FC2ブログ

中華そば ほん田 ~福島県郡山市大槻町前畑~

ヨークタウン大槻の通り沿い南隣に開店していた「中華そば ほん田」さんに初詣しました。 たまに通る道筋でしたので、お店の入り口隣に壁貼りにされた赤い「ラーメン」のノボリ旗に気付いてはいたのですが、なかなか暖簾が掛かっているタイミングに合いませんでした。

中華そば ほん田

この日はたまたま昼前に通り掛かり、暖簾が掛かっているのに気付いてUターン。 事前のサーベイはしていなかったものの、関係ないだろうとは思いながらも『ほん田』という屋号の持つプレミアム感に少々惹かれた事は否定しません(;´^д^`)ゞ

U字カウンター席にテーブル席が一つという、スッキリと潔い店内には、店主さんと奥様と思われるお二方。 メニュー構成は醤油、塩、味噌と三系統のバリエーションに、サイドメニューには餃子、セットメニューとしてカレー、そぼろ丼、ネギ丼といった布陣。 名実共にラーメン専業店ですね。

「中華そば (600円)」

ほん田 中華そば

お初の手合わせは、屋号の打ち出しにもなっている「中華そば」を所望します。 スープの色合いは明るめで、香り立ちからすると豚骨清湯でしょうか? 載せモノはあまりこねくり回さず、シンプルな構成で整えています。

ほん田 中華そば

そんな中ちょっと個性を覗かせているのが玉ネギのみじん切り。 あまり油膜は厚くありませんが、ネギ油のようなスッキリと軽快な油分が仕込まれていそうです。 更には白ネギの刻み、青味にはホウレン草のおひたしにホロッと辛苦いカイワレダイコン。 平型のメンマは柔らかく炊かれていて、程良く甘じょっぱく味付けされています。

ほん田 中華そば

豚バラチャーシューは2枚載せ。 このお足としては大変良心的であり、スープで温められた脂身が舌の上でしっとりと溶けるような柔らかさです。

スープはスッキリと軽快な旨味が感じられ、ヤリ過ぎ感はありません。 そこに淡口醤油と塩で調えられた醤油ダレが合わせられますが、塩味の効き具合は意外とシャープです。 何となく八王子ラーメンっぽいイメージが浮かんだりして・・・

ほん田 中華そば

麺は低加水タイプの中細麺。 ちょっと硬質感が伝わってくる程度の茹で加減で、手繰ってみると少し粉っぽさが口中に広がります。 弾力やコシの強さと言うよりも、麺自体に宿っているグルテンのチカラを直感させる個性的な麺です。

最初は懐かし系の中華そばなのかなぁ~と思ったのですが、随所にイマドキのスタイルが取り込まれていたりして、店主さんの思惑が伝わって来る楽しい一杯でした。 営業時間も9:00~15:00と、朝食を摂り損なってしまった時にも、ありがたい選択肢になるでしょう。




中華そば ほん田
福島県郡山市大槻町前畑54‐3
営業時間;9:00~15:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に2台分 ※両翼のお店は夜のみの営業ですので、そちらも大丈夫かも。