FC2ブログ

支那そば くりちゃん ~福島県郡山市安積町~

この日はイレギュラー的に須賀川市まで配達があり、朝食も摂らぬままだったので、帰途に「支那そば くりちゃん」に立ち回って“朝ラ~”して来ました( *´艸`)

支那そば くりちゃん

開店時刻から少し経った頃に現着。 既に先客さまが奥手のVIP席でラーメンを啜る音が聞こえています。

くぅぅぅぅぅ、早く食べたい~!(>▽<)b

「米沢らーめん 大盛 (650円)」

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

そうだ!すっかり忘れていた!(⌒▽⌒;) ここの大盛ドンブリは『鉢』のような大きさだったんだ・・・ 大丈夫かな、オレ?(゚A゚;)ゴクリ

こんなに惜しげもなくスープを張ってくれるお店は、最近少なくなって来たと思います。 しかも先述の通り器はまるで鉢のように深さもタップリな訳でして、およそスープだけでも完飲しようものなら、腹パン必至の大容量です。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

少し明るめなアンバーカラーのスープは、表面に淡目の油膜と微細な浮遊物。 背脂なのかニボシ油なのか、今一つ判然はしませんが香味油は足されています。 スープ自体はクリアで鶏ガラ&豚骨で炊かれているのでは無いかと思います。 ちょっと控え目に感じる旨味ですが“米沢ラーメン”の定石通りの麺ですので、あまりバンチ力がありすぎてもバランスが崩れますね。

醤油ダレは淡目の色合いの割りには、ボケる事無くちゃんと利かされていて、サラサラと軽快なスープに程良くマッチしています。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

バラ巻きチャーシューは丼がデカいので相対的に小さく見えますが、並盛りなら550円というラーメンにあって、充分に立派なサイズです。 しかも相変わらずウマい♪(〃∇〃) メニューには無いけれど、

このチャーシューをズラッと載せてチャーシューメンにしてみたい(ノ´∀`*)

と思えるほど秀逸ですっ!

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

幅広タイプのメンマはしっかりと発酵臭が抜かれていて、簡単に歯切れる程度の柔らかさの中にも、サクッとした歯切れの食感が残されます。 淡麗なスープにアクセントを添えるような甘じょっぱい味わいも良好ですね。

更には半カットのゆで卵や海苔まで添えられ、ナルトと刻みネギと隙のない構成です。 この半カットのゆで卵もまた、黄身が溶けそうで溶けない見事な茹で上がり。 濃厚な黄身の味わいがラーメンの味の世界をより広げてくれています。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

米沢から調達しているというチリチリの縮れが掛けられた多加水熟成細麺は、まさに“米沢ラーメン”のトレードマークと言うべき特徴です。 スルスルと軽やかに啜り込まれる麺は、舌の上をくすぐるように踊り、それは楽しい体験です(>▽<)b 麺線が細いので、最初からしなやかな茹で上がりとはなりますが、こんな細麺でも縮れの食感を確かに伝えてくるだけのコシの強さは備わっています。

もちろんスープの持ち上げは上々で、麺を啜ればスープも一緒に口の中を満たしてくれます。 淡麗スープとは言えこの合わさり加減はまた一つの高みに思えるほど美味しゅうございます。

丁度先客様が発たれたので、店主さんご夫妻に色々とお話を伺えました。 平成6年に創業したことや、実は店主さんは以前は無芸の仕事場のすぐご近所で寿司職人さんをなさっていた事。 短い時間でしたが、お話を伺えてとても良かったです(o^-^o)

郡山・須賀川エリアでは唯一の米沢ラーメン提供店さんだと思います。 営業時間はお昼だけですし定休日も週に二日と、なかなかハードルが高いと感じられるかも知れませんが、良心的な米沢ラーメンがここにありますよ。




支那そば くりちゃん
福島県郡山市安積町笹川南向50-1
電話;024-945-5752
営業時間;11:00~14:00 (LO 13:45)
定休日;月曜日、金曜日
駐車場;店舗敷地内に8台分ほど