FC2ブログ

ふくしまラーメンショー2019 「黒亭、かわら」

熊本ラーメン専門店 黒亭(熊本県) 「熊本黒亭ラーメン」

ふくしまラーメンショー2019 「黒亭」

会場内に漂うほどのマー油の香りに引き寄せられたかのように、ブースには瞬く間に行列が出来ていましたw( ̄▽ ̄;)w 地元には熊本ラーメンを頂けるお店が無いので、より個性を感じるかも知れません。

ふくしまラーメンショー2019 「黒亭」

長時間炊かれた豚骨白湯スープは、豚臭さを感じさせず微乳化スープはマイルドな口当たりです。 インパクトあるマー油の香りとパンチのある味わいがグイグイとリードして、後味に少しビター感を残していく素晴らしいストーリー性があります。

載せモノもチャーシューの美味しさは勿論、キクラゲのコリコリ食感、小口ネギの色味と鮮味など、隙のない美味しさが、次々と味覚・嗅覚・食感を楽しませてくれます。

ふくしまラーメンショー2019 「黒亭」

自家製中太麺は加水率低め。 コツコツとした歯触りにしっかりとしたコシを感じさせる噛み応え。 時間が経過してもなかなかユルくならない強靱さがありながら、香味豊かなスープと良くマッチしていました。

かわら(青森県) 「味噌カレーバターラーメン」

ふくしまラーメンショー2019 「かわら」

嗅覚を刺激するカレーの香りからして反則だ。゚(´^o^`)゚。 スパイシーさは良く表現されながらも、テイストの軸足は札幌味噌ラーメンから離れない。

ふくしまラーメンショー2019 「かわら」

委託醸造の白味噌テイストが塩味共々軸になっていて、豚骨中心のベーススープは味噌テイストを凌駕することはありません。 厚切りのチャーシューは脂身プルプルでウマし♪

ふくしまラーメンショー2019 「かわら」

クチナシ色素入りの中太縮れ麺は、強いコシのあるサッポロタイプ。 少々白味噌の塩味のエッジが強めですので、「おすすめトッピング」となっている牛乳(100円)を加えると、マイルドさが増してより美味しくなるかも。 

ふくしまラーメンショー2019 「麺家いろは、札幌みその」

第1回と第2回を連続で売上げ杯数1位を獲り、4年連続の出店を続けたレジェンドと呼ぶに相応しい「麺家いろは」さんが帰って来た!ヽ( ̄▽ ̄)ノ 今回の出店作は「白エビ塩ラーメン」です。

2014年の「東京ラーメンショー」で売上げ杯数第1位を獲った伝説の名品が、4年ぶりに出店する「ふくしまラーメンショー」でお披露目されることとなりました。

麺家いろは(富山県) 「白エビ塩ラーメン」

ふくしまラーメンショー2019 「麺家いろは」

香ばしいほどのエビの香りの立つスープは、丸鶏や鶏ガラに加えて、富山湾の高級食材白エビの殻干しから抽出された出汁が一際印象的です。

ふくしまラーメンショー2019 「麺家いろは」

滋味を感じさせる旨味に、ほの甘さの広がるスープ。 塩味も円やかで大変バランス良く頂けるスープです。 ビックリするほど柔らかく、まるで溶けてしまいそうな豚バラチャーシューは、黒醤油のチャーダレがしっかりと染みていてウマウマ♪( *´艸`)

更には白エビが三尾トッピングされており、それはもうありがたく口にする楽しみも演出されます。

ふくしまラーメンショー2019 「麺家いろは」

多加水タイプの中細麺は、スープを良く掴んで口中に運び上げてくれます。 滑らかな舌触りの良さもあり、甘味と旨味のスープと共に、スルスルと美味しく頂けます。 とっても美味しい。 けれど贅沢を言わせて頂けば、「富山ブラック」を再び食べたかった。゚(´^o^`)゚。

札幌みその(北海道) 「札幌味噌らーめん」

ふくしまラーメンショー2019 「札幌みその」

3年前の出店時には、終始長い配食待ちの行列が出来ていたことが思い出されます。 「けいすけ」出身というサラブレッドで、その確かな味重ねの妙は印象的でした。

今回も2016年と同じ出店作が供されています。 バラ巻きチャーシューの上に載る生姜のビジュアルも印象的ですね(o^-^o)

ふくしまラーメンショー2019 「札幌みその」

ベースは鶏ガラと香味野菜に昆布が炊き込まれています。 割と重量感を感じさせないのは、味噌ダレに仕込まれている山椒や一味だけではなく、生姜の爽やかな酸味と辛味、そして風味の良さも後押ししていると思います。

ふくしまラーメンショー2019 「札幌みその」

クチナシ色素入りの黄色い麺は、中加水タイプの中太麺。 しっかりとしたコシのある麺ですが、麺肌のグルテンが溶けると、軽快感のあったスープがクリーミーに進化しますよΨ( ̄∇ ̄)Ψ