FC2ブログ

白河手打中華そば いずみや ~福島県郡山市七ツ池町~

2018年7月10日に開店した白河手打中華そば いずみや」さんにようやく初詣して参りました(>▽<;; 実はこれまで何度か潜入を試みていたのですが、暖簾落ちの憂き目に遭ったり、奇蹟の臨休コレクターになってしまったりと、不運に見舞われておりました。

白河手打中華そば いずみや

この日はお店の定休日に当たっていたのですが、祝日だったので“奇蹟の営業日”になっていますように!( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪ って、ほぼダメモトで行ってみたら、暖簾が掛かっているではありませんかっ!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

遂に暖簾を潜る時が来ましたo(^^o)(o^^)oワクワク

「中華そば&チャーシュー丼 (730円+200円)」

いずみや 中華そば&チャーシュー丼

店内には鶏出汁の香りが漂っていて、すでに期待度は高まりに高まっていたのですが、その期待に違わぬ素晴らしい香り立ちです!

いずみや 中華そば

スープはアンバーがかった明るいカラーで、見事に澄んだ清湯スープ。 チー油の油膜層が見た目にも分かるほどに張られています。

いずみや 中華そば

刻みネギはスープが張られる前に、醤油ダレに散らされていて、寸胴から取り分けられたスープの熱で、ほぼ辛味や臭みは飛んでいます。 ホウレン草のおひたしに、柔らかく歯切れる細裂きタイプのメンマ、ナルトに海苔が彩りを添えます。

いずみや 中華そば

チャーシューはモモ肉と肩ロースの二種類。 肉自体の特性からなのか、肩ロースの方がチャーダレの生醤油テイストが染み入っている気がします。 もちろんチャーダレで煮込まれる前に、スモークの下処理がされているので、独特のスモーキーさは伝わって来ます。

いずみや 中華そば

やはり白眉は自家製麺による多加水中太平打ち縮れ麺ですね! これは全くお見事でした! 三日ほど熟成された麺は、縮れの具合で舌の上を叩くような動的食感が見事です。 さすがは「ヱビスヤ」さん出身ですね(o^-^o)

ツルッと滑らかな麺肌に、ボッコボコの縮れが織り成す楽しい舌触り。 噛めばしっかりとしたコシもあり、麺を手繰るのが楽しくなります。 時間の経過と共に麺は少しずつユルくなりますが、そこからは滑らかな舌触りのツルツル感も楽しめるようになり、何れも口福感を楽しめるものです。

鶏ガラメインに、下支えに豚ゲンコツでしょうか。 旨味はナチュラルな広がりがあり、色合い同様に雑味の無い澄んだ味わいです。 醤油ダレは淡口醤油が主体なのか、やや控え目な塩味と濃度ですが、先述のチャーシューが良い味わいのアクセントを醸し出しますので、半味足りないようで、ちゃんと最後には良い案配と感じられました。

いずみや チャーシュー丼

「チャーシュー丼」は程良いボリュームで、自慢のスモークチャーシューの濃ゆいところが味わえます( *´艸`) 追っかけで掛けられる丼ツユが少し甘めにチューンされていて、これがまた大変美味しゅうございました(〃∇〃)

強いインパクトはありませんが、お店を後にしてから、口の中に残る味の余韻が、ずっと長く留まっていて、これはまさにホンモノの貫禄と感嘆致しましたw( ̄▽ ̄;)w




白河手打中華そば いずみや
福島県郡山市七ツ池町17-22 店内禁煙
営業時間;11:00~19:00 ※売り切れ次第終了
定休日;木曜日 ※祝祭日は営業
駐車場;店舗裏手に公称20台分あり