FC2ブログ

開花まで、もうちょっと

ウチの近所には逢瀬川という河川があり、堤には樹齢(推定)60年くらいの桜(ほとんどソメイヨシノ)が200本ほど植えられています。 堤は車道になっており、思いの外交通量が多く、その木々にも排気ガスによるダメージが見届けられます。

そんな桜並木もそう遠からず、堤の道路拡張により伐採されてしまうという悲しい現実が差し迫っています。 市民団体などが、その保全を声高に叫んでみても、一本の移設に200万円という推計からして、かなり非現実的であると共に、古木でダメージが入っている事を考えると、移植を試みても生き存える保証はありません。


全景


毎年開花を迎えると、娘の手を引いて堤を散歩したり、仕事中にこの堤を通るルートを選んで、僅か一週間の花の盛りを愛でています。 自家用車のサンルーフが最も活躍するのもこの時期ですね。 まるで桜のトンネルのような景色が楽しめます。 あと何年私たちの目を楽しませてくれるのでしょうか…

家族との楽しい記憶が記録として残るように、ちょっとだけかも知れませんが、定点観測をしておきます。

蕾


これは3月18日に撮影しました。 まだ蕾は固く閉じています。 ここ数日は遠目にも枝の蕾が大きくなったのが判ります。 例年なら4月10日くらいが開花日です。 ところが今日は風雪が…orz もう彼岸も過ぎたのに、ちょっと不安定な天気です。  

コメント

古木の凛とした様が伝わってきますよ。
我が家の前の中学校跡地の桜は3年ほど前に
200mほど 離れた場所に移植されたのです。
枝をしっかりと切り落とされたのですが 今年も
新天地で桜並木を作ってくれています。
そのうちブログに登場することでしょう。
無芸大食さんのブログ、写真が大きくてすばらしい!!
カメラの良さがブログからあふれ出していますよ。
2006/ 03/ 30( 木) 14: 13: 08| URL| 千葉の華ちゃん# -[ 編集 ]
 
千葉の華ちゃんさん

コメ、ありがとうございます。 桜の名所はどちらにもありますよね。 折角育った古木ですから、大切にしたいものだと思うのですが、現実的には困難な課題が山積みです。 せめて枝分けをして、その子孫に面影を託したいところです。v-292

カメラですか…e-263 確かにデジ一には奥行き感とか解像感が楽しめる要素は多いですが、如何せん大柄過ぎて、カジュアルに持ち歩くには手こずります。v-356 手に入れてから程無いので、旨味を引き出してはいません。 近々プロカメラマンをしている同期生に講習会を開いて頂こうかと根技中です。v-290
2006/ 03/ 30( 木) 15: 00: 02| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/1-47d6de2e