですね。i-229 とても説得力があります。

甚六さんの焼き鳥、旨いっスヨi-233 鉄鍋も個性的で大好物です。 機会があったら、是非ともお出掛けになってみて下さい。
2006/ 08/ 25( 金) 13: 56: 08| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
あうあう。おいしそうぅ。

サラダもトマトもおいしそう♪
2006/ 08/ 25( 金) 21: 06: 35| URL| んにゃん# -[ 編集 ]
 
んにゃんさん
ハハハ、食い意地が張っていると言いますか…i-229 ついつい、そちらへ向いてしまってi-179
2006/ 08/ 25( 金) 21: 36: 54| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/122-9be2c893