FC2ブログ

【2018年 錦秋巡り】 いわき市龍神峡

福島県で最後に見られる紅葉と言われる「いわき市龍神峡」に3年ぶりに行きました。 今年はここも色付きが遅かったそうで、ほんの訪問の3日前はまだ色付きも浅かったらしいです。

最後のモミジ
[2018/11/25 最後のモミジ]  <↑ Clickで拡大>

鮫川の渓谷沿いの遊歩道は、モミジのトンネルとなって、約1km続きます。 現場に到着した時には、もう渓谷に陽の光は射し込んでいなかったけど、ほぼ無風で郡山よりもずっと温かかったです。

晩秋の遊歩道
[2018/11/25 晩秋の遊歩道]  <↑ Clickで拡大>

枯葉を踏んでヒタヒタ歩く。 あぁ、遊歩道が紅葉のトンネルみたいだなぁ~と、三脚を据えて一枚撮影。

構図を微調整して、二射目を・・・と思った時、こちらに向かって歩を進めてくるお二人の姿が入りました。

深秋
[2018/11/25 深秋]  <↑ Clickで拡大>

遊歩道を奥へ奥へと進み行くと、鮫川の流れは川音も高らかな大滝が見えてきます。

ここは「大滝」へと下りられる道が造られており、唯一川岸にアプローチ出来る場所です。 当然下りてみたいのは山々でしたが、もうかなり暗くなっていたので、安全を考えて今回はパス。

夕闇を彩なす
[2018/11/25 夕闇を彩なす]  <↑ Clickで拡大>

遊歩道が行き着く先は、見返橋と名付けられた橋のたもと。 これより先はリアルに林道となり、一般車両の通行は禁じられています。 ここまで行ったのは初めてのことでしたが、橋の上から見返ってみると、見事に色付く山肌の美しさに感嘆させられる事になります。

渓谷の日が陰ってだいぶ経ってしまったので、その後は一気に夕闇へと包まれてしまいました(;゚д゚) 16時半くらいでもうカメラのオートフォーカスも利かなくなりました。 夕闇の蒼に包まれた渓谷だけど、カメラは木々の色映えをちゃんと受け止めていました。