FC2ブログ

蕎麦家 ~福島県郡山市逢瀬町多田野~

今年も暮れのご挨拶~♪(〃∇〃) って、ご近所まで進物の配達を仰せつかっているお陰で、配達にかこつけて“蕎麦家さん詣”をして来ました。

蕎麦家

夏とは違って今なら漏れなく新蕎麦が頂ける訳でして、こんなに嬉しい事はございません(o^-^o) 先客様はとても品の良いシニアのグループ様方。 店が客を選んだのではなく、客が店に集うって感じで、とても和やかで良い雰囲気の中に紛れ込みました。

蕎麦家 蕎麦掻きの揚げ出汁

オーダーを聞き届けて貰うと、ほどなく供される「蕎麦掻きの揚げ出汁」振る舞いを頂きながら、口中に満ちる蕎麦の風味で期待度が盛り上がって来ます。

「もりそば (750円)」

蕎麦家 もりそば

NORITAKEの洋皿に盛られるのが蕎麦家のスタイル。 十割蕎麦は引目で見ても透明感があり、更には新蕎麦ならではの蒼味さえも見られます。

蕎麦家 もりそば

薬味はお皿の縁に仲良く鎮座します。 大根おろしもデフォというのは何とも嬉しいところ。 フワッと盛られた大根おろしは、お皿の縁で汁気の痕跡さえ見せない秀逸な仕立て。 ワサビは甘味が際立ち風味は豊かだけど辛味はマイルドです。

蕎麦家 もりそば

細打ちの蕎麦は甘皮が少し混じり、乳白にではなく透明感を醸し出します。 毎日深夜から石臼挽きで製粉しているといいますから、その手間暇と下準備に要する時間を考えると、蕎麦一本も無駄には出来ません。

まずはお皿からそのまま手繰って蕎麦の味香を確かめます。 上品な甘い蕎麦の香りと、こんなに細打ちなのにソリッド感の伝わって来るような舌触りは歯切れの食感は、まさに“角の立った蕎麦”そのものです。

蕎麦家 もりそば

自慢の蕎麦つゆはカツオ節の濃醇な旨味と風味が際立ち、カエシはドップリと漬しても塩辛くならない程度の絶妙の見切り。 円やかな中にも醤油の風味がちゃんと活きていて、程良い甘味と共に蕎麦を美味しく楽しませてくれます。

「いなり寿司 (2個・150円)」

蕎麦家 いなり寿司

こちらも毎回欠かすことの出来ない大切なアイテム(ノ´∀`*) アメ色の一歩手前に炊かれた油揚げは、輝くばかりの艶やかさ。 酢飯に煮汁の甘じょっぱさが加わり、渾然一体となる見事な逸品です。

もしワサビが残っていたら、ちょいといなり寿司に載せて頂くのも一興ですよ♪

蕎麦家 もりそば

蕎麦湯はトロミがあって、甘い蕎麦の香りがたっぷりと含まれています。 蕎麦猪口に注いで蕎麦つゆの美味しさを最後の一滴まで堪能しつつ、来年の夏のご挨拶の頃にも必ず来るぞ!と意を決するのでありました( *´艸`)




蕎麦家
福島県郡山市逢瀬町多田野字上山田原1-317
電話;024-957-2668
営業時間.;11:00~15:00 (売り切れ次第閉店)
定休日; 火曜日 ※2月中は長期休暇