FC2ブログ

自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

昼食を摂り損ねて時計を見たら18時前。 もう12月目前だと言うのに、やけに温かい夜でした。 どこで空腹を満たそうかと考えたら、「自家製麺 じゃじゃ。」さんを思い浮かべました。 うむ、この気温ならスクーターで乗り付けOKだねv(o ̄∇ ̄o)♪

自家製麺 じゃじゃ。

夜の部PPでしたが、開店から10分ほどで店内満席でリスト待ちの盛況です。 平日夜の部でこの客足はさすがです(^◇^;) 思い起こせば昨年夏以来の訪問。 さすればやはり所望するのは、柱商品のコチラでしょう(´∀`艸)

「つけ麺 並盛 (800円)」 ※味玉振る舞い頂きましたm(_ _)m

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

相変わらずインパクトのあるビジュアルです! 本当は肉マシにしようと思ったのですが、ボリューム・オーバーが頭を過ぎって、すんでの所で思い止まりました( ̄▽ ̄i)ゝ

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

湯気が立たない漬け汁は、表層にラード油膜でしっかりと蓋がされていて、表層よりも汁の方が熱々なくらいです。 この熱々なところに散らされたネギが、やがて糖化酵素が利きだして、甘味さえ含み始めます。

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

漬け汁の中には短冊切りにされた豚バラチャーシューが数切れ。 更に豚挽肉が入っているのですが、ここから引き出されてくる肉の旨味分も加担して、ベーススープの鶏出汁の品の良さに、少々押しの強い旨味もバランス良くミックスされます。

自家製極太麺は、

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

(オイっ・・・Σ(゜▽゜;))

って位の盛り切り具合。 丼の縁を軽々と越えてみせるボリュームで、それ並盛りの姿やないぞ?(゚A゚;)ゴクリ

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

ツヤツヤの麺肌に強靱なコシの強さが宿る、これぞ“じゃじゃ。の麺チカラ”と言わんばかりの存在感。 盛りたてのところを手繰ってみれば、噛んだ時の反力がヤッパリ凄い(〇o〇;) しっかり噛み噛みするほどに、鼻腔には小麦粉の香りがどんどん流れて来ます。

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

さてもこの極太麺を、自慢の漬け汁に潜らせると事態は一変! あの強靱なコシの強さはそのままに、噛んだ時の食感がモチッとした弾力あるものへと変貌します。 この瞬間芸のように趣を変える麺のポテンシャルの高さは格別です。

漬け汁は“しょっぱさの極みで食べさせる”特異なパターン。 甘じょっぱく風味豊かなカエシが強めに利かされていて、粗挽き黒コショウのスパイシーさがその甘味のディテールを巧みに操ります。 底支えをするようにニンニクが控えていたり、唐辛子のシャープな辛味も時折当たり、これがまたアトランダムだからこそ活きる演出になってます。

かなりのボリュームだったのですが、結局は難無く胃袋に収まってしまいましたね(^◇^;) 間違いなく“中毒性”の高い味わいです。 またチャンスを見つけて潜入したいな(〃∇〃)




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に2台分