FC2ブログ

【2019年 桜巡り】 逢瀬川の堤桜 #3

昨日に引き続き、今日の「逢瀬川の堤桜」です。 PCにシンプルな編集が出来るアプリケーションをインストしてあったのを思い出して、昨日よりはマシにいじれるようになりました。



桜は前日よりも少し咲き進んで、平均で五分咲き位でしょうか。 逢瀬川の南岸側の堤道を上流に向かって進行しながらの撮影です。 本日の午前中。 11時前でしたが、天気予報よりも早くポツリポツリと雨が降り出しました。



同じく南岸側の堤道ですが、17時位から降り始めた湿り雪が、どんどんと積もり始めて、堤桜は最後の雪帽子の景色となりました。 

中華 大元 ~いわき市内郷綴町~

いち早く桜の咲き揃ういわき市で、「小川諏訪神社のシダレザクラ」の撮影をした後に、遅くなってしまった昼食をどこで摂ろうか迷った挙げ句、車のグロープボックスに仕込んである“訪問してみたいお店カード”を精査して、いわき市内郷綴町 の「中華 大元」さんに初詣して参りましたヽ(*’-^*)。

中華 大元

実はカーナビを頼って辿り着こうとしたら、

「目的地に近づきました。 案内を終了します。」

と、放り投げられた場所は、住宅地の細路地沿いのアパート前(;゚д゚)ポカーン

薄暗くなった細路地で

(苦っ!またヤラレタっ!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆)

と地団駄踏んでも仕方ないので、スホマのドライブナビアプリを開いて調べたら、どうもお店の裏路地側で放り投げられたようです。

(マジでこの先にお店があるんかいな?('д'|l!))

ってくらい更に細い路地に入り込むと、

あったぁ~!おぉ~~!あったぞぉ~!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

対向車が来て、難儀な事になったと思ったら、ソチラさんも目的地は同じだった。゚(´^o^`)゚。 巧く車を寄せて貰い、何とかボクも車がデポ出来ました。

「汁なしマーボーメン (950円)」 (小ライス、スープ付き)

大元 汁なしマーボーメン

四川飯店直伝と書き添えられた壁貼りPOPの引力に抵抗出来るわけもなく、目移りするばかりのお品書きの中から選んだのはコチラですヽ(*’-^*)。

大元 汁なしマーボーメン

最初から小ライスとスープが添えられて来るのもありがたいところ(〃∇〃) 付いて無くても間違いなく所望しますよね♪

大元 汁なしマーボーメン

麻婆豆腐は久々の“血の池地獄”で、花椒のスパイシーな香り立ちがスイッチを入れてくれます。

大元 汁なしマーボーメン

きぬごし豆腐が小さめのサイの目切りで、少し崩れ気味になっているあたりでさえ四川飯店っぽいですね( *´艸`) 豆豉の黒いツブツブも沢山入っていて、こりゃあ美味しそうだ。

大元 汁なしマーボーメン

麺は多加水タイプの極細麺。 この仕様も四川飯店を彷彿とさせます。 茹で上がりをそのまま“あつもり”にされていて、どう見ても麻婆豆腐がガッチリと絡むのは必然です(゚A゚;)ゴクリ

大元 汁なしマーボーメン

さすがに麺は早々にヤワ目になりますが、麻婆豆腐を絡ませながら手繰っても、麺が切れたり、また団子状に癒着することはありません。

ちょっとヤバ目なので注意深く口に運んでみると、麻辣テイストがしっかりと利かされていて、花椒由来の収斂性を伝える味わいが舌の上に広がります(ノ≧ڡ≦) 麻婆餡の旨味は塩味のしっかりとした柱に添うように広がり、サディスティックなほどのホットさではありません。

大元 汁なしマーボーメン

当然ながら麻婆豆腐はオン・ザ・ライスぅ~~♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ

ぐぬぬぅ~(`・ω´・ ;) ウマ過ぎだ!


白飯が足りなくなる麻婆豆腐です! いや、これはまたスゴイお店に出会ってしまったな♪ 間違いなく一級品のポテンシャル。 近所に是非とも一軒欲しい店だ。

帰途に就く頃に頭皮からジンワリと汗が出ている事に気付きました。 やっぱり只者ではありませんでした(>▽<)b




中華 大元
福島県いわき市内郷綴町金谷24-21
電話;0246-26-3690
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 (L.O. 14:30) 【夜の部】17:00~20:00 (L.O. 19:30)
定休日;木曜日
駐車場;敷地内に4台