FC2ブログ

伊太利亜市場 プレーゴ ~福島県郡山市駅前~

先月の半ばのこと、いつものように街中で仕事をしていた時のことです。 お得意先様のビルに足を踏み入れようとしたら、そのビルの前で突然声を掛ける人がいました。

「無芸さん! お久しぶり!(^o^)」

へっ?と思いつつ、その声の主を見やると、あらら、ソムリエ・スクール時代の同級生・堀さんでした。 彼は安積高校向かいで、イタリア料理店を経営していたハズですが、夕刻のこんな時間にナゼ?(^^;)

お話を伺ってみると、駅前にお店を移転したと言います。 今まではちょっと離れていたもので、足を運ぶのを躊躇っておりましたけど、ここなら無芸の庭先同然です(笑) 8月からランチもスタートすると言うことで、早速初日の今日、訪問して参りました。

伊太利亜市場 プレーゴ

たった15席の小さなお店ですけど、駅の真ん前です。 オーナーの堀さんと、シェフの佐藤さんの二人で切り盛りしています。 堀さんも佐藤さんも、とても陽気な方ですので、きっと夜もお店の中は賑やかになる事でしょう(^^)

さて、早速頂いてみた本日の「パスタ・ランチ」は、まずはコンサバに「自家製和牛のミートソース・スパゲッティ」です。

伊太利亜市場 プレーゴ パスタ・ランチ サラダ

まずはたっぷりサラダが供されます。 ワインビネガーの風味が豊で、いかにもイタリア~ンなサラダですネ♪ トマトの甘味が一層引き出されています。 軽く焼き目を入れたコーンも甘さが秀でていて、シャープなドレッシングと良く合います(^^)

オープンキッチンでは、佐藤シェフが無芸のオーダーしたスパゲッティーニの仕上げに掛かっています。 おぉっ?! 茹で上げたスパゲッティーニを、フライパンでラグーソースと和えているではありませんか♪ キタぁ~~~! 本格派!(笑)

伊太利亜市場 プレーゴ 自家製和牛のミートソース

ちょい細めのスパゲッティーニは、度の過ぎないアルデンテ。 無芸的には好みです(^^) チーズはグラナ・パダーノかな? 挽肉は噛み締めるとジワッと旨味が感じられ、トマトの酸味が残された、軽快な味わいです。

無芸が自作する朝スパのソースなら、デミグラスソースとポートワインを使った、どっしり旨味系なのですが、こんな風にサラリとシンプルに素材の美味しさを表現するあたりは流石プロですネ(^o^) デフォの量では、無芸の胃袋が満たされないのは明白でしたので、大盛り指定でお願い致しましたが、全く難無く胃袋に納まってしまいました(笑) これならダブル・グランデを指定しなきゃならんかね?(^^;)

ここにソフトドリンクが一点選べて、普通盛りなら880円です。 グランデは+100円で対応して頂けました(^^) 駅前界隈では、最強レベルのパスタであると確認致しました。

さて、お店を少々ご紹介しておきましょうか。 とにかくカジュアルさを全面に押し出したお店です。 グラスで供されるハウスワインは400円。 ボトルのワインは、1本1,900円、2,500円、3,000円の均一価格帯が主流です。 約30アイテムのイタリアワインが用意されております。

伊太利亜市場 プレーゴ

ワインリストといったブックは敢えて用意せず、壁面のワインストッカーに入っているワイン達は、ダイレクトに価格が書き込まれているという徹底ぶり。 ワイン好きならご存知の「ガヴィ・ディ・ガヴィ」でさえ、3,000円で供されています♪

伊太利亜市場 プレーゴ

メニューの一例は↑をご覧頂けば分かりますネ(^^) とってもお手頃です♪ 無芸だったら、仲間と連れ立って、「ここからここまで全部!」と大人食いしそうです(笑)

佐藤シェフによると、食材は極力地元産を調達し、特異性のあるモノは迷わずイタリア産を用いているそうです。 季節毎に変わりゆく素材がもたらす、季節感溢れるフードが期待出来そうです。

伊太利亜市場 プレーゴ

さすがにワインを良く知る堀さんだけあって、フード・メニューには、相性の良いワインが赤か白かが分かるようにと、アイコンを書き入れていますネ(^^) これなら、先に食べ物ありきで決めてから、迷わずワインを指名出来るでしょう。

また、ワインは1本1,000円のコルク・チャージで、最大2本まで持ち込みを可能です。 ワイン・ファンには嬉しい配慮ですネ(*^_^*) また、夜の部は、一人300円のテーブル・チャージとなりますが、それでもご覧の通りの価格ですから、望外のお手頃さになる事でしょう。

4名以上で申し込めば、2時間飲み放題付きで、料理5品のコースが、お一人様3,000円。 3,500円なら料理7品となります。 これまた、非常にお手頃なプランですね。




== 閉店しました == 2017年9月で閉店しました。アーカイヴとして残しておきます。
伊太利亜市場 Prego(プレーゴ)
福島県郡山市駅前2-3-5 2F
営業時間; (昼の部) 11:30~13:30 (夜の部) 18:00~23:00
定休日;水曜日


 

コメント

行ってみたいですね(^o^)

写真を見た感じ雰囲気がいいのが伝わってくるお店です。
2009/ 08/ 01( 土) 23: 11: 20| URL| marunouchi# 0esaa46Q[ 編集 ]
 
トリッパキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ここって
お一人様可でしょうかね?
こじんまりとしたイタリアン
実はむっちゃ好みなのですぅ♪

イタリアンワインなのですね
ドイツの白・・・持ち込み1,000円かぁ・・・
ワインと同額になっちゃうなwww
2009/ 08/ 01( 土) 23: 48: 03| URL| ほっぴーほるもん# -[ 編集 ]
 
オープンメニューの「串焼き」を全種類!って大人食いしたいです!

なんだかワクワク感が伝わってくるお店ですね。
チャンスがあったらぜひぜひ行ってみたいお店です!
これだけワインやらイタリア風になってるなら、グラッパもありますかね?
チビチビやりながら美味しい料理を食べたら、お店を出ることにはイタリア人になっていそうです!(笑)
2009/ 08/ 02( 日) 17: 20: 48| URL| 和# u/7CTZt2[ 編集 ]
 
v-21 ワタシ3番のランチ お願いします。
大盛りでv-219

2009/ 08/ 03( 月) 08: 25: 21| URL| おかみっちょん# -[ 編集 ]
 
marunouchiさん
こぢんまりとしたお店ですが、ライヴ感があってイイですよ(^^) シェフの腕も立ちますし、オーナーの人柄もお店に繁栄されています。
2009/ 08/ 03( 月) 15: 39: 30| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ほっぴーほるもんさん
勿論、お一人様でも全然平気ですよぉ~(^^) キッチンが見えるカウンター席、好きでしょ♪

トリッパがあるから、絶対食い付いてくると踏んでいました(笑) お店の名物料理に育てたいらしいですヨ。 ゴルゴンゾラのペンネも、かなり高得点だと睨んでいます(^_-)

コルク・チャージは仕方ないでしょ(^^;) もちっと上級なワインでも持ち込みますか?(笑)
2009/ 08/ 03( 月) 15: 44: 41| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
和さん
グラッパは当然ありますヨ♪ てか、“通”ですね(^^;)

私が訪問した際には、カウンター席に先客様がおられましてね。 その方と来たら、まさに“イタリアのオヤジ”みたいに恰幅が良くて、しかもお顔立ちがヨ~ロピアンでした。(^^;)

本物キタァ~~~!(^◇^;)って感じで、一緒にカウンター席に並びましたが、クォーターの方だったようです(笑)
2009/ 08/ 03( 月) 15: 49: 29| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
おかみっちょんさん
ははぁ~~んv-389 さては「エゴマ豚」に誘われたナ(大笑)
2009/ 08/ 03( 月) 15: 51: 07| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ソムリエスクールに行っていたのですね。
尊敬してしまいます。
この店は是非行きたいですね。
猪苗代湖を自転車で一周した後行きたいと思います。
ワインも楽しみですね(^_^)
2009/ 08/ 03( 月) 17: 56: 15| URL| 中原# -[ 編集 ]
 
桑野のお店さんより、量が少し多目ですね。
最近いい年をして量が気になる私です。
2009/ 08/ 03( 月) 19: 01: 05| URL| フォワード# -[ 編集 ]
 
中原さん
ソムリエ・スクールに通ったくらいで、尊敬されるには価しませんヨ(笑) 強いて言うなら、経済力と仕事を強引に休む度胸?(爆)

是非ともお運びになってみて下さい(^^) 気軽に楽しめるお店です。
2009/ 08/ 03( 月) 19: 58: 45| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
フォワードさん
うむむ…(^^;) 味のレベルが同等なら、盛りの良さも選定基準とな?(笑)
2009/ 08/ 03( 月) 20: 00: 28| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
呑み放題行きませう♪
2009/ 08/ 04( 火) 17: 27: 18| URL| いのじ# -[ 編集 ]
 
いのじさん
むむっ(^^;) ちゃんとチェックされましたナ…(笑)
2009/ 08/ 04( 火) 21: 49: 11| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1024-680e1eba