FC2ブログ

中華食堂 秋 ~福島県郡山市新屋敷~

梅雨の合間に久しぶりの陽射しとなったこの日、

(これは久々の冷や中日和でね?o(*^^*)o)

と、冷や中キブンで「中華食堂 秋」さんへと向かいました。 ところがお店に着く頃にはすっかり様相が変わっちゃって気温は急降下。

(肌寒っ・・・ (((゚Д゚;)))ガタブル)

「中華食堂 秋」さんの冷や中、初手合わせ延期決定!ヽ(´Д`;)ノ

「マーラー担々麺 (800円)」 ※半ライス振る舞い頂きました(〃∇〃)

中華食堂 秋 マーラー担々麺

あまりの肌寒さに、ついコッチに引き寄せられてしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ 実は昼の部は久々の陽射しに誘われて冷や中祭りになっていたそうで、中休みに仕込み直しをするほどたったそうです。 冷や中あるあるですね(;^ω^)

中華食堂 秋 マーラー担々麺

ともあれ「中華食堂 秋」さんの「マーラー担々麺」は、配食された刹那に花椒のスパイシーな香りに包まれる(*>∇<)ノ 大きめの丼に惜しげもなく注がれるスープは、ゴマ濃度が高くナッティーな味わい。

中華食堂 秋 マーラー担々麺

ゴマの濃厚さと甘味に寄り沿うように、酸味と花椒のシビレ、少し控え目なラー油からの辛味が口中を満たします。 炸醤の甘じょっぱいアクセントにモッサリと盛られるみじん切りのネギと、食感が残されほんのりとしたエグ味と鮮味のある小松菜が、そのグラマラスな後味をスッキリとリセットします。

中華食堂 秋 マーラー担々麺

卓上配置のラー油や酢で、好みの味わいに微調整する事もお手の物。 でもここは店主さんの味作りセンスをそのまま楽しみます。

中華食堂 秋 マーラー担々麺

麺はしなやかな細麺が合わせられます。 当然ながらスープの絡みは上々で、麺を手繰る毎に口中がスープで満たされる感覚(ノ´∀`*) まるでスープをストローの如くに運び上げてくれますよ。

でもその麺線の細さから想像されるよりもずっとコシがあって、最後まで麺としての持ち味を失う事はありません。 麻辣テイストは人を驚かせるような鮮烈さはありませんが、どなたにも

「おいしい!w( ̄▽ ̄;)w」

と喜んで頂ける味わいを見出していますね(o^-^o) 啜る毎に鼻腔を楽しませてくれるスパイシーな香りは、全く食べ飽きる気がしませんヽ( ̄▽ ̄)ノ

中華食堂 秋 魚香肉絲(ユーシャンロース)

お駄賃にご馳走になった「魚香肉絲 (ユーシャンロース)」です。 少し甘めで豊かな旨味と、タケノコや野菜のシャクシャクとした歯触りの良さなど、メニュー入りするものならお薦めしてみたい“白飯の友”でした(。´艸`。)




中華食堂 秋
福島県郡山市新屋敷2丁目131
電話;024-954-5151
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;火曜日
駐車場;養老乃瀧郡山富田店さんと供用


 

路地ダイニング わさび ~郡山市中町~

ちょっと足早にフルコンプを目指している「路地ダイニング わさび」さんです。 新しいノボリ旗が立てられて、交差点角の2Fへの誘導もより分かり易くなりました。

路地ダイニング わさび

この日はまんまお昼の真っ直中に訪問したら、カウンター席は既に先客様方で埋まっていました。゚(´^o^`)゚。 でも大丈夫♪ お店のキャパは意外と大きくて、個室まで用意されていますからね(ノ´∀`*) 店主・竹原さんの調理の手際の良さもあり、ちょいとスマホを操作している内に配食となりました。

「黒しょうゆ (840円)」

わさび 黒しょうゆ

ボクらの街・郡山に於いて“漆黒系ラーメン”は、ミドルからシニア層にとってはちょっと特別な思い入れを持つファンが居ます。 まさにボク自身もその真っ直中世代でありまして、「黒しょうゆ」に対しては一方ならぬ期待を膨らませていましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

わさび 黒しょうゆ

先に頂いた「中華そば」とは明らかに趣を異にする濃い色合い。 油膜は厚めに見えますが、植物系かな?と思わせるほど軽い油分です。

鶏豚、背ガラに、昆布や宗田節、サバ節などの加えられたベーススープは天然素材のみの自然派仕立て。 ナチュラルな旨味は後味のスッキリとした引き味が感じられます。

わさび 黒しょうゆ

ジャクッとした歯切れの食感と共に簡単に噛み切れる穂先メンマに、茹で立ての歯触りが残されたほうれん草、辛すぎないネギなどはもとより、チャーシューの組合せも変えられていて、「黒しょうゆ」ではロースとバラ巻きの二種盛りです。 共に塩味仕上げで、お肉にちゃんと味も染み入っています。

このチャーシュー自体のダイレクトな旨味が、「黒しょうゆ」をより美味しくしていますね(ノ≧ڡ≦)

わさび 黒しょうゆ

多加水ストレート細麺は、プツプツッとした歯切れの食感が伝わって来て、麺肌は滑らかです。 スルスルと喉通り良く、最後まで麺のコシが残るほどのテンションがあります。

醤油のフレーヴァーは自然派スープを振り切るような強いコントラストは付けられていませんが、後味に舌の中央に残されるちょっと甘味を帯びた旨味感は独特のもの。 タマリ醤油と玉鈴醤油が使われていると言う事で、醤油自体の持ち味はエッジを丸められながらも、ちゃんと伝わって来ました(*^▽^*) 更なる進化を目指してカエシを研究中との事ですので、今後とも目が離せないですね(´∀`艸)




路地ダイニング わさび
福島県郡山市中町12-9 2F
電話;024-923-9188
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 L.O.13:30 【平日・夜の部】17:00~25:00 L.O.24:30
      【金・土・祝日前・夜の部】17:00~26:00 L.O.25:30 【祝日・夜の部】17:00~24:00 L.O.23:30
定休日;日曜日
駐車場;無し


 

NOODLE CAFE SAMURAI ~福島県郡山市駅前~

夕方に駅前に配達に出掛けたので、スクーターを駐輪所にデポしてNOODLE CAFE SAMURAI」さんに潜入して来ましたo(*^^*)o

「柚子香る鶏白湯そば+九条ネギ (850円+100円)」

SAMURAI 柚子香る鶏白湯そば+九条ネギ

実は真っ先に食べてみたかったメニューでしたが、訪問の度に売り尽くしになっていて、券売機のボタンに×が点灯していたのです( ̄▽ ̄i)ゝ ようやく初めてのお手合わせとなりました。

SAMURAI 柚子香る鶏白湯そば+九条ネギ

トッピングボタンに「九条ネギ」を見つけたので、これは迷わずポチッておきました。 もともと彩りの豊かさは備わっていましたので、青味が強くなっちゃいましたけどお味が目当てですので無問題。

玉ネギのみじん切りは、紫玉ネギブレンドの二種混合。 スープの熱で温められると、シャリッとした食感と共に、うっすらと甘味が浮いてきてリンゴっぽい感じです。 鶏白湯らしくハーブ鶏の鶏チャーがあしらわれます。 ふっくらと弾力があり、噛めば鶏肉の旨味が迸るようなジューシーさもあります。

SAMURAI 柚子香る鶏白湯そば+九条ネギ

サラダほうれん草はクセ味が少なく、青っぽさやエゴ味はありません。 メンマは程良い歯触りが残されていて、噛めばジャクッと歯切れますし、味加減もスープの塩味より半味強めの好バランスです。 ハーフカットの味玉は、濃厚な旨味であって嬉しい名脇役です。

柚子皮は微乳化タイプのサラリと軽快な鶏白湯に、ほのエグ味と香りのインパクトを与え、飽きさせずに箸を進めさせる後ろ楯になってますね(o^-^o) まさにバランスで食べさせる鶏白湯です!

SAMURAI 柚子香る鶏白湯そば+九条ネギ

麺量は「並盛」も「大盛」も同料金。 お腹の空き具合と相談して決めましょう。 低加水細麺は張りのある歯触り。 ちょっとソリッドな食感に、塩味の加減も良好で、滑らかなスープを感じながら頂いていると、いつしか引き込まれるように箸が進みますよ( *´艸`) と、言う事で、今回も迷わず“大盛CALL”していました(>▽<)b




NOODLE CAFE SAMURAI
福島県郡山市駅前1-7-9 安斎ビル1階
電話;024-953-4447
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00 (LO 20:30) 【日曜日】11:00~15:00 ※スープがなくなり次第終了
定休日:第2火曜日


 

大吉亭 ~伊達市梁川町~

写真撮影で伊達市まで行った折に、地元のお店で食事を摂ろうスマホでリサーチしたお店「大吉亭」さんです。 生憎の雨降りでしたが、日曜日の夕刻でお客様がどんどん入店してきましたw( ̄▽ ̄;)w

大吉亭

独立系の中華食堂としてはやや大きめの店舗は、オープンキッチンで大将が一人調理、ホールは女性スタッフ一人で回していましたが、そこはどうも阿吽の呼吸がデキ上がっているようで、とてもスムーズなオペレーションでした。 こりゃあきっと平日の昼時も大入り繁盛していそうです(o^-^o)

「ツーロン飯 (700円)」

大吉亭 ツーロン飯

メニューブックの中で一際個性を放っていたコチラを頂きました。 “ツーロン飯”って聞いた事のないメニュー名でしたが、どうやら「魯肉飯」にオリジナルアレンジを施してあるようですσ( ̄、 ̄=)

大吉亭 ツーロン飯

豚の角煮に八角のスパイス香がキリッとシャープに利かされた餡は、甘じょっぱさに加えて辛味が仕込まれています。 インパクトある香り立ちに、白飯が絶対に旨くなる味付けの餡(。´艸`。)

あぁ~、頼んで良かった♪v(≧∇≦)v

大吉亭 ツーロン飯

角煮は脂身トロトロで舌の上で溶ける♪ いや、白飯の上でも溶けそうなくらいだ( *´艸`) 強いて言えば追金してでも“アタマの大盛CALL”をしたいほどだ!(>▽<)b

大吉亭 ツーロン飯

共添えのワカメスープは少し甘じょっぱい感じのカエシが利いていて、ベーススープの程良い美味しさも後押しして、あって嬉しいお供の一杯でした。

「手作り餃子 (5個・350円)」

大吉亭 手作り餃子

薄皮包みの自家製餃子は、焼き加減は勿論良好。 少し小振りで、ニンニク控え目な餡は、細挽きににされていて舌触りも滑らかです。 下味も控え目ですので、卓上配置の調味料で漬けダレを作ったら、ドップリと漬して召しあがれΨ( ̄∇ ̄)Ψ

まるで地鳴りのような通る声の大将は、出入り客への挨拶も怠らず、常連のお客様方との信頼関係も厚いようでした(o^-^o) 地元密着型のお店のお手本のようなお店ですね! きっと郷里を離れても、懐かしいお店として忘れられないお店じゃないでしょうか。 良いお店を訪問出来ました。




大吉亭
福島県伊達市梁川町広瀬町48
電話;024-577-0399
営業時間;11:00~24:00 ※日祝は22;00まで
定休日;木曜日
駐車場;12台


 

無芸の朝スパ

暫く掃きだししていなかったなぁ~と気付いた「無芸の朝スパ」です。 私的備忘録ではありますが、作るほどにお店で頂くプロの技を思い知らされるばかりです(^◇^;) 素人が近づけるはずもありませんが、家事手伝いを兼ねて継続中です。

「無芸作 鶏肉と春キャベツ、シメジのカレークリームスパゲティ」

無芸作 鶏肉と春キャベツ、シメジのカレークリームスパゲティ

4月初旬の記録なので、まだ春キャベツの時節でした。 とにかく春キャベツが甘くて美味しい♪( ☆∀☆)  キャベツが主役張れちゃうよ!

「無芸作 明太子とチンゲン菜のクリームソーススパゲティ」

無芸作 明太子とチンゲン菜のクリームソーススパゲティ

軽くした茹でして色止めしたチンゲン菜のほのエグ味が、なかなか良いアクセントになりました(*^-^*)

久しぶりに大手メーカー バリラの1.7mmを使ってみたら、望外のモチッとした食感に驚きました。  大手の底力ってありますね!(^o^;)

「無芸作 ジャージャー麺」

無芸作 ジャージャー麺

朝方、近場で写真撮影をしてからの朝食準備。 もう春の陽気で寒さも遠のいたので、久々の冷たい麺料理はココからスタート。

「無芸作 海老とキノコのトマトクリームスパゲティ 森林風」

無芸作 海老とキノコのトマトクリームスパゲティ 森林風

ベビーリーフを盛り込んだら、盛りに沈むパスタになった。゚(´^o^`)゚。

「無芸作 鳥とキノコのうどん」

無芸作 鳥とキノコのうどん

冷たいとろろ蕎麦にウズラの卵がいいなぁ~と思って買い求めて来たのですが、さすがに10個も食べられませんので、うどんに落としてみたら、汁との相性が抜群なのね! 驚いたわぁ~(^o^;) 惚れちゃいそうww

たけやさんのいなりとのり巻き

お供にしたのは地元の名店「たけや」さんのいなりとのり巻きです(*^▽^*)

「無芸作 海老とキノコのトマトクリームスパゲティ&バゲットサンド」

無芸作 海老とキノコのトマトクリームスパゲティ

久しぶりに帰省していた娘を就学先に送り出す前の朝食。

無芸作 バゲットサンド

バゲットサンドなんてめったに作らないから、

「こんな感じで美味しいかな?」

って、想像しながら作りました(;・∀・)

「無芸作 ボンゴレロッソ」

無芸作 ボンゴレロッソ

自分で言うのもなんですが、絶妙の塩味に収まり、アサリからの旨味とトマトソースの瑞々しさとフルーティーさ、酸味や甘味など、バランス良く決まりました!

「無芸作 そら豆と生ハムのペペロンチーノ」
「無芸作 そら豆のポタージュ」
「無芸作 新玉ねぎと完熟トマト、喜多方アスパラのサラダ」


無芸作 そら豆と生ハムのペペロンチーノ

同業の先輩から、そら豆一箱の大盤振る舞いを頂きましたので、今年もそら豆を満喫させて頂きました♪(〃∇〃)

ペペロンチーノは、短めに塩茹でしたそら豆を炒めたら火を止めて、湯で上がったスパゲッティーニに煮汁を少々、カットした生ハムと共に和えるだけです。

生ハムからの塩味と旨味にパスタの湯で汁だけで、ほぼ塩味は賄われ、最後の一塩にクレイジーソルトを少し振るだけ。

無芸作 そら豆のポタージュ

そら豆のポタージュは、もう何回も作っているので、ネット情報を引かなくても、直感の分量でほぼ思った味に仕上げられるよえになりました。

無芸作 新玉ねぎと完熟トマト、喜多方アスパラのサラダ

ボクにしては珍しく、自発的にサラダまで用意したのは、買い出しに行った先で大きな新玉ねぎを思わず買い物ガゴに入れちゃったから( ̄▽ ̄;)

真っ赤に完熟したトマトが、

「これで決まりでしょ!」

って語り掛けていた気がする(^o^;)  今年は不作と言われた喜多方産のグリーンアスパラを添えて。  充実の朝食でした(*≧∀≦*)

「無芸作 生ハムとそら豆のトマトスパゲッティーニ」

無芸作 生ハムとそら豆のトマトスパゲッティーニ

そら豆美味しい♪(ノ´∀`*)  ほんの少しのエグ味の美味しさが分かる年齢になってきました。

「無芸作 ペンネのトマトのミートソース」
「無芸作 冷製ヴィシソワーズと三種のオープンサンド」


無芸作 ペンネのトマトのミートソース

この日は蒸し蒸しとした暑い日で、朝撮りに出掛けるモチベーションも上がらず、惰眠を貪りのんびり朝食作りでした( ̄▽ ̄i)ゝ

無芸作 「冷製ヴィシソワーズ」と「三種のオープンサンド」

調理中に暑さに負けて、いよいよエアコンに電源投入。 はぁ~~~、快適だぁ~♪(〃∇〃)

かなり端折ってようやく5月分まで辿り着きました。゚(´^o^`)゚。 忘れないようにしなくっちゃ・・・ 

梅雨の緑水苑

今年2回目の「緑水苑」での撮影は、所属する写真クラブの技術研鑚と親睦を兼ねた写真撮影会でした。 事前に「緑水苑」さんに特別な許可を頂き、開園前の時間から入園させて頂けたのはありがたきことでした。

梅雨間の花々
[2019/6/23 梅雨間の花々]  <↑ Clickで拡大>

時節は花菖蒲から紫陽花へとバトンが渡ろうとしていたころ。 花菖蒲は早生咲き品種はピークを越えていた反面、紫陽花はようやく成長しつつ色付き始めたところでした。

雨に咲くⅡ
[2019/6/23 雨に咲くⅡ]  <↑ Clickで拡大>

前夜未明まで降り続いた雨で、花々は水玉をまとって生気が溢れていました。

雨に咲くⅠ
[2019/6/23 雨に咲くⅠ]  <↑ Clickで拡大>

先輩会員さんの後ろをピタッとマークして、色々と勉強させて頂くって過ごし方もあるのですが、ちょっとソレは性分に合わないし、ずっとマークされていたら自分だって困惑するもんね( ̄▽ ̄i)ゝ 別に答え合わせをする訳では無いので、自分の目を信じてあげたいww

梅雨の彩り
[2019/6/23 梅雨の彩り]  <↑ Clickで拡大>

曇天の雲間から陽射しが差し込み始めてきて、天気予報が外れてくれましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 水面に映るリフレクションも冴え冴えとしてきます。

雨上がりの睡蓮
[2019/6/23 雨上がりの睡蓮]  <↑ Clickで拡大>

早朝にはまだ花を閉ざしていた睡蓮も、9時位になると一斉に開花するんですねw( ̄▽ ̄;)w その後レストハウスで朝食を摂りながらの歓談も楽しく過ごしました(o^-^o) 

カレーハウスCoCo壱番屋 郡山うねめ通店 ~福島県郡山市並木~

この日は夕方に所用が集中して、空腹抱えてたので切羽詰まって「カレーハウスCoCo壱番屋 郡山うねめ通店」に飛び込みました。゚(´^o^`)゚。

「ポークカレー 400g (591円)」

カレーハウスCoCo壱番屋 ポークカレー 400g

もうウッカリ500gCALLをしないように自制してと・・・(^◇^;) 例によってベーシックを頂きます。

カレーハウスCoCo壱番屋 ポークカレー 400g

サラサラなカレー・ルーは“何色にでも染まりますよ”といった懐間広い味付け。 そんな育ちの良さを好いことに、小手先チューンで好みの味へと手を加えます。

カレーハウスCoCo壱番屋 ポークカレー 400g

卓上配置の人気調味料「とび辛スパイス」と、声掛けすれば用意してくれる「とろ~り甘くなるソース」で、プチみたか食堂風に変身させます!

カレーハウスCoCo壱番屋 ポークカレー 400g

うぅ~~ん(。-`ω´-) 中途半端に“Sweet,Hot & Spicy”な味わいだ(*>∇<)ノ サラサラなカレー・ルーのお陰で飲み干せるところはさすがのCoCo壱であります! サクッと頂いて仕事に戻れます♪ 助かるわぁ~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ




カレーハウスCoCo壱番屋 郡山うねめ通店
福島県郡山市並木1-1-17
電話;024-990-2622
営業時間;11:00~24:00
駐車場;店舗敷地内に19台分


 

糠田あじさい小径

七夕の雨に降られながら、県北エリアの紫陽花名所を巡回して来ました。 何れも初訪問で、ナビに場所を読み込ませるのが大変だったけど、スマホでY!カーナビなら、検索ワードから簡単に当てられます。

スマホアプリのアクティヴな情報量と、車載カーナビの限度を見せつけられますね。 今後はクラウド型のカーナビに移行していくのは間違いないですね。

山間のあじさいⅠ
[2019/7/7 山間のあじさいⅠ]  <↑ Clickで拡大>

さて、最初に立ち回ったのは「糠田あじさい小径(伊達市月舘町)」です。 月舘町糠田地区の住民の皆さんが手植えにして育てた約4,000株の紫陽花が、元苗内から長畑の約2kmに渡り道路沿いに植栽されていました。

山間のあじさいⅡ
[2019/7/7 山間のあじさいⅡ]  <↑ Clickで拡大>

今週末7月13・14日「糠田あじさい小径まつり」が開催されるそうで、紫陽花の株の隙間など丹念に手入れがされていました。

山間のあじさいⅢ
[2019/7/7 山間のあじさいⅢ]  <↑ Clickで拡大>

生憎の雨模様で、山間は雨霧が掛かるような状態でしたが、紫陽花は既に見頃で活き活きと花を咲かせていました。

山間のあじさいⅣ
[2019/7/7 山間のあじさいⅣ]  <↑ Clickで拡大>

小径の突き当たりとなる長畑の居住エリアは、車両の立ち入りはしないで下さい。 糠田の皆さんが快く迎えて頂けるように、訪問者側も気持ちの良い対応を。

尚、あじさい小径のコース上部の方には仮設トイレが1基配置されていますが、近隣にはコンビニなどはあまりありません。 ご留意下さい。 

路地ダイニング わさび ~郡山市中町~

お昼のラーメン営業をスタートしたばかりなのに、次々と改良の手が加えられつつ、冷やしメニューの追加など、店主さんの情熱が迸っているような「路地ダイニング わさび」さんへの二回目訪問です。

レギュラー・メニューは4種類でスタートしたのですが、この日の再訪問の時点で冷やしメニューが3種類追加になっていましたw( ̄▽ ̄;)w これはもう、フルコンプに向けて、丹念に切り崩して行くしかありますまい(。-`ω´-)んー

って事で、店主さんからのお薦め順番に従いまして、今回頂きましたのはコチラです!

「塩ラーメン+半熟味玉 (810円+108円)」

わさび 塩ラーメン

鶏ガラ、豚骨、豚背ガラなどの動物系素材に、昆布、宗田節、サバ節などの魚介系素材で炊かれたスープは、自然派仕立てにされています。 塩味にするにあたり、このベーススープの滋味やナチュラルな甘味を帯びた旨味などが主役となるように、極めて繊細な塩分調整が考えられていました。

わさび 塩ラーメン

チャーシューは低温調理の鶏チャーシューに、塩味仕立ての豚肩ロースの二種盛りです。 鶏チャーシューはふっくらとした弾力とジューシーさがあり、それでいて程良い塩味が行き渡っていました。 豚肩ロースはスープの熱でホロッホロの柔らかさ。 醤油味のチャーダレでは無いので、黄金色の清湯スープを濁す事もありません。

わさび 塩ラーメン

贅沢な穂先メンマは柔らかなの中にも、繊維を噛み切る刹那の歯切れの食感が残されていて、毎朝仕込まれる青菜のおひたしも、風味良く、そして僅かな歯触りを残すために蒸し上げ仕込みにされているそうです。

こりゃあ驚いた(⌒▽⌒;) 店主さんの多彩な調理スキルが、細やかなところにまで行き届いているのが分かります。

わさび 塩ラーメン

麺は多加水ストレート細麺。 滑らかな麺肌ながら、噛めばちゃんと伝わって来るコシがあり、ツルツルと啜りやすいものです。 前回も

(結構麺量があるなぁ~(^◇^;))

と思ったのですが、実は茹で前で160gとナカナカのボリュームだったのですね。 道理で・・・(;^ω^) ランチタイムに楽しまれるラーメンとして、そこんとこも抜かり無しでしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ




路地ダイニング わさび
福島県郡山市中町12-9 2F
電話;024-923-9188
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 L.O.13:30 【平日・夜の部】17:00~25:00 L.O.24:30
      【金・土・祝日前・夜の部】17:00~26:00 L.O.25:30 【祝日・夜の部】17:00~24:00 L.O.23:30
定休日;日曜日
駐車場;無し


 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

ハミ丼ファンの皆様、お待たせ致しました!(*>∇<)ノ

この日は意外と涼しかったので、“みたか詣”をして“ハミ丼”を頂いて参りましたよ( *´艸`)

「半かつ丼 '850円)」

みたか食堂 半かつ丼

もうフルサイズの「かつ丼」を笑顔で食べ切れる自信が無くなってきたので、ほぼ七分盛りとなる“半サイズCALL”をしてますが、それでも尚この盛りっぷり! ほぼ普通のお店の並盛りかつ丼を凌駕しそうな大ボリュームですヽ( ̄▽ ̄)ノ

みたか食堂 半かつ丼

共添えにはみたか農場で栽培されたキュウリの浅漬けと、お馴染みの具がタップリなワカメスープ。 この共添えのお陰で、モリモリな大ボリュームの丼も美味しく頂けるというものです(〃∇〃)

みたか食堂 半かつ丼

では、恒例の・・・

オ~プン・ザ・蓋ぁ~~~!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

みたか食堂 半かつ丼

うずたかく盛られたアタマは、今回は少々乱れ気味ではありますが、出汁の旨味と甘じょっぱく濃ゆ~い味付けの丼ツユが染み入っており、玉ネギと共に双子卵で卵黄率の高い溶き卵で煮とじられています。

揚げ立てトンカツもこの丼ツユをタンマリと吸い込んでいて、ウマウマのクタクタです(>▽<)b 勿論ツユ多目ですので、ご飯自体も丼ツユが行き渡り、一気呵成に口に頬張るれば心も胃袋も満たされる美味しさでございますよ! ハライッパイの幸せを頂きましたv(≧∇≦)v




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


 

中華そば あかりや ~福島県郡山市富田町~

郡山市は新店ラッシュで、なかなか楽しくも忙しいところです。゚(´^o^`)゚。 ここ中華そば あかりや」さんは、2019年6月27日に新規開店しました。 実は情報をキャッチしていなかったので、知ってビックリの新店情報でした(;´^д^`)ゞ

中華そば あかりや

何とか行かねば!(`・ω´・ ;) と、訪問のチャンスを伺いつつ、ようやく巡って来た初詣ですo(@^◇^@)o 早速暖簾を潜りますよ♪

「中華そば (730円)」

あかりや 中華そば

事前情報の通り、スバラシイ漆黒スープです!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

調理中からかなり芳醇な醤油ダレの香りが届いていました。 寸胴で炊かれ保温されている豚骨清湯スープを、オーダーの度にカエシを小鍋で合わせて加熱していました。 この一連のオペレーションで、濃厚な醤油ダレの味香も一際活性するのかも(*^▽^*)

あかりや 中華そば

仕上げに掛けられているのはネギ油でしょうかね? チャーダレ・ブレンドらしき濃口醤油ベースのカエシは、先述の通り極めて芳醇。 その漆黒の色合いから推すに、濃度や塩味も強そうに想像させられますが、実は真逆で驚きのスッキリ軽快で円やかな塩味です。

あかりや 中華そば

見事な薄切りにされた肩ロースチャーシューは、実はとても大切な意味があります。 豚骨清湯からの旨味は、そんなに力強いものではなく、ラード油膜だってほとんど浮かないスッキリ軽快な仕立てです。 そこにこのチャーシューは、まるで溶けるように麺に絡んで、麺を手繰る毎にスープと共に肉の旨味を口中を激しくプッシュしますv(≧∇≦)v

あかりや 中華そば

加水率低めな細麺は、割としっかり目に茹でられていて、私的には好みの舌触り(〃∇〃) スープの含みも上々で、麺を啜れば口中がスープで満たされるような印象です。 時間の経過と共に漆黒スープが麺に染み入って来て、麺自体が美味しくなっていくというプロセスも実感出来ます。

スッキリと軽快な中華そばではありますが、要所要所が良く押さえられていて、満足感が高いと思いますし、店主さんの丁寧な調理も伝わって来て好印象。 お店を後にしてからも口中に残る味わいの余韻が、極めて長く感じられたのは圧巻でした。 素晴らしい!(*>∇<)ノ




中華そば あかりや
福島県郡山市富田町向舘109 店内禁煙
営業時間;11:00~15:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に4台分ほど


 

【ご案内】 2019年 日本風景写真協会 福島支部写真展

今年も「日本風景写真協会 福島支部写真展」が開催されます。 ウチのクラブ「フォトクラウド」からは、入部会長と山岡さんが所属しておられ、写真を出品しております。

写真巧者がお揃いですので、梅雨の合間に是非ともご鑑賞頂ければとご案内申し上げます。

JNP写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

日本風景写真協会福島支部 写真展
開催期間;2019年7月11日(木)~15日(月) 【入場無料】
公開時間;9:00~16:30 ※最終日は16:00まで
開催会場;本宮市白沢ふれあい文化ホール
      福島県本宮市白岩字堤崎500 電話;0243-44-3185



 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

何となく食欲が湧かなかったので朝食抜きで仕事に就いた日の事です。 ちょうど「支那そば 墨家」さんの方まで進出したので、軽く頂けそうな一杯を頂きに寄りました。

支那そば 墨家

開店食後からどんどんお客様が入ってくるw(*゚o゚*)w しかもそのお客様の多くが、メニューも一瞥しないでオーダーしてますから、相当なリピーターさん方のようです。 大盛CALL率が高いばかりか、サイドメニューもイッちゃってますね! みんなガッツリと墨家さんを楽しんでいるみたいです(>▽<)b

「つけ麺 (750円)」

墨家 つけ麺

「墨家」さんで「つけ麺」は久しぶりだった気がして、過去ログを紐解いてみたら、なんと4年ぶりのお手合わせでしたw( ̄▽ ̄;)w しかもその当時の「つけ麺」は、現在とは少々趣を異にする仕立てでした。 よってボクにとっては「墨家」さんの「つけ麺」は、事実上お初と言っても良さそうですσ( ̄、 ̄=) まあ意外な積み残しがあったものです( ̄▽ ̄i)ゝ

墨家 つけ麺

見ての通りの“漆黒系”漬け汁です。 勿論自然派仕立てとなりますが丸鶏の旨味あるベーススープに厚削りや宗田節などの魚介系素材が利かされていて、ナチュラルな旨味は充分に引き出されています。 更にはアクセント的に魚粉も加えられている気がしますね。

少々甘味が加えられ、ピリリとする辛味に爽やかな酸味もあります。 勿論漆黒カラーの元たるカエシの濃厚な旨味と醤油フレーヴァーは文句無し! 一口大にカットされた豚バラチャーシューは、相変わらずのクオリティーですし、その旨味が漬け汁により一層のアクセントも添えています。

墨家 つけ麺h="480" height="360" />

麺は洗い締めされていて、細い麺線にも関わらず弾力を感じさせながらプツッと歯切れる食感と、ツルッと滑らかな麺肌は麺を手繰るピッチを後押しします( *´艸`)

墨家 つけ麺

熱々の漬け汁に麺を潜らせると麺の食感には、再び弾力が甦ります。 酸味が利かされた事でスッキリと味サバケが良くなり、少々食欲が湧かなかったハズの胃袋も一気に活性致しました(〃∇〃) うん、スッキリと軽快な味わいがイイね!




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

ラーメンハウス ブレーンバスター ~福島県郡山市~

2019年6月27日にグランド・オープンとなった「ラーメンハウス ブレーンバスター」さんを訪問しました。 前回の訪問はプレ・オープン初日と言う事で、確かなポテンシャルの高さを感じ、日々ブラッシュアップされていく事を確信しておりました(o^-^o)

ラーメンハウス ブレーンバスター

そろそろ大まかな軌道修正も決まり、味の方向性も定まった事だろうと思っていましたが、長足の進化を遂げていたのは嬉しいところ(#^.^#) しかも店主さんはまだまだその手を弛める気配はありません。

そんな訳で「ラーメンハウス ブレーンバスター」さんのレポは、まだ暫く発展経過を記しているとご理解頂きたいと思います。

「デラックス塩ラーメン+季節の柑橘類 (950円+50円)」

ブレーンバスター デラックス塩ラーメン

今回も“お得盛り”となる「デラックス」を所望し、店主さんから

「塩なら是非とも」

との推しの入っていた「季節の柑橘類」を追加投入。

ブレーンバスター 季節の柑橘類

“季節の”と記されるとおり、旬の柑橘果実を用意するそうで、来店時にはグリーン・ライムが選ばれていました。 これは言うまでもなく、食べ進めて行く内に、味変ツールとして加えてみることにします。

ブレーンバスター デラックス塩ラーメン

先ず

(あらっ?(・∇・)ン)

っと思ったのは、スープの旨味の凝縮感です。 クリーミーな舌触りはそのままに、前回よりも着実に旨味成分の増している印象です。

仕上げに熱々の油が注されジュワッ!と音を立てていたのが印象的でしたが、丼中央の赤味がソレです。 興味津々でそこをピンポイントで掬って口にしてみると、生姜の香りと柔らかみのある辛味がありました。

ニンニク油ってのは珍しく無いけど、ピリ辛生姜油?( ,,`・ ω´・)

いやいや、でも生姜の鮮味も立っているし、もう少し分け入ってみたら、薬味の白ネギの上に針生姜があるじゃないですかっ! そんな仕立てを今まで経験した事が無かったので、素直に店主さんにお尋ねしてみたら、針生姜と自家製混合辛子を盛ったところに熱々オイルを注して、味香のフレッシュ感なども際立たせたそうです。 なるほど~(*^▽^*) 食べる楽しみだけじゃなくて、探る楽しみもあるんですね。

ブレーンバスター デラックス塩ラーメン

肩ロースチャーシューは相変わらず肉の旨味が伝わって来る厚みと食感、繊維に沿って簡単に歯切れる柔らかさです。 拍子切りメンマは少し甘めの炊き具合で、噛めば柔らかく解けるように噛み切れます。 程良き半熟具合の味玉、白ネギと万ねぎの二種類のネギに先述の針生姜と辛味。

豊富なコラーゲン分に満ちたスープは、油分と旨味成分が乖離することなく、軽く乳化させられた仕立ての中で一体化しています。 その充実した旨味に埋没すること無い効き具合の塩ダレ。 ほの甘さも伴うような柔らかな塩味が良いバランスです。

ライムを搾ってみますと、塩豚骨スープは少し後味の味サバケに軽快さ加わります。 と、同時にクリーミーさはより増すような感じです。 塩味の印象も更に円やかに変化するし、酸味と鮮味でスープ自体にちょっと複雑味が生まれました。

ブレーンバスター デラックス塩ラーメン

麺は相変わらず富多屋生麺の加水率低めな焙煎全粒粉ブレンドのストレート細麺。 香り高く張りのある歯触りで、ローストした全粒粉ブレンドの個性がハッキリと主張されています。

前回はその強い存在感がラーメンを牽引していた印象でしたが、一転して今回はスープが牽引していたように感じました(o^-^o) これが先述した長足の進化の最も分かり易かった部分です。 やはりプレ・オープン初日のスープとは全く別モノってくらいの違いで炊いているそうです。 そりゃあそうだろうなぁ~(^◇^;) ボクみたいな素人でさえ感じ取れるのですからね(*>∇<)ノ

「角煮 (300円)」

ブレーンバスター 角煮

これまた恐れ入ったひと品。゚(´^o^`)゚。 店主さんのラーメン専業店開業に行き着くまでの、料理人としての積み重ねが凝縮した味わいですね。 ただのトロトロ角煮じゃなく、しっかりと肉の旨味を逃さずに炊き上げられた豚バラ角煮。 味付けも感涙モノだが、ド赤字メニューらしい(〃^∇^)o彡☆あははははっ

店主さんが気変わりして、メニューから下げられてしまう前に是非! (ビールが飲みたい(゚A゚;)ゴクリ)




ラーメンハウス ブレーンバスター
福島県郡山市富久山町八山田字土布池11-125 武田ハイツ101号 店内禁煙
営業時間;【昼の部】 10:00~14:00 【夜の部】 17:00~19:00 ※材料が無くなり次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;4台(公式)+6台(サブ)


 

梅雨の走りの曲沢沼

北塩原に立ち回ったら、いつも最後に立ち回る「曲沢沼」。 早朝の曇り空から徐々に雲が切れてきて、深みを増す深緑に梅雨の合間の青空が覗きます。

梅雨の合間に Ⅰ
[2019/6/9 梅雨の合間に Ⅰ]  <↑ Clickで拡大>

撮影から既に1ヶ月が過ぎているので、撮影の時節的は梅雨の走りの頃でした。 もうきっと今頃は、木々の枝葉ももっと力強いものになっていると思います。

水面に映す
[2019/6/9 水面に映す]  <↑ Clickで拡大>

気まぐれな雲の流れの隙間から、時折元気な陽射しが降り注ぐと、水面の小株の緑が喜びます。  小株に何かピンク色の花が咲いている?

梅雨の合間に Ⅱ
[2019/6/9 梅雨の合間に Ⅱ]  <↑ Clickで拡大>

雲間から夏の陽射しが射し込めば、辺り一面萌えるような色彩に彩られる梅雨の合間でした。 

支那そば でんでん ~福島県郡山市富久山町久保田~

雨模様の夕方、あまり仕事場から遠いところまで行きたくないなぁ~と思い、暫くご無沙汰していた「支那そば でんでん」さんを訪問しました。 平日の営業は昼だけですが、土日祝は11時から21時まで休み無しの男気営業なんですよ(ノ´∀`*)

支那そば でんでん

券売機を眺めていたら、お得でボリューミーなセットメニューがある事に気付き、こちらをポチってみましたよo(*^^*)o

「支那そば+餃子&ライス (1,000円)」

でんでん 支那そばしお 餃子+ライス

自慢の支那そばは、デフォは「醤油」ですが、「塩」「味噌」にも追金無しで変更出来ます。 豚骨清湯仕立てのスープは、沸騰しないように注意深く炊かれていて、望外の分厚いラード油膜の下には、旨味存分な味わいが控えています。 この油分に押し負けないビビッドな塩味と昆布由来と覚しき甘味のある塩ダレが利かされます。

でんでん 支那そばしお 餃子+ライス

ほのかですけどゴマ油っぽいロースト香が看取されるのは、もしかすると柔らかメンマの味付けが関係しているのかも。 散らされる晒しネギにホウレン草のおひたし、チャーシューは勿論、海苔とナルトも揃っていて、載せモノの顔ぶれとしては支那そばの定石に沿ったものです。

でんでん 支那そばしお 餃子+ライス

載せモノの中でやはり白眉は肩ロースチャーシュー。 しっかりとチャーダレの染み込んだ肉は、サイズも大きく、肉の繊維に沿ってハラッとほぐれるように歯切れます( *´艸`)

でんでん 支那そばしお 餃子+ライス

多加水中細麺は油膜効果も後押ししてツルツルの舌触り(〃∇〃) スープの含みも良く、麺を啜ればスープも口中を満たしてくるようです。 麺量も多めですので、その美味しさをじっくりと満喫出来ますよ。

でんでん 支那そばしお 餃子+ライス

セットの餃子&ライスは、都合300円のご奉仕価格(#^.^#) ニラとニンニクの風味がキリッと利かされた焼き餃子で白飯を頂けば、立派に餃子定食の呈を成しますよ(>▽<)b




支那そば でんでん
福島県郡山市富久山町久保田字大久保68-1 エルム郡山 1F
営業時間;【平日】11:00~14:00 【日祝】11:00~21:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;月・火
駐車場;店舗敷地内と北側に合計9台分


 

ラーメン hinoya ~福島県郡山市大槻町~

昼のみの営業で、なかなか訪問出来ない「ラーメン hinoya」ですが、午前中の仕事のスケジュールを縫って潜入して参りましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

ラーメンhinoya

メニューのバリエーションは色々とあるのですが、今回もメインの家系インスパイアなラーメンを頂きました。 今回でまだ3回目の訪問ですが、少しずつ学習しながら自分の好みへと擦り寄せて参ります。

「ラーメンセット+チャーシュー (850円+200円)」

hinoya ラーメンセット+チャーシュー

券売機でチャーシューボタンをポチったら、豚バラチャーシューが4枚追加になり、都合5枚の大ボリュームw( ̄▽ ̄;)w しかも盛りつけの視覚効果も加わり、丼一面の肉まみれです(⌒▽⌒;)

豚バラチューシューの下には、刻みネギやホウレン草などが仕込まれておりますが、そのお姿を捉える事は出来ません。 一目で伝わりそうなのは、分厚い油膜で満たされているって事ですね。 スバラシイ♪(〃∇〃)

hinoya ラーメンセット+チャーシュー

まあそんな事情で、他のアングルで撮りようもなく、写真が同じっぽいところですが、ラーメンセットを選びますと、白飯の他に追加トッピングを1点選べます。 今回は海苔を指名したところ、豪華7枚載せとなりましたよ。

hinoya ラーメンセット+チャーシュー

麺は細麺と中太縮れから選べます。 今回も中太縮れを指名してしまいましたが、この麺がまたなかなかの暴れん坊さんでしてね、箸で手繰っても従順に重力に従ってくれる事はありません(゚A゚;)ゴクリ

麺肌自体はツルッとしていますが、強靱なコシの強さと強烈な縮れのお陰で、ワシワシと噛みながら食べる所作が必要です。 オイリーかつコラーゲン分豊富なスープは、麺肌に油膜を形成してくれますので、汁ハネ注意でございます。 食べると言うよりも喰らうといったダイナミックさ溢れる麺は、パンチあるスープと良くマッチしています。

hinoya ラーメンセット+チャーシュー

セットの白飯は、勿論楽しい食べ方がある訳でありまして・・・

hinoya ラーメンセット+チャーシュー

油膜タップリのスープに漬しておいた海苔に、チャーシューを鋳込んで巻くのは悦楽なばかりか・・・

hinoya ラーメンセット+チャーシュー

大量の豚バラチャーシューを後ろ楯に、肉巻きライスにしようものならば、阿鼻叫喚の美味しさを楽しめちゃいますよ(*>∇<)ノ おすすめでございます♪




ラーメン hinoya
福島県郡山市大槻町古屋敷43-1
電話;024-983-5658
営業時間;【平日】11:00~15:00 【土日】11:00~16:00
定休日;火曜日
駐車場;敷地内指定箇所に6台



ラーメン hinoya 駐車場見取り図
 

昼ふろや ~福島県郡山市安積町荒井~

梅雨の合間の真夏日となったこの日、久しぶりに「昼ふろや」さんの暖簾を潜りました。

昼ふろや

本当は最近初お目見えとなっていた「あんかけ黒支那」を攻略するつもりだったのに、夏の陽射しにヘタレまして、定番の夏メニューの魅力に取り込まれました( ̄▽ ̄i)ゝ

「冷し中華 (2玉・950円)」

昼ふろや 冷し中華・2玉

脳髄反射的に“2玉CALL”をしちゃいましたので、直径30cmはあろうかと思われる深目の大皿盛りになりました。

昼ふろや 冷し中華・2玉

定番の冷や中具材に加えて、とても印象深かったのは、青みも目に鮮やかなオカヒジキ! もしかすると知らない内に口にしていた事はあるかもしれませんが、実は今までソレと分かって食べた事がありませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ

軽く湯がいて味付けなどしないままで添えられているそうですが、そのプチッともザクッともつかない不思議な歯触りが楽しくて、特定の強い味香がある訳では無いけど、冷や中をより美味しく楽しませてくれました(#^.^#)

昼ふろや 冷し中華・2玉

夏場限定とは言え短い時節の中でも載せモノは異なっていくことがあるそうなので、ここは参考として書き出させて頂きますが、キュウリ、ハム、チャーシュー、錦糸卵、トウモロコシ、中華クラゲ、メンマ、ナルト、揚げワンタンの皮、ネギ、白ゴマ、そして先述のオカヒジキ。

これだけ豊富なアイテムでは、自分がもし調理をしたら、オペレーション・ミスは必至ですな。゚(´^o^`)゚。 一方「食べるだけの人」としては、これは色々と味わいと食感が多彩で楽しいってもんです。

昼ふろや 冷し中華・2玉

店主さんはマヨネーズに大変理解のある方ですので、ご当地スタイルのマヨ付き冷や中は当然の流れ(〃∇〃) 一味濃いめな冷や中スープは、生姜の風味も香り、カエシと甘酢がメリハリ良く利かされています。 そこにマヨ混ぜする訳ですから、マヨ好きなら一発KOものですよ(*>∇<)ノ

昼ふろや 冷し中華・2玉

麺は多加水熟成タイプの中太縮れ麺。 これが洗い締めされるとムッチムチな歯触りと強靱なコシの強さを発揮しますw( ̄▽ ̄;)w よって一気呵成に手繰って喉に流し込むような頂き方は不可能ね(^◇^;) しっかりと噛み噛みしながら、多彩な具材の味香を満喫しつつ頂きます。

2玉の麺量は結構な麺量のハズですが、ウマウマで箸が進みますので、丁度良い位に頂けました! また食べたい・・・( *´艸`)




昼ふろや
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;11:30~13:30 ※夜の部の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」営業準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
定休日;やや不定ながら土・日曜日 ※Twitter(昼ふろや)にて情報発信中
駐車場;店舗前と裏に合計10台


 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

そろそろ紅焔酒家 光華」さんの夏メニューを頂きましょうと出掛けました。 冷たい麺料理は2点用意されていますが、今回はコチラを頂きます(o^-^o)

「冷し担々麺 (880円)」

光華 冷し担々麺

ホテルに勤務の折に会得した「ホテル オークラ」のオリジナル・レシピを元に、店主さんがアレンジをして独自のスタイルを作りだしています。 見ての通りのサラダ仕立てで、盛られた具材で麺は姿を見せないほどです。

光華 冷し担々麺

キラリと光る角氷。 坦々スープに氷が直入れされていて、キリリと冷やされていました。 坦々スープは動物性のスープで割らずに、ゴマペーストをシンプルに水、醤油、酢、砂糖、自家製辛子で仕立てられ、ひたすら胡麻を食べさせます。

光華 冷し担々麺

たっぷりの炸醤にレタス、水菜、人参、きゅうり、紫玉ネギ、白髪ネギなどが盛り込まれ、自家製辛子や自家製ラー油と花椒のホット&スパイシーさ、そして甘味と酸味で胡麻の濃厚な旨味を活かした味わいを醸し出します。

光華 冷し担々麺

麺は氷水で洗い締めにされており、コキュッと引き締まった食感へと大変身! 麺を手繰るも言う事なんか聞きやしないww アッチコッチとうねってくれるので、撮影も一苦労でした。゚(´^o^`)゚。

光華 冷し担々麺 追い飯

麺を食べ尽くすタイミングで、店主さんから追い飯振る舞いを頂き、美味しい冷し坦々スープも、残すことなく最後まで美味しく頂きましたヽ( ̄▽ ̄)ノ ありがたや、ありがたや(●´人`●)




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部・平日】18:00~22:00 【夜の部・金土】18:00~25:00
定休日;日曜日・祝祭日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース5台分


 

そば うどん 田八 ~福島県郡山市八山田~

通し営業で最長19:30まで開店しているそば うどん 田八」さんに二回目の訪問です。 夜でも手打ち蕎麦が頂ける貴重なお店です(o^-^o)

「田八三昧 (1,200円)」

そばうどん 田八 田八三昧

「ざるそば」「おろし山菜」「ウズラの卵入りとろろ」「天ぷら」が組まれた、ちょっと贅沢仕立ての組膳です( *´艸`)

そばうどん 田八 田八三昧

山菜はわらびと地竹にナメコとえのき茸の混合ミックスに大根おろしが添えられます。 わらびが程好い歯触りが残されていて良い感じです。 トロロの甘味にウズラの卵の黄身が濃厚な旨味を加えて、なかなか効果的な組合せです。

そばうどん 田八 田八三昧

天ぷらは「そば遊膳 たむら屋」さんの血を引く、個性的なクリスピー衣。 サクサクではなくパリパリって硬質感のある衣は、蕎麦つゆに浸しても染み込まない強情っ張りですよ(*>∇<)ノ

そばうどん 田八 田八三昧

お蕎麦は地黒の挽きぐるみ。 甘い蕎麦の香りは良く立っていて、氷水でキリリと洗い締めされた蕎麦は、鋼のようなコシの強さです。

そばうどん 田八 田八三昧

昆布と厚削り、宗田節の甘く豊かな香り立つ蕎麦つゆは、カエシの濃度はやや控え目でちょい甘口タイプ。 お蕎麦をドップリと潜らせて手繰れば、程良く美味しさが行き渡りますよ(*^▽^*)




そば うどん 田八 (でんぱち)
福島県郡山市八山田5-13 メインビル八山田 E-1
電話;024-932-5939
営業時間;11:00~19:30 ※売り切れ次第終了
定休日;火曜日(祝日の場合は翌日) ※臨時休業あり
駐車場;店舗前に指定スペースあり


 

ゆがわ家 ~福島県河沼郡湯川村~

2017年4月に開店していた、湯川村の「ゆがわ家」さんに初詣して参りました。 開店の情報は一昨年からキャッチはしておりましたが、つい先立って、Blog仲間の「奥州のイワヒバラーメン時々ねっち」 (URL)のAuthr・釜爺さんが訪問。 その秀逸なレポを拝読したらスイッチ入りました(*^▽^*)

ゆがわ家

と、言う事で、やって来ました湯川村ヽ( ̄▽ ̄)ノ

無芸の仕事場からは、下道を流れに乗って走ること1時間半くらいと、そう遠くはありません。 湯川村の役場のすぐ近く。 田園地帯の一角にお店はあります。 まだ真新しさが存分に漂うお店は、舗装された駐車場が備わっており、メインとサブを合わせると20台と余裕のスペースです。

「魚介背脂醤油ラーメンAセット (1,180円)」

ゆがわ家 魚介背脂醤油ラーメンAセット

実は「トリプルソーススツ丼」という“魔性の響き”を放つメニューもあったのですが、その軍門に落ちそうになった刹那にセットメニューに気が付いて、幸せな両得を得る事が出来ました(>▽<)b

ゆがわ家 魚介背脂醤油ラーメンAセット

オイリーな面構えは期待通り(〃∇〃) しかも背脂の量は4段階の調整を受けてくれます。 メガあぶら (+100円)はデフォの2倍になるそうですが、デフォの並あぶらよりやや多目の中あぶらと少な目の小あぶらは無料対応です。

初詣でいきなりのMAXは自滅の道への落とし穴かも知れませんので、中あぶらを所望してみました。 ラード油膜に浮く粒々の背脂に岩海苔、隠れて見えませんけど玉ネギのみじん切りと来れば、まさにウワサ通りの燕三条系を想起させる姿です。

ゆがわ家 魚介背脂醤油ラーメンAセット

豚骨のみならず豚足も使われていそうな動物系の旨味やコラーゲン分に、ニボシのキック力のある香り立ちと漆黒カラーの濃口醤油仕立てのカエシ。 口に含めば確かにニボシのインパクトある風味と味わい。 明らかなビター感もあるけど、ラード油膜と甘いニュアンスのある粒々背脂が巧妙にそのエッジを和らげます。

それぞれのエレメンツは“濃い”もの同士のはずですが、カエシの塩味が相対的に控え目(?)なせいか、その勢いに押しまくられる事なく美味しく頂けちゃいますよ(*´艸`*)ァハ♪

ゆがわ家 魚介背脂醤油ラーメンAセット

豚バラチャーシューは油膜に包み込まれて温まってくると、脂質がトロトロになってきて、豚の底力に加勢します。 拍子切りの大振りなメンマは、ちょっと甘めの味付けで、噛めば簡単に歯切れる柔らかさ。 小口ネギ、白髪ネギ、玉ネギのみじん切りは、豊富な油分に徹底抗戦を仕掛けるも、最終的には取り込まれて一体化。 よりアブラが美味しくなる(*^▽^*)

風味良い岩海苔はトロリとスープと迎合し、海苔は油膜に漬けておいても散らないしっかりしもの。 半熟味玉の濃厚な黄身の旨味が味重ねに追い打ちを掛けます。

ゆがわ家 魚介背脂醤油ラーメンAセット

麺は北海道産の優良小麦品種「春よ恋」を使った全粒粉入りの多加水極太縮れ麺を委託製麺としています。 会津の伝統的な縮れ太麺とは明らかな趣を異にしており、これもやはり燕三条系のスタイルが採られています。

全粒粉の比率が高めなのか、少しゴワッとするような噛み応えが伝わって来て、その強靱なコシの強さは印象的です。 でもしっかりと麺の芯まで火が入っていますから、ゴリゴリしたりとか妙な粉っぽさは皆無ですよ。 大変強いスープに対して、この麺は良くバランスしていると感じましたし、麺量もなかなかのボリュームでした。

ゆがわ家 魚介背脂醤油ラーメンAセット

「ミニソースカツ丼」がまた秀逸でした(>▽<)b ミニでもトンカツはチープさが無くて、揚げ立てトンカツをソースに潜らせるという伝統のスタイルを採っているのも好印象。 お陰で衣の表面にはソースが万遍なく付いてくれて、どこから食べてもとっても美味しい( *´艸`)

ゆがわ家 魚介背脂醤油ラーメンAセット

やや甘口でサラッとした自家調整ソースは、これがまたなかなかのお味。 お肉の厚みは8mmくらいですけど、ミニサイズの小どんぶりとご飯の分量には丁度良い位。 小袋入りながら練りカラシが付けられてくるのも嬉しいところです。

ゆがわ家 魚介背脂醤油ラーメンAセット

組膳には香物、自家製杏仁豆腐、そしてソースも添えられます。

「追いソースです。 足りなかったら使って下さいネ。」

と女将さんから告げられましたが、“追いソース”とは上手く言ったもんです(o^-^o) イイね! 追いソース!

杏仁豆腐も杏仁の濃度がしっかりしていて、舌触りもその濃度を伝えてくるような濃厚さ。 全部が美味しかったです! こりゃあご繁昌される訳です(#^.^#)




ゆがわ家
福島県河沼郡湯川村大字清水田字川入52
電話;0241-23-5072
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】 17:00~20:30 L.O 20:00
定休日;月曜日 ※月曜日が祝日の場合は営業、翌火曜日が休日となります
     第1、第3日曜日の夜の部
駐車場;20台分