FC2ブログ

麺屋信成 ~福島県郡山市堤~

ようやく昨年最後の〆ラ~のレビューでございます(^^ゞ いやいや、更新が滞っているとはいえ、超遅延挙げでございます。

麺屋 信成

大晦日は何年か前から仕事場はお休みを頂いてます。 よってこの日は正月」迎える準備を思う存分出来る訳でして、オードブルやおせち料理の引取りなどをしながら、家内と共に今年もこの暖簾を潜れた事は、一年の締めくくりに華を添えて貰うようなものです(﹡ˆᴗˆ﹡)

「茹で餃子 (5個・500円)」

麺屋 信成 茹で餃子

家内も一緒なので安心して食指を伸ばせますヽ( ̄▽ ̄)ノ モチッとした皮に包まれた餡はニンニクの風味も程よく、ちょっとドレッシング様なタレとシャクシャク薬味と共に美味しく頂けます。

「ワンタン黒醤油 (950円)」 ※味玉振る舞い頂きました( *´艸`)

麺屋 信成 ワンタン黒醤油

やはりこの年末も信成ブラックで締める!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

麺屋 信成 ワンタン黒醤油

しかも前年にはなかった“天女の羽衣”が如き、シルキーな舌触りとスープの美味しさをMAX取り込んだ夢見心地のワンタンが加わるのだ。

麺屋 信成 ワンタン黒醤油

鶏豚ベースのスープに濃厚な醤油テイストが効かされた漆黒スープに、そのひとときはその美味しさの中に引き込まれて、余念・雑念を思い浮かべること無く、ひたすらその美味しさに心身を委ねられました(*´꒳`*)

麺屋 信成 ワンタン黒醤油

ジューシーさを感じさせるレアチャーシューも素晴らしいけど、きっと自分はチャーダレの味香がしっかり噛んだ、そしてフルフルとして舌の上に載せた刹那に溶けるような脂身の美味しさにこそ、心の琴線が激しく掻きむしられていると思います。 素晴らしいよね(*≧∪≦)

麺屋 信成 ワンタン黒醤油

漆黒スープに染められた麺は、その美味しさが加速度的に高まってきて、麺肌のグルテン分がスープに溶け合い、クリーミーな状態こそがその高みであろうと。 えぇ、それは無芸推しの美味しいシーンでございます♪




麺屋 信成
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-2876
営業時間;【昼の部】11:30~14:30
     【夜の部】17:30~20:00 ※木・金・土のみ
 ※スープが無くなり次第営業終了
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に6台分






なんかとてつもなくタイムラグのある話ですが、あの年末大晦日の一日。 洪水被災からずっとスイッチ入りっぱなしだったのを、一度ブレイク出来たのは良かったかも知れません。 現在も日々テンヤワンヤで、いつもテンパっているのですが、皆様方に助けて頂き、新しい出会いに励まされ、とても充実した日々を送っております。

駐車場

今日は無芸の仕事場の隣地にあった倉庫跡にお客様駐車場が出来ました。 本当は舗装したいところですが、取り付け道路が坂になっていて、舗装した際の排水の問題をクリアするにも多額の資金が見積もられるため、とりあえず砂利敷きでの運用でスタートします。 どうぞ安心してご来店・ご利用下さいませ。
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

なかなかBlog更新の出来ない日々が続いております。 今週中には何とか一つの山場を超えたいと願いつつも、更に次々と山場は続きます(;・∀・) あまり詳細なレビューは出来ませんが、サマリー的にでも記事上げして参ります。

昨年末に「郡山大勝軒」さんで、3つのバリエーションの担々麺が加わったと聞き及び、年越し前に何とか潜入しておりました(^^ゞ

「麻辣坦々まぜそば 並盛 (810円)」 ※味玉ご馳走になりました(*´꒳`*)

郡山大勝軒 麻辣坦々まぜそば

茹であげ湯切りした自慢の自家製麺に、茹で野菜や炸醤、チャーシュー、みじん切りの玉葱、刻み白ネギ、刻みニンニク、メンマに魚粉といった具材を盛っています。 勿論まぜそばのタレは張ってありますので、しっかりと混ぜ混ぜして頂きますよ。

郡山大勝軒 麻辣坦々まぜそば

茹で野菜はジャクジャクとした食感が残る程度に軽目に茹でられており、その瑞々しさも手伝って、「まぜそば」にありがちな塩辛い印象はありませんでした。

郡山大勝軒 麻辣坦々まぜそば

注目のゴマ濃度の濃厚感や麻辣テイストは、白ゴマ風味に魚粉の力強い旨味と風味が入り混じり、郡山大勝軒の味筋をしっかりと伝えてきます。 麻辣テイストはなかなか♪ 主に山椒のシビレが際立ち、食べ進めていくとじんわりと汗が浮いてきましたよ。゚(´^o^`)゚。 どなたにでも楽しんで頂けるギリギリの見切り線は流石に心得ておられますヽ(*’-^*)。

郡山大勝軒 麻辣坦々まぜそば

自家製中太麺は前述の通り“あつもり”状態で丼に盛られます。 もっちりとした歯ざわりの良さは言わずもがな( *´艸`) 魚粉効果でトロミを増したタレが、麺全体に絡みつくのです♪ 麺を手繰る毎に美味しさ広がり、並盛200gでも具材のボリュームが豊かなので、お腹いっぱいに楽しめますよ。




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


 

らぁ麺 おかむら ~福島県郡山市西ノ内~

「らぁ麺 おかむら」さんに潜入して、何食べようかなぁ~って券売機の前に立ったら、店主・岡村さんから

「無芸さん、まだリニューアルした青湯醤油ラーメンを食べてませんよね?」

って言われて、なんの抵抗もなくポチりましたww

常々思っているのですが、岡村さんに限らず、ラーメン店主さん方の多くが、顔見知りになったお客様の実食歴を覚えておられるのですよね:(;゙゚'ω゚'): 凄まじい集中力と記憶力だなぁ~ってビビります。

「会津地鶏らーめん 煮玉子入り (850円)」

らぁ麺おかむら 会津地鶏らーめん 煮玉子入り

最初の一啜りで、チャーダレブレンドのカエシと会津地鶏の鶏油の豊かな香りと完熟スープのフレーヴァーに引き込まれます!(*≧∪≦)

(こんなに進化していたんだぁ~(;・∀・))

道理で店主・岡村さんが奨めてくるわけです。 華やかで旨味も豊かだけど、後味の軽快さを併せ持ち、スルスルと箸が進む誂は、ラーメン・フリークのみならず、どなたにも馴染む美味しさで満たされています。

らぁ麺おかむら 会津地鶏らーめん 煮玉子入り

低温調理の肩ロースチャーシューはしっとりとした舌触りで、噛めば柔らかく歯切れる刹那に肉汁も感じさせる美味しさです。 勿論、脂身のトロけそうな美味しさも申し分なし。 加えて「しっ鶏チャーシュー」まで加わっており、こちらは程好き弾力を伝えてくる歯ざわりと共に、鶏むね肉でもジューシーさを保つ見事な出来栄え。 あぁ、贅沢してんなぁ~( *´ω`* )

らぁ麺おかむら 会津地鶏らーめん 煮玉子入り

ジワジワと口中を支配する緻密な旨味は、やがて甘味を帯びてきて、円やかな醤油テイストと一体感を醸し出します。 こりゃあ地鶏の持ち味生きてます(>▽<)b

らぁ麺おかむら 会津地鶏らーめん 煮玉子入り

ストレート細麺はそんなスープを口の中まで運び上げてくれるストローみたい(ノ´∀`*) 時間の経過とともに良い感じにしなやかさを帯びてくると、麺自体にスープの旨味が染み込んできて、相乗効果的に旨味の高みへと上り詰めてきますよ。 生成りに頂くどなたにも愛されるラーメンとしてはレベル高すぎですね。 いやいやこれはマイりました。゚(´^o^`)゚。

== 店舗移転のお知らせ ==

「らぁ麺 おかむら」さんは、現店舗での営業は2020年2月19日(水)までとなります。
新店舗の開店予定は2020年3月5日(木)です。
新店舗は福島県立郡山高校入り口で、向かい側は「ゲオ」さんがあります。
福島県郡山市大槻町字黄金林24-1 電話;024-927-0334






らぁ麺 おかむら
福島県郡山市西ノ内2-10-12
電話;024-927-0334
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:00~21:00 【土日祝日】11:30~21:00 ※売り切れにて閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗東側に指定駐車場3台分


 

昼ふろや ~福島県郡山市安積町荒井~

年末に差し掛かった頃に、昼ふろやの店主さんがTwitterに新作のプロトタイプをディーザー発表していました。 最初からネタバレ的ななそれは、“白と黒のどっちがイイ?”というもの。

悩ましいというよりも『どっちも!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ』という答えしか出しようが無かったですな(・∀・)ニヤニヤ

昼ふろや

と、言うことで、年の瀬も近くなった頃に、運良く昼時に「昼ふろや」さんに立ち回ることが出来ましたので、迷うこと無く一本釣りでこちらを所望致しました。

「特製鶏白湯ちゃんぽん風 (1,100円)」 ※一日10食限定

昼ふろや 特製鶏白湯ちゃんぽん風

いやぁ~!やってくれました(*>∇<)ノ ボクが知る限り、地元郡山市には本格長崎ちゃんぽんを彷彿とさせるラーメンは皆無なのです。

今までも白湯を炊く幾多の店主様方に

「チャンポンやろうよぉ~♪(#^.^#)」

って誘いをかけてみても、理解は示せども具現化したことが無かったのです。 海鮮素材と専用麺の調達が一番の課題点だったのですが、昼ふろやの店主さんはやっちまいました(*>∇<)ノヤッホーイ♪

昼ふろや 特製鶏白湯ちゃんぽん風

高価なハマグリやエビでゴージャス感も満点です。 蛤、鶏肉、豚肉にたっぷり野菜、更にはさつま揚げから旨味が絶妙なのです。

昼ふろや 特製鶏白湯ちゃんぽん風

鶏白湯の本格ちゃんぽんスープは感涙モノの美味しさ! 鶏白湯の滋味ある味わいに、ダイナミックに訴えかけてくる蛤やエビ、肉類の旨味とキャベツの甘味などが、ちょっとクリーミーなスープの中に渾然一体となっていますよ(。´艸`。)

昼ふろや 特製鶏白湯ちゃんぽん風

多加水太麺ってところが“ふろや風"だが、ツルツル麺も悪くないですね(*^▽^*) 具材が豊富ですので、かなりボリュームもありますよ。 余裕があれば白飯追加で・・・σ( ̄、 ̄=) 




昼ふろや
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;11:30~13:30 ※夜の部の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」営業準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
定休日;やや不定ながら土・日曜日 ※Twitter(昼ふろや)にて情報発信中
駐車場;店舗前と裏に合計10台


 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

まだまだ続く昨年末のレビューです(^_^;) いやいや、溜め込んでいるレビューの本数が一向に減らんのですが、己の記憶キャパとのせめぎ合いつつのアップでございます。

この日は自然派漆黒ラーメンとして、リピーターを掴んで放さない「支那そば 墨家」さんを訪問しました。 お昼時に潜入出来たので、お客様が次々と来店して賑わっておりましたよヽ(*’-^*)。

「支那そば (720円)」

墨家 支那そば

チャーダレブレンドのカエシが奏でる濃厚な醤油のフレーヴァーに、自然派仕立ての完熟地鶏スープの香りが沸き立つように香ります。

墨家 支那そば

この豚バラチャーシューの美味しさは格別っ( *´艸`)  脂身の溶けるような柔らかさと、甘味も帯びたチャーダレが染み入った肉の旨味共に、印象的なことこの上なしです。

墨家 支那そば

ほうれん草のおひたしは、少しだけショリッとした歯ざわりが残されていて、ほのエグミと共に鮮味の良さで口直ししてくれます。

墨家 支那そば

自家製細麺はやや加水率低め。 開店当初よりもずっと歯切れの食感にソリッドさが出てきて、プツプツッとした歯ざわりが楽しめるようになりました。 漆黒スープで麺が染められてくる頃になると、その食感はしなやかなものへと変化して、麺自体にスープの旨味が乗ってくる楽しみがありますよ(*≧∪≦)

「ねぎチャーシュー丼 (180円)」

墨家 ねぎチャーシュー丼

そんなスープのお供に添えてみたいのがコレ♪ 麺量もなかなかのボリュームですが、白飯は別腹ですよね?(*>∇<)ノ




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~15:20 【夜の部】17:30~19:50 【日曜日】11:00~19:30
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

麺屋信成 ~福島県郡山市堤~

作年末の訪問レビューが続きます。 なかなか訪問出来ずにいた「麺屋 信成」さんに潜入出来ました(*>∇<)ノヤッホーイ♪

「ワンタン熟成醤油 900円」

麺屋信成 ワンタン熟成醤油

きれいに引かれた鶏豚ベーススープに、練れてマイルドな口当たりとなったシカエが合わせられ、じんわり膨らみある味わいがはひたすら端正かつ美しい。 ビビッドに突き抜けるようなエレメンツは無いけれど、上質なベーススープのディテールが良く伝わって来ます(ノ≧ڡ≦)

麺屋信成 ワンタン熟成醤油

“天女の羽衣”が如きワンタンのシルキーな舌触りに、滋味あふれるスープが絡んでシアワセです(*´꒳`*) そう、このワンタンは、スープを見事に取り込んでくれるので、その優美なる舌触りと共にスープの味わいも一緒に届けてくれるのです。

麺屋信成 ワンタン熟成醤油

しっとりと柔らかくジューシーな肉汁さえ感じさせる低温調理のレアチャーシューと、チャーダレのアクセントの効いたバラチャーは脂身の旨さも感涙モノです♪

麺屋信成 ワンタン熟成醤油

麺を手繰ればスルスルと喉越しがよく、ソリッド感を控えた歯ざわりがかえって好バランスとなっています。 麺を手繰る毎に口中を満たすように絡みあげられるスープと共に、口福感に満たされる逸品ですよヾ(^▽^*




麺屋 信成
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-2876
営業時間;【昼の部】11:30~14:30
     【夜の部】17:30~20:00 ※木・金・土のみ
 ※スープが無くなり次第営業終了
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に6台分


 

自家製麺 工藤 ~福島県郡山市神明町~

まだ暫くは年末の訪問レビューが続きます。 久しぶりに「自家製麺 工藤」さんに潜入できました。 多様な限定メニューは目眩くような店主夫妻の多才さの証。 ちょっと追いつけませんので、定期的にアップデートを繰り返しているメインメニューからお初の作品を頂きました。

「もりんがつけ麺 (900円)」

工藤 もりんがつけ麺

ミトセリ色なんだぜ?!ΣΣ(゚д゚lll)

そう、耳慣れない“モリンガ”って奴は、デトックスとアンチエイジング効果が期待できるとされるスーパーフードなのだ!(そうだ・・・)

工藤 もりんがつけ麺

店主・工藤さんによると、テイストとしてはチョット緑茶っぽい感じがあるので、漬けダレとの相性は上々なのだそうです。 その話乗ったー!

工藤 もりんがつけ麺

ワンタン振る舞いありがとうございました♪(〃∇〃) 工藤さんのワンタンを頂いたのは初めてでしたが、肉々しい餡のボリューム感もヨロシク、美味しく頂きました。

工藤 もりんがつけ麺

提供前にバーナーで炙られるチャーシュー達も、チャーダレの風味が立ってほんのりとビター感が加わり、存在感を高めています。

工藤 もりんがつけ麺

流水締めされた自家製麺は、いつもながら“麺職人・工藤”の面目躍如ですねΨ( ̄∇ ̄)Ψ ほんのりビターな魚介系テイストとモリンガパウダーのタンニン分が驚くほど合うのだ! 動物系の利いた乳化スープのトロミがムッチリとした自家製麺に絡んで、あまりの美味さに一気呵成に完食してしまいました( *´艸`)




自家製麺 工藤
福島県郡山市神明町17-13
電話;024-905-8294
営業時間;火曜日~土曜日 【昼の部】11:00~14:30 【夜の部】18:00~20:30 売り切れにて終了
      日曜日 11:00~15:00 売り切れにて終了
定休日;月曜日
駐車場;指定駐車場10台分あり


 

白河ラーメン やまだ ~福島県郡山市駅前~

2019年10月10日に、郡山市駅前に開店した「白河ラーメン やまだ」さんを12月半ばになってからようやく初詣致しました。 訪問からだいぶ経ってのレビューですので、細かな印象はあやふやになっているかも知れませんので、印象に残っていた事を中心とします(^^ゞ

白河ラーメンやまだ

お店は駅前の繁華街にあり、昼の営業だけどはちょっと勿体無いような立地ですが、ご自宅麺場での自家製麺という事で、毎日出せる杯数も限られているようです。 入り口にはブランド地鶏を多用してのスープである旨が記されております。 耳に届いていた話では、特に白河ラーメンの専門店さんでの研修経験は無いとの事でしたが、果たしてそのポテンシャルはいかに!

「焼豚麺 (950円)」

白河ラーメンやまだ 焼豚麺

期待通りに鶏出汁とスモーク香、醤油の立ち香が良く期待は膨らみます。

白河ラーメンやまだ 焼豚麺


白河ラーメンのチャーシューは、一瞥して分かるほどのスキルがありませんが、多分モモ肉、バラ肉(もしくはロース)、かぶり肉の三種盛りではないかと思われます。

燻蒸されたチャーシューはどれも柔らかく歯切れて、特にトロリとした脂身の美味しさは格別でした(。´艸`。) あれは多分かぶり肉だったんだろうなぁ~(ノ´∀`*)

白河ラーメンやまだ 焼豚麺

濁りのないピュアな鶏出汁の旨味に、程よく酸の立つ醤油ダレ。 軽快で味サバケが良く後味はスッキリとしています。

白河ラーメンやまだ 焼豚麺

卓上配置の玉ねぎのみじん切りは、白河の大御所でも供されるもの。 シャクシャクとした梨のような瑞々しさは、鶏出汁スープに一閃の鮮味を加えてくれます。

白河ラーメンやまだ 焼豚麺

コシのある自家製麺がスープと良くマッチしていますが、独学でここまで美味しい麺を突き詰めたのは素晴らしいです! お店の雰囲気も大変宜しく、とても居心地の良いお店でした。 機会を見つけて再訪致します(*>∇<)ノ




白河ラーメン やまだ
福島県郡山市駅前2-6-16 ※店内禁煙
電話;024-953-6119
営業時間;11:00~15:00 ※スープがなくなり次第閉店
定休日;日曜日・祝日


 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 2020年の年頭に当たり、ご閲覧下さります皆々様方の、今年一年のご多幸を心より念じ上げます。 無芸の仕事場は1月3日までお休みを頂戴しております。 昨年秋の洪水被災以来、久しぶりに仕事場から離れました。 勿論、仕事場がイヤだとかではなく、仕事場と生活の場が一体化し続けていたので、少し深呼吸をさせて頂いている感じです(^_^;)

今年は仕事場のリニューアルに向けて、無い知恵は持っている方々からご指南を頂きながら、家内と共にお客様方にご満足頂けるお店作りに邁進致します。 一時ヤツレ気味(←個人相対比)だったはずの体重は、みるみるうちに盛り返した感もございますが、美味しく食べられるヨコロビを大切にして参ります。

さて初っ端からメシネタですがねww 今年も大晦日には「gigi910えんび」さんのオードブルを求めさせて頂きましたよ♪ これだけを肴にして楽しく団らんを過ごすことは容易です(。-∀-) ニヒ♪

gigi910えんび オードブル

でも少しは何か作ってみたい欲があるもので、今年も調理チャレンジ致しましたよΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「無芸作 豚バラの角煮」

無芸作 豚バラの角煮

今年は圧力鍋を使わずに、下茹でにしっかりと一時間掛けて下処理しました。 諸々の段取りはありましたけど、決して特別なことはしておりません。 でも今までトライした中で、間違いなく最高の出来栄えでした(ノ´∀`*)

「無芸作 ごぼうと鶏肉の炊合せ」

無芸作 ごぼうと鶏肉の炊合せ

ごぼうは直径2cmくらいありそうな極太タイプでしたので、本当は丸太切りで行きたかったのですが、薪割りにしました。 面取りした人参と鶏もも肉を、調味料とともに圧力鍋で加圧15分&むらしで、何度かに分けて煮ては冷ましを繰り返しながら、ごぼうの芯まで味が染み入るまで繰り返しです。

なぁ~んて下準備を大晦日の内にやっておいたので、元旦は前日の内に引いておいた出汁などもあって、手間いらずの鳩スーパーのおせち料理などと一緒に、お気楽正月宴でございました。

元旦食卓

おせち

まあそれにしてもなんだ・・・ 普段から県民の食卓であり続けている鳩スーパーのおせち料理だけあり、なんの違和感も無く食卓に溶け込んでいくさまは圧巻でございました。゚(´^o^`)゚。

ほいっこ鍋

元旦の夜は実家に兄弟全員が揃うハズだったのですが、嫁いだ妹のご家庭に来客があり、身代わりに鍋料理が本気で鍋ごと供されました∑(๑ºдº๑) 2008年の正月あたりにエントリーが残されているのですが、亡き伯母のオリジナル手料理として、我が家にも伝授されているモノでして、正確なレシピは覚えていませんが、味の記憶を辿って再現することは自分でも出来そうです。

大量の春雨をうまく食べさせる鍋料理は、世情が豊かではなかった時代に、限られた伯父のお給料でやりくりしながら、部下の家宅訪問の折にふるまっていたという経緯つき。 今では会社や部署ぐるみで忘年会さえも拒絶される時代ですが、半世紀前には上司が家に部下を招いて酒宴を催すなんて茶飯事だった時代もございます。

色んな見方はあろうかと思いますが、ご馳走する方、もてなされる方、共に成長があったのでは無いかと。 自分も学生時代には、月末近くになり手持ち金が乏しくなると、バイト先の社員さん方が順々に自宅に招いてくれて夕食を振る舞って下さるという、ありがたい思い出を頂きました。 そのご恩は後年うちの仕事場でアルバイトしてくれていた学生さん方に御移し申し上げました。

「無芸作 蒸し鶏のゴマソース」

無芸作 蒸し鶏のゴマソース

温泉旅館の女将さんのご厚情で頂戴していた国産鶏もも肉が2kgも冷凍保存してあったので、この年末年始に大量消費致しております(^^ゞ もも肉なので生姜とネギの青味と共に茹でて、中華風の冷菜にしてみました。 簡単で美味しゅうございました♪

「無芸作 鶏そば」

無芸作 鶏そば

元旦に頂いた雑煮汁の残りをお直しして鶏そばに。

「無芸作 ズワイガニとエビのトマトクリームスパゲティ」

無芸作 ズワイガニとエビのトマトクリームスパゲティ

お正月料理のお残りズワイガニに買い置きしておいた冷凍エビを合わせて、ちょっと贅沢な朝スパを頂きながら、「箱根駅伝」で活躍する本県出身選手をテレビの前で応援。 みんな素晴らしい!!.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

高屋敷稲荷神社

初詣は郡山市白岩町の「高屋敷稲荷神社」へお参りしました。 ここは先にエントリーでご紹介させて頂きました(URL)、現在県内から首都圏まで配布中の福島県の観光PR広報誌「ふくしま ほんものの旅2019冬号」に私の写真をご提供させて頂いた神社です。

新年二日に詣でて参りましたが、参拝者が途切れること無く凄い人気!! 御札を頂き、仕事場て拝させて頂きます。 明日4日より仕事場営業開始です。 本年も当Blogを宜しくお願い申し上げます。