FC2ブログ

【ご案内】 第27回 写団ぼたん写真展

スナップ写真撮りの名手が揃う「写団ぼたん」さんの写真展が今週末に開催されます。 このところ、都合が付く限り参上している写真展です。 今年も楽しみにしております。

今年は「須賀川牡丹園」の紅葉も会期に合わせるように見頃になるかも知れませんので、あわせてお薦め致します。

写団ぼたん写真展
       ↑ Clickで拡大 ↑

第27回 写団ぼたん写真展
会期;2018年10月19日(金)~10月21日(日) 【入場無料】
公開時間;9:00~17:00 ※最終日は16:00まで
会場;牡丹会館 (須賀川牡丹園入場ゲート西側)
     福島県須賀川市牡丹園80-1
     電話;0248-73-2422
駐車場;会場敷地内にあり



 

支那そば でんでん ~福島県郡山市富久山町久保田~

ボクの仕事場から最も近い美味しいラーメン屋さんが「支那そば でんでん」さんです(#^.^#) 平日は日中しか営業していないので、なかなか訪問頻度が上がりませんけど、近くにあってくれてとてもありがたいお店です。

支那そば でんでん

ついつい醤油味の「支那そば」を頂く事が多く、未食のままになっているメニューがまだあります。 そこで今回は初の手合わせをと言う事で「塩」を頂いてみる事にしました。 オーダーの折に味の調整にも応じて頂けるので、“こってりCALL”を掛けてみる事にします(o^-^o)

「支那そばしお (700円)」

>でんでん 支那そばしお

澄んだ豚骨清湯スープに黄金色の色合いが射しています。 ラード油膜は一瞥して分厚く、“こってりCALL”を如実に表しています。

でんでん 支那そばしお

スープにはちょっと甘いタッチが感じられるのは、塩ダレに昆布の旨味が仕込まれているからでしょうか? 豚骨清湯スープは、沸騰させないように注意深く炊かれていて、お陰で大変品の良い味わいの中にも、しっかりと引き出された旨味も、とても分かり易く感じられます。

大判でちょっと厚めにカットされている肩ロースチャーシューは、スープの熱が行き渡っていて、箸で千切ろうと思えば難無く可能なほどの柔らかさ。 そんでもって、単なるトロトロ炊きと言う訳では無く、噛めば肉の旨味がジュワッとばかりに舌の上に広がります。 脂身はゼラチン質のプルプルとした柔らかさの上に舌の上で溶けるが如し。 一流のチャーシューに出会える喜びがこの一杯にはあります。

でんでん 支那そばしお

幅広メンマは柔らかい炊きあがりで、甘じょっぱい味付けが良いアクセントです。 彩りのホウレン草のおひたしも嬉しいネ( *´艸`) 散らされた刻みネギにさえ、切り幅がキレイに整えられた丁寧な仕立てが、ちゃんと切り揃えた甲斐のある美味しさとなって伝わって来ます。

でんでん 支那そばしお

多加水タイプの中細ストレート麺は、油膜のコート効果も加勢して、そりゃあもうツルッツル♪(>▽<)b ラード油膜のパンチが加わっても、全然ジャンク感は無くて、

「最初から油膜ダクダク仕立てだったんでしょ?ヾ(^▽^*」

ってくらい違和感無くまとまっています。 フライドオニオンや白ゴマなどを加えなくても、この油膜層にスープも麺も負けてはいない。 やはりこの支那そばの底力は凄いなぁ~と感心させられます。

今月下旬に「ラーメンWalker福島2019」が出版されますが、ボクは新進気鋭や時流の先端のお店ばかりではなく、こういう進化の足を止めない底力に凄味さえあるお店にも、目を向けて貰いたいなぁ~と思います。

食べ手にインパクトを与えるパンチ力で押し通すお店ではありませんが、お店を後にしてから、口福の余韻が後を引くようなお店のホンモノ感に心の琴線を掻きむしられます。 お好みの違いは人それぞれですが、もし近くまで立ち回ったところで思い出したなら、どうぞ暖簾を潜ってみて下さいな(o^-^o)




支那そば でんでん
福島県郡山市富久山町久保田字大久保68-1 エルム郡山 1F
営業時間;【平日】11:00~14:00 【日祝】11:00~21:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;月・火
駐車場;店舗敷地内と北側に合計9台分