FC2ブログ

曽原湖朝景

秋元湖の朝焼けが解けてきたところで、次に向かうは「曽原湖」です。 曽原湖は早朝には湖面にモヤの掛かる名所です。 前回訪問の際には、モヤどころではなく、ほとんど雲海みたいになっちゃって、写真を撮るどころか、乳白色の海しか見えないくらいでした(笑)

その日の気象条件で、様々な表情を見せてくれる、写真撮りの趣味人には、避けて通れない関所のようなもの?(笑) 先ほど旧馴染みの写真趣味のお客様からお電話があり、無芸の訪問した翌日に、彼も又、全く同じ経路を辿っておられたようです(^^;) 何度か足を運ばれた方々は、その時刻によって、一番美しい「絵」に出会える場所をよくご存知ですね。

さて、15日(土)の曽原湖は…

曽原湖朝景

[2009/08/15 曽原湖の朝景] <↑CLICKで拡大します>

うぅ~~~ん(^_^;) 若干、モヤが薄かったなぁ~(笑) 朝の冷気は相変わらず12℃と飛びきりなんですけどね。 コチラの思惑通りには、なかなかなってくれないものです。

ここでも先客様は誰一人おられないという、非常に不可思議な状態… 前回のシャッターさえ切れないほどの、まるで雲海のようなモヤの掛かった日には、ざっと20人はいたんですけどね(^^;) 世の中はお盆休暇中だと言うのに、全く持って怪訝と言うほどの閑散ぶりです。

暫くすると、釣り人が湖上に船を浮かべ始めました。 明け方が釣りに適しているとは、ド素人の無芸でも知っている話ですが、この日は檜原湖湖沼群は多くの釣り人で賑わっておりました。

釣り人

[2009/08/15 曽原湖の釣り人] <↑CLICKで拡大します>

後で撮影した写真をPCで確認してみたら、このご両人、とても楽しそうな笑顔でしたヨ(^^) 私達写真撮りが美しい風景を前に、ファインダーを覗き込みながらほくそ笑んでいるのに近い感覚でしょうか(笑)

徐々に山影から陽の光が届き始めると、空一面に広がるうろこ雲に気付きました。 湖面のモヤは次第に薄らぎ始め、閑静な風景の中には野鳥の声だけが響き渡ります。

うろこ雲

[2009/08/15 うろこ雲] <↑CLICKで拡大します>

ご夫婦揃って写真を撮りにお出でになった方がいました。 共に銀塩写真ですね。 ご夫婦揃ってとは羨ましい(^^) ちょっとお話を致しましたが、関東圏から泊まりがけでお出でになったとの事。

曽原湖朝景

前日から当地に入っておられたようです。 朝食前の一時、楽しそうに過ごしておられました。 で、後で気付いたのですが、実はこのご夫妻には以前お目に掛かっておりました(^▽^;) そう、前回の雲海状態だったアノ日です。

あちこちで、趣味人の皆様と会話をしているもので、その辺の記憶が曖昧になっちゃっているんでしょうかね?(^^;)  何たる失態… いや、何たる偶然。 今度お目に掛かったら、絶対に忘れないぞ(笑)  

コメント

東山魁夷の私の好きな1枚に似ています(〃▽〃)
2009/ 08/ 17( 月) 23: 23: 48| URL| ほっぴーほるもん# -[ 編集 ]
 
ほっぴーほるもんさん
“白い馬”はいませんけどね(笑) このエリアの湖沼群は、早朝の静かな時間に楽しむのが良いですよ。
2009/ 08/ 18( 火) 10: 52: 00| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
いやあ、ここもすばらしい絵で、パチパチ^^。

朝靄がまた、、すばらしいですね。前は、光化学スモッグみたいになってたんだよね^^。

なんか、こう写真ってもやとか、霧とかプラスアルファがあると、やっぱり、違ってきますね^^^。
2009/ 08/ 18( 火) 21: 33: 20| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1033-8d097417