fc2ブログ
Top Page › 日常 › 2010年冬景色 曽原湖 その2

2010年冬景色 曽原湖 その2

2010-01-23 (Sat) 00:00
時折舞い飛んでいた雪もようやく静まって、曽原エリアには青空が広がりました(^^) もう、前回とは雲泥の差ネ(笑) 小野川湖を見下ろすお立ち台に集っていたカメラマン達は、いったいどこへ足を向けたのでしょうか? その後パッタリと出会わなくなりました。

曽原湖の冬景色
[2010/1/17 曽原湖の冬景色] <↑ Clickで拡大表示します>

沼の東岸・キャンプ場あたりにある排水口周辺は、いつも水が流れていますので、完全結氷はしないんですね。 普通は湿地になっているので、あまり近くに寄ることは出来ませんが、雪が降り積もった冬場だけは踏み入る事が出来ます(^^)

曽原湖の冬景色
[2010/1/17 曽原湖の冬景色] <↑ Clickで拡大表示します>

冬場は雪捨て場となるキャンプ場の敷地ですが、巧い具合に集められた雪がお立ち台みたいに盛り上がっています。 しかも除雪機で押されているので、良く締まっています(笑)

曽原エリアの冬景色
[2010/1/17 曽原エリアの冬景色] <↑ Clickで拡大表示します>

この辺りは小さな沼が点在していますが、ほとんどは既に雪に閉ざされていて、どこからが沼で、どこからが雪原なのか見分けが付かなくなって来ます。 この小さな沼は、曽原湖からの流れを受けているので、水の流入を受けている間は結氷しません。

曽原エリアの冬景色
[2010/1/17 曽原エリアの冬景色] <↑ Clickで拡大表示します>

湖畔の周回路も完全に圧雪。 さすがに雪の壁にこそなりませんが、路肩に積もった雪の量は、この時期としては大目です。

曽原湖エリアの冬景色
[2010/1/17 曽原エリアの冬景色] <↑ Clickで拡大表示します>

林の中へ続く足跡を見つけて、その先に何があるのかと追跡してみました。

曽原湖エリアの冬景色
[2010/1/17 曽原エリアの冬景色] <↑ Clickで拡大表示します>

どうやら私達と同じく、何かしらの「絵」を求めて足を進めた方の足跡だったようです(笑) ところどころに小動物の足跡が続いていたり、樹木から落下した雪が雪原に表情を付けたり、シンと静まりかえった林の中にも、何かしら息吹きみたいなものが感じられます(^^)
Last Modified : -0001-11-30

Comments







非公開コメント
4枚目の写真の道いいなあ~4WD
か、FRで走りたいな。
ワインカップスパイクでね。
んーカニ走りがしたくなってきた。
2010-01-23-00:43 フォワード
[ 返信 ]
フォワードさん
桧原湖の周回路は、きっちり圧雪になっていて、ナカナカ魅力的でしたよ(笑) あっ、でも無芸はビビりぃ~だから、大人しくのんびり走行中(^^)
2010-01-23-10:18 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
私が行ったときはどんよりとした曇りでした。

いい青空ですね(*^_^*)
2010-01-23-11:04 maru
[ 返信 * 編集 ]
明け方は厚い雲に阻まれていたんですけどね(^^) このエリアの天候は、コロコロ変わりますもんね。
2010-01-23-12:17 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
こんばんはです!

自分も4枚目良いですね~

自分、4輪も好きですが、実はスキーもやったり

してまして寒がりなくせに板、担いで汗かいてます。

自然の良さは精神をリラックスさせる一番の特効薬

です!
2010-01-23-22:51 maxmax
[ 返信 * 編集 ]
鹿とか リスなんか いてほしいなぁ。。。
熊は ヤバイよぉv-389
逃げてねーv-356
2010-01-24-10:16 おかみっちょん
[ 返信 ]
maxmaxさん
雪道を見ると、思わず血がたぎるタイプ?(笑) 遠い昔は、無芸も友人達も、毎夜の如くに雪道に出陣していました(^▽^;)

maxmaxさんは、今でもスキーを楽しんでおられるんですね(^^) 当地は近場に沢山のスキー場がありますから、楽しもうと思えばシーズン券もアリですよね。
2010-01-25-12:31 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
おかみっちょんさん
小動物で多いのはうさぎですかね? たまに猿やニホンカモシカもアリみたいですが、滅多にお目に掛かりません。

熊さんは冬眠期に入っていますので、冬場はまず心配ありません。 あまり山奥に分け入る事は考えられませんが、ハンターも少なくないので、互いに気をつけねばなりませんね(^^;)
2010-01-25-12:34 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]