FC2ブログ

【2019年 桜巡り】 龍泉寺の翔龍桜

もう一週間前の撮影ですが、二本松市の霞ヶ城城趾下の「龍泉寺」に立ち回りました。 お寺の下にはアリーナ状に棚田があり、こちらは「二伊滝の棚田」と呼ばれているようです。 ちょっと情報が濾しきれずに「西谷棚田」と呼称が良く分かりません( ;-`д´-)

ともあれ、この棚田には菜の花が植えられていて、下から道路伝いに上ってくると黄色い花の美しさに目が止まります。 「龍泉寺」はその谷を見下ろすようにあり、13ヶ寺の末寺を持つ由緒ある古刹です。

龍泉寺の翔龍桜 #1
[2019/4/7 龍泉寺の翔龍桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

桜の開花期に二本松市を訪ね歩くのは何年かぶりでしたが、ここ「龍泉寺」には大桜があったはずという記憶だけは残っていました。 菜の花畑の谷から振り返って山を見上げれば、そこにあったのが「翔龍桜」でしたw( ̄▽ ̄;)w

龍泉寺の翔龍桜 #2
[2019/4/7 龍泉寺の翔龍桜 #2]  <↑ Clickで拡大>

いやいや想像以上の大樹です! 樹齢は330年と言われており、幹廻りの太さはそれを裏付けるに充分なものでした。 桜の周囲のみならず、墓所も良く整備清掃が行き届いており、さすがは霞ヶ城のお膝元です。

龍泉寺の翔龍桜 #3
[2019/4/7 龍泉寺の翔龍桜 #3]  <↑ Clickで拡大>

訪問した時は既に夕刻を迎えており、太陽は山陰へと隠れていました。 咲き具合もまだ三分咲きくらい。 今回は周囲の状況を確認するための下調べと言う事でヨシとします。

龍泉寺の翔龍桜 #4
[2019/4/7 龍泉寺の翔龍桜 #4]  <↑ Clickで拡大>

今年は3月29日から夜間のライトアップが行われていたようで、LED光源の照明機器がそこここに据えられていました。 機会あれば満開&良い光回りで撮影してみたものです。

龍泉寺猫
[2019/4/7 龍泉寺猫]  <↑ Clickで拡大>

警備要員も配置されているようで、折角だから顎の下とか耳の後ろをネチネチと撫で回しながら慰労しつつ、お話でも伺いいたいと思ったのですが、やはり気高く仕事に忠実な警備要員ですので、開いていた本堂の入り口から屋内警備へと消えていってしまいました(;´^д^`)ゞ 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

郡山市東部幹線沿い安積町日出山地内の「支那そば 墨家」さんに、丁度お昼時に突入したら客入りが凄くて、またもやその人気の高さを思い知らされましたw( ̄▽ ̄;)w

度々思うのですが、こちらのお店はとにかくリピーターさんが大変多いですね。 メニューの数はそんなに多い取り揃えでは無いにせよ、お客様から飛び交うオーダーに注意してみると、こちらの所望が少なく無いみたいでした。

「支那そば 全部盛り 大盛 (1,000円+0円)」

墨家 支那そば全部盛り 大盛

前々回に初のお手合わせだったメニューですが、お足もものともしない納得の満足度の高さで、迷うことなく所望しました(o^-^o)

墨家 支那そば全部のせ 大盛

自然派漆黒スープは地鶏出汁の旨味と、濃厚な醤油テイストが互いに長所を引き立て合ってます。 “大盛CALL”を掛けると、漏れなく濃度調整用にと、カエシの入った調味料ボトルが添えられて来るのですが、丼一面に載せられてくるチャーシューからの塩味と肉の旨味効果が上積みされるせいか、丁度良い塩梅で仕上がっています。

墨家 支那そば全部のせ 大盛

デフォではバラ肉チャーシューだけが載せられて来ますが、“全部盛り”では、ここにモモ肉チャーシューが追加されます。 肉自体の旨味はちゃんと伝わって来ますし、脂身の美味しさは特に白眉! このチャーシューの美味しさが、スープに還元されて旨味のレイヤーが厚みを増します。

墨家 支那そば全部のせ 大盛

自家製の低加水ストレート細麺は、間違いなく日々そのスペックが向上しているようで、配食直後の心地佳い歯触りが、終盤に至っても易々とはユルくならなくなりました。 麺量もデフォで180g位はありそうなのに、大盛にすると300gはありそうですので、麺喰った感を満喫出来ますよ(o^-^o)




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~15:20 【夜の部】17:30~19:50 【日曜日】11:00~19:30
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど