FC2ブログ

2009年 錦秋巡り ~新宮熊野神社~

永らくお付き合いを頂きました『2009年 錦秋巡り』も、これにて終了となります。 多分…(^^;)
大取はここ、喜多方市の『新宮熊野神社』のご神木、樹齢600年と言われる大銀杏です。

新宮熊野神社の大銀杏
[2009/11/22 新宮熊野神社の大銀杏] <↑ Clickで拡大表示します>

去年は色付く前に訪問し、その後再訪のタイミングを逸してしまい、この黄金絨毯を愉しむことが出来ませんでした。 今年ほど黄葉が長持ちして、長く目を楽しませてくれた年は、ここ最近では無かったと思います。

私が訪問した11月22日(日)でも、まだ完全落葉に至らず、三割ほどが枝に残っておりました。 ある意味、絶妙なタイミングだったと思います(^^)

新宮熊野神社の大銀杏
[2009/11/22 新宮熊野神社の大銀杏] <↑ Clickで拡大表示します>

また、訪問した時間帯も良かったかも知れません。 境内に朝陽がしっかりと回り込み、その鮮やかな色合いが活き活きと感じられました。

まだ観光バスも入ってきておらず、そこに集っている人々は、写真撮影目当てのカメラマンが過半数。 しかも、混み混みになる前でしたので、微妙な位置取りも思いのままで、互いに譲り合いながら和やかな雰囲気に満たされています。

新宮熊野神社の大銀杏
[2009/11/22 新宮熊野神社の大銀杏] <↑ Clickで拡大表示します>

背景に青空が広がっていますが、実はここ「新宮熊野神社」は、周囲の田畑よりも若干高台にあります。 で、その周囲はと言いますと、スッポリと朝霧の海に包まれていました(^▽^;) 若干なりとも高い地勢のお陰で、朝霧の海に没しなかったというのが真実です(笑)

刈り取りのすっかり終わった田んぼに朝陽の当たり、田んぼに浸透していた水分が一気に湯気となって立ち上る、この田園地帯ならではの光景です。

新宮熊野神社長床と黄葉の大銀杏
[2009/11/22 新宮熊野神社長床と黄葉の大銀杏] <↑ Clickで拡大表示します>

微風に吹かれて、時折この神社の周囲にも朝霧が流れてきます。 神社の境内まで、濃い朝霧に包まれていたら、また一つ幻想的な「絵」になったかも知れませんね(^^)

新宮熊野神社長床の萱葺き屋根
[2009/11/22 新宮熊野神社長床の萱葺き屋根] <↑ Clickで拡大表示します>

平安時代に建立されたという「長床」ですが、度重なる災難を受ける度に復興し、今も在りし日の佇まいを伝えています。

萱葺き屋根にも霜が降りたのでしょう。 朝陽を受けて溶け出した霜は、ほんの小さなツララを伝って地に落ちてきます。 もう初冬が間近なんですね(^^)

新宮熊野神社長床と黄葉の大銀杏
[2009/11/22 新宮熊野神社長床と黄葉の大銀杏] <↑ Clickで拡大表示します>

長床の奥に控える本殿から大銀杏を覗くと、逆光に加えてうっすらと朝靄がブレンドされていて、撮った本人・無芸が、今一度アノ場所にTripしそうです(笑) 長床の柱が、極上のPhoto Frameになってくれます(^^)

新宮熊野神社の大銀杏
[2009/11/22 新宮熊野神社の大銀杏] <↑ Clickで拡大表示します>

嗚呼、今年もフカフカの黄金絨毯よ、ありがとう! 来年も素敵な姿を楽しませて下さいね(^^) ぼちぼち、観光目当てのお客様方の姿が見え始めましたので撤収です。

あっ、忘れていた…(^^;) コレも撮っておかなくちゃ♪

新宮熊野神社の大銀杏
[2009/11/22 新宮熊野神社の大銀杏] <↑ Clickで拡大表示します>

参道を引き返して、社務所に挨拶をすると、

「はい、どうぞぉ~、食べて行ってねぇ~♪」

と、地元のおばちゃんが豚汁を振る舞ってくれました(^o^) ありがたくご馳走になりましたよ。 ゴロッと大きく切られたお野菜は、きっと地元で採られたものばかりなのでしょう。 お味噌もきっと、どこかの農家の“手前味噌”(^^)

とっても滋味溢れる味わいで、しかも大根がまるでしっかりと煮込まれたおでんのように、出汁が染みこんでいて褐変しています。 察するに、前日に行われた「長床ウォーク」で振る舞われた豚汁のおこぼれのようです(*^_^*)

ウマウマに楽しませて頂き、さて、お楽しみの「朝ラ~」と参りますか♪

旧友C君に、「あべ食に行くどぉ~!o(^∇^)o」って言ったら、

「えっ?! まだ食べるの?ヾ( ̄o ̄;) 」って…

「あ゛あ゛~~~!!! あーべーしょくぅー\(@;◇;@)/」

無芸、強制撤収 (-_-;)o~~~~~(;/_゜)/)))) ズルズル  

コメント

ふぅ~~む。。。
あのカメラおやじ達のアングルはこーいうものだったのかぁ。。。
ってくらい わたしら熊家一同が訪れた時間は たくさんの人がいましてね。
しまいには イチョウの柵の中に知らない子供を誘い入れ
急遽モデルに仕立ててパシャパシャとv-212撮るおやじも。
何枚か撮り終わると 「本当は入っちゃいけないんだよ。本当はね。」  などと言って
子供の頭をなでてました。。。
やっぱ そこでそのおやじの頭 ひっぱたいておくべきでしたでしょうかv-362
2009/ 11/ 26( 木) 08: 34: 42| URL| おかみっちょん# -[ 編集 ]
 
おかみっちょんさん
ハハハ(^o^) そう言えば、おかみっちょんさんが撮影した写真には、少なからずカメラマンの姿が写っていましたね(^^)

もう、あんな時間に撮りに行っても遅すぎなんですよ(笑) だからカメラマンは早起きなんですね。

柵の中に、子供を誘い込んで撮影ですと?!Σ( ̄ロ ̄lll) そんなバカオヤジがいたのですか!

何も知らない子供を利用して、己が欲望の為にルールを無視するばかりか、共犯に仕立てるとはとんでも無い! 完全なる確信犯であり、その罪を子供に着せかけるとは(`Δ´)

私とC君がいたら、間違いなく即刻止めさせます(`m´#) 当然、年上だろうがお説教しますね。 てか、「永久立ち入り禁止」ってレベルの悪党です。

樹齢600年の大銀杏の樹勢回復の為に、保存会の皆様がどれだけの時間と資金を費やしているか。 あの黄金絨毯だって、放っておいて勝手に出来たものではありません。

早朝6時に、保存会の当番さんが出向いてきて、清掃とメンテナンスを行っているんです。 拝観料さえ払えば、何をしても良いなんて、とんでも無い思い上がりですね。

カメラマンが嫌われる訳。 こんなほんの一部の心ない者が、酷く目に付くからなんですよね…o( _ _ )o
2009/ 11/ 26( 木) 10: 18: 05| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
こちらに来た年、新聞で長床の存在を知ったのですが、未だ行けず仕舞いです・・・。
大銀杏のご神木と黄金の絨毯、肌で感動を味わいたいです。
私は喜多方へ足を運ぶと、ラーメン屋を必ず2軒はしごします。
せっかくはるばる足を運んだのに1軒だけで帰るのはもったいない気がして・・・。


2009/ 11/ 26( 木) 16: 12: 56| URL| katsu-you# FlgaJB1g[ 編集 ]
 
katsu-youさん
私も地元民にも関わらず、写真撮りを趣味にするまで、「長床」の存在さえも知りませんでした(^▽^;) 今では毎年の訪問が楽しみになりましたけど(笑)

もうすっかり落葉して、境内はフカフカの金色絨毯だと思います。 片道1時間半ほどになりますが、喜多方もすぐ側ですから、是非ともご訪問なさってみて下さい(^^)

それにしても、ラーメン屋さんを2軒ハシゴですか?!Σ( ̄[] ̄|||) 私よりも凄いかも…
2009/ 11/ 26( 木) 17: 36: 30| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
まさしく金色の絨毯ですね(^o^)

少し霧がかかっている所がいいですね~。

なんかガスマニアみたいですね・・・。
2009/ 11/ 26( 木) 19: 18: 32| URL| maru# sSHoJftA[ 編集 ]
 
maruさん
えぇ、なっていましたよぉ~♪ そうそう、朝霧が掛かっていたので、maruさんが同行していたら、さぞかし喜んだであろうと…(笑)
2009/ 11/ 26( 木) 20: 23: 47| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
一日遅れて到着しましたね^^先勝ち~あっはは。
ちょうど良かったですね、まだ葉っぱも残っていてね
。あべ食堂には行かなかったんだ、、そこは阿吽の呼吸じゃなかったわけだね、がはっはっは。

豚汁?ええ~~あったんだ、。ウォークだからだね
、、、ぐぞ~~。。
2009/ 11/ 26( 木) 21: 05: 54| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 
すばらしい公孫樹(イチョウ)ですね!
無芸さんの胃腸も・・・。(あ、オヤジギャグ?)

なぜか神社のご神木って公孫樹が多いような気がします。
紅葉してきらめくような黄色の葉を全身にまとった姿は、確かに神々しいですもんね。
ワタシも一枚くらいは、素敵な紅葉を撮りたくなりましたよ。
2009/ 11/ 26( 木) 22: 34: 45| URL| 和# Xqd.HNrY[ 編集 ]
 
ララオさん
やはりC君を叩き起こして良かったです(笑) お天気にも恵まれ、今年も素敵な大銀杏に会うことが出来ました(^o^)

そう、あの一杯の豚汁が無ければ…o(;△;)o

と、言いつつ、実はこの先、最終的に“合議”を見る事となりますo(^o^)o
2009/ 11/ 27( 金) 10: 04: 46| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
和さん
ご存知の通り、公孫樹の樹は沢山の銀杏の実を付けたり、樹齢が長くなる事から、「子孫繁栄と長寿」の意味合いを込めて、ご神木とするようです。

御地なら、まだ間に合う紅葉の名所が残っているのでは無いでしょうか? 実は無芸も、まだ行けるものなら行きたい場所が残っています。
2009/ 11/ 27( 金) 10: 08: 39| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1137-ec6d9a2e