FC2ブログ

【2018年 錦秋巡り】 東鉢山七曲の秋景

毎週末の度に、天気に翻弄され続けていますが、今週は何としても出撃すると決めていました。 3:30に出れば陽の出前のマジックアワーも楽しめるだろうと思っていたら、ご同行頂いた先輩カメラマンさまからの緊急提案が示され、仮眠もとらずに12:30出立と相成りました(^◇^;)

途中で先週もアタックしていた「秋元湖」に立ち回ってみますが、山際の辺りに雲が掛かってしまっており、湖面への星明かりの映り込みは、今一つ繋がりが悪いと判断。

まあとにかく天気予報がコロコロと変わってくれるもので、本当のところは行ってみなけりゃ分からないってことで、グイグイグイ~~~っと峠を駆け上りまして、標高1,200mくらいの「東鉢山七曲」で星景なんぞを狙います。

オリオンとシリウス
[2018/10/14 オリオンとシリウス]  <↑ Clickで拡大>

やはり晴れ渡る夜空という訳にもいかず、ほんの数十分で夜空は雲に閉ざされてしまい終了。 奇蹟の朝が来てくれる事に望みを託して、車内で仮眠をとりながら待つ事となりました。

蒼い朝 #1
[2018/10/14 蒼い朝 #1]  <↑ Clickで拡大>

陽の出前の東空に朝日の兆しを求めて、仮眠していた車内から這いずり出てみましたが、どうも陽の出口は厚い雲で閉ざされていたのか、蒼い色に支配されたままでした。

蒼い朝 #2
[2018/10/14 蒼い朝 #2]  <↑ Clickで拡大>

まだ目視では紅葉の色合いが良く見てとれませんでしたが、写真にはちゃんと木の葉の色付きが記録されていました(嬉)

東鉢山七曲の朝景 #1
[2018/10/14 東鉢山七曲の朝景 #1]  <↑ Clickで拡大>

日の出時刻を迎えても、まだ朝の光は射してこない東鉢山七曲からの朝景。 東鉢山はそろそろ褐変・落葉し始めていましたが、谷の紅葉は丁度見頃でした。 陽が射し込んでいないので、少し朝の蒼味が残る色です。

東鉢山七曲の朝景 #2
[2018/10/14 東鉢山七曲の朝景 #2]  <↑ Clickで拡大>

眼下には桧原湖の早稲澤集落から桧原集落が見渡せ、少し朝霧が切れ始めた湖面も覗きます。

東鉢山七曲の朝景 #3
[2018/10/14 東鉢山七曲の朝景 #3]  <↑ Clickで拡大>

谷の樹木はダケカンバの枝振りが印象的。 ブナやミズナラの黄葉の中で、その存在感が際立ちます。