FC2ブログ

ダイニングキッチン gigi 910 えんび ~郡山市朝日~

人気を博したカジュアルダイニング えんび」さんが、店舗を移転して屋号も新たに2019年7月29日にダイニングキッチン gigi 910 えんび」として再開店しました。

暫くはディナー営業だけでしたが、9月10日より待望のランチ営業が開始!ヽ( ̄▽ ̄)ノ 土曜日限定の名物「或る店のランチ」も8月10日よりスタートしております。

ダイニングキッチンgigi 910えんび

勿論、マストで訪問すべきお店でしたが、好機に恵まれないまま二週間近く経ったところで、祝日でも営業している事が分かり、家内と連れ立って初詣して参りましたo(*^^*)o

それにしても店内空間がオサレ過ぎるΣ(゜▽゜;) 天井メチャ高い!

落ち着けオレ(゚A゚;)ゴクリ 大丈夫だ。 ドレスコードは無いからな。

と、オーダーを済ませたら、定食のお供「スープバー」から早速一杯頂く。

えんび スーラータン

一番人気のスーラータン!(*^꒳^*)  椎茸、タケノコの水煮、ネギ、溶き卵といった具材を、キリリと引き締まった酸味と辛味に軽快な旨味がトロミ掛けで纏められます。 これがクセになる味♪

「gigiコンビ定食 (1,000円)」

えんび gigiコンビ定食

AグループとBグループのメニューからそれぞれ1品チョイスで、好みのコンビネーションが楽しめるメニューです。 現在は麺料理は提供開始となっていないので、ほぼこれを選ぶ事になりますが、もともと一番人気だったので無問題です(o^-^o)

えんび gigiコンビ定食 四川風麻婆豆腐

Aグループからは「四川風麻婆豆腐」を選択。 麻はそこそこ利かされていますが、辣のシャープさは感じません。 お陰で家内でも食べられちゃったww でもね、後から頭皮にジンワリと汗が浮いてきたので、花椒はちゃんと作用しているのだと思います。

えんび gigiコンビ定食 白身魚の甘酢あんかけ

Bグループからは「白身魚の甘酢あんかけ」を選びましたが、コチラは甘酢とピリ辛加減が絶妙で、ちょっと濃い目の味付けも上々でした。 これは美味いです。

えんび gigiコンビ定食 杏仁豆腐&サラダ

ミニサラダと杏仁豆腐もセットされており、お得度合はかなりのものです♪(〃∇〃) 人気は相変わらずなのはごもっともですね。 先述の通り、この日は祝日でしたので、ビジネスランチの方はおらず、最初から“えんび詣”のお客様ばかりのようでした。 次回の訪問が楽しみです(o^-^o)




ダイニングキッチン gigi 910 えんび (FACEBOOK)
福島県郡山市朝日1-19-3 阿千輪ビル 1F
電話;024-973-8818
営業時間;【昼の部】11:00〜14:00 (L.O.13:45) 【夜の部】18:00〜0:00 (L.O.23:00)
定休日;日曜日
駐車場;6台


 

秋深まる田園より

そんなに好天というほどの天気予報でもなかったので、早朝撮影行は仕掛けなかったのですが、起きてみたらば陽の光(;゚ Д゚) …!? どうも予報通りにはならんみたいですねΣ(゜▽゜;)

まあ折角平時よりは早く起きたのですから、朝食食材の買い出し序でに、曼珠沙華の群生地にでも偵察に行ってみましょうかね?

と、行ってみたらば驚きの無収穫! そもそも曼珠沙華の茎さえ伸びていないありさまです(〇o〇;) 毎年のように行っている場所なのですが、こんな年は初めてでした。

秋の穂
[2019/9/15 秋の穂]  <↑ Clickで拡大>

手ぶらで買い出しに行くのも芸無しですので、近場の田園地帯をリサーチ。 もう二週間前の撮影なので、きっと今日は黄金色の度合も進んでいることでしょう。 磐越自動車道のアーチ橋が何気にオシャレで、いつも気になっていた場所です。

花の蜜
[2019/9/15 花の蜜]  <↑ Clickで拡大>

田んぼの畦に花の蜜を求めてアゲハが舞う。 ほとんど羽根の動きを止めず、次から次へと花を渡り飛ぶから、畦道を右往左往しつつアゲハを追う事に(汗) 朝の陽射しの中で一汗掻きました。゚(´^o^`)゚。

秋の彼岸
[2019/9/22 秋の彼岸]  <↑ Clickで拡大>

明けて翌週。 再び曼珠沙華の群生地へ。 この日も曇天の予報が覆りまして、思わぬ晴天の朝となりました。 懸案の曼珠沙華は、茎が伸びて正に花が弾け割れそうなところでしたが、まだ一輪も咲かずorz 例年よりも10日ほど咲き遅れているようです。

花から花へ
[2019/9/22 花から花へ]  <↑ Clickで拡大>

ここでも危機的な駄賃無しを救ってくれたのはアゲハチョウでした。 花は咲かねど秋模様です。

薄紅の秋桜は咲きました
[2019/9/22 薄紅の秋桜は咲きました]  <↑ Clickで拡大>

一方秋桜の方はほぼ例年通りの咲き具合。 強い朝の陽射しで冴え冴えとした秋の彩り。

秋は秋桜
[2019/9/22 秋は秋桜]  <↑ Clickで拡大>

秋桜が乱れ咲く小川の畔より。 先週に引き続きカメラマンが誰一人来なかったのは、みんな情報を掴んでいるからなのかなo( ̄ー ̄;)ゞ 多分今日は三分咲きから五分咲きくらいになっているハズなのですが・・・
 

金丸本店 ~福島県本宮市本宮中條~

本宮市の老舗「金丸本店」さんに初詣して参りました(o^-^o) 道路の拡幅工事で新店舗になったのが契機だったのか、1世紀の歴史があると言われるお店は、“鶏料理専門店”という冠は残しつつも、グランドメニューの中には僅かにその痕跡を残すのみとなっています。

金丸本店

日曜日の夜の部に訪問しましたが客入りは上々で、ご家族連ればかりで、しかもお馴染みさんばかりっぽいです。 多分、二代、三代のお付き合いなんてご贔屓のお客様も少なく無さそうです。 麺類の他に私的に大好きなチキンカツやカツカレーなど、ツボを押さえたメニューはどれも、大変良心的な価格で提供されていましたが、その中でも特に人気が高そうな、お得なセットメニューを所望してみます。

「中華そばセットB (880円)」 ※10月1日より消費税率変更により価格改定がされるかも知れません

金丸本店 中華そばセット

4種類ある中華そばセットの中からBセットの中華そば+ミニチキンカツ丼を選びました。 鶏料理屋さんの自慢の鶏出汁中華そばとチキンカツのコンビネーションが一網打尽に頂けますヨ!

金丸本店 中華そばセット

親鳥と鶏ガラ、香味野菜で引かれた清湯スープは、ナチュラルな美味しさがじんわりと伝わって来ます。 そこに合わせるカエシは、割とキリリとシャープな印象。 色合いは軽くアンバーがかったクリアな色合いですが、醤油の風味は鶏の風味を潰さない程度に抑えられ、塩味のエッジはベーススープの円やかな甘味が和らげてくれます。

金丸本店 中華そばセット

載せモノの中ではやはり鶏もも肉の煮付けた鶏チャーの存在感が光ります。 引き締まった肉質と噛み応えなど、親鳥の肉でしょう。 鶏チャーダレの色は染みていますが、意外と味は強く感じません。 スープの塩味が強めだから相対的に感じないだけかも知れません。

青菜は小松菜のおひたし。 シャクシャクとした歯触りと瑞々しさやほのエグ味が良好です。 素のゆで卵、メンマ、ナルト、海苔が加わりなかなか賑やかな盛りつけですが、このストックの状態で600円はお見事です(>▽<)b

金丸本店 中華そばセット

麺は縮れ中麺で、なかなかコシのある食感。 伸び難くあまりスープが入りすぎない感じに思えました。 スープがたっぷりと注がれていて、麺が全てスープに浸っていますが、実は麺量もそこそこありますね。 スルスルと啜り心地が好くて、スープと共に食べ進めると美味しいですね(ノ≧ڡ≦)

金丸本店 中華そばセット

そして「ミニチキンカツ丼」はソース仕立て。 先に宣言してしまいますと、

さすがです!(●>艸<)美味!!

鶏胸肉はふっくらジューシーで、自家調整ソースを潜られせた衣は、サクサク感を全く失わない! しかも噛めば簡単に歯切れる柔らかさ。 少し甘めな自家調整ソースがまたピッタリです!

千切りキャベツの敷かれたゴハンの上にマウントされて来ますが、ご飯のボリュームも多目なくらいで、その白飯を悠々と食べ切れるほどのチキンカツのサイズです。 これはチキンカツ丼の単体で頂いてみたいですね♪(ノ´∀`*)

若店主ご夫妻が調理もホールもされていましたが、共に朗らかで大変細やかな気配りも感じられ、気持ち良く過ごさせて頂きました。 後着のお客様が

「から揚げ4個!」

って注文していましたが、メニューにはどこにも書いてなかったΣ(゜▽゜;) 常連のお客様方とお店の間だけで通じる“裏メニュー”もあるようです。

それ、ボクも食べたかった・・・(´・ω・`)




金丸本店
福島県本宮市本宮字中條68-1 店内禁煙
電話;0243-34-2014
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~19:30
定休日;月曜日
駐車場;店舗前に2台、第2駐車場に8台


 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

少しヒンヤリとした夕方の風に誘われて「紅焔酒家 光華」さんの暖簾を潜りました。 お店へと向かう道すがら、既に脳内では雛定めが進められているのですが、カウンター席のスタンドPOPが目に止まったら、それまでの脳内品定めは全て消し飛びました(^◇^;)

「スーラータンメン (840円)」 ※10月1日より消費税率変更により価格改定予定

光華 スーラータンメン

その味わいを連想しただけで落ちましたww 調理中から辛い匂いがカウンター席まで流れて来て、お約束通りにゲホゲホしちゃったのはいつもの行事。゚(´^o^`)゚。  トロミの掛けられた赤味を帯びたスープには、沢山の野菜があしらわれています。

光華 スーラータンメン

白菜、人参、長ネギ、モヤシ、玉ネギ、タケノコの水煮、豚肉、豆腐、キクラゲといった具材は、順序を立てて炒めてから、鶏出汁スープで煮られます。 手順よく調理が進められているので、具材の歯触りや食感が残されながら、加熱が全体に行き渡り、具材の旨味や甘味も良く引き出されています。

光華 スーラータンメン

そんな旨味の引き出されたスープに辛味と酸味、甘味を加えて、溶き卵で少しマイルドに調律しつつ、トロミが付けられた極上スープが仕上がります。 シャクシャクの白髪ネギをマウントしたら、花椒がパラリと振り掛けられて、それは見事な吸引力のある香り立ちに♪(〃∇〃)

光華 スーラータンメン

旨辛酸っぱさの中に、クセになる甘味が仕込まれる中毒性の高いスーラータンメンに合わせられる麺は、地元・富多屋生麺の多加水熟成中麺。 コシの強さと滑らかな舌触りのある麺は、熱々で容易にピッチが上がらなくても、簡単に伸びてしまうことなく、最後まで美味しく頂けちゃいますよヾ(^▽^*




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部・平日】18:00~22:00 【夜の部・金土】18:00~25:00
定休日;日曜日・祝祭日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース5台分


 

麺屋 信成 ~福島県郡山市堤~

約2ヶ月のインターバルが空いてしまいましたが、我が心の「麺屋 信成」さんを訪問して参りました。 先頃から話題となっているアノらーめん! グランドメニューの背面に書かれているから“裏メニュー”なんてユーモアもさることながら、未食のままで提供終了となっては信成ファンの涸渇に関わる事態です(;´Д`)

恐る恐る聞いてみたら、

あまりの人気で引っ込められなくなっちゃった。゚(´^o^`)゚。

との事。 “裏メニュー”待遇とは言え、暫くは提供は続けられるみたいですので、未食の信成ファンは是非とも“信成詣”を!

「背脂煮干しらーめん (930円)」 ※10月1日より表記価格に変更されました

信成 背脂煮干しらーめん

相変わらず麺が見えないほどの最初から全部盛り的載せモノの数々が、彩りも美しく仕立てられてます。 最後に振り掛けられたニボシ油の豊かな香り立ちも印象的で、ツブツブ背脂がヤル気を伺わせます(o^-^o)

信成 背脂煮干しらーめん

肩ロースチャーシューは低温調理でジューシーさと柔らかさの権化! もう1種類、豚バラチャーシューは脂質がふるい落とされていて脂身がプルプルなコラーゲン化しています。 勿論コチラはトロリと舌の上で溶けちゃう柔らかさと共に、チャーダレの程良く染み入った旨味も満喫出来ますよ。

信成 背脂煮干しらーめん

豚背脂&煮干しと来れば、バラ海苔の相性は保証されたも同然(〃∇〃) これ、無限に食べたくなっちゃうな♪

信成 背脂煮干しらーめん

スープはクリーミーに乳化しており、マジ炊き豚骨をベースに珠玉の鶏白湯でトロリ感をブーストしているそうです。 先述の通りニボシ油で華やかなインパクト有る立ち香が演出されつつ、スープに溶け込む煮干しの豊かな旨味で、分厚さと複雑味のある絶品テイストになっています。

更に見事だなぁ~と溜息が出ちゃったのは、ギリッと利かされた煮干しのエゴ味が、豚背脂の甘味と滑らかさでマスキングされて、全く嫌な感じがありません。 ボクは青魚が苦手なので、この演出には感銘を受けました。 これなら喜んで煮干しの良い味わいを楽しめます(*>∇<)ノ

と、これだけの味重ねをしつつ、タップリと盛られたネギと、鮮味と辛味、ジューシーさがある紫玉ネギのみじん切りが、後味を見事に洗い流してくれて、また次へと次へと箸を進めさせるという、信成マジックが仕掛けられています(⌒▽⌒;)

信成 背脂煮干しらーめん

そんな極上スープと載せモノの数々に、恐ろしいほどのマッチしているのがこの麺! 麺帯切り出し手揉み縮れ平打ち太麺です。

オーダーを受けてから麺を伸して手揉みする手間暇は、確かな美味しさとなって伝わって来ます。 麺の芯まで火が入っていて、麺肌はツルッと滑らかなれど、手揉み縮れが舌の上で変化に満ちたな舌触りを楽しませてくれます。 ややソフトな印象ですが、噛めばコシのある食感が伝わり、時間の経過でダレることのないしっかりとグルテン活性のある麺です。

スープ自体がクリーミーで粘性があるところに、麺の表面積が広く縮れも掛けられているので、スープの絡みは上々ですよ( *´艸`) モチモチとした噛み心地も好く、久々に一気呵成に手繰りましたよ(ノ≧ڡ≦)

「替え玉 (200円)」

信成 替え玉細麺

食べ進めて行く内に、どうしても細麺を試したくなって、スープを節約して「替え玉」を投入しました。 店主・海野さんからは

「細麺にします? 黒醤油用と豚骨用どっちにします?ヾ(^▽^*」

なんて、普通なら考えられないような替え玉の麺のチョイスまでさせて貰えます(>▽<)b えぇ、細麺だけでも2種類。 もし望むなら他の麺でも応じてくれそうww 一体麺のスペック何種類持ってんだろう?O(≧▽≦)O

今回は豚骨用の低加水細麺を頂きました。 ジリジリと麺肌からグルテン分がスープに還元して、クリーミーさが増してくるのを頂きたくて♪( *´艸`)

信成 替え玉細麺

もうね、この替え玉作戦は想像以上! スープはどんどんクリーミーになって来るし、細麺だからスープの絡みはMAXな訳でして、まさに麺を手繰る毎に押し寄せる口福感に、かなり変顔になっていたらしくて、カウンター越しの海野さん夫妻が笑いっぱなしww イイネ!人が笑顔になれるラーメンは幸せの味で満ちています(o≧▽゚)oニパッ

さて後述となりますが、この麺は「ふくしまラーメンショー2019」「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」の出店メニューで提供されていた麺に端を発します。 お客様方からの好評を受けて、イベント終了後に信成さんの独自開発スープで、限定的に販売してお客様方の

「おいしかったんだよ!O(≧▽≦)O」

に応えようと始めました。

だから“裏メニュー”に入れられたのですが、スープの構築と麺のマッチングも素晴らしく、もう既に“新名物”に位置づけられそうなほどの支持を得ています。 手間暇が掛かるので、従前にも増して店主・海野さんにも負荷は増えるのですが、

ゴメンナサイ、もう続けられません!(´。•ㅅ•。`)

ってところまで、“裏メニュー”の表札を付けたままで頑張られると思います。 何せ負けず嫌いですから(((*≧艸≦)イヒヒヒ




麺屋 信成
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-2876
営業時間;【昼の部】11:30~14:30
     【夜の部】17:30~20:00 ※木・金・土のみ
 ※スープが無くなり次第営業終了
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に6台分



麺屋 信成
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

暑の戻りで思い出した! そうだ、今年はまだみたか食堂の冷や中にちゃんとバイバイしていなかった!σ(゚・゚*) これでは正しく秋を迎えられないし、夏の終わりもケリが付かん。

と、勝手な所見で“みたか詣”をして参りましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

「冷し中華 (800円)」 ※10月1日より消費税率変更により価格改定予定

みたか食堂 冷し中華

やはり考える事は同じみたかファンは沢山居るようで、この日はちょっとした“冷や中祭り”だったらしいww ありつけて良かったよ( *´艸`)

みたか食堂 冷し中華

簡単に冷や中スープに溶け馴染む練りカラシ。 たっぷりと張られる冷や中スープは、グビッと飲める絶妙加減の甘酢醤油味。 やや甘めに振られているところもマヨネーズを呼び込むポイントになっています(〃∇〃)

みたか食堂 冷し中華

中華クラゲは極太タイプコリッコリの食感だし、キュウリの千切りはジャクジャクだし、錦糸卵は甘めでホッペが落ちそう(ノ´∀`*) カニカマは冷や中スープが入り込みやすくて、瞬間的に蟹風味が満喫出来る。 一枚物のチャーシューは短冊切りにしなくても、簡単に歯切れます。 ショッパ辛い紅ショウガがタップリ載ってくるのですが、甘めの冷や中スープと相まってか、全然いけちゃうんだな。

みたか食堂 冷し中華

ギリッと冷水締めされた麺は、バインバインな食べ応え! 弾力に満ちていてマヨネーズが加わり濃厚な味わいになった冷や中スープに全く負けないタフネスさ(*>∇<)ノ 約200gはありそうな麺量も、たっぷり具材と共に簡単に胃袋に収まりました。

ちなみに、みたか食堂さんの冷や中は、9月いっぱいは提供を続ける(9月26日にお寄せ頂いた情報によると、予定よりも早期終了となりました。)そうですので、まだ間に合いますよヾ(^▽^* 夏の忘れ物をしていた皆さんは、あの暖簾を目指しましょう!




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


 

食彩けいまり ~福島県郡山市大槻町~

美味しい手作り料理で通し営業。 安心して訪問出来るお店「食彩けいまり」さんを再訪問しました。 今回も夕刻の訪問になってしまいましたが、ご家族連れと飲酒と共に楽しまれるお客様で、程良く賑わっておりましたよ(o^-^o)

食彩けいまり

このお店はその日の仕入状況やお天気の次第なども見ながらか、定番メニューの他に、大変魅力的な日替わり的メニューが充実しています。

今回はキホンのラーメンや炒飯を頂こうと思っていたのですが、「マーボーナス」の一行の書き出しで敢え無く撃沈。゚(´^o^`)゚。

ダメだ、麻婆と茄子の合わせ技には勝てん (>▽<;;

「マーボーナス定食+手作り餃子6個 (800円+420円)」

けいまり 手作り餃子

細挽き餡がとってもジューシーで、舌触りも大変滑らかです。 少し小さめの餃子は酒肴用として誂えられてるっぽいです。 下味は控え目ですので、ご飯のお供に頂くならば、餃子のタレにドップリと漬して頂くのが宜しいかと。 ちなみに卓上配置のラー油は、自家製らしき感じで、砂も一杯入ってましたヽ(*’-^*)。

けいまり マーボーナス定食

ご飯の他に、お味噌汁、香物、小鉢といった品々がセットされてきます。 一点ごとに手仕事が入っていてお見事です。

けいまり マーボーナス定食

千切りキャベツの上に盛られたマーボーナスに、レタスやベビーリーフ、薬味のネギが添えられます。

けいまり マーボーナス定食

炸醤はたっぷり。 麻婆餡の味付けは、やや醤油テイストに振られており、ピリリとした辛子の辣味が走ります。 油通しのされた茄子は、期待通りのトロットロ(〃∇〃) こりゃあ嬉しいネ!

って事で、ここでも当然ながらのオン・ザ・ライスぅ~~~!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

けいまり マーボーナス定食

うぅぅぅぅぅぅ、うまいっ!(ノ≧ڡ≦)

白飯前提の濃い目の味付けに、千切りキャベツが塩味の和らげを担ってます。 普通盛りのごはんでは足りなくなるくらいボリュームも上々でした( *´艸`)




食彩けいまり
福島県郡山市大槻町字小山田前22
電話;024-905-7534
営業時間;11:00~21:00
定休日;水曜日を主軸に店内に掲示
駐車場;店舗前と店舗右隣りに合計7台分ほど


 

2019年 諏訪峠のそば畑

この日は不眠のままに2時に出立し、「郡山布引風の高原」に向かいました。 その道すがら、諏訪峠のそば畑の様子をチラッと偵察したら、先着カメラマンが4名居てちょっとビックリ(;゚д゚)

月は沈みそば畑の奥手には光源もないので、流星がビュンビュン流れているのも見えていました。 星を知らないボクでもちょっと興奮するくらいの星景!

でもこれだけ良いなら早いところ「郡山布引風の高原」に向かおうと言う事で、撮影はしないで目的地を目指します。 しかし行ってみたら天候不順で再び諏訪峠に戻り、沸いてくる雲に翻弄されつつ、行ったり来たりとなりました。

そんな訳で、「郡山布引風の高原」で撮影を終えてから、三度戻って来た諏訪峠です。゚(´^o^`)゚。

諏訪峠のそば畑
[2019/9/8 諏訪峠のそば畑]  <↑ Clickで拡大>

山の稜線の間に遠く磐梯山が見えるロケーションですが、深夜から翻弄され続けた雲がここでも因縁となってか、磐梯山の山嶺に掛かってしまっています。

秋そばの花
[2019/9/8 秋そばの花]  <↑ Clickで拡大>

そばの花は見事に満開! 丁度良いタイミングでの立ち回りとなりました。

諏訪峠へ
[2019/9/8 諏訪峠へ]  <↑ Clickで拡大>

そば畑は諏訪峠へと向かう街道沿いの低地に広がります。街道を辿るとやがて農地は狭まり、植林の森へと景色を変えます。
でも6km先通行止めなんだって。゚(´^o^`)゚。

そば畑の夜空
[2019/9/8 そば畑の夜空]  <↑ Clickで拡大>

時系列は巻き戻って同日の夜明け前。 満開のそばの花咲く畑の天空には、オリオン、アルデバラン、すばるが見えます。
 

2019年 郡山布引風の高原の向日葵

先々週の撮影行ですが、Y先輩からお声がけを頂き、星撮り&朝景撮影行をして参りました。 この日は絶好の星景撮影日和だと思って、「郡山布引風の高原」を目指したのですが、標高1,000mの高原台地は吹き寄せる風で雲が発生してしまい、なぁ~~~~ん見えない(;´Д`)

仕方なく山を下って、某所で星景撮影をしてから再び山へと戻りました。

がっ、相変わらず布引高原は雲の中( ノД`)シクシク… 仕方なく車中で夜明けを待ちつつ、雲が切れるのを待っていました。

何となく薄明るくなってきたので、車から降りて状況確認。 頭上には確かに星が出ているのですが、自分達が居る台地のテッペンだけが雲に覆われているのは変わり無し。 風力発電の風車も全く見えない位で、また車に戻ろうかと思った時に、足元辺りで小石を蹴るような

ジャリッ!

という音が聞こえました。 ほんの数十センチ先に思えて、昨年ここで子熊に遭った事を思い出し、一瞬ビビりながらも目を凝らしてみると・・・

布引キツネ
[2019/9/8 布引キツネ・スマホ撮影]  <↑ Clickで拡大>

えっ?! キツネ?∑(๑ºдº๑)

野生の狐は初めて出会った。 しかもコヤツは足元にジリジリと間合いを詰めてきて、30cm位の処まで寄ってきては、こちらの表情を伺ってはサッと身を引くのくり返し。

これ、完全に人慣れしています。 この後、後着の地元のカメラマンさんに聞いたら、ここの物産販売所付近に根付きで居るキツネだと言います。 やはり人間から食べ物を貰うことを覚えちゃったんでしょうね。 こちらに襲いかかってくるという事は無いそうですですが、小さなお子様だとどう反応するか分かりませんので、もしも出会った時にはご注意下さい。

宵明けの雲海
[2019/9/8 宵明けの雲海]  <↑ Clickで拡大>

キツネとじゃれ合っている内に、少し猪苗代湖側の雲が切れてきて、夜明け前のほの赤味を帯びた空が見えました。 猪苗代湖は雲海の下。 一気に雲が切れることを願ったのですが、どうもこちらの思い通りにはなってくれません( ̄▽ ̄i)ゝ

陽の出待ち
[2019/9/8 陽の出待ち]  <↑ Clickで拡大>

布引高原のの初秋の歳時記となっている向日葵の丘は、まだ充分に見応えある咲き具合。

高原の朝
[2019/9/8 高原の朝]  <↑ Clickで拡大>

台地全体が雲に覆われて見通しが利かなくなったり、風に流されてうすくなったりのくり返しの中、なかなか風情ある景色を次々と見せてくれます。

陽が昇る
[2019/9/8 陽が昇る]  <↑ Clickで拡大>

厚い雲に遮られていた朝陽が、薄らいだ雲の間からその輪郭を現します。

朝霧に咲く
[2019/9/8 朝霧に咲く]  <↑ Clickで拡大>

イイなぁ~♪ ガス最高だぁ~(〃∇〃) 単なるピーカン晴れの朝よりも高原風情が満ちているわぁ~


陽に映える
[2019/9/8 陽に映える]  <↑ Clickで拡大>

徐々に陽の光が向日葵の丘を照らしだし、見事なコントラストを見せ始めます。

布引の向日葵
[2019/9/8 布引の向日葵]  <↑ Clickで拡大>

程良いアンジュレーションと立木が入り交じる向日葵の丘は、久しぶりに来た甲斐がありました(o^-^o)

風渡る高原
[2019/9/8 風渡る高原]  <↑ Clickで拡大>

コスモスは既に咲き始めていましたが、植密度が今一つですので、今はどうなっている事かと気にはなっております。 

あすなろ食堂 ~福島県白河市寺小路~

写真展の訪問・観覧をしに白河市に行ったので、その好機を逃さずに美食の宝庫・白河市で遅くなった昼食を摂ってきました。 とは言えもう17時を過ぎていて、手打ち中華の名だたる名店で暖簾が掛かっているお店は皆無( ´Д⊂ヽ 作戦変更で白河市には多い老舗と言われるお店で“ノス活”致しました。

あすなろ食堂

白河で“デカ盛り”と言えばこのお店! 日本一おっきなのオムライスで知られる「あすなろ食堂」さんの暖簾を潜りました。

でもとてもそんなチャレンジで命を削る事は出来ませんので、極控え目ではありますが、それでも私的には蛮勇奮ってコチラを所望致しました( ̄▽ ̄i)ゝ

「あすなろセット (1,080円)」

あすなろ食堂 あすなろセット

手打ち麺のラーメンが一人前に、半サイズくらいと思われるかつ丼。 副菜にサラダ、香物付きという鉄壁の人気メニューなのだ!

あすなろ食堂 あすなろセット

油膜は控え目でちょっと甘味を纏った淡麗な旨味のスープは、鶏ガラと豚ゲンコツに香味野菜で引かれているのでしょうか? 化学のチカラを感じさせないナチュラルな味わいの清湯です。 カエシは塩と淡口醤油にコンブでも仕込まれていますかね? サラリとした口当たりの柔らかさがあり、塩味も控え目で強いエッジはありません。

しっかりと作り込まれて豚バラ巻きチャーシューは印象的で、脂肪分はふるい落とされコラーゲン化しています。 厚みもしっかりあって、お肉の柔らかさやサイズの大きさなど第一線のクォリティーです。 薄切り幅広メンマにほうれん草のおひたし、海苔、ナルト、刻みネギと、伝統的なラーメンの載せモノ要件は全て整っていますね。

あすなろ食堂 あすなろセット

麺は白河伝統の熟成縮れ多加水麺。 中太タイプの平打ち麺は手打ち麺と言う事ですが、自家製か委託製麺かまでは分かりません。 しかしそのツルリとした麺肌や、縮れのうねるような舌触りの変化、しっかりとしたコシの強さなど、手打ち麺ならではの主張がしっかり伝わって来ます。

それにしてもこのスープのタプタプ感は凄い! スープだけで600ccはありそうなもので、150g程度はあったと思われる麺は、スープの中に完全に没してその姿は見えなかったほどです(*>∇<)ノ さすがは45年以上の老舗ですね。 寝かしながらの白河ラーメンの姿を今に伝えています。

あすなろ食堂 あすなろセット

かつ丼はほぼ想像していたとおりの、ちょっと甘じょっぱめで少し濃い目の丼ツユに、しっかりと煮固められた溶き卵でキメられています。

あすなろ食堂 あすなろセット

多分、単一メニューよりは肉厚は薄目じゃ無いかと思いますが、チープさなどは全然感じさせません。 丼ツユの染み込んだ玉ネギのジューシーな旨味も加わって、“昭和のかつ丼”を今に伝える美味しいヤツでした(〃∇〃)

あすなろ食堂 あすなろセット

セットメニューと言うことで、小鉢・サラダ・香物が付いてきます。 サラダは器こそ小さめですが、キレイに切り整えられた千切りキャベツの丁寧さは勿論、詰め込まれている分量が望外の多さ(⌒▽⌒;)

あすなろ食堂 あすなろセット

ゴボウとニンジンの煮物は、出汁が染みこんでいてなかなか乙な味わい。 手練れのおばちゃんの年輪を感じさせる素晴らしい逸品でした。

先述の通りラーメンのスープはとても軽快なタイプで、味付けも淡目だったのですが、かつ丼のお供に丁度良かったなぁ~(*^▽^*) ボリュームもかなりのモノでしたので、最悪の場合はギブもチラ見えしていたのですが、きっちりと完食致しました(=´▽`)ゞ

おばちゃんの人間力が詰め込まれたようなステキなお店ヽ(*’-^*)。 朗らかで優しい気遣いがとても心地佳く感じられました。




あすなろ食堂
福島県白河市寺小路24-24 店内禁煙
電話;0248-22-0548
営業時間;【昼の部】11:00~14:30 【夜の部】17:00~19:30
定休日;水曜
駐車場;10台


 

枡はん ~福島県郡山市本町~

昼時に街中にスクーターで配達に出掛けたら、不意に「枡はん」さんを思い出したので、久しぶりに暖簾を潜りました。

枡はん

とは言ってもお昼時。 いつもの事ながらお店は枡はんファンで賑わっており、たまたま運良く席が空いて滑り込んだようなものでした。゚(´^o^`)゚。 すっごいな!枡はんさん!

「濃口半ちゃんラーメン (800円)」

枡はん 濃口半チャンラーメン

折角久しぶりに訪問したのですから、黄金コンビを所望致しますo(*^^*)o とは言え、いつの間に「濃口半チャンラーメン」なんて固有のメニュー表記が出来たのかが思い当たりません( ,,`・ ω´・)?

枡はん 濃口ラーメン

青菜はいつも変化するのですが、今回は水菜が充てられていました。 前回はワラビだったんですよ(*^▽^*) そのユルさと言うか、季節を捉えた臨機応変さと言いますか、店主のおばちゃん任せで誰一人異を唱える人は居ないでしょう(o^-^o)

枡はん 濃口ラーメン

豚バラチャーシューは1切れなんだけど、生醤油のキリリとした味わいが染み入っていて、脂身まで美味しく頂けちゃうんですよね。 イマドキの洗練された載せモノではありませんが、何一つ困らん!ww これで極厚のフワトロチャーシューなんて載ってきたら、きっと超絶違和感しか残らないでしょう。

ベーススープは鶏ガラに香味野菜と思われ、豚バラチャーシュも共炊きにしているんじゃないかな? 旨味が押し寄せて来るほどでは無いのだけど、チャーダレメインの一味強めなカエシが、甘味や酸味を感じさせる独特の極味があるせいか良くマッチしています。 

枡はん 濃口ラーメン

多加水ストレート中細麺は、しんなりツルツルな茹で上がり。 漆黒スープが噛んでくると、麺自体にスープの味わいが乗ってきて、啜る毎に口中に美味しさが満ちてきます。 卓上配置の粗挽き黒コショウを振れば、スパイシーな甘い香りとピリリとした辛味で、味わいがより一層立体的になりますのでお薦めですよ(〃∇〃)

枡はん 半チャーハン

半チャーハンはお茶碗一杯分ほどの盛り加減。 炊き掛けご飯をそのまま調理するから、しっとりとした仕上がりです。

枡はん 半チャーハン

玉子とチャーシュー、ネギが炒め合わせられ、風味豊かな漆黒カエシで深~~い味わいが待ってます( *´艸`) 濃口ラーメンの残りスープと共に頂けば、これまた悦楽のひとときですよ(>▽<)b




枡はん
福島県郡山市本町1-14-3
電話;024-922-6279
営業時間;【月~土】11:00~15:00、【日、祝】11:00~14:00
定休日;不定休
駐車場;なし


 

掲載感謝 Monmo 会いに行きたい 福島絶景

本日発売の『Monmo 15周年記念創刊号 会いに行きたい 福島絶景』に拙作の写真2点をご掲載頂きました。

Monmo 福島絶景

「特集 夜桜ギャラリー」のコーナーに90P、94Pに2点ご採用を頂きました。 過去にご提供させて頂いた作品の再掲ではございますが、再び取り上げていただけて幸甚に存じます。

また巻末のクレジットのPhotographersに、名だたるプロ写真家の皆様方、熟練のカメラマンの皆様方と共に、名前を記載して頂けました事、大変光栄に存知ますとともに、励みとなりました。

『Monmo 15周年記念創刊号 会いに行きたい 福島絶景』は、大手コンビニエンスストアー、書店、インターネット通信販売サイトなどでご購入頂けます。 福島の絶景を是非ともお手許にお寄せ頂ければと、謹んで御案内申し上げます。
 

ちばから 郡山店 ~福島県郡山市堤下町~

夏の盛りはついつい足が遠のいていた「ちばから 郡山店」さんでしたが、1ヶ月半ぶりに“ちばから詣”をして参りましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

2019年9月7日には4号店となる「ちばから 経堂店」が開店し、郡山店の立ち上げに尽力していたお方も異動されたようですが郡山店はNo Problem ! この日も見事なオペレーションで、どんどん厨房は回っています(o^-^o)

「ミニらーめん 豚一切れ+れん草 (780円+50円)」

ちばから ミニらーめん

今回もと言うか、ほぼ私的に固まった“先のお好み”ヤサイ少な目とし、“後のお好み”ではニンニク別皿、ネギマシマシラー油ですヽ(*’-^*)。

ちばから ミニらーめん

お楽しみの“神豚”も脂質がふるい落とされ、コラーゲン分はフルフルだし、お肉はふっくら柔らかく、噛めば肉の旨味とチャーダレの味わいが口中を満たしてくれます(〃∇〃)

ちばから ミニらーめん

レン草はやっぱりマストで! ヤサイは少な目にしつつ、ネギを増量&ラー油で、スープの凝縮度の高さをなるべくそのままに、味キレの良さもアップさせます。 別皿ニンニクは徐々に溶き入れて行くのですが、これが非常に魔性の誘い。 自分で加減しているはずなのに、どんどんと追加投入してしまい、毎度の事ながら食後のニンニク臭で反省することに・・・。゚(´^o^`)゚。

ド乳化豚骨スープは骨粉や随の粒状感が舌の上に示されつつも、極上濃度のクリーミーさ! そのパンチ力に劣らぬカエシのチカラも見事なモノで、醤油フレーヴァーの豊かさに酸味と旨味、甘味などが渾然一体となり、特製平断面縮れ太麺をコートするように絡みます。

ちばから ミニらーめん

麺は芯まで火が入っていて、モチッとした食感と弾力に富むもの。 固めCALLで楽しむお客様も少なくありませんが、ボクはデフォで満足してます( *´艸`) 「ミニらーめん」は茹で前麺量で200gと丁度良いボリューム。 女性のお客様も多く見受けられるように、安心して楽しめるお店です。

尚、お店の右隣に確保してあった無料指定駐車場は、2019年9月29日(日)をもって契約終了となり、利用出来なくなります。 現在、代替の駐車場を探しているそうですが、暫くはお店の裏手の有料駐車所を利用するしかありません。 どうぞお気を付け下さい。




ちばから 郡山店 店内禁煙
福島県郡山市堤下町12-7 ホテルシーアンドアイ郡山1F
電話;024-927-1119
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部 平日】17:30~22:00 【夜の部 金・土】17:30~23:00 【夜の部 日】17:30~21:00
定休日;無し
駐車場;お店の入居するビルの右隣り(北側)に6台分
    ※コインパーキング利用なら乗り合わせ全員に味玉サービス (要駐車券提示)


 

自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

ちょっと遅い昼食が更に遅くなったので「自家製麺 じゃじゃ。」さんにダメもとチャレンジしてみたら、運良く待ち無しで席が取れました(>▽<)b

自家製麺 じゃじゃ。

シーズンメニューの「梅わさびつけ麺」に心惹かれたのは事実ですが、何せ無芸、梅干しには滅法弱い:(;゙゚'ω゚'): わさびはOKなんですけど、梅干しの代打って何か無いものでしょうか・・・( ̄  ̄;) うーん

「つけ麺(小)+豚ロースチャーシュー2枚 (750円+100円)」 ※味玉振る舞い頂きましたm(_ _)m

じゃじゃ。 つけ麺小盛

オイリーな漬け汁は器もアツアツ∑(๑ºдº๑)!! 油膜を突き抜けて濃厚な醤油やニンニク、ネギなどの香りが立ちまくりです( *´艸`)

じゃじゃ。 つけ麺小盛

麺量は抑えて“小盛CALL”ですが、小盛でも茹で前で400gと堂々たるボリュームですよ!

じゃじゃ。 つけ麺小盛 肩ロースチャーシュー

追加トッピングの「豚肩ロースチャーシュー」は破格の1枚50円!(〇o〇;) 低温調理タイプでしっとりと柔らかく、レアならではの肉汁を感じさせる味わいです。

じゃじゃ。 つけ麺小盛

毎度ありがたき味玉振る舞いを頂き、おいしくご馳走になりました♪(〃∇〃)

じゃじゃ。 つけ麺小盛

ラード油膜に泳ぐネギは、熱々の漬け汁で糖化酵素が発動し、辛味が甘味へと化学変化を起こしつつ、肉厚なお陰でシャクッとした鮮味は残されます。 丼の底には角切り豚バラチャーシューやメンマが沈んでおり、このお肉から漬け汁に染み出してくるダイレクトな肉の旨味も見所です。

ベースは鶏出汁ですが、強烈な効き具合の甘じょっぱいカエシや、スパイシーなニンニク、黒コショウ、唐辛子などのパンチも加わり、もの凄いインパクト有る味わいです。 そのまま飲んだらしょっぱすぎてギブしちゃいそうなのですが、この強い味わいが圧倒的な個性を主張します。

じゃじゃ。 つけ麺小盛

うどんのようと評される自家製極太麺は、箸で手繰ろうにも暴れん坊で、流水締めされた事でバインバイな強靱な歯応え。 これを熱々の漬け汁に潜らせると一転し、モッチリとした弾力へと変化する面白さO(≧▽≦)O 麺自体のポテンシャルの高さを突きつけられます。

ツルリとした麺肌と極太麺ということで、先述のハードな漬け汁に漬しても、口に運ぶ時にはある程度ふるい落としがされて、過なしょっぱさを感じさせません。 極めて中毒性の高い独特の旨味は、今も変わらず多くのファンを作り続けています。

自家製麺 じゃじゃ。

美味しかったです。 ご馳走様でした(ノ≧ڡ≦)




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12 店内禁煙
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~14:50 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に2台分


 

ラーメンハウス ブレーンバスター ~福島県郡山市富久山町八山田~

台風15号が関東上陸をし、福島県も浜通りをかすめそうって騒ぎの最中、「ラーメンハウス ブレーンバスター」のTwitterからは

「本日、台風の為、『コロッケ』販売いたします」

とのサプライズ情報が発信されましたw( ̄▽ ̄;)w

そのお遊び、乗ったぁ~!(*>∇<)ノ

と言う事で、夜の部の訪問と相成りましたヽ(*’-^*)。 開店前から並びが出来とるぞな。゚(´^o^`)゚。 うぅぅぅぅ、残り3個っていう「台風コロッケ」にありつけるかな?

ブレーンバスター 台風コロッケ

はい、セ~~~~フ!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

何の変哲もない冷食ポテトコロッケですが、少しポテトがグルテン化しているのか、ホクホクタイプに非ず、モチッとと言うよりもクリーミーで緻密な舌触り。 あぁ、何か懐かしい♪( *´艸`)

って事で改めまして本日の所望品はコチラヽ(*’-^*)。

「青鬼+台風コロッケ (800円+100円)」

ブレーンバスター 青鬼

先頃Ver.2.0へのアップデートが公表されていたので、早く食べたかったんですよね(ノ´∀`*) しかも自家製辛味トッピングも加わっており、「しょうゆらーめん」に辛味トッピングをされたのが「青鬼」としてリリースされています。

ブレーンバスター 青鬼

この「青鬼」は、本当はシーズン・トッピングとして、わりと早々に幕引きにするつもりだったらしいのですが、お客様からの好評により、止められなくなっているっぽいです。゚(´^o^`)゚。

青唐辛子を大きめに刻んで、魔法をかけたやつらしいww 更にフライドガーリックが散らされたことで、シャープな辛味とスパイシーな風味とロースト香が加わり、単純な辛味にはさせないぞ!って意気込みが伝わって来ます(o^-^o)

ブレーンバスター 青鬼

前回はレアチャーシューへの転換のタイミングだったのですが、現在は見事な出来映えのレアチャーシューですね。 ヒタっとするようなジューシーさんある食感と旨味は見事です。

更には「台風コロッケ」に乗った夜の部のお客様には、時間経過の冷凍コロッケでゴメンネって事で、チャーシュー1枚振る舞いのサービスを頂きました(*≧∪≦)

ブレーンバスター 青鬼

本題のVer.2.0は先述のチャーシューの転換も一つですが、やはりスープの進化が決定的です。 製造プロセスをより一層深化させたそうですが、勿論素人にあれこれと分かるハズもありません。 ただ味わいに関しては間違いなくプレオープン時とは別モノへと変貌しています!

後味のキレの良さはそのままに、確実にスープの濃度が高まったと感じます。 もともと高かったコラーゲン分のレベルに、骨の髄を思わせる極味を伴った旨味が加わり、もう鶏豚云々って切り分けが曖昧になるくらいの調和度合でした。 カエシに仕込まれるアゴ出汁のアクセントがより濃厚なタッチになって、濃くなった動物系由来の旨味の厚みにマスキングされず、塩味の効き具合さえもディテールが鮮明になったと思います。

ブレーンバスター 青鬼

このスープの改変で更に印象が変わったのは、ロースト全粒粉入りの低加水ストレート細麺! 遂にスープのパワーが麺のチカラと均衡したって感じ。 もともと圧倒的なポテンシャルの高さが印象的だったこの麺が、見事に手懐けられました! これはまた驚きましたよ。 どんどん美味しくなっていくぅ~!゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆




ラーメンハウス ブレーンバスター
福島県郡山市富久山町八山田字土布池11-125 武田ハイツ101号 店内禁煙
営業時間;【昼の部】 10:00~14:00 【夜の部】 17:00~19:00 ※材料が無くなり次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;4台 ※6台分のサブセットがあります。満車の際はお店の指示を仰いで下さい。


 

太陽食堂 ~福島県須賀川市南上町~

この日は須賀川市で、クラブ写真展を2箇所観覧して来ました。 折角須賀川市に居るのですから、昼食も摂ってくる事にして神食堂「太陽食堂」さんに立ち回りました。

太陽食堂

だいぶご無沙汰だったなぁ~と過去ログを紐解いてみたら、何と2年以上訪問していませんでした(⌒▽⌒;) いつの間にそんなに刻が経ったやら・・・

メニューを開くと以前と変わりなし。 ラインナップも価格もそのまんまでしたw( ̄▽ ̄;)w さすがは“食堂の良心”が詰まったお店です。

「太陽ランチ+餃子 (1,000円+280円)」

太陽食堂 太陽ランチ+餃子

全部盛り的な“大人ランチ”「餃子」まで追加したらスゴイ事になりました。゚(´^o^`)゚。 何だか嬉しすぎる♪

太陽食堂 餃子

自家製餃子は6個付けで280円と破格っ!(;゚д゚)

野菜は少々ザク切りで薄皮包みにされています。 下味はそこそこ付けられており、ニンニクは控え目ですね。 卓上配置の酢、醤油、ラー油で頂きましたが、どうもラー油は自家製っぽくて、思わぬシャープな辛味にビックラしました(;^ω^) タレにドップリ漬して頂く事を推奨しますv( ̄∇ ̄)ニヤッ

太陽食堂 太陽ランチ

そしてコチラが“大人ランチ”の空撮(〃∇〃) 揚げ物天国嬉しいな♪ 色々と盛り込まれているから、箸を付ける楽しみがあります。

一番手前のフライは白身魚。 厚みもあってなかなかの食べ応えです。 卓上配置のソースは、ちょっと甘めの自家調整品。 何となく「みたか食堂」さんの卓上配置ソースと似ている気がして、殊の外嬉し( *´艸`)

太陽食堂 太陽ランチ

オムレツにはお野菜が仕込まれていて、中身は半熟気味にされてます。 以前はプレーンオムレツでしたので、気まぐれ的に変わるのか、はたまたいつからか変更を受けたのかは不明です。

千切りキャベツに沿わされている白スパサラダは、以前は素ナポだったんだよね。 微妙に変化はしている事が分かります。

太陽食堂 太陽ランチ

ボリューム満点の串カツは、玉ネギが3/4を占めているのですが、これがまたイイのです! 玉ネギの甘くジューシーな旨味が衣を纏っている訳で、そこにレモンを搾って先述の自家調整ソース! ウマ過ぎだ(。´艸`。)

エビフライの細挽きの衣でシャキッとした揚げ上がり。 このお足でこれ以上望むべくも無いってほど大きさと、ブリッとした身の厚み。 文句無しです!

太陽食堂 太陽ランチ

2個付けにされている厚みタップリの焼肉が、お店の自慢の品なのでしょう。 小麦粉をまぶして焼き上げたところに、甘じょっぱく、そしてニンニクの風味の豊かなタレを加えて味を整えてあります。

太陽食堂 太陽ランチ

この厚みも申し分無く、ひたすら白飯に添い遂げる旨いヤツです♪(ノ≧ڡ≦) あまらりにもシアワセにハライッパイになっちゃったので、茶屋で珈琲を嗜む隙さえ無くなりましたぁ~(^◇^;) 美味しかった! お薦めの神食堂「太陽食堂」でした!




太陽食堂
福島県須賀川市南上町31-1
電話;0248-75-2920
営業時間;11:00~20:00 LO;19:45
定休日;水曜日
駐車場;店舗下に5台分と、道路向かいの指定駐車場に10台分ほど


 

2019年 猿楽台地のそば畑

「会津たかつえ(南会津町)」の帰途は「猿楽台地(下郷町)」へと立ち回ります。 道中、青空が広がっていたのに、到着したら西の雲の中に陽は傾いてしまった∑(´;□;`)

夕べの旭光
[2019/8/25 夕べの旭光]  <↑ Clickで拡大>

夕刻も迫りつつあったので、カメラマンはほんの数えるほどしかおらず、観光目当ての来訪者はほぼ居ませんでした。 ほぼ諦め気味に、それでも訪問記録ってくらいのキモチで、車から降りて彷徨いていたら、雲の隙間をかいくぐり、天使のハシゴが盛大に掛かってくれましたw( ̄▽ ̄;)w

シャイニー
[2019/8/25 シャイニー]  <↑ Clickで拡大>

雲間から漏れ降りて来た陽射し。 5分間だけのお駄賃タイムでした。
 

無芸の朝スパ

ほぼ月いちの備忘録的お家ご飯です。 相変わらずアップが追いつかなくて、何とか8月中くらいのあたりまでカバーしました。

「無芸作 烏賊と夏野菜のスパゲッティーニ」

無芸作 烏賊と夏野菜のスパゲッティーニ

みじん切りのニンニク、玉ねぎ、セロリをオリーブオイルで炒め、塩コショウして輪切り赤唐辛子を加えてしんなりしたら、ズッキーニ、きのこ、油通したナス、赤ピーマン、烏賊を加えて白ワインを多目に入れます。

軽く煮たったら、顆粒状のコンソメを入れ、パッサータ、乾燥オレガノ、乾燥バジルを入れて、沸騰しそうになったら火加減を絞ってポコポコ程度にします。

スパゲッティーニの茹で汁を加えながら濃度調し、バルサミコを少し。 ここで味の決めはほぼ済ませて、茹で上がったスパゲッティーニを加えたら、オリーブオイルを回し掛けて、強火でフライパンをあおりながら、一気にソースを乳化させます。

「無芸作 回鍋肉」

無芸作 回鍋肉

これを作るためだけに、厚手の豚バラ肉を調達してました(o^-^o) 味のお手本は勿論工藤シェフ! 白飯がいくらでも進む回鍋肉を、大皿盛りでドッサリと頂きました。

「無芸作 夏野菜とミートソースのスパゲッティ」

無芸作 夏野菜とミートソースのスパゲッティ

パプリカやズッキーニと共に炒め合わせたスパゲッティに、冷凍保存しておいたミートソース、生クリーム粉チーズにドライパセリで頂いた平日の朝食です。

「無芸作 きのことキャベツのカレークリームスパゲティ」

無芸作 きのことキャベツのカレークリームスパゲティ

平日の朝食は、冷蔵庫を漁ってあり合わせで作ったもの。 キャベツの甘味を活かして、ソーセージの塩味もマッチします。 ドライハーブのラインナップにパプリカが加わったので、記念に掛けてみました(*>∇<)ノ

「無芸作 夏野菜とエビの冷製トマトスパゲティ」

無芸作 夏野菜とエビの冷製トマトスパゲティ

盛夏の頃に作ったやつです。 ニンニクをオリーブオイルで炒めて香りが出たら、玉ねぎのみじん切り、賽の目切りのセロリとズッキーニを加えてしなりしたら塩コショウ。 ブナシメジを炒め合わせて白ワイン、コンソメで少し煮ます。

ドライハーブを振っておいたパッサータを加えて一煮立ちしたら、下茹でしておいたインゲン豆と解凍したトウモロコシを加えて、更に一煮立ち。 出来上がったトマトソースは、ボールに移してボールを氷水で冷やします。

カッペリーニを2分ほど長目に茹でて、流水で粗熱を取ったら、氷水でキリッと冷やします。 先述のトマトソース、カッペリーニ共に冷え冷えにして、エクストラバージンオリーブオイルを加えて満遍なく和えます。

お皿に盛ったら、塩茹でして冷やしておいた海老と、サイの目切りにしてドライハーブと塩コショウをして冷やしておいたフレッシュトマトをトッピングします。 タバスコが良く合う冷製スパゲティの完成です(*^^*)

「無芸作 和風ガスパチョ風冷やしうどん」

無芸作 和風ガスパチョ風冷やしうどん

トマト、キュウリ、セロリを賽の目切りにして、塩コショウ、砂糖、白だし、バルサミコ酢、穀物酢等を合わせて、刻み大葉と白ごまを加えて冷やします。

出汁を引いて、昆布つゆをカエシ代わりにして、冷やしておきます。 うどんは乾麺の細麺タイプ。 氷水でキリッと冷やして、汁を張ったお皿に盛り付け、載せものを飾ります。

サーモンは出汁醤油で軽く味付けをしておき、途中からタバスコを加えてみたら、なかなか良い感じでした(゜∇^d)!!

「無芸作 ベーコンとズッキーニのトマトスパゲティ

無芸作 ベーコンとズッキーニのトマトスパゲティ

早朝撮影の帰りに、「道の駅 あだち」上り線で、地元食材の調達をして、厚切りベーコンと共に夏スパしました( *´艸`)

「無芸作 冷やしとろろそばと揚げ茄子の南蛮漬け」

無芸作 冷やしとろろそば

平日の朝食です。 夏場は朝から冷たい麺料理の登場率が高くなります。 トロロにウズラの生卵って最強に合いますよね♪(〃∇〃)

無芸作 揚げ茄子の南蛮漬け

揚げ茄子の南蛮漬けは、前夜に仕込んでおいたもの。 「道の駅あだち」上り線で買い求めてきた、二本松市の農家さんの立派な茄子を美味しく頂きます!(*^-^*)

「無芸作 ハーブチキンのハニーマスタードホットサンドとエビとキノコのトマトスパゲッティ」

無芸作 ハーブチキンのハニーマスタードホットサンド

ホットサンドは二回目。 初回よりは段取り良く出来ました。 帰省していた娘は、ホットサンドメーカーが戦力に加わっていたことを知らなかったので、妙にウケてました(*^-^*)

無芸作 エビとキノコのトマトスパゲッティ

こちらはホットサンドの副菜?(>▽<)b ついつい作ってしまうんだな( *´艸`)

「無芸作 スパゲッティ・ミートソース」

無芸作 スパゲッティ・ミートソース

スパゲッティは茹で上げたものを、玉ネギ、ピーマン、シメジ炒めたところに投じます。 仕上げにバターを加えて風味良くしておくと、ミートソースと良く馴染んで美味しくなりますよ(o^-^o)
 

餃子とタンメンの店 大三元 ~福島県郡山市菜根~

郡山市で老舗のタンメンの名店と言えば、餃子とタンメンの店 大三元」さんと中国飯店 なるき」双璧と言っても過言では無いでしょう。

餃子とタンメンの店 大三元

だいぶ久しぶりにはなりますが、夕方時に餃子とタンメンの店 大三元」さんを訪問致しました。 夕食時に差し掛かっていたので、次々と後着のお客様が来店し、どんどん席は埋まっていきます。 でもメニューはドシンプルにタンメンと餃子しか無いので、厨房はひたすら淡々と同じ調理をくり返し続けるだけ。 これまた凄いシーンだなw( ̄▽ ̄;)w

って事で、何一つ迷うことなくタンギョウ!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

「タンメン+餃子 (800円+300円)」

大三元 タンメン

一人だったのでカウンター席に座り、調理の様子を眺められるのも楽しきところ♪ 自分の料理が着々と出来上がってくる様子は、まるでカウントダウンタイマーの如きワクワク感がありますね(#^.^#)

澄み切ったクリアなスープは、油浮きも少なく極めて端正な出で立ち。 豚肉と野菜の炒め合わせは、火力控え目でごく短時間に切り抜け、澄んだ清湯スープを張って煮込む方に時間を掛けます。 炒め油は少量ですが、野菜に焦げ臭が付くこともなく、スープの味香が濁ることなく、野菜のシンプルな甘味を伴ったクールブイヨン的旨味が引き出されます。

大三元 タンメン

お肉が少々に、キャベツ、モヤシ、人参、、ニラ、キクラゲと王道具材が煮込まれたスープは、仕上げにゴマ油のアクセントが加えられます。 たっぷり野菜は芯まで火が入りながら、食感もやや強めに残されています。 この仕立ては絶妙としか言いようがありません(*>∇<)ノ

伊達鶏の鶏ガラに豚背ガラから引かれるベーススープは、先述の通りクリアな色合いに、軽快かつ繊細な旨味。 このスープだけなら、少々物足りなさを感じそうなものですが、野菜からのナチュラルな旨味が加わる事で完成します。

大三元 タンメン

自家製熟成多加水の中太麺は、平断面タイプでツルモチ食感で、しなやかな舌触りも心地好し。 弾力のある歯応えと、噛み切る刹那に伝わって来るコシの強さなど、麺量の豊かさが嬉しくなるような楽しさがありますよ。

大三元 餃子

お店の奥で作られている自家製餃子は、都合が許すなら是非とも召しあがって頂きたい。 独自の黄金律で仕立てられる餡は、ニンニクの風味が明瞭で、中挽き野菜と挽肉の食感がしっとり感と粒状感のいいとこ取りで調和しています。

皮も自家製で麺玉から切り出されているだけあって、麺の食感にも通じるモチッとした存在感のあるもの。 手練れの焼き技巧も手伝って、上々の美味しさを満喫出来ますよ(ノ´∀`*)

大三元 胡麻辣油

卓上配置の調味料には「自家製胡麻辣油」が用意されてます。 ゴマ油の旨味と香味に、辛子や山椒などの沈殿した砂が更なる風味を引き立てます。 辛味はまたなかなかシャープな効き具合ですので、分量は少な目スタートをお薦めします。




餃子とタンメンの店 大三元
福島県郡山市菜根3-12-12
電話;024-938-1421
営業時間;11:00~20:00
定休日;盆正月のみ
駐車場;店舗前と契約駐車場


 

【ご案内】 第46回 全日本写真連盟 福島支部写真展

こちらは福島市での開催となる写真展です。 「全日本写真連盟 福島支部写真展」が下記の通り開催されます。

昨年会員数がとても増えた事で、ますます見応えのある写真展となっておりました。 作風も幅広く、じっくりと鑑賞して頂きたい写真展でございます。

尚、会場となっている「福島テルサ」さんの指定駐車場を利用し、パーキングチケットを1F案内事務局に提示すれば、駐車料金の優遇を受けられると思います。 どうぞ気楽にお出掛けになってみて下さい。

第46回 全日本写真連盟 福島支部写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

第46回 全日本写真連盟 福島支部写真展
開催期間;2019年9月18日(水)~9月23日(月) 【入場無料】
公開時間;10:00~17:00 ※18日(水)は13:00より、23日(月)は16:00まで
開催会場;福島テルサ 4階ギャラリー
       福島県福島市上町4-25 電話;024-521-1500


 

路地ダイニング わさび ~郡山市中町~

この日は久々の真夏日となり、冷たい麺料理が頂きたいところ。 そうだ! あわよくばフルコンプを目指していた路地ダイニング わさび」さんの“冷たいシリーズ”が止まったままだった事を思い出しました( ̄▽ ̄i)ゝ

路地ダイニング わさび

とは言え、既に9月となり、“冷たいシリーズ”は一部縮小となっていたので、今回は未食となっていたコチラを所望致しましたよヽ(*’-^*)。

「冷し担々麺+半ライス (810円+110円)」

わさび 冷し担々麺+半ライス

霜が付くくらいキンキンに冷やされたガラス皿に盛られてきましたよ(#^.^#) 麺が見えないほど野菜と炸醤が盛られていて、ボリュームもなかなか良さそうです。

わさび 冷し担々麺

水菜とオニオンスライスがモッサリと。 炸醤と小口ネギ、糸切り唐辛子が頂点に添えられます。

わさび 冷し担々麺

キンと冷えた坦々スープは、濃厚でほの甘いゴマの味わいがしっかりとしていながらも、お腹で固化しない程度の絶妙な濃度で仕立てられてます。 スープが冷たい分、塩味にはアクセントが付けられていて、軽目のシビカラ感はどなたにも受け入れて頂けそうな落とし所。 でもちゃんとライト麻辣してますよ!

わさび 冷し担々麺

前回の「冷しトマトラーメン」でも楽しめた多加水ストレート細麺は、今回もしなやかでスープの含みが良く、本当に冷やしメニューに打って付けの麺です( *´艸`)

わさび 担々炸醤飯

半ライスにお残り具材と坦々スープを含ませて、お手盛りの「坦々炸醤飯」で〆ました(〃∇〃) 美味しいスープと炸醤で、ちょっとしたサイドメニューっぽいほどの満足が得られますよv( ̄∇ ̄)ニヤッ お薦めです♪




路地ダイニング わさび
福島県郡山市中町12-9 2F
電話;024-923-9188
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 L.O.13:30 【平日・夜の部】17:00~25:00 L.O.24:30
      【金・土・祝日前・夜の部】17:00~26:00 L.O.25:30 【祝日・夜の部】17:00~24:00 L.O.23:30
定休日;日曜日
駐車場;無し


 

【ご案内】 第6回 PK花の会写真展

地元のアマチュア写真家の指導者として知られる青砥照男先生の呼びかけで始まった“花の写真展”は、すっかり定着して秋の写真歳時記となりました。

今年で6回目となる「PK花の会写真展」が開催されます。 出展されている皆さんは、青砥先生とご縁のある方々で、老若男女を問わず。 集まる写真の点数もかなりのものです。

カメラの操作が分からないとか、写真のプリントをした事が無いという皆様でも、

「お花が好き( *´艸`)」

という共通点だけで充分に楽しめる写真展だと思います。

会場内には手練れのカメラマンがわんさか控えておりますので、どなたに尋ねてもとっても丁寧に応対して頂けますよヽ(*’-^*)。

KP花の会写真展
          ↑ Clickで拡大 ↑

第6回 PK花の会写真展
開催期間;2019年9月19日(木)~9月21日(土)
公開時間;10:00~17:00 ※最終日9月21日は16:00まで
開催会場;「郡山市公会堂」 【入場無料】
      福島県郡山市麓山一丁目8-4 電話;024-934-1212
駐車場;公会堂向かいの麓山地区公共施設利用者駐車場



 

らぁ麺 おかむら ~福島県郡山市西ノ内~

もう最初からネタバレも甚だしいカットからのスタートです( ̄▽ ̄i)ゝ 郡山市西ノ内の「らぁ麺 おかむら」さんの、毎週恒例「水木なにしよう!!」にまんまと釣られにやって来ました。

らぁ麺 おかむら

今回の作品は漆黒ラーメンを超豪華に頂けちゃうって寸法です。 なかなか身近とは言い難い高級食材を活かしたお題は・・・

「トリュフとポルチーニの贅沢おかぶらっく (880円)」 ※お得意様パスポートで大盛ゴチになりました

らぁ麺おかむら トリュフとポルチーニの贅沢おかぶらっく

濃厚な醤油の香りに、完熟スープの香りが入り交じる、チカラの漲るような香り立ちです。 漆黒スープはとても旨味が凝縮しており、乳化こそしていないけれど、地鶏出汁を軸にして豚や魚介の旨味成分が下支えしています。

らぁ麺おかむら トリュフとポルチーニの贅沢おかぶらっく

自慢のしっ鶏チャーシューに肩ロースの低温調理チャーシューの二種盛りに、穂先メンマと九条ネギと、載せモノ自体のバリエーションはシンプルですけど、濃厚なスープに加えて二大キノコが織り成すフレーヴァーを享受するには充分じゃありませんか(〃∇〃)

らぁ麺おかむら トリュフとポルチーニの贅沢おかぶらっく

トリュフオイルとポルチーニのソース。 おかぶらっくのスープを始めとして、それぞれが強い味わいを持っていますが、トリュフオイルは少々分が悪いので、レンゲに張ったスープに溶いて、麺をカルクドロップさせて頂く作戦v( ̄∇ ̄)ニヤッ これならトリュフの風味をダイレクトに感じられます。

同様にポルチーニソースもレンゲ使いする事で、その豊かな風味をより一層満喫出来ましたよ( *´艸`)

らぁ麺おかむら トリュフとポルチーニの贅沢おかぶらっく

低加水ストレート細麺のパツッとした食感と共に、濃厚なおかぶらっくスープが麺に染み入ってくると、これまた美味い訳でして、ほの甘さやアフターに潜むビター感などで、味わいのディテールがとても豊かに感じられるとみろです。

「和えポル (250円)」

らぁ麺おかむら 和えポル

店主さんからのお薦めもあったので、何れは食べようと思っていた「和えポル」も追加投入! 替え玉にポルチーニソースを和えて、切り出ししっ鶏チャーシューと小口ネギが添えられます。

らぁ麺おかむら 和えポル

先述のポルチーニソースがダイレクトに口中を満たしてくれて、油そばチックにそのまま美味しく頂けちゃう♪ うっかり我を忘れて手繰り続けそうになりましたが、そもそもは替え玉の如くに楽しむ趣向のハズでして。゚(´^o^`)゚。

らぁ麺おかむら 和えポル

でも残りスープにドン入れしちゃうと、ポルチーニ感が薄れてしまうのが勿体ないので、スープを漬け汁代わりにして、つけ麺スタイルで頂きました。 更に店主さんからトリュフオイル振る舞いを頂きましたもので、麺に投入して頂いたら、もう恍惚としか言いようのないつけ麺になりましたよ(ノ≧ڡ≦) とても素晴らしい体験をさせて頂きました!




らぁ麺 おかむら
福島県郡山市西ノ内2-10-12
電話;024-927-0334
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:00~21:00 【土日祝日】11:30~21:00 ※売り切れにて閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗東側に指定駐車場3台分


 

【御案内】 第24回 フォト四季彩写真展

今年も「フォト四季彩」さんの写真展が開催されます。 海老根先生が引き続きコンサルされていると思いますので、プリントの質も相変わらずだと思います。 以下の通りご案内申し上げます。

フォト四季彩写真展
             ↑ Clickで拡大 ↑

第24回 フォト四季彩写真展
開催期間;2019年9月18(水)~9月22日(日) 【入場無料】
公開時間;10:00~18:00 ※9月22日(日)は17:00まで
開催会場;「アトリエかしわ」 開成柏屋2F
      福島県郡山市朝日1-13-5 電話;024-922-5533


 

ドライブイン幸華 ~福島県郡山市熱海町~

国道49号線沿い、併走するJR磐越西線・安子ヶ島駅の辺りにあるドライブイン幸華」さんは、ボリューム満点な「からあげ定食」を筆頭に、“ハライッパイの幸せを満喫させてくれるお店”で知られています。

ドライブイン幸華

通し営業と言う事もあり、週末は終日駐車場は満車! アクセスはし易いけれど、なかなか訪問難度の高いお店でもあります。 そんなこんなで訪問機会を逸すること8年以上(゚ロ゚屮)屮 この日は平日の夕刻に通り掛かり、駐車場がガラ空きだったので、好機を逃さず暖簾を潜りましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

「天重ともりそばのセット (890円)」

幸華 天重ともりそばのセット

からあげじゃないよ(*>∇<)ノ

あのモリモリなからあげ定食は、もう立ち向かおうという気持ちにさえなりません( ̄▽ ̄i)ゝ 敗者用のパックに詰めてお持ち帰りになっちゃうのを想像するのが容易いですもん。

で、今回のチョイスはこうなった訳ですが、お店では山盛りタンメンとかも大人気な訳でして、まだ見た事の無かったお蕎麦と天丼でいってみることにしました。

幸華 もりそば

さすがにこれなら余裕で頂けるでしょう(o^-^o) 蕎麦はマルッと一人前の分量です。 自家製麺か委託製麺かは不明ですが、切り歯で均一に切り整えられています。

幸華 もりそば

蕎麦つゆは蕎麦猪口に直注し。 薬味はネギとワサビで、分量も充分です。 天重のお供って事でしょうけど、香物の小鉢も付いて来るのはちょっとありがたいですね。

幸華 もりそば

蕎麦は氷水でキリリと洗い締めされており、ちょっと硬質感を感じるほどしっかりとしたコシの強さがあります。 蕎麦粉の比率は分かりませんが、ほんのりと蕎麦の甘い香りも立っていて、食堂のお蕎麦としては文句無しのクォリティです。 蕎麦つゆは特に印象的に美味しかったと言うことでもありませんが、ケミカルな感じは無くてナチュラルなしっとりとした旨味と、強めに利かされたカエシながら塩辛さは意識させられませんでした。

幸華 天重

それに対して半サイズほどの「天重」はなかなか印象的。 衣はカラッとしていて、丼ツユの甘じょっぱさも程良い感じ。

幸華 天重

特に白眉は「鶏天」でした!(ノ≧ڡ≦) パリッとした衣の中の鶏胸肉は、ふっくらとした肉質にジューシーさも申し分無し。 思わず

おぉ~~~w( ̄▽ ̄;)w

と、独り言が口を突くほど( ̄▽ ̄i)ゝ さすがは鶏唐揚げの名店ですね♪ このひとネタと出会えただけでも満足でした( *´艸`)

ちなみに、名物の鶏唐揚げは、敗者用パックで食べ残しのお持ち帰りではなく、お店にリクエストすればテイクアウトが可能です♪(゚▽^*)ノ⌒☆

幸華 お持ち帰りからあげ

1個110円で4個以上から応じてくれますよヽ(*’-^*)。

って事で、家族へのおみやに買い求めて帰途に就いたのですが、車内にあまりにも良い匂いが充満しまして、思わぬところで自滅テロとなりました。゚(´^o^`)゚。




ドライブイン幸華
福島県郡山市熱海町安子島字反畑65-7
電話;024-984-4059
営業時間;11:00~20:30 (L.O.)
定休日;月曜日
駐車場;店舗前、店舗横、店舗道路向かいに、合計40台分ほど


 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

先月はナゼか訪問出来なかったので、2ヶ月ぶりの「支那そば 墨家」さんです。 まだ冷や中も提供中でしたが、秋風に誘われて、濃厚な“漆黒ラーメン”を頂きに参りました。

支那そば 墨家

先月若干の価格改定が行われたそうですが、従前のまま据え置きとなっている方が多く、当該メニューの上げ幅もほんの少しに抑えられていました。 ってか、良く考えないと思い出せないくらいの上げ幅でした(;^ω^)

「支那そば (720円)」

墨家 支那そば

濃厚な醤油の香り立ちに、完熟した鶏出汁と鰹節の厚削りなどの節系風味がが良く立ちます。

墨家 支那そば

いつからなのか青森シャモロックが鶏出汁素材のメインに据えられたようで、少し旨味がクリアになった気がします。 雑味と旨味は紙一重と言いますが、スープ自体の旨味が減ったのではなく、澄んでキレイになったかなぁ~って感じです( ̄▽ ̄i)ゝ

そのベーススープの変化に対して、相対的に醤油味の利き具合がビビッドになり、甘味が引けて味のディテールがより立体的に感じられます。 ややもすると、少し控え目な効き具合と感じていたカエシの印象が一変したようにさえ感じました。

墨家 支那そば

載せモノは従前通り。 小松菜の鮮味を伝える青味とほんのりとしたエグ味。 柔らかな甘めのメンマ。 そして自慢のトロけるバラチャーシュー。 刻みネギは少し辛クサなのが佳いですね(#^.^#)

墨家 支那そば

自家製低加水細麺は以前にも増してソリッドな歯触りw( ̄▽ ̄;)w 実はこの日の1番釜でしたので、若干ユル目になる事はありそうなのですが、このシャキッとした茹で上がりはどうだ! 良い麺に当たりましたかね?(〃∇〃)

次第に漆黒スープの色に染められていきながらも、プツッと歯切れる食感は失われることはありませんでした。 麺自体にスープが染み込んでくれるので、どんどん美味しくなっていっちゃうんだよね(ノ´∀`*) とても美味しく楽しませて頂きました。




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~15:20 【夜の部】17:30~19:50 【日曜日】11:00~19:30
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

【ご案内】 気軽な写真展2019

本日から開催しております。 以前、一度観覧させて頂いた事のある写真展ですが、昨日、須賀川市の写真クラブ写真展の受付で、開催案内状が配付されておりましたので頂いて参りました。

普段は団体での写真撮影活動とかはせず、年に一度自信作を持ち寄って、メンバー各位の親睦をはかりつつ、出展写真を多くの方々に鑑賞して頂こうという趣旨に思えます。

だからなのか、写真展のタイトルも「気軽な写真展」とされているようです。 後援には地元のテレビ局や新聞社が名を連ねており、出展メンバーも34名・102点と、なかなかの大所帯です。

「ホテル・ハマツ」さんの、1Fロビーにて特別企画展示中となっております。 会期は9月13日(金)までで、写真の観覧は無料です。

気軽な写真展2019
            ↑ Clickで拡大 ↑

気軽な写真展 2019
開催期間;2019年9月9日(月)~13日(金) 【観覧無料】
公開時間;10:00~19:00 ※9月13日(金)は17:00まで
開催会場;「ギャラリー・ホテル・ハマツ」 ホテル・ハマツ1Fロビー
      福島県郡山市虎丸町3-18 電話;024-935-1111(代)



 

中華食堂 秋 ~福島県郡山市新屋敷~

陽射しや空気が初秋に切り替わったと思ったら、やおら食べたいモノが変わりました(⌒▽⌒;) そこで立ち回るは、このところ定期巡回先にもなっている「中華食堂 秋」さん。 交通至便、駐車場広大にして、お値頃で美味しくハライッパイの幸せの保証付きです(*>∇<)ノ

中華食堂 秋

約一ヶ月ぶりに訪問したら、シーズンメニューの一部が変わっていましたけど、もう迷わずにお目当てメニュー一択です!

「麻婆マーラー担々麺 (900円)」 ※半ライス振る舞い頂きました(〃∇〃)

秋 麻婆マーラー担々麺

いつもながら、丼の縁までギリギリに流し込まれるスープ。 そしてその大量のスープに没することなくマウントされる麻婆豆腐。 って事は、更にその下は麺の層が支えているということです。゚(´^o^`)゚。 うぅぅぅぅぅ、相変わらずのモリモリだぁ~

秋 麻婆マーラー担々麺

濃厚なゴマ味のスープには、キリリとディテールを引き締める酸味が利かされています。 きぬごし豆腐のチュルンとした滑らかさを活かした麻婆豆腐は、豆豉や花椒でアクセントが付けられており、サディスティックにならない程度の麻辣テイストです。

秋 麻婆マーラー担々麺

多加水ストレート細麺はしなやかな食感。 麻婆豆腐餡のトロミが絡んで、麺を手繰る毎に口中に坦々麻婆の豊かな味わいを届けてくれます( *´艸`) 勿論先述の通り麺量も豊かで、結構手繰ったつもりでも、まだまだスープの中に麺が潜んでいるかの如し(;^ω^)

半ライス

麻婆豆腐は半ライスにも分割して頂きましたので、その破壊力は更に強力!:(;゙゚'ω゚'): 何とか完食致しましたが、ハライッパイを通り越して、この日はシアワセに腹割れました(>▽<;;




中華食堂 秋
福島県郡山市新屋敷2丁目131
電話;024-954-5151
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;火曜日
駐車場;養老乃瀧郡山富田店さんと供用


 

2019年 会津たかつえの蕎麦畑

今年も「会津たかつえの蕎麦畑」に行きました。 ちょうど同時期に「三ノ倉高原のひまわり」が見頃となるので、激しく迷うのですけど、如何せん「三ノ倉高原」は朝の内に勝負を掛けないと、駐車場にさえ辿り着けないほど観光地化してますからね(`・ω´・ ;)

本当ならこちら「会津たかつえの蕎麦畑」も夜の内から粘って星景や夜明け間近など撮影したいのは山々ですが、お天気の次第が芳しくなかった事や、仕事上がりにそのまま撮影に出るほどのモチベーションも無く、昼前に出立して、先述の「荒海農産物直売所」で昼食を摂ったりしながら、家内と一緒ののんびり旅で、現地到着は15時過ぎという体たらくです(;^ω^)

会津たかつえの蕎麦畑 #1
[2019/8/25 会津たかつえの蕎麦畑 #1]  <↑ Clickで拡大>

お陰でと言うべきか、カメラマンはほとんど居なくて、気兼ねなく撮影出来るのはヨロシイところ。 夜間のライトアップも行われていますが、そこまで粘ると帰宅時間が厳しくなるので、未だに見る事もありません。

見晴るかすそば畑
[2019/8/25 見晴るかすそば畑]  <↑ Clickで拡大>

ずっと奥行きのある「会津たかつえの蕎麦畑」は12haの広さです。 微妙なアンジュレーションのある丘陵に、白いそばの花が咲き広がる絶景ですヽ( ̄▽ ̄)ノ

光降る蕎麦平原
[2019/8/25 光降る蕎麦平原]  <↑ Clickで拡大>

蕎麦の花は満開! でも山間の天気は気まぐれで、青空と陽射しが広がったと思ったら、アッと言う間に雲が覆い尽くしたり、多彩に過ぎるというものです(>▽<;;

会津たかつえの蕎麦畑 #2
[2019/8/25 会津たかつえの蕎麦畑 #2]  <↑ Clickで拡大>

巧い具合に雲が切れて陽射しと青空が広がってくれたのは嬉しいところ。 畑の中の白樺の樹は良いアクセントではありますが、少々育ちすぎたと言いますか、見栄え良くなるように手入れをしたらもっと良くなりそうなんですがね。

会津たかつえの蕎麦畑 #3
[2019/8/25 会津たかつえの蕎麦畑 #3]  <↑ Clickで拡大>

それも精々15分位のタイムサービスでして、太陽の方角が厚い雲に覆われてしまうと、もう暫くは雲は切れそうもありませんでした。

予兆
[2019/8/25 予兆]  <↑ Clickで拡大>

空気に湿った土の匂いが混じって来たかなぁ~と思ったら、案の定5分もしたら小雨が降り出して来ました。 見切りを付けて帰途に就きましたが、20分ほど走って旧会津高田町辺りまで戻ったところでは、秋の陽射しと青空が広がって来るという、高地ならではの気まぐれさでした。゚(´^o^`)゚。

でも、今年もこの蕎麦畑を見られて良かったな(〃∇〃) 美味しい蕎麦の穴場も見つけちゃったし♪
 

【ご案内】 第13回 フォト写莪 写真展

昨年より「郡山デジタル写真研究会」から「フォト写莪 (しゃが)」と改称されました。 青砥先生を筆頭に、名うての実力者が名を連ねるクラブ写真展をご案内申し上げます。

第13回 フォト写莪 写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

第13回 フォト写莪 写真展
開催期間;2019年9月11日(水)~15日(日) 【入場無料】
公開時間;10:00~17:00 ※9月15日(日)は16:00まで
開催会場;「アトリエかしわ」 開成柏屋2F
      福島県郡山市朝日1-13-5 電話;024-922-5533