FC2ブログ

サッポロラーメン コタン ~福島県郡山市中町~

高校時代からの友人に、「最近、食べ物ネタが薄いぞ!」と警告を受けて、慌て気味の無芸です(笑) すっ、すみませんねぇ~(^^;) この時期は写真狂スイッチが入っていますもので…

少々反省気味に、本日のアヒルごはんは~ 郡山の老舗ラーメン専門店さん、「サッポロラーメン コタン」さんに、何と35年ぶりに潜入です(←だんだけやぁ~?!ww)

コタン

無芸のラーメンの味の記憶を辿ると、幼稚園時代ですから、そのキャリアは40ウン年(笑) 今は無き名店「ますや分店」の味こそがその原点でした。 そして時を同じくして、当時としてはブームの走りだった味噌ラーメンをメインに据えたお店が、本日ご紹介の「サッポロラーメン コタン」さんでした。

共に近所にお店がありましたので、両親は「ますや分店:なるき:コタン:うすい百貨店のレストラン=6:1:1:2」くらいの割合で連れて行ってくれました。 すんげぇ~レアなハナシだナ(笑) この辺のニュアンスは永らく地元に住んでいる方にしか伝わらないかも… ごめんね(^▽^;)

さて、本題に戻ってコタンさん。 自家製手打ち麺が個性的でしてね。 当時の記憶を紐解いても、一番最初にコタンと言えば麺を思い出すくらい(笑) 国道4号線沿いに店を構えておられるので、毎日何往復も通りかかってはいるのですが、気になりながらもなかなか足が向きませんでした。

今日は寒風が堪えまして、街中にスクーターで配達に出たのを良い事に、超久々の訪問となりました。 お店はまさにむかしのまんま(笑) 店内も“昭和”のエキスがたっぷりと染みついています(^^) オーダーするのは、このお店の同義語と言って差し支えないこれ。

「手打ち味噌ラーメン 大盛 (650円+50円)」

コタン 手打ち味噌ラーメン 大盛

店内に飾られている年季の入ったSLの写真パネルに目を奪われている内に登場w 正直言って、ビジュアルに関しては、全く記憶していませんでしたが、ご覧の通りオーソドックスな仕様です。

たっぷりのお野菜をスープで煮込んで仕立てるあたりは、これまた老舗のなるきとも通ずるところ。 取り立てて香りにはヒントはありませんが、一口スープを口に運ぶと、野菜の甘味がしっかりと引き出された優しい味わいが広がります。

味噌のインパクトは強くありませんし、味の濃さも一瞬「ちょっと薄いかな?」と思うほど淡白に思えます。 ニンニクも入ってはいますけど、ソレと分るほどの使い方では無く、黒子に徹するしとやかさ(笑)

「うぅ~~ん… こんなだったかなぁ~?(^^;)」 ラードなどの油分も感じないし、現在の味噌ラーメンの標準的スタイルとは明らかに異なります。

コタン 手打ち味噌ラーメン

自家製の平打ち縮れ麺を持ち上げてみて、初めて「コタンだぁ~♪」と実感(笑) 向こう側が透けて透ほど薄く延べられた麺生地を8mm幅くらいに切り揃え、ウェーヴが掛けられています。

食感は今の標準からすると、かなり柔らか目。 それでもスープの持ち上げは抜群でして、淡白と思えたスープも大量にすすり込めます。 こりゃあ、所謂“バランスで食べさせるタイプ”ですね(^^) 今時は珍しいと思いますよ。

丼のサイズから、大盛りと言えども大したことはなかろうと読んでいたのですが、実は丼の底に複雑にウェーヴが絡み合った麺が、捌けば捌くほど、まるで湧いてくるように増え続けます(汗) そしてスープの上層は野菜の甘味が支配的だったのですが、食べ進む内に沈下していた味噌の本領が発揮され始めます。 上品な味噌の旨味がフワッと広がって来ます♪

要は食べ飽きしない(笑) 一杯の丼の中で、味の層が出来上がっているみたいです。 この仕掛けは、ちょっと衝撃的でした(^^;) ラーメンは本当に奥深いものです。

辛味は仕込まれていませんので、お子様は勿論、辛いモノが苦手な方にも安心ですヨ。 多分、この味噌ラーメンに一味唐辛子やラー油などを調理に用いたら、折角の繊細スープが台無しになっちゃいます。

35年越しの再確認出来ました(^^) 時勢に左右されない、一つの完成型を頑なに守り続けるお店には、心から敬服致します。 帰りしなに経営者ご夫妻とお話を致しました。 お店は40年前に開店なさったそうです。 開店と同時に、人気店になっていた事が分ります。 今も昔と変わらず出前もされており、寄せられる信頼に応え続けています。




サッポロラーメン コタン
福島県郡山市中町8-2 吉川ビル 1F
電話;024-932-5176
営業時間;11:00~19:00
定休日;不定休


 

コメント

はい1匹目釣られました。私が福島県に越して来た頃、今みたいにラーメンの情報がネットに沢山はなく、ラーメン本が定期的に発行されていました。それを買っては悶々と何処へ行くか考えあぐねておりました。そんななかで、4号沿いで名前も覚えやすい、
コタンがすぐ頭に焼きつき、郡山方面に行った時はそのお店を確認は、していたのですが、少しデイープな雰囲気の為、(デイープな店は今までいくらでも克服しているのですが。)入店したことがございません。
あまり味噌の味と風味が感じにくいみそらー食べてみたくなりました。
2009/ 11/ 20( 金) 00: 29: 34| URL| フォワード# -[ 編集 ]
 
はーい (^O^)/ 2匹めでーす
今日は(あ もう昨日だね)ホント寒かったから
味噌ラーメンは最適だったわねー!(^^)!
こっちのサッポロラーメン って 流行りに乗ったチェーン店ばかりで
あんまり美味しい店に出会ったことないなぁ(´~`;)
ワタシはアヒルごはん 空海の『鷄そば 塩』を食べたよ。
2009/ 11/ 20( 金) 01: 05: 04| URL| おかみっちょん# -[ 編集 ]
 
フォワードさん
ハハハ(^o^) 確かに足を踏み入れ難いお店かも知れません。 地元民にとっては、伝統の老舗なんですけどね。

今では大変珍しいタイプの味噌ラ~だと思います。 自然な甘味は、西洋料理で言うところの、クールブイヨンを彷彿とさせるものがあります(^^) 是非とも一度体験なさってみて下さい。
2009/ 11/ 20( 金) 15: 27: 23| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
おかみっちょんさん
昨日の関東平野は、最高気温が10℃にも満たなかったそうですね。 そりゃあ寒いわな(^^;) こっちは確か7℃くらいだったかな?(笑) スクーターを転がしていたら、そりゃあ味噌ラ~気分になりますよね(^o^)

チェーン店の味噌ラ~は、それはそれで美味しいと思いますよ。 味噌を控え目にするには、相当自信がないと出来ないそうです。(←某ラーメン屋店主談w)

『空海』って、あちこちにお店を増やしていましたよね? 美味しかったっスか?
2009/ 11/ 20( 金) 15: 34: 07| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
味噌ラーメン北海道から越してきて、まだ自分好みの味噌ラーメンに出会って無いので行ってみたいと思います。
2009/ 11/ 20( 金) 22: 51: 58| URL| てん# -[ 編集 ]
 
あいっ!四匹目(・ω・)/プッ

コタンさん、店名は知ってましたが四号線沿いにあったんですね。
駐車場が無いと聞いてて、遠方からは車じゃないとだし。。。て事でロックオンから外れてました。

ていうか、サッポロラーメン∑( ̄口 ̄)
しかも手打ち麺( ̄□ ̄;)!!

そそられる要素タップリや~ん(☆o☆)
2009/ 11/ 20( 金) 23: 32: 59| URL| メンジャミン# -[ 編集 ]
 
昔からの変わらぬ味、一度体験してみたいです。
最近、野菜たっぷりの味噌ラーメンを目にすることが多くなり、こういったシンプルな味噌ラーメンはあまりお目にかかりませんね。
こちらのお店の味噌スープなら、最後の一滴まで飲み干せそうです。
P.S 助言、ありがとうございました。

2009/ 11/ 21( 土) 00: 01: 06| URL| katsu-you# FlgaJB1g[ 編集 ]
 
てんさん
こんにちは。 初めまして。 ご訪問・コメントを頂き、ありがとうございます(^^)

北海道ご出身の方が納得する味噌ラ~って、どんな感じなのでしょう? こちらこそ興味の尽きないところです(^^)
2009/ 11/ 21( 土) 01: 47: 32| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
メンジャミンさん
街中のラーメン店さんは、確かに駐車場がネックになりますよね(^^;) でも考えようで、今時は低廉なコイン・パーキングも方々にございます。

地元に愛される伝統の老舗、一度はお運びなってみて下さい(^^)
2009/ 11/ 21( 土) 01: 50: 48| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
katsu-youさん
サッパリ・テイストの味噌ラ~と言えど、野菜の滋味溢れる甘味に満ちていて、なかなか趣深いお味です(^^)

実はしっかりと煮込まれたお野菜がタップリと入っておりますので、並盛りでも意外とボリュームがあります。

しっとりとした美味しさのあまり、スープまで完食したのは申すまでもありません(^o^)
2009/ 11/ 21( 土) 01: 54: 29| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1130-795cf50e