FC2ブログ

年の瀬にあたりまして

凍え南天

年の瀬にあたりまして、僭越ではございますが拙筆のBlog「今夜も無芸大食」をご訪問下さる皆様に、御礼を申し上げます。

間もなく新年を迎えようとしておりますが、来たる年が皆様にとって、素晴らしい一年になりますようにと、心より念じ上げつつ、本年の筆を置かせて頂く事と致します。 どうぞ佳き年末年始をお過ごし下さいませ。 

ますや本店 富田店 ~福島県郡山市富田町~

朝方、食欲が出なかったので、朝食を取らないで仕事に就いてましたが、体を動かせば腹は減ってくれるものww 通りすがりに「ますや本店 富田店」さんに潜入しました。

ますや本店 富田店

ありゃりゃ? カウンター席に同窓のお友達が先乗りしていましたよw( ̄▽ ̄;)w 想定外なだけに余計嬉しいですね♪ 隣にスリ寄って、少々四方山話などを交わしている内に、所望品が出来ました。

「伝 (730円)」 ※半熟玉子ご馳走になっちゃいました(〃∇〃)

ますや本店 富田店 伝

うむむ、艶やかささえ漂う見事な漆黒系です( *´艸`) 濃厚な濃口醤油の香り立ちに、ラードの味香も加わり、少しローストしたような風味さえあります。

ますや本店 富田店 伝

漆黒スープは豚ゲンコツから炊き出される清湯で、郷土の名品「キンタカサゴ」醤油で仕立てられる醤油味。 その色合いに比して塩味は穏やかですが、旨味と風味は格別です。 以前よりも甘味のトーンが抑え込まれた気がしますけど、醤油由来の酸味がしっかりとした芯のある味わいを醸し出しています。

ますや本店 富田店 伝

事細かに自分の好みを聞き届けてくれるのが「ますや本店」さんの秀でたところ。 例えばチャーシューだって伝統のモモ肉、近作のバラ肉、更には二種類の合い盛りといったリクエストもOKです。 味濃い目や麺固めなど、みんなが幸せに楽しめる為の一手間を惜しみません。

ますや本店 富田店 伝

青味はホウレン草。 柔らかメンマは少し甘めの味付けです。 ネギは晒しネギにされているようで、シャリッとした歯触りや、次第に漆黒スープに馴染んでくるとトロリと甘くなるなど良いアクセントです。 モモ肉とバラ肉の合い盛りにしたチャーシューは、チャーダレの染み入り方も良く、簡単に歯切れる柔らかさです。

ますや本店 富田店 伝

やや加水率低めのストレート中麺は、デフォで頼むと少しヤワ目ってのが伝統です。 このしなやか加減の麺のツルツル感と、しっかりとスープを絡め上げる塩梅が好みです。 漆黒スープは瞬く間に麺をその色に染めます。 そこからが真骨頂の美味しさで、麺自体がどんどん美味しくなってくるのが堪らなくステキです(〃∇〃)

【年末年始の営業】

12月31日(月) 通常営業 ※15:00まで
1月1日(火)・2日(水) 休業
1月3日(木) 以降通常営業






ますや本店 富田店
郡山市富田町新屋敷1-35
営業時間;11:30~15:00位まで ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日
駐車場;供用20台分


 

ラーメンROOTS ~福島県郡山市大槻町~

昨年も冬に登場していた「しょうがラーメン」が、より洗練度を上げて今年も登場した「ラーメンROOTS」さんです。 塩か醤油から選べて、麺も細麺or太麺という、4つのバリエーションが自在に選択出来ます。

で、前回は塩だったような気がしたのですが、店主さんも

「σ( ̄、 ̄=)んー」

と思い出しながら、

「確か塩を食べてますよ!」

って(;゚д゚) オレ、自分が食べたのさえあやふやなのに、なんで覚えてるぅ~?!ノ( ̄0 ̄;)\

わかった。 オレがチホーになり掛かっている自覚は確かにある。 これは全力で否定しない。

それ以上に店主さんの記憶力がスゲェ~~!って事を思い知らされたよ・・・(・∀・i)タラー・・・

「醤油しょうがらーめん (850円)」

ラーメンROOTS 醤油しょうがラーメン

ありゃ~! おろし生姜の量がスゴイですよ(〇o〇;) でもその他の載せモノとかは、標準の醤油ラーメンに準じているみたいです。

ラーメンROOTS 醤油しょうがラーメン

見て! このおろし生姜(^◇^;) オーダーを受けてから、おろし金でショリショリとおろし立てです。 前シーズンでは業務用の生姜でしたが、今年は生のおろし立てがあしらわれます。

風味と辛味のインパクトは桁違いで、しかも生姜汁もタップリだから、ちょっとおろし生姜がホワホワっと素早くスープに馴染み溶けます。 ともすると生姜テイストに支配され兼ねないので、慌てておろし生姜の反対側も探ります。

ラーメンROOTS 醤油しょうがラーメン

チー油の油膜の下には、澄んだ清湯鶏出汁スープ。 豊かな旨味に割とキリリと利かされた醤油味が分かります。

ラーメンROOTS 醤油しょうがラーメン

刻みネギがモサッとばかりに盛られるビジュアルは、ROOTSさんではお馴染みのスタイル。 ロースチャーシューはスープで温められると、ホロッホロに崩れてしまう柔らかさ。

ラーメンROOTS 醤油しょうがラーメン

半熟味玉はデフォで組まれます。 生姜テイストがキリリと利いていますので、この半熟卵黄で口直し効果は絶大です。

ラーメンROOTS 醤油しょうがラーメン

細麺は羽田製麺の全粒粉ブレンド。 切り歯24番で1分で茹で上がります。 茹で上げに際しては勘に頼らず、タイマーで完璧に管理しています。 小鍋で温められたスープを丼に注ぐのは茹で上がり15秒前。 一連のオペレーションが流れるように見物できるカウンター席は至高です(〃∇〃)

ツルッとした麺肌の滑らかさに、噛み切った刹那に鼻腔に感じられる小麦粉の香り。 細麺故にスープの絡みも上々のところに、おろし生姜の粒状感が加わり、口中が生姜祭りになりますよ(*>∇<)ノ 食べ進めて行くと、いつしかジンワリと発汗してきて、お店を後にしても暫くは躰ホッカホカでしたヽ(*’-^*)。

さて、「ラーメンROOTS」さんでは、今年も年越し営業を行うそうです。 12月31日は23時から翌2時まで営業です。 あまりお客さんが集まらないと、来年は止めちゃうかも知れませんので、大晦日に深夜徘徊の予定の方は、「ラーメンROOTS」さんに集合して下さいv(o ̄∇ ̄o)♪

【年末年始の営業】

12月31日(月) 23:00~26:00
1月1日(火)~4日(金) 休業
1月5日(土) 以降通常営業






ラーメンROOTS (FB)
福島県郡山市大槻町反田1-5
営業時間;11:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;4台



ラーメンROOTS
 

中華食堂 秋 ~福島県郡山市新屋敷~

今年最後のご挨拶を兼ねて「中華食堂 秋」さんの暖簾を潜りました。 さすがは歳末、予約で席がおさえられていたり、在店中もひっきりなしに電話が掛かってきてました。 意外と多かったのは、テイクアウトのご注文。 なるほど、その手は使ってみたいぞ!(; ・`д・´)

冬の季節メニューが登場しており、その中から見逃せない“お得盛り”な一品に目が止まりました。 担々麺+麻婆豆腐という、四川料理の双璧の合い盛りですよ! これ、選ばない理由はありませんわ♪

「麻婆マーラー担々麺 (900円)」

中華食堂 秋 麻婆マーラー担々麺

うわぁぁぁぁぁ((#◎□◎#)) 本当に合わせちゃってるぅ~♪

しかも花椒の香りもガッツリと上がってきて、驚きの大丼にスープも並々ですw( ̄▽ ̄;)w その大ボリュームに一瞬怯むほどでしたが、これは半ライスとか追加しないでおいて正解だったかも( ̄ω ̄;)

中華食堂 秋 麻婆マーラー担々麺

「マーラー担々麺」自体の味わいが結構濃厚で、芝麻醤と白ゴマペースト、豆板醤に麻辣醤、旨味をブーストする甜麺醤やオイスターソースも加わっているかも知れません。  胡麻のナッティーさと甘味に、ディテールを引き締めるような酸味が巧く効いていて、芳醇な風味とパンチ力を取り纏めています。

中華食堂 秋 麻婆マーラー担々麺

上に散らされた花椒のスパイシーな風味に、ニラの青味と甘味が麻婆豆腐の存在感も引き立ちます。 勿論この麻婆豆腐自体も「マーラー担々麺」に準じた辛いタイプに調味されているはずですが、不思議とヤリ過ぎ感はありません。 と言うよりも、押しの強い二つの個性が、難無く同衾できているのが不思議なくらいですよw( ̄▽ ̄;)w

中華食堂 秋 麻婆マーラー担々麺

麺はストレート細麺でしなやかな食感です。 滑らかな舌触りで濃度の高い「マーラー担々麺」のスープを気持ち良いくらいに含んで口の中まで運び上げてくれます。 麺量も多めで大量のスープを持て余さないところが嬉しいですね( *´艸`)

と、ここで女将さんから

「半ライス、盛ってきましょうか?ヽ(*’-^*)。」

と、甘い甘ぁ~~い誘惑が。゚(´^o^`)゚。

中華食堂 秋 半ライス振る舞い

半ライス振る舞い、頂きました~( ̄▽ ̄i)ゝ(←自制を簡単に解くww)

麻婆餡のトロミが強めにされているので、スープの中からサルベージしてもちゃんと「麻婆豆腐」のまんまです。 この豆豉のインパクトもご飯向き♪

中華食堂 秋 半ライス振る舞い

もう止まらない・・・(; ・`д・´) 丼のスープにドボンすると、完飲の刑を自ら選ぶ事になるので、あくまでもオン・ザ・ライスを固持し続けましたが、どんだけ麻婆入ってんの?Σ(゜▽゜;) あわや途中でギブしそうになりましたよ(>▽<;;

中華食堂 秋 杏仁豆腐

食後には共添えの「杏仁豆腐」の穏やかな甘味で味覚を整え直します。 ともあれ、これ、本当に美味しかった! まだ暫くメニューにあると思いますから、担々麺も麻婆豆腐も好きでタマランって方には、是非とも召しあがって頂きたいですね(*>∇<)ノ




中華食堂 秋
福島県郡山市新屋敷2丁目131
電話;024-954-5151
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;火曜日
駐車場;養老乃瀧郡山富田店さんと供用


 

らぁ麺 おかむら ~福島県郡山市西ノ内~

前回訪問の折に、鶏白湯ベースの濃厚醤油味ラーメンがレギュラーメニュー化された事を知らされていた「らぁ麺 おかむら」さんを訪問しました。 勿論今回のターゲットはこのお品ですo(*^^*)o

「鶏白湯ぶらっく (800円)」 ※お得意様パスポートで大盛ゴチになりました

らぁ麺 おかむら 鶏白湯ぶらっく

まさかヒョウ柄の丼をあしらうとは思いも因らず(⌒▽⌒;)

「映えもお喜び頂けるなら」

と、相変わらずお客様本位のサービス精神に頭が下がります(^◇^;)

しかし単なる“映え”だけじゃ無い! それまで何度か週替わりスペシャルで登場していた頃から、幾多の試行錯誤を経て、しっかりと作り込まれた味わいへと昇華され、レギュラー・メニューに相応しい緻密な完成度を示していました。

らぁ麺 おかむら 鶏白湯ぶらっく

ベーススープは鶏白湯ですが、そのベース自体のポテンシャルが確実に高まった感があります。 鶏の旨味に集約度が感じられ、クリーミーに乳化していますが、不要に重さを感じさせない見切りの良さが分かります。

らぁ麺 おかむら 鶏白湯ぶらっく

醤油ダレはかなり濃厚な味香を示します。 極味とも言えるほど濃縮された風味に、塩味には柔らかさもありますので、濃ゆいけどショッパイとは思いませんでした。 何よりも歓迎なのは、独自の甘味があり、これがスープの旨味を更に増幅させています。

らぁ麺 おかむら 鶏白湯ぶらっく

載せモノも充分なラインナップで、鶏チャーのしっとりとした食感と味わい、低温調理の肩ロースチャーシューの柔らかジューシーさ、拍子切りの大振りメンマの柔らかくそして甘目の味付けなど、一点一点が納得のクォリティーです。 辛クサさの残された刻みネギがまた秀逸! 甘じょっぱい濃厚醤油鶏白湯スープを、見事に味サバケさせてしまうのには驚きでした(;゚д゚)

らぁ麺 おかむら 鶏白湯ぶらっく

麺は低加水ストレート細麺が合わせられ、ザクッとした張りのある歯切れの食感が終盤まで続きます。 半味濃い目のスープを程良く絡めて口の中まで運び上げてくれます。 大盛麺量がここでは思わぬ好結果をもたらし、食べ進めて行くほどに麺肌から溶け出したグルテン分がスープをより一層クリーミーにしてくれ、尻上がりに美味しさが増して来ました(〃∇〃) こりゃあウマい♪

【年末年始の営業】

12月31日(月) 定休日
1月1日(火) 昼の部営業
1月2日(水) 以降通常営業






らぁ麺 おかむら
福島県郡山市西ノ内2-10-12
電話;024-927-0334
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:00~21:00 【土日祝日】11:30~21:00 ※売り切れにて閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗東側に指定駐車場3台分


 

さとう珈琲 本店 ~福島県郡山市中野~

年の瀬を迎えて、久しぶりに裏磐梯への単独撮影行なんぞをして来たら、朝食がほぼブランチタイムになってしまい、夕刻に何か軽食を摂りましょうか?って事で、久しぶりに「さとう珈琲 本店」さんに参りました。

普段はCafeとかはあまり気乗りしないボクですが、この日は娘が冬休み帰省して来たので、ちょっと特別ね(〃∇〃) 娘には滅法弱い男親の本性でございます( ̄▽ ̄i)ゝ

「マスタードチキンサンド (626円)」

さとう珈琲 本店 マスタードチキンサンド

ホットサンド、好きなんですよぉ~♪(ノ´∀`*) 家庭用のホットサンドメーカーを買い込んじゃおうかってほど。 でも元々が“パン食い”じゃないので、直ぐに飽きる事請け合いなので、お店で作って頂くのがやっぱり一番です。

さとう珈琲 本店 マスタードチキンサンド

特に「さとう珈琲 本店」さんのは、パンも自家製でお味も抜群! ボリュームも満点で、軽食の域を出るくらいです。

「ブレンドコーヒー (453円-100円)」 ※ドリンクセットで100円引き

さとう珈琲 本店 ブレンドコーヒー

自慢のコーヒーは、さすがの美味しさ。 香り高く苦味・酸味共にバランス良く、カップもやや大きめで充実感ありです。

さとう珈琲 本店 マスタードチキンサンド

チキンは胸肉の蒸し鶏肉がたっぷりと仕込まれており、レタス、粒マスタード、タルタルソースで調味されています。 あまりのボリュームに具材がポロリと落下して、見事にコーヒーカップにインしたところを娘に見られたのは痛恨の極み(;´Д`)

【年末年始の営業】

12月30日(日) 8:30~17:00 (L.O. 16:00)
12月31日(月)~1月3日(木) 年末年始休業
1月4日(金) 11:00 開店
1月5日(土) 以降通常営業






さとう珈琲 本店 (FACEBOOK)
福島県郡山市中野一丁目18
電話;024-954-4036
営業時間;8:30~21:00 (L.O. 20:00)
定休日;無休
駐車場;17台
店内禁煙


 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

ちょっとご無沙汰になっていた「紅焔酒家 光華」さんに、年内滑り込みの訪問をして参りました。

紅焔酒家 光華

んっ? 何だかノボリ旗が増設されたりしていて、通りすがりでもお店の場所を見落とす事は無さそうです。 夜の部の初っぱな狙いで訪問したのですが、すでに先客様が複数おられました。 確かな味わいは勿論、社交的な店主さんですので、お客様はみなお馴染みさんのようです。

「紅焔そば+ライス&温玉セット (740円+200円)」

光華 紅焔そば

「光華」さんの旨辛麻婆豆腐は、思い立ったら他に代わりのない傑作メニューです(*´艸`*)ァハ♪ 悩ましい事と言えば、まぜそばスタイルの本品にするか、白飯にドッと掛け回されてくる麻婆丼にするかの二種択一ですねσ( ̄、 ̄=)

光華 ライス&温玉セット

ってことで、最初からライス&温玉セットも頼んでしまえば一挙両得のウマウマでございますよv(o ̄∇ ̄o)♪

光華 紅焔そば

調理の段階で、もう辛~い香りがカウンター席まで届いていて、いつもブレのない麻婆豆腐です。 この日はいつもよりも甘味控え目で“麻”のエッジが立てられた四川タイプの仕立てでした。 それでも私的には手に余るようなシビレでは無いので、ピッチが鈍ることもなくサクサクと頂けちゃいました。

光華 紅焔そば

麺は極太タイプの熟成縮れ麺。 ちょっとゴリッとするようなソリッドな食感ですが、茹で上げそのままの“あつもり”で供されるので、麻婆豆腐のトロミも手伝って直ぐに美味しく馴染んでくれます。

光華 紅焔そば

ちょっと濃い目の味付けを和ませてくれるのがこのスープ。 シンプルに刻みネギが散らされているだけですが、かえってソレが好都合だったりします。

光華 ライス&温玉セット

多目に掛け回される麻婆豆腐をちょいとオン・ザ・ライスして頂きつつ、その極味のある味わいを確かめます。

光華 紅焔そば

しっかりと混ぜるほどに美味しくなってくるのが「紅焔そば」です。 花椒のクールなスパイス感と、ニンニクや豆板醤の味香が際立つ麻婆豆腐は、麺にもビッリと相性良くフィットします。

光華 ライス&温玉セット

麺を食べ尽くしたら、白飯を丼にイン! ちょっとお見苦しい絵面ではありますが、温玉の黄身がトロ~~リと流れ出る様に免じてお許しを。 温玉が加わると麻辣テイストが俄然マイルドに変化して、最後まで美味しく楽しめちゃいますよ( *´艸`)




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース5台分


 

カジュアルダイニング えんび ~福島県郡山市桑野~

年末のご挨拶かたがた、巧いこと時間調整が付けられたので「カジュアルダイニング えんび」さんに詣でて参りました。 ちょうどお店の前で道路工事が行われていて、道路が少々混雑気味でしたけど、ナント手狭だった駐車場に鎮座していたクレープ屋台トラックが、期間限定で出向営業中のお陰で、3台分のスペースが取り戻されています。

カジュアルダイニング えんび

実は今回も「週替わりランチ」の誘惑にまんまと引き寄せられました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 工藤シェフのファンとしては食べ逃せない非レギュラーメニューでしたからね♪

えんび “酸辣湯風”のスッパ辛いスープ

と、言う事でメニューも一瞥することなく、決め撃ちで所望品を告げて、3種類用意されているスープ・バーから“酸辣湯風”のスッパ辛いスープを取り分けて来て配膳を待ちます。

「マーボー茄子 (850円)」 ※週替わりランチ

えんび マーボー茄子

中皿盛りのマーボー茄子は、ご飯のお供向きに一味濃い目の味付けと強めのトロミで纏められています。 例によって

「ごはん足りなかったらお代わりして下さいね~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ」

って心優しき誘惑のお声がけにも感謝です(ノ´∀`*)

えんび マーボー茄子

先述のスープに加えて、サラダと小鉢みのが供されます。 キュウリとトマト、烏賊のピリ辛和えにキムチ、デザートのオレンジも組まれます。

えんび マーボー茄子

「マーボー茄子」は挽肉がタップリと使われていて、麻辣テイストでは無く、旨辛仕立てにされています。 これならどなたでも安心して楽しめるでしょう。

えんび マーボー茄子

油通しのされた茄子は身がトロリと柔らかく、麻婆餡は豆板醤や甜麺醤のコクのある旨味に、オイスターソースなどの旨味が加えられ、割としっかり目に甘味と酸味が通されています。 味噌のコク味と濃厚な旨味を甘辛酸っぱさで美味しく整えた感じです。

となれば、当然ながらお約束の・・・

オン・ザ・ライスぅ~~!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

えんび マーボー茄子

麻婆だけど酸辣っぽくもあって、甘味で繋いでトロミで纏めた感じですので、これが白飯に合わない理由は何一つ無く、ほの香るニンニクや時折伝わって来るネギの涼感などと共に満喫して参りましたよ。 やっぱり行ってきて良かった♪(〃∇〃)

【年末年始の営業】

年内の通常営業は12月29日(土)までです。
12月29日(土) 通常営業 ランチ「或る店とのコラボランチ」営業
12月30日(日)~1月3日(木) 年末年始休業
1月4日(金) ランチ営業のみ「或る店とのコラボランチ」営業
1月5日(土) 通常営業 ランチ「或る店とのコラボランチ」営業
1月6日(日) 定休日
1月7日(月) 以降通常営業






カジュアルダイニング えんび <FACEBOOK>
福島県郡山市桑野1-13-25
電話;024-925-6767
営業時間;【昼の部・月~金】11:00~14:00 (LO 13:45) 【夜の部】17:00~24:00 (LO 23:15)
定休日;日曜日
駐車場;店舗敷地内に5台分ほど


 

中華飯店 はやま ~福島県郡山市麓山~

軽い用足しのつもりでスクーターで出掛けたら、やはり師走も半ばですから、アッと言う間に躰が冷えてしまいました(((゚Д゚;))) でもまだ陽は落ちていなかったから、そのまま昼食を摂っちゃおうと中華飯店 はやま」さんを訪問しました。

「タンメン&餃子 (500円+350円)」

はやま タンメン

最近この組合せがほぼ定番になっちゃいました。 多分、ボクが市内で一番食べているタンメンは「はやま」さんのタンメンです。 不思議なものでやはり年齢と共に食べたいものが変わると言うよりも、ついつい手が出なくなるものが増えてくるのかも知れません。

何せ繊細な塩味は分かりにくくて苦手だなぁ・・・( ̄  ̄;) うーん と思っていたボクが、今ではその垣根はほとんど無くなったのですからねσ( ̄、 ̄=)

はやま タンメン

「はやま」さんのタンメンは、驚きのお手頃価格だけど、何も失っている感はありません。 それどころか、ナニこの豚バラ肉(^◇^;) いつもよりもずっと立派なお肉だし、まるで撒かれたように盛り付けられてますよ?

どうも「餃子」がいつもより1個少ないんですよ。 まあ正直なところ、そんな事別に大問題でも無いのですが、価格維持の為減らしたのか、それともストックが尽きたのか、はたまた調理中にアクシデントでもあったのか(;^ω^) その補填分にお肉が立派になったとか?

いや、意外とタンメン用の肉を切らして、焼き肉の肉で賄った可能性もありえるな(。-`ω´-)んー 

はやま 餃子

なんて面白く考えたりしながらつまむ餃子は、しっかりと蒸し上げてから焼き入れがされます。 餡は細挽きでジューシーと言うか滑らかな舌触り。 キツ過ぎない程度にニンニクが利かされていて、昭和の餃子っぽいノスタルジックな仕立てです。

で、本題に戻って「タンメン」ですが、この日はとってもクリアな味わい。 スープの旨味に大量のキャベツから引き出された甘味と旨味が絶妙の塩加減でより活き活きと際立ちます。 そこに立派なお肉からのダイナミックな旨味も加わるので、ここで今まで頂いた中では屈指の好印象でした( *´艸`)

はやま タンメン

麺は多加水熟成タイプの中太麺。 望外のコシの強さがあって、クタらない程度に炒め煮された野菜達の食感に負けることなく、大変美味しく頂きました!




中華飯店 はやま
福島県郡山市麓山2-8-4
電話;024-932-3083
営業時間;11:00~19:00
定休日;日曜・祝日
駐車場;店舗前に2台分ほど


 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

定期巡回先の「中国飯店 なるき」さんです。 席に着こうと思ったら、ちょうどうちのじいさんも来訪(〇o〇;) 夕方近くの時間で自分は昼食だったけど、じいさんは夕食って事で、思わぬところで食卓を囲むことになりました(o^-^o)

「タンメン 太麺 (850円)」

なるき タメンン

市内では「大三元」さんと共に“タンメンの双璧”とも言われ、“なるタン”との異名も持つ看板メニューですが、実は拙のBlogでは初登場(;^ω^) と言うよりも、自前の稼ぎで食べられるようになってから初めて所望しました。

正直なところタンメンや塩ラ~がキライと言う訳では無く、醤油や味噌の豆系発酵調味料が好きだったから食指が伸びなかっただけです。 年齢を重ねたせいか、最近は“異分野”となっていたタンメンや塩ラ~を試してみるキモチが膨らんできて、今更ながらその美味しさを満喫しております♪(〃∇〃)

なるき タメンン

少しニゴリのあるスープは、豚ゲンコツに背ガラ、香味野菜やコンブなどが炊きこまれたところに、豚肉と各種野菜を炒め煮して引き出される旨味や甘味が引き出されています。 まあ多少の化学のチカラも借りてたりしますが、これは昭和から続くごく普通の調理スタイルです。

仕上げに少しゴマ油も含まされますが、白コショウも軽く利かされて、塩味は塩ラ~とは異なり塩ダレでは無くダイレクトに塩で味付けされます。 この塩加減は調整が難しいと思うのですが、店主さんの手練れの技だけではなく、ちゃんと複数回の味見をしながら味決めをしています。

なるき タメンン

アッサリ塩味スープと思われがちですが、実はスープの表層にはアッと言う間にコラーゲン膜が生成されるほど、旨味成分は凝縮しています。 ややしっかり目にスープで煮られた野菜は、芯までしっかり火が通っており、私的にはお馴染みの「味噌タンメン」に比べるとスープの浸透圧が異なるせいなのか、やや歯触りは明瞭に残されています。

なるき タメンン

麺は伝統の自家製極太縮れ麺! これがまたいつも通りの暴れん坊さんで、箸で掴み上げても全く重力に従おうとはしません(^◇^;) そんな訳で精々数本を掴み上げるのが精一杯です。

加水率は中程度で非熟成タイプだと思います。 噛めば強靱なコシの強さがあり、弾力を感じながら噛み切れば、小麦の風味も漂わせます。 良く噛んで食べるタイプの上に麺量も豊かですので、ハライッパイ喰った感も抜群です( *´艸`)

お好み次第ですが卓上配置の自家製ラー油は味変にお薦めです。 また細麺指定や茹で加減など、色々と好みにも応じてくれますよ。

【ご注意下さい】

営業時間が変更されました。 閉店時間が1時間早まり、20:30となりました。






中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~20:30
定休日;月曜日・第1火曜日


 

福島屋 ~福島県いわき市小名浜~

つい先頃建て替えを終えて、約1年ぶりに暖簾の掛かった「福島屋」さんを訪問して来ましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 郡山では良く名の知られたデザイナーさんの手になる新店舗ですので、その仕上がり具合はさすがのもの。 永らく小名浜で暖簾を掲げ続けてきた「福島屋」のブランドイメージからは、かなり解脱した外観と内装です。

福島屋

まんま割烹料理店を思わせる雰囲気ですが、先代から受け継がれてきた地元密着型の食堂という枠を、良い意味で進化させたカタチになったと思います。 伝統のかつ丼だって、自家製麺のうどん・そばもあるし、お得なうどん・そばとミニ丼のセットも健在です! だから気後れすることなく暖簾を潜って欲しいなぁ~

福島屋

日曜日の夜の部の訪問でしたが、何とか予約無しでも潜入に成功しました。 降着のお客様は危うかったかも(;^ω^) FBでほんのダイジェストだけを発信したら、程なくいわき住みのお友達からメッセージが寄せられました。 同日の昼の部に訪問したら、てんやわんやの大入り満員だったそうです。 そりゃあそうだろうなぁ~(゚A゚;)ゴクリ 小名浜イオンからもほど近い立地ですから、ますます入店困難になるかも知れないですよ( ̄ω ̄;)

福島屋 お造り振る舞い

忙しく厨房で立ち働く店主さん夫妻から、予期せぬプレゼントで“お造り振る舞い”を頂いてしまいましたw( ̄▽ ̄;)w

満を持していわき市デビューに漕ぎ着けた、徳島は鳴門の漁師・村公一さんの沖ボラ! 通称・村さんで知られる「情熱大陸」でスポットを浴びた方のお魚が食べられます(o^-^o) 愛媛県今治市の松栄丸船長・藤本純一さんの鯛も頂きました。

福島屋 お造り振る舞い

どれもスゴイなぁ~Σ(゜▽゜;) 正直なところお魚のことは良く分からないのですが、地元で一般市販されているものとは別格の美味さが満ち溢れているのくらいは理解出来ます。 そもそもボラがこんなにクセが無く、旨味が引き出されているのは初体験でした。 とても良い食体験をさせて頂きました(*^▽^*)

「ぶり刺身とスズキチーズフライ定食 (1,300円)」

福島屋 ぶり刺身とスズキチーズフライ定食

お造りとフライの二大メインの組膳です! 日々食材の入荷状況によりメニューは書き換えられますので、これは一期一会のペアリングかも知れません。 もう一つ「ぶり刺身といわしのフライ定食」にも惹かれたので、こちらもお願いして、家内とHalf & Halfでシェアする事にしました。

福島屋 スズキチーズフライ

スズキチーズフライは、お造りで頂ける鮮度の鱸で作られていますので、魚自体の美味しさは言うまでもありません。 こちらは千葉県沖で穫れた鱸だそうですが、ふっくらとした身は軽く歯が当たっただけでジューシー(?)なほどに魚汁が溢れ、挟み揚げにされたトロ~リチースとサクサク衣が口の中で大宴会です(>▽<)b

自家調整されたソースは少々甘めにチューンされていて、しかもスパイシーさや濃度はやや控え目ですので、白身魚の味わいをマスキングすることはありません。

福島屋 スズキチーズフライ

以前から人気の自家製マカロニサラダはこの日も健在! 見事に切り整えられたキャベツなどの野菜には、ゴマ系のドレッシングが掛けられています。

福島屋 いわしのフライ

他方いわしのフライもまた千葉県産らしいです。 コチラも身に締まりを感じさせながらも、ふっくらとした柔らかさがあって、いわしらしい風味がそのまんま表現されていました。

福島屋 ぶり刺身

ぶりは大分県産の「かぼすぶり」というブランドで、安定した脂の乗りの良さとニゴリのない風味の良さで、同様の養殖手法が増えているそうです。 張りのある歯応えと、口の中で瞬く間に広がるきめ細かな脂質美味しさがありました。

烏賊は多分、先述の藤本さんのアオリイカかと思われます。 簡単に歯切れるように隠し包丁が入れられていて、ネットリとした歯触りと甘味を伴った旨味が楽しめました。 ムラサキはアタリが付けられていて、塩辛さは無く柔らかな醤油の旨味が刺身を引き立てていました。

福島屋 フランボワーズのシャーベット

食後にはこの日初お目見えの「フランボワーズのシャーベット」を振る舞って頂きました。 店主さんの料理学校時代のご友人で、洋食のプロとして活躍する方が、この日の朝方に教えていってくれたのだとか。 果汁濃度が凄くて、まるで果実をそのまま口にしているかのようでした( *´艸`)

新生・福島屋さんは食堂の気軽さで割烹料理店の雰囲気と質が味わえます! いわき市に訪問する時のお楽しみコースが、パワーアップして再び戻って来ましたO(≧▽≦)O




福島屋
福島県いわき市小名浜横町34
電話;024-963-7611
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~21:00 (L.O.20:30)
定休日;木曜日
駐車場;店舗裏と指定駐車場に12台分



福島屋 駐車場案内
 

天ぷらめし ひで ~福島県郡山市島~

2018年10月1日に開店した「天ぷらめし ひで」さんを初詣して参りました。 開店からひと月半が経過して、すっかりオペレーションも落ち着いた頃でしょう。 土日は通し営業と使い勝手も良く、リーズナブルに揚げ立て天ぷらが頂けるのは嬉しいところです。

天ぷらめし ひで

コの字型のオープンキッチンで、揚げ立てを素早く供してくれます。 券売機による決済・注文となりますが、券売機の表記の仕方が分かり易く、機械を前にして眉間にしわ寄せしながら熟孝しなくても済みそうです(o^-^o)

「味わい定食 (790円)」 ※クーポンで海老天ゲト

天ぷらめし ひで

注文した定食の内容は、カウンターの上に知らせてくれます。 揚がった順番に金属製の油切りバットに届けてくれますが、自分の残りのタネがあといくつあるかが分かれば、食べ進めのペース配分にも一助となりますね。

天ぷらめし ひで 味わい定食

先ずはごはんの味噌汁、天つゆがセットされます。 ご飯と味噌汁はお代わりOKですし、天つゆも声掛けすればチャージしてくれます。 卓上配置のお漬物や烏賊の塩辛も好きに頂けます。 この烏賊の塩辛が柚子風味が利かされていて、なかなかのバイ・プレーヤーでした( *´艸`) 揚げ立てとはいえ油モノですので、口直しにも白飯の共にもバッチリです。

天ぷらめし ひで 味わい定食

揚げて出し第一段。 かき揚げきす天半熟たまご天の三種です。 先ずはきす天。 小振りながら淡白で品の良い白身に脂の乗りも良く、簡単にホロッと身が崩れてしまいます。

かき揚げは小振りですが、天つゆに浸して程良く衣に染みたところでオン・ザ・ライス! 白飯がドッと捌ける美味しさです。

天ぷらめし ひで 味わい定食

更に半熟たまご天は、ホール係のおねえさんがお薦めした通り、卓上配置の出汁醤油で頂きます(〃∇〃) 熱々半熟の黄身に出汁醤油って、全方位隙無しの白飯イーターじゃないっすか♪

天ぷらめし ひで 味わい定食

次弾は野菜天で茄子天南瓜天鶏天にクーポンでゲトした海老天です。 南瓜は卓上配置のカレー塩で。 茄子は天つゆで。 共にかなり薄切りですが、この辺は私的な好み次第ですね。 鶏天もカレー塩で頂きましたが、鶏胸肉のふっくらとした食感に、程良くジューシーさもあって悪くないです。 さすがに海老天(200円相当)のサイズは知れていますが、ちゃんとプリッとした食感と共に、風味と甘味が伝わって来ました。

全体的に隙のない誂えで、たまに天ぷらが食べたいと思った時に、気軽に訪問出来るカジュアルさが嬉しいですね(o^-^o) 天丼もメニューに追加されたので、丼ツユの味も含めてもちょっと気になるところです。




天ぷらめし ひで
福島県郡山市島1丁目212-1
電話;024-963-7611
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
     【土日】10:30~21:00
定休日;不定休
駐車場;店舗敷地内に30台分


 

麺屋 信成 ~福島県郡山市堤~

2018年12月2日に移転再開店となった「麺屋 信成」さんです。 現店舗で3代目となります。 なかなか訪問出来ないままだったのですが、何とか近くまで仕事先があったので潜入することが出来ました。

麺屋 信成

“黒醤油中毒”に罹っている者としては、当然ながら黒醤油チャージするのが鉄則ですが、なぜかこの日は気が変わり・・・

「福島鶏白湯 ver.トリュフ (1,000円)」

信成 福島鶏白湯 ver.トリュフ

新店舗での初杯は久々の“白”を頂く事にしました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 実は随分久しく「福島鶏白湯」を頂いていなかったので、その後どのように進化し続けているのか気になっていたのは勿論ですが、更なる高みを目指してトリュフテイストが加えられるようになっていたのも未食でした( ̄▽ ̄i)ゝ

信成 福島鶏白湯 ver.トリュフ

トリュフはチップ化されてオイル漬けとなっており、これを別容器で提供します。 お陰で、容器からダイレクトにその香りを

(ふむ~ これがトリュフかぁ~(。-`ω´-)んー)

と確かめる事も出来ますし、ラーメンを楽しみながら自分でタイミングを図って投入する事が出来、味香の変化を楽しめます。

信成 福島鶏白湯 ver.トリュフ

なんて観察していると、アッと言う間にスープの表層にコラーゲン膜が生成されてきます。

信成 福島鶏白湯 ver.トリュフ

そのスープに沈むことなく低温調理の鶏胸肉チャーシューが載っています。 ソフトな肉質でジューシーさも伝わって来るし、確か塩麹でマリネしていたと聞いた記憶がありますが、塩梅良く旨味を伴った塩味が染み入っています。

信成 福島鶏白湯 ver.トリュフ

ベビーリーフやスプラウト、刻みネギが中央に配され、ほの苦味が濃厚な鶏白湯スープをサッパリと口直しさせてくれます。 フライド・オニオンが香ばしさを漂わせ、やがてスープに馴染んでくると、今度はナチュラルで凝縮した甘味も広がります。

信成 福島鶏白湯 ver.トリュフ

低温調理の豚モモ肉チャーシューは、もうお見事の一言しかありません! スープに浸ってしまうと、瞬く間に熱が伝わってしまうので、丼の蓋にちょいと立て掛けるのは理に適うところです。

信成 福島鶏白湯 ver.トリュフ

麺は低加水タイプのストレート細麺。 程良く張りを伝えてくる歯触りの良さに、スルリとしなやかな舌触り。 クリーミーな鶏白湯スープが良く絡んで、麺とスープの一体感が満喫出来ます。

信成 福島鶏白湯 ver.トリュフ

トリュフのオイル漬けを加えると、濃厚鶏出汁テイストに、異種の味香が加わります。 少し揮発性を感じさせるほどの香り高さに、複雑味の面白さを感じます。

半味のアクセントのある塩味も、ベビーリーフやスプラウトが巧妙に洗い流してくれるので、好い印象だけが残ります。 福島三大地鶏の旨味がとても良く凝縮していながら、食後の胃に重さを感じさせず、どなたにも安心して楽しんで頂けるラーメンです(o^-^o)

【嬉しいお知らせです】


2018年12月17日に発表された「SARAH JAPAN MENUAWARD 2018 下半期」(URL)にて、「福島鶏白湯」「辛玉豚骨」の2点が★★★"卓越した一品 ~遠出してでも食べたい~"として同時受賞致しましたヽ( ̄▽ ̄)ノ おめでとうございます!






麺屋 信成
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-2876
営業時間;【昼の部】11:30~14:30
     【夜の部】17:30~20:00 ※木・金・土のみ
 ※スープが無くなり次第営業終了
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に6台分

麺屋 信成


 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

鉄壁というほど足繁く通う、みんなの大衆食堂「みたか食堂」さんへ詣でて参りましたヽ( ̄▽ ̄)ノ あまりの美味しさに鬼リピしそうな丼類ですが、とにかくボリュームが凄いモノで、最近は自制のつもりで半サイズ(七分盛りくらい?)で所望する事が増えました。

「半かつ丼 (850円)」

それでもしっかりと“ハミ丼”になってくるというのは、どういう了見なのか?と笑いが止まらない楽しい丼です(〃∇〃)

みたか食堂 半かつ丼

蓋は煮込みカツのアタマに載せられているだけの存在なのか?( ̄ω ̄;) 場合によってはアタマの一時待避場所に応用するのも食べ手のアイディア次第です。

と、言う事で、早速お待ちかねの・・・ オープン・ザ・蓋ぁ~~~~!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

みたか食堂 半かつ丼

あぁぁぁぁぁぁぁ(゚A゚;)ゴクリ なんて罪深いかつ丼でしょう(>▽<)b これ一瞥しただけで

ぜってぇ~ウマいやつだぁ~!(。´艸`。)

って伝わっちゃうじゃないですかっ! “みたか詣”しているファンの皆さんは、その魔性の味わいに心身共に蝕まれてしまっている訳でww

みたか食堂 ワカメスープ&香物

共添えのワカメスープは、ワカメがタップリと入っていて、味噌汁よりも軽快な味わいながら、濃ゆ~い味わいのかつ丼が故に、見事なまでにフィットしています。 香物は女将さんの実家で委託栽培される「みたか農園」産の野菜を出来る限り使っています。 浅漬けがまた良い案配の口直しになってくれますよ。

みたか食堂 半かつ丼

ジューシーなほどの丼ツユは、厚削りの鰹節からの出汁がしっかりと利かされていて、甘味と醤油味が濃厚なほどの濃い味わいにされています。 玉ネギはアメ色の一歩手前まで煮込まれていて、この玉ネギからの甘味もまた加担してくるからタマりません。

みたか食堂 半かつ丼

しっかりと煮固められた上に蓋で蒸される溶き卵は、双子卵が使われているので卵黄率が非常に高いです。 とんかつ自体はそんなに大判という訳ではありませんが、筋切りなどの下処理が隙無く行われており、噛めばブリッと簡単に歯切れます( *´艸`)

脂身までもウマウマで、箸を口に運ぶのが楽しくて仕方ないんです♪ 私的に市内最強レベルのかつ丼が「みたか食堂」さんです(ノ´∀`*)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

そろそろ禁断症状の兆候が出てきましたので定期巡回先の「郡山大勝軒」さんの暖簾を潜りました。 16時と夕方前の微妙な時間帯でしたが、相変わらず客足は途切れませんね。 その時間帯でも家族連れが複数組。 三世代家族なら、行列が避けられる時間帯を狙うのも賢い選択ですね。

「スパイシーカレーつけめん 並盛 (830円)」 ※載せモノ色々とご馳走になりました(〃∇〃)

郡山大勝軒 スパイシーカレーつけめん 並盛

ドッと溢れんばかりのスパイス香に魚介系の香りも混じり、この日の漬け汁はインパクトが強く感じられました。 これはもう大歓迎っス♪

シュレッドチーズがジワジワと溶け始めている漬け汁は、香り立ちの期待度そのものに、この日は大変リッチな味わいになっていましたヽ( ̄▽ ̄)ノ ベーススープの旨味がとてもしっかりと引き出されていて、カレーテイストやホットさとスパイシーさのどれもがグイッとばかりに前面に押し出されて来ます。 メリハリを演出する甘酢とカエシが更なる追い打ちをかけて、いつにも増して濃ゅ~い味わいになってました。

郡山大勝軒 スパイシーカレーつけめん 並盛

大量のメンマに角切りチャーシュー、バラ巻きにモモ肉と豪華絢爛のフルキャスト♪ 味玉はFree Paperなどにクーポンが配付されていますので、巧く使ってゲトしちゃいましょう。

郡山大勝軒 スパイシーカレーつけめん 並盛

麺は控え目に『並盛』ですが、これでも茹前で200gと充分なボリュームです。 「スパイシーカレーつけ麺」の場合には“あつもり”がお薦めです。 カレーテイストの漬け汁は、なるべく冷まさずに頂く方が美味しいと思います。

郡山大勝軒 スパイシーカレーつけめん 並盛

ドプッと漬け汁に潜らせて啜れば、甘辛スパイシーなカレーテイストが口中を満たし、モチッとした食感の自家製麺をとても美味しくしてくれます( *´艸`) いやいや本当にこの日は大当たりだ! 漬け汁の底力は、ここ最近では最高レベルでした。

ある程度の味のユラギはあって当然ですが、今回は上に突き抜けるユラギでした(o^-^o)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


 

中国料理 鈴 (りん) ~栃木県那須郡那須町~

一年以上間が空いてしまいましたが、栃木県那須町の「中国料理 鈴」さんを訪問して来ましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 夜の部でしたので、ご家族連れの姿も多く、予約を入れての訪問客も多かったです。 アポなしで潜入出来たのは幸運だったかも(;^ω^)

「鈴のバリバリ春巻き (4個・600円)」

鈴 鈴のバリバリ春巻き

まずは点心から一点です。ついつい「春巻」を所望してしまいますが、焼売や小籠包も揃っていますよ。 揚げ立て「春巻」は餡も熱々なので用意注意(; ・`д・´) テッポウになったら大変です。 サクサクの皮は香ばしさ満点。 餡には滋味豊かなオイスターソースなどで程良く味が行き渡っていますので、シンプルにカラシだけをチョイ付けして頂きました。

「タンタン麺 (850円)」

鈴 タンタン麺

鮮やかなオレンジ色が美しい「担々麺」は、香り立ちからしてスパイシーさ満点です。 自家製の五香辣油と花椒がこの香り立ちの主因でしょうか。 もうワクワク以外の何も無しですねO(≧▽≦)O

鈴 タンタン麺

鶏ガラベースのスープに、芝麻醤の濃厚なゴマテイスト、みじん切りのネギが散らされたスープに、先述の香辛料の数々が合わせられ、良く炒られた甘めの味付け挽肉に瑞々しいチンゲン菜が添えられます。 まさに“王道の担々麺”ですね!

鈴 タンタン麺

そのスパイシーな風味に甘味と旨味の底力が湧き立つスープに、花椒のシビレと五香辣油のピリッと引き締まった辛味が絶妙に調和しています。

鈴 タンタン麺

麺は細麺と言うよりも極細麺というほどの番手。 ほぼ素麺に近いくらいの麺線ですが、しなやかな舌触りの麺は濃厚な坦々スープをドップリと絡めて口中を満たしてくれます。 まさにスープを口に運ぶためのストローが如し! これだけの極細麺なのに、そう易々とは伸びたりしないのは驚きです。

ちょっと軽く注意して啜らないと、ゲホゲホと咽せってしまいそうですので、特に最初の何手繰りかは恐る恐ると口にするのがお薦めです。 担々麺ファンならきっと心琴線を鷲掴みにされるはずですv( ̄∇ ̄)ニヤッ

ここでまさかの“麻婆豆腐振る舞い”を頂いてしまいました((#◎□◎#)) 昨年の『食べログ 栃木県No1麻婆豆腐』に選ばれたのがここ「中国料理 鈴」さんの「麻婆豆腐」です。

鈴 麻婆豆腐

まさに“血の池地獄”だ! スゴイ勢いで花椒のスパイシー香が立ち昇ってきます。 まさにキケン信号が激しく点灯しているが如きです。

鈴 麻婆豆腐

ところがこのシビカラが心身を駆け抜けると、もう止められない。゚(´^o^`)゚。 その中毒性の高さときたら、サディスティックな麻辣テイストにも関わらずとにかくレンゲが止まらない! 辛さというよりホットさ。 口中がまるでミントを噛んだようにスースーとするようなCoolな印象になるほどです。

鈴 麻婆豆腐

粒のままに使われる豆豉の塩味パンチも効果的で、単なる辛さだけじゃなく、旨味も同時に発する優れた調味料です。 店主さんが10年掛かりで師匠から学び取ったという、まさに伝家の宝刀がこの麻婆豆腐なのです。

どうもご馳走様でした!




中国料理 鈴 (りん) (URL)
栃木県那須郡那須町高久甲5176
電話;0287-63-4265
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~21:00 (L.O. 20:30)
定休日;水曜日、第1火曜日
駐車場;敷地内に50台分以上


 

蕎麦家 ~福島県郡山市逢瀬町多田野~

今年も暮れのご挨拶~♪(〃∇〃) って、ご近所まで進物の配達を仰せつかっているお陰で、配達にかこつけて“蕎麦家さん詣”をして来ました。

蕎麦家

夏とは違って今なら漏れなく新蕎麦が頂ける訳でして、こんなに嬉しい事はございません(o^-^o) 先客様はとても品の良いシニアのグループ様方。 店が客を選んだのではなく、客が店に集うって感じで、とても和やかで良い雰囲気の中に紛れ込みました。

蕎麦家 蕎麦掻きの揚げ出汁

オーダーを聞き届けて貰うと、ほどなく供される「蕎麦掻きの揚げ出汁」振る舞いを頂きながら、口中に満ちる蕎麦の風味で期待度が盛り上がって来ます。

「もりそば (750円)」

蕎麦家 もりそば

NORITAKEの洋皿に盛られるのが蕎麦家のスタイル。 十割蕎麦は引目で見ても透明感があり、更には新蕎麦ならではの蒼味さえも見られます。

蕎麦家 もりそば

薬味はお皿の縁に仲良く鎮座します。 大根おろしもデフォというのは何とも嬉しいところ。 フワッと盛られた大根おろしは、お皿の縁で汁気の痕跡さえ見せない秀逸な仕立て。 ワサビは甘味が際立ち風味は豊かだけど辛味はマイルドです。

蕎麦家 もりそば

細打ちの蕎麦は甘皮が少し混じり、乳白にではなく透明感を醸し出します。 毎日深夜から石臼挽きで製粉しているといいますから、その手間暇と下準備に要する時間を考えると、蕎麦一本も無駄には出来ません。

まずはお皿からそのまま手繰って蕎麦の味香を確かめます。 上品な甘い蕎麦の香りと、こんなに細打ちなのにソリッド感の伝わって来るような舌触りは歯切れの食感は、まさに“角の立った蕎麦”そのものです。

蕎麦家 もりそば

自慢の蕎麦つゆはカツオ節の濃醇な旨味と風味が際立ち、カエシはドップリと漬しても塩辛くならない程度の絶妙の見切り。 円やかな中にも醤油の風味がちゃんと活きていて、程良い甘味と共に蕎麦を美味しく楽しませてくれます。

「いなり寿司 (2個・150円)」

蕎麦家 いなり寿司

こちらも毎回欠かすことの出来ない大切なアイテム(ノ´∀`*) アメ色の一歩手前に炊かれた油揚げは、輝くばかりの艶やかさ。 酢飯に煮汁の甘じょっぱさが加わり、渾然一体となる見事な逸品です。

もしワサビが残っていたら、ちょいといなり寿司に載せて頂くのも一興ですよ♪

蕎麦家 もりそば

蕎麦湯はトロミがあって、甘い蕎麦の香りがたっぷりと含まれています。 蕎麦猪口に注いで蕎麦つゆの美味しさを最後の一滴まで堪能しつつ、来年の夏のご挨拶の頃にも必ず来るぞ!と意を決するのでありました( *´艸`)




蕎麦家
福島県郡山市逢瀬町多田野字上山田原1-317
電話;024-957-2668
営業時間.;11:00~15:00 (売り切れ次第閉店)
定休日; 火曜日 ※2月中は長期休暇


 

手打中華 トクちゃんラーメン ~福島県郡山市桑野~

ちょっとご無沙汰になっていましたけど「手打中華 トクちゃん」さんの暖簾を潜りました。 ご無沙汰しちゃっていた内に、新作が加わっていたので、全く躊躇無くコチラを所望してみましたよo(*^^*)o

「四川風担々麺 (980円)」

トクちゃんラーメン 四川風担々麺

本格中国料理店さんの担々麺とはアプローチは違って、ずっと親しみ易いピリ辛胡麻味噌ラーメンのスタイルですが、独自のアイディアが盛り込まれていました。

トクちゃんラーメン 四川風担々麺

まず一際目を引くのは丼中央にそびえる“焼肉マウンテン”です。 これ望外のボリュームでして、スープの面よりも遥かにこんもりと盛られています。 焼きたての豚バラ肉が香ばしい風味と、肉自体からのダイレクトな旨味がスープに還元されて、とても分かり易く存在感を発揮します。

トクちゃんラーメン 四川風担々麺

この一品だけの為にチンゲン菜が調達されていて、この青味の美しさや瑞々しさが、四川風担々麺らしさを演出しています。

トクちゃんラーメン 四川風担々麺

また背面に目を移せば、ピリ辛ネギがモサッと盛られていて、ネギのシャクシャクとした歯触や鮮味と共に、明確なピリ辛テイストを直に伝えてきます。

ベーススープは例によって丸鶏、豚骨、モミジ等の動物系素材に、かなり上等な本枯れ節やニボシ、昆布など多種多様な旨味が取り込まれており、とてもシンプルに言語表現するのは難しいところ。 摺りゴマからの濃厚で甘味を帯びた旨味は、胃もたれしない程度に抑えられていて、お陰でスープもどんどん飲めちゃいますよ。

トクちゃんラーメン 四川風担々麺

麺は勿論自家製縮れ中太麺。 青竹で鍛えられた麺は、数日間の熟成を掛けられて供されます。 以前にも増して麺のコシの強さが印象的でした。 しっかりとグルテン分が活性しているのが素人にも分かります。 しかも麺量も豊かですので、スープ共々食べ応えありです。

麻辣テイストが利かされたタイプでは無いので、卓上配置の七味唐辛子なども巧く動員して、好みの頃合で楽しむのも良いでしょう。 この「四川風担々麺」麺を美味しく楽しむための担々麺だなぁ~ってわかります(o^-^o)




トクちゃんらーめん (URL)
福島県郡山市桑野1-25-9
電話;024-925-3390
営業時間;11:00~19:00 ※麺、スープがなくなり次第終了
定休日;毎週火曜日


 

ちばから 郡山店 ~福島県郡山市堤下町~

夜の部の営業スタートが30分繰り下げられて、なかなか訪問しにくくなっていた「ちばから 郡山店」さんですが、この日は昼食の摂り損ねが功を奏して、都合良く潜入する事が出来ました(ノ´∀`*)

ちばから 郡山店

12月から第1,第3,第5火曜日も営業(※2019年1月より、火曜日全日営業開始)するようになり、まさにこの恩恵を突いての訪問でしたv( ̄∇ ̄)ニヤッ まだそれはあまり知られていないようで、お陰で駐車場もOKで幸運でした。

「ミニらーめん 豚一切れ+レン草 (780円+50円)」

ちばから ミニらーめん 豚一切れ+レン草

券売機は軽々とクリアしたけど、2ヶ月のブランクでCALLの段取りをすっかり忘れるという失態に泣きつつも、ちゃんと食べたいカタチで頂きました。

ちばから ミニらーめん 豚一切れ+レン草

今回も安定の乳化スープは、豚臭さを感じさせずクリーミーで凝縮した“旨味爆弾”が如きインパクトで喜ばせてくれましたO(≧▽≦)O

ちばから ミニらーめん 豚一切れ+レン草

手切りのバラ巻き豚は、本日も見事な“神豚”で、この厚みにしてホクッとするようなふっくらとした肉質と、とろけるようなゼラチン化した脂身で、圧倒的な美味しさを満喫させてくれます。

ちばから ミニらーめん 豚一切れ+レン草

ヤサイは少な目CALLですが、程良く茹でられていてとても食べ易く、少な目とは言え充分な量感があります。 そこにホウレン草のおひたしの水気とザク切りのネギが、ちょっぴり強めに利かされたカエシのアタリを和らげてくれるという絶妙なコンビネーション。

ちばから にんにく別皿

ニンニクは別皿で出して頂いたので、食べ進めながら自分のタイミングで加えていく楽しみがあります。 でもまあ、抑え気味にするつもりが、ついつい追加してしまい、勝手にニンニクパンチに身を委ねているという実態も・・・( ̄▽ ̄i)ゝ

ちばから ミニらーめん 豚一切れ+レン草

平打ち太麺はモチッとするような弾力があって、顎の筋力に頼らなくても簡単に歯切れる食べ易さ。 これでゴリゴリだったら、ボクはこんなに「ちばから」さんが好きになっていなかったかも(=´▽`)ゞ 正直なところこの塩梅はとても好みです。




ちばから 郡山店 店内禁煙
福島県郡山市堤下町12-7 ホテルシーアンドアイ郡山1F
電話;024-927-1119
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:30~21:00
定休日;月曜日
駐車場;お店の入居するビルの右隣り(北側)に6台分
    ※コインパーキング利用なら乗り合わせ全員に味玉サービス (要駐車券提示)


 

皐月亭 ~福島県郡山市喜久田町~

いつも通し営業で安心の「皐月亭」さんから、SNSメンバー限定メニューの案内が流れて来ました。 それがまたソソられる内容でしたので、モノの見事に釣られて参りましたよ♪

「情熱の濃厚豚骨醤油らーめん (790円)」

皐月亭 情熱の濃厚豚骨醤油らーめん

濃厚を通り越してドロドロクリーミーじゃないですかっ!((#◎□◎#)) こりゃあ想像以上の凝縮度だ。 でも豚骨臭はほとんど感じません。 骨の髄の成分が見事に乳化して、まるで“旨味爆弾”みたいになってます。

皐月亭 情熱の濃厚豚骨醤油らーめん

醤油ダレはあまりの濃醇な豚骨の成分にますきんぐされてしまいそうなほどですが、これ以上エッジを利かせると最後にはしょっぱくなっちゃうでしょうから、店主さんが理性で引き留めたって感じです(;^ω^)

皐月亭 情熱の濃厚豚骨醤油らーめん

載せモノはこれ専用ってアイテムはありませんが、自慢の豚バラチャーシューはいつもながらの美味しさですし、メンマも味玉も申し分無し。 強いて言えば小口ネギでは少々弱い印象なので、追金を打ってでも九条ネギをドサ載せしてみたい衝動はアリです。 それだけのパンチ力と価値のある濃厚豚骨であると思います(o^-^o)

皐月亭 情熱の濃厚豚骨醤油らーめん

麺は名門・京都棣鄂の低加水ストレート細麺。 人気の定番メニュー「伊達地鶏そば」専用の麺ですが、これを茹で時間短めで張りのある歯触りを残してあしらっています。 強粘性スープはしっかりと麺に纏わり付きますので、麺を食べ尽くす頃にはスープも半分くらいは胃袋に収まっちゃいましたよ(⌒▽⌒;)

大量の豚ゲンコツをメインにシンプルに水だけで炊き上げたピュアテイストの濃厚豚骨に、醤油味の利かされたスープは、後からボディーブローのように後を引く魔性のスープです。 12月14日(金)までの限定提供品ですので、ソソられちゃった方は急ぎ潜入を!




皐月亭
福島県郡山市喜久田町四十坦8-25
電話;024-925-6321
営業時間;11:30~22:00 (L.O.21:30) ※金曜日は15:00閉店
定休日;元旦他、臨時休業あり
駐車場;テナント敷地内に供用10台分ほど


 

Cafe & Dining ZOCCOLO ~福島県郡山市虎丸~

写真仲間である店主さんが、昨年末に独立開業したお店Cafe & Dining ZOCCOLO (ゾッコロ)さん。 もうすぐ開店1周年を迎えます(o^-^o)

Cafe & Dining ZOCCOLO

なかなか再訪問出来ないままに、だいぶお久しぶりの訪問となってしまいました(>▽<;; ランチタイムもピークを越えていたので、久しぶりに写真撮影の情報交換なんぞも出来ました。

キーマカレー 半熟玉子付 (750円)」 (サラダ、スープ付き)

ZOCCOLO キーマカレー 半熟玉子付

調理開始から間もなく、カレーのスパイシーな香りが漂って来て、もう胃袋のドアは開いてましたよΨ( ̄∇ ̄)Ψ サラダとスープも共添えされて、程良いボリュームになりました。

ZOCCOLO キーマカレー 半熟玉子付

言うまでもなくキーマカレーは挽肉とみじん切りの野菜で作られています。 みじん切りが故に素材の旨味が余すところ無く引き出され易く、味付けもストレートに反映されやすいと思います。

ZOCCOLO キーマカレー 半熟玉子付

ZOCCOLOさんのキーマカレーは、旨味がとても凝縮していて、ギュッと味わいの引き締まった仕立て。 だから半熟玉子がしいも良く合います。 塩味やコク味を柔らかく包み込んでくれて、ごはんにも程良く湿潤さを与えてくれて、口当たりもグッと良くなります。

ZOCCOLO キーマカレー 半熟玉子付

共添えのサラダも濃い目のキーマカレーをサポートしてくれて好都合ヾ(^▽^* ボリュームも多目で野菜好きには嬉しいところ。

ZOCCOLO キーマカレー 半熟玉子付

スパイシーさは凝縮された素材の旨味で包まれていて、ホットさは大人なら問題無く馴染める案配です。 あまり甘味に傾きすぎず、ギュギュッと濃い目の味わいが楽しめます(o^-^o)




Cafe & Dining ZOCCOLO
福島県郡山市虎丸町20-30
電話;024-954-9330
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:30~22:00
定休日;毎週火曜日
駐車場;指定駐車場3台分



Cafe & Dining ZOCCOLO
 

支那そば くりちゃん ~福島県郡山市安積町~

この日はイレギュラー的に須賀川市まで配達があり、朝食も摂らぬままだったので、帰途に「支那そば くりちゃん」に立ち回って“朝ラ~”して来ました( *´艸`)

支那そば くりちゃん

開店時刻から少し経った頃に現着。 既に先客さまが奥手のVIP席でラーメンを啜る音が聞こえています。

くぅぅぅぅぅ、早く食べたい~!(>▽<)b

「米沢らーめん 大盛 (650円)」

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

そうだ!すっかり忘れていた!(⌒▽⌒;) ここの大盛ドンブリは『鉢』のような大きさだったんだ・・・ 大丈夫かな、オレ?(゚A゚;)ゴクリ

こんなに惜しげもなくスープを張ってくれるお店は、最近少なくなって来たと思います。 しかも先述の通り器はまるで鉢のように深さもタップリな訳でして、およそスープだけでも完飲しようものなら、腹パン必至の大容量です。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

少し明るめなアンバーカラーのスープは、表面に淡目の油膜と微細な浮遊物。 背脂なのかニボシ油なのか、今一つ判然はしませんが香味油は足されています。 スープ自体はクリアで鶏ガラ&豚骨で炊かれているのでは無いかと思います。 ちょっと控え目に感じる旨味ですが“米沢ラーメン”の定石通りの麺ですので、あまりバンチ力がありすぎてもバランスが崩れますね。

醤油ダレは淡目の色合いの割りには、ボケる事無くちゃんと利かされていて、サラサラと軽快なスープに程良くマッチしています。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

バラ巻きチャーシューは丼がデカいので相対的に小さく見えますが、並盛りなら550円というラーメンにあって、充分に立派なサイズです。 しかも相変わらずウマい♪(〃∇〃) メニューには無いけれど、

このチャーシューをズラッと載せてチャーシューメンにしてみたい(ノ´∀`*)

と思えるほど秀逸ですっ!

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

幅広タイプのメンマはしっかりと発酵臭が抜かれていて、簡単に歯切れる程度の柔らかさの中にも、サクッとした歯切れの食感が残されます。 淡麗なスープにアクセントを添えるような甘じょっぱい味わいも良好ですね。

更には半カットのゆで卵や海苔まで添えられ、ナルトと刻みネギと隙のない構成です。 この半カットのゆで卵もまた、黄身が溶けそうで溶けない見事な茹で上がり。 濃厚な黄身の味わいがラーメンの味の世界をより広げてくれています。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

米沢から調達しているというチリチリの縮れが掛けられた多加水熟成細麺は、まさに“米沢ラーメン”のトレードマークと言うべき特徴です。 スルスルと軽やかに啜り込まれる麺は、舌の上をくすぐるように踊り、それは楽しい体験です(>▽<)b 麺線が細いので、最初からしなやかな茹で上がりとはなりますが、こんな細麺でも縮れの食感を確かに伝えてくるだけのコシの強さは備わっています。

もちろんスープの持ち上げは上々で、麺を啜ればスープも一緒に口の中を満たしてくれます。 淡麗スープとは言えこの合わさり加減はまた一つの高みに思えるほど美味しゅうございます。

丁度先客様が発たれたので、店主さんご夫妻に色々とお話を伺えました。 平成6年に創業したことや、実は店主さんは以前は無芸の仕事場のすぐご近所で寿司職人さんをなさっていた事。 短い時間でしたが、お話を伺えてとても良かったです(o^-^o)

郡山・須賀川エリアでは唯一の米沢ラーメン提供店さんだと思います。 営業時間はお昼だけですし定休日も週に二日と、なかなかハードルが高いと感じられるかも知れませんが、良心的な米沢ラーメンがここにありますよ。




支那そば くりちゃん
福島県郡山市安積町笹川南向50-1
電話;024-945-5752
営業時間;11:00~14:00 (LO 13:45)
定休日;月曜日、金曜日
駐車場;店舗敷地内に8台分ほど


 

北海道ラーメン 麺屋 中邑 ~福島県田村市船引町~

初冬の「三春滝桜」に咲く菜の花を撮影したあと、遅くなっちゃった昼食を摂りに船引町の「北海道ラーメン 麺屋 中邑」さんまで行きました。

ふっふっふ♪(〃∇〃) この移動時間がまさにピッタリとハマり、駐車場に車をデポしたと同時に「夜の部」営業の暖簾が掛かりましたよo(*^^*)o

北海道ラーメン 麺屋 中邑

初訪問の時のこってりラーメンの味噌味が忘れられなくて、ほぼ考える事無くコレに決めたのですが、ここでまさかの大番狂わせ((#◎□◎#))

『本日味噌売り切れです』

えぇ~~?!マジかぁ~!Σ(oДolll)ノノ

こればかりは仕方ない・・・( ̄  ̄;) うーん でも考え方を変えれば、もしかしたらここでは味噌しか食べなくなったかも知れないのに、他のメニューを試してみるチャンスに出会ったのかも。 では、二番目に気になっていたコチラでいきましょう!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

「こってりつけ麺 醤油+チャーシュー (750円+200円)」

中邑 こってりつけ麺 醤油+チャーシュー

ちょっとアンバーカラーっぽい漬け汁には、何やら泡立ちが浮いてます。 増し盛りCALLをしたチャーシューは、器の縁に沿ってヒタヒタッと貼り付いている感じです。 具材はデフォの分のチャーシューに加え、メンマとネギ。 チャーシューは角切りなどの趣向は無しで、大変潔い直球勝負です。

中邑 こってりつけ麺 醤油+チャーシュー

「こってり」を指定したから表層のラード油膜は厚めです。 でこの泡浮きの正体は魚粉でした。 豚骨ベースのにごりスープを満たして、甘酢が加えられています。 そこに魚粉がスープの熱で旨味活性して、押し味になっています。 ただ、その油膜の厚みが想像されるようなギトギト感は無くて、カエシも割りスープ不要なくらいの効き具合です。

中邑 こってりつけ麺 醤油+チャーシュー

麺は多加水熟成中太タイプ。 洗い締めされた麺は茹で上げで230gと、つけ麺としては少々控え目なボリュームです。 “大盛CALL”をすれば2玉で茹で上げ460gを頂く事も出来ますが、ボクは今回は敢えて並盛りに抑えますv( ̄∇ ̄)ニヤッ

中邑 こってりつけ麺 醤油+チャーシュー

麺は麺肌がツルッとしており、洗い締めされた麺は中太タイプとして期待されるだけのコシの強さがあります。 オイリーな漬け汁に潜らせて頂けば、油膜コートされた麺肌は更にツルツルにww ちょっと気をつけて手繰らないと、漬け汁が被弾しそうなので、気をつけて頂きました。

一味唐辛子が入っているそうですが、デフォのままでは甘酢とアブラのマスキング効果でほとんど分からない程度です。 卓上配置のコショウと一味唐辛子で好みにチューンするのが良いでしょう。

で、先述の敢えての並盛りですが、“我に秘策在り”でして・・・

中邑 イクラ丼

まさかの「イクラ丼 (300円)」がサイドメニューにあるのです!v(o ̄∇ ̄o)♪ ラーメン専業店さんで「イクラ丼」ってのは、県内では他に類をみないのではなかろうか? 北海道育ちの店主さんらしいアイディアですね。

中邑 イクラ丼

卓上にイクラのタレがありますので、これで好みのお味にチューンします。 お子様連れも多いお店ですので、子供に夢も与えるメニューは素晴らしいと思いました。




北海道ラーメン 麺屋 中邑 (なかむら)
福島県田村市船引町船引字堰田44-4 ※店内禁煙
電話;080-1093-1720
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 (L.O.13:45) 【夜の部】17:00~20:00 (L.O.19:45) ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日
駐車場;20台ほど


 

無芸の朝スパ

自作飯の備忘録。 この1ヶ月は日曜日に早朝撮影行に出ていなかったので、だいぶ溜まっていましたΣ(゜▽゜;) 忘れない内に書き留めです。

「無芸作 鶏団子の温蕎麦」

無芸作 鶏団子の温蕎麦

初っぱなから朝スパじゃないし、しかも夕食だけど・・・ 野菜からの甘味と旨味とふっくら鶏団子の美味しさに三つ葉の香りがとても良く合いました。

「無芸作 松島産牡蠣のクリームソーススパゲティ」

無芸作 松島産牡蠣のクリームソーススパゲティ

調達先に生食用しか販売されていなかったのは残念でしたが、牡蠣の旨味をしっかりと引き出しつつ、プリっとした食感も残すことに成功!

パンも買い求めて来たので、ソースも余すことなくお腹に収まりました♪

「無芸作 ビーフシチュー」

無芸作 ビーフシチュー

この日は牛スネ肉が売り出しになっていたので、キロ買いしてドッサリとビーフシチューを作りました(ノ´∀`*)

無芸作 ビーフシチューにタリアテッレ

翌朝は少し煮崩れ始めたけど、ますます美味しくなって来たところを、フィツチーネと共に朝食で頂きました(ノ≧ڡ≦)

「無芸作 明太子スパゲティ」

無芸作 明太子スパゲティ

朝食にありあわせで作った明太スパだけど、野菜多目でカロリーゼロ(~▽~@)♪♪♪

「無芸作 鶏餡掛けうどん」

無芸作 鶏餡掛けうどん

鶏挽き肉と野菜にえのき茸等を出汁で炊いて、あっさり白だしで調味、トロミをつけて溶き卵を流します。 三つ葉と晒しネギ、生柚子の風味を忍び込ませて完成です(*^▽^*) 体が暖まったせいか、風邪っぽさも忘れました。

「無芸作 簡単ペスカトーレ」

無芸作 簡単ペスカトーレ

買い出しに出掛けたら、何となくシーフードミックスが買い物カゴに収まってましたww 烏賊多目のパッケージに引き寄せられたような気がします。

「無芸作 ベーコンとキノコのトマトスパゲッティーニ」

無芸作 ベーコンとキノコのトマトスパゲッティーニ

平日の朝食ですので、あり合わせで簡単調理。 愛用の粗漉しタイプのトマトピュレが、どうやっても美味くしてくれます( *´艸`)

「無芸作 ホウレン草入りのカルボナーラ」

無芸作 ホウレン草入りのカルボナーラ

これも平日の朝食です。 “朝カルボ”なのでコッテリになり過ぎないように、ホウレン草で彩りの瑞々しさを加えました。

「無芸作 エビのトマトクリームソース・スパゲッティ」

無芸作 エビのトマトクリームソース・スパゲッティ

月初めの日曜日のスーパーは、朝から大賑わいでオロオロしちゃいそうでした・・・(・∀・i)タラー・・・  人混みから早く離脱しようとあまり深読みしないで海老を買ってきました。

カレークリームにするか、トマトクリームにするか・・・ で、何となくこっちになりました。 南半球のグリーンアスパラも美味しいな(ノ´∀`*)

「無芸作 ゴボウと鶏肉の炊き合わせ」

無芸作 ゴボウと鶏肉の炊き合わせ

買い物の折に「土ごぼう」がとってもお手頃だったので、思わずお持ち帰りしました。 鶏モモ肉と共に圧力鍋なんぞを駆使して、美味しく炊けましたよヽ( ̄▽ ̄)ノ

「無芸作 スパゲティミートソース」

無芸作 スパゲティミートソース

平日の朝からソース作りをしたら、時間を取られすぎたぁ~!(;´Д`) でも美味しかったから活力になりました。 生クリームと粉チーズを振ると、濃厚な美味しさが楽しめます。

「無芸作 鶏団子入りのあんかけ焼きそば」

無芸作 鶏団子入りのあんかけ焼きそば

焼きそばの蒸し麺が1食だけ余っちゃったので、味変技であんかけ焼きそばにしました。 創味シャンタンとオイスターソースを軸にすれば、取り敢えず何とかなっちゃう家中華マジックです(* ̄∇ ̄)ノ

ワラサ 3kg

横浜のお友達が鹿島沖で釣り上げた「ワラサ」をお送り下さりましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 手に余らないようにとその日の釣果から小さめのをセレクトして下さったそうですが、それでも3kgと家族3人で頂くには充分過ぎるほど(゚A゚;)ゴクリ

でも普段から魚を捌くことは無いボクですので、その道のプロにおすがりしたら・・・

ワラサ三昧

えぇ~~っ?!((#◎□◎#))

ワラサ三昧

なんと捌くどころか、お料理にして下さりました。゚(´^o^`)゚。 しかも市内きっての有名寿司店さんの手になるにぎりですよ((ノ)゚ω(ヾ))

ワラサ三昧

もう感激して手足が震えそうでした(;^ω^)

ワラのあら炊き

しかもあら炊きまで誂えて下さり、余すところ無くワラサ三昧をさせて頂きました! 普段からお世話になっているのに、更に借りが出来てしまいました(>▽<;; 勿論大変美味しく頂きました! ありがとうございました。 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

この日は珍しく、ランチタイムも一段落した頃に暖簾を潜った「支那そば 墨家」さんです。 降着のお客様も途切れることなく、しっかりとファンを掴んでいるのが分かります(o^-^o)

「支那そぱ+ネギチャー丼 (700円+170円)」

墨家 支那そぱ+ネギチャー丼

ちょっと腹減りだったので、今回はサイドメニューも頼んじゃった(〃∇〃) いつも通りに濃厚な醤油ダレの香りがブワッ!とばかりに立ち昇ってきます。

墨家 ネギチャー丼

「ネギチャー丼」はゴハンの上にピリ辛白髪ネギをが布かれた上に、ほぐしチャーシューが散らされてきます。 そこにチャーダレが程良く掛けられていてますが、ほぐしチャーシューに染み入ったチャーダレの味加減にウエイトが置かれています。

やや控え目なカエシの利かせ具合の支那そばのスープを、レンゲで少々移しますとこれまた丁度良い味加減となりますよΨ( ̄∇ ̄)Ψ

墨家 支那そぱ

今回の豚バラチャーシュは巻きじゃ無かったけど、スープの熱を素早く取り込んで、肉はホロホロ、脂身トロトロ、濃厚なチャーダレの香りも高く、満足度はいささかも翳り無しです。

墨家 支那そぱ

柔らかな甘口メンマに晒しネギ、小松菜は色鮮やかってだけではなく、ほのかにエグ味が残されていて、これが自然派の漆黒系地鶏スープをキリッと引き締めたりしています。

墨家 支那そぱ

自家製中細ストレート麺は、しなやかな舌触りが白眉です。 たっぷりと自然派スープを絡め取るように口まで運び上げてくれて、ソフトな食感ながらスープとの一体感の妙には毎度の事ながらウットリさせられます。

卓上配置の粗挽き黒コショウは、ちょっと意図的に多く振るのがお薦めです。 スパイシーさやホットさの中に、胡椒の実の甘いニュアンスも加わり、支那そばの味わいをディテール良く整えてくれますよv( ̄∇ ̄)ニヤッ




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

長浜とんこつ 福まる。 ~福島県郡山市駅前~

2018年11月21日に開店した「長浜とんこつ 福まる。」さんを初詣しました。 お店はちょっと細目の路地沿いとは言え、駅前のヨドバシカメラから信号を渡ってダイワロイネットの路地を進んで15秒ほどの場所。 なかなか人通りの多い好立地です。

長浜とんこつ 福まる。

お店は昼、夜の二部制となっていて、15席ほどのコンパクトな店構えですが、店内には豚臭がこもることなく、エアフローも無問題です。 こんな駅前の好立地にも関わらず、基本のラーメンが税込600円からと言うのも驚きです♪((*゚゚∀゚゚*))

「塩 (600円)」

福まる。 塩

飾りっ気のない小ざっぱりとした屋台風のとんこつらーめんですが、飲み上げの〆にはかえって好都合です。 載せモノもちゃんと用意されていますから、お好み次第でカスタマイズも可能です。

多分こちらが看板メニューと言う事になるでしょうけど、「醤油味」と「味噌味」も用意があります。 まあその辺は追い追い頂いてみる楽しみがアリと言う事で(o^-^o)

福まる。 塩

デフォ盛りでは豚バラチャーシューは小さめのブロックに切り出されており、キクラゲと小口ネギだけが添えられるという極めてシンプルな出で立ちです。 ストイックにスープと麺を満喫したい方には、かえって好都合じゃ無いでしょうか?

福まる。 塩

スープの表層にはラード油膜と背脂が張られます。 かなりオイリーではありましたが、全く嫌な感じはありません。 ベーススープの豚臭はかなり抑制されていて、塩ダレの塩味はややシャープながら、昆布っぽい旨味と甘味も仕込まれている気がしました。

塩味の印象はこの柔らかな甘味と、ラード油膜&背脂の甘味で、なかなか良い案配に中和されていて、シンプルな中にも味わいの味重ねに一役買っています。

福まる。 塩

麺は定石通りの低加水タイプのストレート細麺。 オーダーの際に茹で加減を尋ねてくれます。 ボクは普通でお願いしましたが、ザックリとした歯切れの食感の良さは充分に伝わりますし、やや麺肌がザラついているのか、スープの絡みもより良く感じます。

麺量自体は屋台風の韻を踏んでか、ちょっと少な目にされていますが、スープの量はちゃんと替え玉を受け止められる分はありますよv( ̄∇ ̄)ニヤッ

って事で、当然ながら最初から替え玉ありきの麺手繰りです。

「替玉 (100円)」

福まる。 替玉

丸ごと1玉分の麺量ですが、こちらも茹で加減を聞いてくれます。

福まる。 卓上薬味

ホール係の方から、卓上配置薬味の紅生姜とニンニクをお薦め頂いてましたが、これは最初から替え玉までとっておきました。

福まる。 塩

おっ? これ、入れた方が味が複雑になってイイですね!ヽ( ̄▽ ̄)ノ 次第に麺肌から溶け出したグルテン分がスープと化合して、クリーミーな舌触りになってきます。 そこにニンニクの辛味とパンチ力が追い打ちをかけるので、加速度的に美味しさが膨らんできます。 丼の底には豚ゲンコツの随を思わせる濃厚な旨味が待ち構えています。

替玉を追加してからでないと現れない味の化学変化まで食べ尽くして頂きたいですね。 郡山の〆ラ~に、新しい選択肢が増えて嬉しいです(*^▽^*)




長浜とんこつ 福まる。 店内禁煙
福島県郡山市駅前1丁目7-5 一乃山ビル1階
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】18:00~24:00 ※金土は25:00まで
定休日;日曜日
駐車場;無し


 

中華飯店 宏昌 ~福島県郡山市大槻町~

ちょっとお久しぶりの訪問になった「中華飯店 宏昌」さんです。 夜の部は17時からと、ボクには大変ありがたいお店です。

「細切り肉焼そば (750円)」

宏昌 細切り肉焼そば

今回初めて頂くお品♪ その名の通り、具材はみんな細切りに切り整えられていて、ビジュアルの一貫性の妙を見せられました。

宏昌 細切り肉焼そば

具材は豚肉、しいたけ、タケノコの水煮、モヤシ、そして青味に絹さやが加わります。 見ての通り醤油味で整えられた餡は、具材とベーススープの旨味に加えて、オイスターソースや旨味調味料などで、少し甘味のある美味しい味わいに纏められています。

宏昌 細切り肉焼そば

勿論、ボリュームは言う事無し! 平皿に焼き付けの施された麺を乗せて、その上からたっぷりと掛け回される細切り肉餡は、麺を上回るバランスですので、満足度も上々です。

宏昌 細切り肉焼そば

ところどころカリッとするような焼き付けのされた麺は、程良く香ばしさが漂い、トロミの付けられた餡がしっとりと絡みます。 旨味、甘味、塩味、醤油テイストがとても良い調和を生み出し、練りカラシやラー油でディテールアップすると、益々美味しさが際立ちましたヽ( ̄▽ ̄)ノ




中華飯店 宏昌(こうしょう)
福島県郡山市大槻町北八耕地6-4
電話;024-961-0808
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に6台分


 

自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

昼食を摂り損ねて時計を見たら18時前。 もう12月目前だと言うのに、やけに温かい夜でした。 どこで空腹を満たそうかと考えたら、「自家製麺 じゃじゃ。」さんを思い浮かべました。 うむ、この気温ならスクーターで乗り付けOKだねv(o ̄∇ ̄o)♪

自家製麺 じゃじゃ。

夜の部PPでしたが、開店から10分ほどで店内満席でリスト待ちの盛況です。 平日夜の部でこの客足はさすがです(^◇^;) 思い起こせば昨年夏以来の訪問。 さすればやはり所望するのは、柱商品のコチラでしょう(´∀`艸)

「つけ麺 並盛 (800円)」 ※味玉振る舞い頂きましたm(_ _)m

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

相変わらずインパクトのあるビジュアルです! 本当は肉マシにしようと思ったのですが、ボリューム・オーバーが頭を過ぎって、すんでの所で思い止まりました( ̄▽ ̄i)ゝ

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

湯気が立たない漬け汁は、表層にラード油膜でしっかりと蓋がされていて、表層よりも汁の方が熱々なくらいです。 この熱々なところに散らされたネギが、やがて糖化酵素が利きだして、甘味さえ含み始めます。

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

漬け汁の中には短冊切りにされた豚バラチャーシューが数切れ。 更に豚挽肉が入っているのですが、ここから引き出されてくる肉の旨味分も加担して、ベーススープの鶏出汁の品の良さに、少々押しの強い旨味もバランス良くミックスされます。

自家製極太麺は、

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

(オイっ・・・Σ(゜▽゜;))

って位の盛り切り具合。 丼の縁を軽々と越えてみせるボリュームで、それ並盛りの姿やないぞ?(゚A゚;)ゴクリ

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

ツヤツヤの麺肌に強靱なコシの強さが宿る、これぞ“じゃじゃ。の麺チカラ”と言わんばかりの存在感。 盛りたてのところを手繰ってみれば、噛んだ時の反力がヤッパリ凄い(〇o〇;) しっかり噛み噛みするほどに、鼻腔には小麦粉の香りがどんどん流れて来ます。

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

さてもこの極太麺を、自慢の漬け汁に潜らせると事態は一変! あの強靱なコシの強さはそのままに、噛んだ時の食感がモチッとした弾力あるものへと変貌します。 この瞬間芸のように趣を変える麺のポテンシャルの高さは格別です。

漬け汁は“しょっぱさの極みで食べさせる”特異なパターン。 甘じょっぱく風味豊かなカエシが強めに利かされていて、粗挽き黒コショウのスパイシーさがその甘味のディテールを巧みに操ります。 底支えをするようにニンニクが控えていたり、唐辛子のシャープな辛味も時折当たり、これがまたアトランダムだからこそ活きる演出になってます。

かなりのボリュームだったのですが、結局は難無く胃袋に収まってしまいましたね(^◇^;) 間違いなく“中毒性”の高い味わいです。 またチャンスを見つけて潜入したいな(〃∇〃)




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に2台分


 

【御案内】 第20回 写友あい写真展

昨年に続き今年も「写友あい」さんの写真展が、この師走に開催されます。 多分年内最後の大御所揃いの写真展になると思います。 会期は日曜日を含まないので、少しハードルは高いかも知れませんがご案内申し上げます。

写友あい 写真展
          ↑ Clickで拡大 ↑

第20回 写友あい 写真展
開催期間;2018年 12月6日(木)~12月8日(土)
公開時間;10:00~17:00 (最終日 16:00)
開催会場;「郡山市公会堂」 【入場無料】
      福島県郡山市麓山一丁目8-4 電話;024-934-1212
駐車場;公会堂向かいの麓山地区公共施設利用者駐車場




 

食事処 松しま ~福島県郡山市朝日~

食事の摂りどころに困った時、いつも安心の「食事処 松しま」さんを思い出します。 この日もあわやランチ・ジプシーになりかけたのですが、すぐさまリカバリー出来たのはこのお店のお陰です。

「みそタンメン (680円)」

松しま みそタンメン

軽くハマり気味なコチラ。 炒め煮される野菜のボリュームの豊かさと、自家製麺のツルッとした滑らかな舌触り、ナチュラルな野菜からの旨味と見事に一体化する味噌テイストなど、なかなかツボを押さえた秀作です(ノ´∀`*)

松しま みそタンメン

具材は手堅くも定石を踏むように、豚肉、キャベツ、モヤシ、人参、ニラに加えて、コリコリとした歯触りが楽しきキクラゲも入ります。

松しま みそタンメン

トッピングとして添えられるのは半カットのゆで卵。 鶏ガラ、豚骨、香味野菜から炊き出されたスープを加えて炒め煮された旨味と甘味が、白味噌の甘いニュアンスでマイルドに表現されています。 そんな中にゆで卵の黄身は、過ぎる事のないコッテリとした美味しさで味わいの幅を広げてくれます。

松しま みそタンメン

麺は自家製で多加水タイプの中麺。 ツルッと滑らかな舌触りと、噛めば柔らか目ながらも反力を伝えてくるようなコシもあります。 ツルツルと喉通りも良い麺ですが、意外と麺量も豊かで170gくらいはありそうです。

スパイシーさは控えられているので、中盤からは卓上配置の七味唐辛子でディテール・アップを図りつつ、完汁寸前まで頂いてしまいました(>▽<;; 冬の季節メニュー「鍋焼きうどん」「広島産カキフライ定食」も提供開始。 さて、こちらにも食指を伸ばしてみましょうか(〃∇〃)




食事処 松しま
福島県郡山市朝日1-28-10
電話;024-922-3540
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00 昼の部は店内禁煙
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に5台分