FC2ブログ

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

あまりの暑さに、冷房の効き具合も今一つになるほどの日々が続いております。 暑さのピーク時は、なるべく外作業は控えたいところですが、お客様第一でガンバリますヽ( ̄▽ ̄)ノ

昼食時はひとときの憩い。 気持ち良く、そんでもって美味しいものを頂ける幸せを求めて、この日も「みたか食堂」さんは客足が途切れることがありませんでした。

「もりそば&半カレー (600円+350円)」 ※特別ご奉仕セット価格

みたか食堂 もりそば

ボクの“夏のレギュラー・メニュー”になっている、この組合せで頂きますΨ( ̄∇ ̄)Ψ

いつもながら白眉と思えるのが、この蕎麦つゆなんです。 贅沢なほどに注ぎ込まれた宗田節や花カツオ節などの凝縮した旨味と香り高さに、ちょっと甘めのカエシが合わせられ、これが委託製麺の蕎麦に見事にマッチします。

みたか食堂 もりそば

添えられる晒しネギとキュウリの浅漬けは、みたか農園で栽培されたもの。 揚げ玉は業務用の市販品に満足出来ず、これだけの為に自家製で作られています。

みたか食堂 もりそば

そばは製麺所への委託製麺ですが、程良く甘い蕎麦の香りがあって、ツルッとした麺肌の滑らかさと、古典的なやや太めな麺線の織り成すコシのある歯触りが伝わって来ます。 麺量も“みたか基準”ですので、なかなかのボリュームですよ( *´艸`)

みたか食堂 もりそば

このそばをドップリと蕎麦つゆに浸して手繰れば、蕎麦つゆの美味しさと共にそばの持ち味が引き出されます。 つけ麺のような具材も無しで、ひたすらストイックにそばと蕎麦つゆ、そしてた時々薬味の味わいを満喫出来ますよヽ(≧∀≦)ノ

みたか食堂 半カレー

「半カレー」は例によって一般的な食堂のレギュラーサイズに近いボリュームです。 極めて粘性の高いカレー・ルーに仕込まれるのは、玉ネギと豚バラ肉だけという潔さ。

みたか食堂 半カレー

にも関わらず、このカレー・ルーときたら緻密なまでの旨味に溢れていて、“Sweet,Hot & Spicy”なメリハリのある味わい。 こんなカレー、他ではなかなかお目に掛かれませんよ(>▽<)b




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


 

梅花藻の咲く集落

清水を水源とする小さな清流が、集落の中を縫うように流れている。 僅かばかりの長さしかない清流だけど、稀少な梅花藻の咲く場所になっている。

梅花藻の咲く集落
[2018/7/22 梅花藻の咲く集落]  <↑ Clickで拡大>

夏はこの清水でスイカを冷やしたり、畑から抜いた野菜を洗ったり、集落の生活の中に溶け込んだ清流。

今年は梅花藻のアタリ年。 川面を埋め尽くすように白く可憐な花が咲き、夕陽が集落を茜に染める。 

満丸 ~福島県郡山市西ノ内~

昼時から17時まで通し営業になってくれた「満丸」さんは、ボクにとっては本当にありがたいところです。 徐々に営業スタイルが知れ渡ってきたのか、閉店間際でも客足が続くようになってきました。

「ハーフ麻婆豆腐&焼き餃子 (600円+300円)」

満丸 ハーフ麻婆豆腐&焼き餃子

お得な麻婆豆腐のセットメニューに、焼き餃子の合わせ技で、ちょっと魅力的な組膳スタイルを作ってみました(ノ´∀`*) これ、以前から狙っていたヤツなんですよ♪

満丸 ハーフ麻婆豆腐&焼き餃子

麻婆豆腐はハーフサイズでも、充分にご飯一膳は食べられます。 ご飯とスープはお代わり自由。 この日のスープは「たまごスープ」でした。

「焼き餃子」は6個付けとされていて、14時以降からの提供です。 ランチタイムの真っ直中には提供されていないので、コレ狙いの方はご注意を。

満丸 焼き餃子

焼き上がりは勿論キレイなもの。 皮にテンションが掛かっているかのように、餡は張りのあるくらいにピッチピチです。 噛めば予想通りに餡が弾けるように口の中に放たれます。 少しニンニクのインパクトがあり、程良く野菜のザク切りっぽい舌触りがあります。 下味はちゃんと伝わって来ますので、餃子のタレは酢とラー油中心でOKだと思います。

満丸 ハーフ麻婆豆腐

「麻婆豆腐」は辛さを三段階にリクエスト出来ますが、特に無指定で調理して頂いたので、これが普通と言う事でしょう。 生ニラの散らされた麻婆豆腐は、少しアンバーがかった色合いの餡で、トウチのアクセントもあって、塩味にシャープさが感じられます。

豆腐はきぬごしの滑らかな舌触り。 ちゃんと芯まで熱が入ってますが、チュルンとした食感が塩味のアタリを和らげてくれます。

って事で、お約束の・・・

オン・ザ・ライスぅ~~~!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

満丸 ハーフ麻婆豆腐

うむむ、辛味は主に辛し系のチリチリとした直球。 XO醤のような魚貝系の濃縮した旨味や風味が感じられますが、これが白飯を呼び込むこと請け合いです。 塩味控え目なたまごスープや、ラー油と酢で味わいを拡張した焼き餃子など、交互に楽しみながら頂いていたら、やっぱりご飯はアッと言う間に食べ尽くしとなり・・・Σ(゜▽゜;)

お代わりご飯で二度美味しくハライッパイを満喫してまいりましたぁ~♪ いやいや、至福なり(〃∇〃)




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
満丸
福島県郡山市西ノ内2-10-26
営業時間;11:00~17:00 注:準備の都合上、開店時間が遅れることがあります
定休日;日曜日
駐車場;店舗前の指定枠2台分のみ


 

ラーメン大志軒 富田店 ~福島県郡山市新屋敷~

2018年7月23日に、郡山市のインター線沿い荒屋敷地内に開店した「ラーメン大志軒 (だいしけん) 富田店」さんに初詣してきました。 運営会社は「菜々家」を始めとした飲食業専門の会社。 「ラーメン大志軒」は、このお店で3店目となります。

ラーメン大志軒 富田店

通し営業で駐車場のキャパシティーも良く確保されており、券売機に頼らずとも口頭注文で円滑に客捌きされていました。 さすがに人気店の運営をしているだけあって、開店早々にも関わらずホールスタッフの練度は高いと感じました。

「大志軒ランチ (928円)」 ※平日11:00~17:00限定

ラーメン大志軒 大志軒ランチ

色々と選べるメニューに悩まされるほどでしたが、初っぱなから“お得なランチメニュー”一番ボリューミーなやつとお手合わせですo(*^^*)o

淡麗味噌麺、餃子(6個)、黒半チャーハンの3点セットです。 ラーメンは差額を足せば好みのものにチェンジも出来るそうですが、今回は変更無しのデフォで“お店の柱商品”に据えられている「淡麗味噌麺」で頂きました。

ラーメン大志軒 淡麗味噌麺

ちょっと驚きの「淡麗味噌麺」です(;゚д゚) なんとこれでラーメン単体なら税別490円という値付けです! こりゃあガチで一部上場ラーメンチェーン店と比較されるレベルです。 結論を先に言ってしまうと、私的には「ラーメン大志軒」さんの方に魅力を感じました。

ラーメン大志軒 淡麗味噌麺

バラチャーシューは3枚載せとされていて、ネギもたっぷりと盛られます。 メンマは平型で少々大きめで柔らかく調理されていますが、ボクにはちょっと塩辛さが気になりました。

ラーメン大志軒 淡麗味噌麺

明瞭な油膜の見られるオイリーなスープは、背脂とラード、チー油などが協調しています。 ベースは鶏出汁だと言う事ですが、それにしてはパンチがありすぎ(^◇^;)

味噌テイストも脂質に負けないくらいの濃ゆ~い味わいで表現されていてメニュー名の“淡麗”というキーワードとは少し乖離があるように感じます。 まあ、他にもメニューのバリエーションが豊富ですので“当店比淡麗”と言う事で理解しましょうσ( ̄、 ̄=) でも、個人的には大好物ですよ♪(*^▽^*)

ラーメン大志軒 淡麗味噌麺

麺は加水率低めの中太ストレート麺。 少々ボソッとするような噛み応えと麺線に相応しいコシのある食感です。 濃厚な味噌テイストと豊富な油分を考えると、正しい組合せに思えます。 味噌テイストと並んで塩味も半味強めですので、スープの絡みが良すぎると塩辛く感じちゃいますもんね。

スープには辛味はさほど感じません。 半味濃い目の功罪有って、少々飽きてくる頃合で卓上配置の生唐辛子などを投入しますと、一気に美味しさが甦り、スープの持つ甘味までもが鮮明化します。

低加水タイプらしく、麺肌からグルテン分がスープに溶け出してくると、ちょっとクリーミーなタッチになって来て、熱糖化したネギともども美味しく楽しめますよΨ( ̄∇ ̄)Ψ

ラーメン大志軒 餃子

「餃子」は店内で包まれているとの事。 現場の調理スタッフさんは大変ですねΣ(゜▽゜;) 餡は下味濃い目でニンニクが強め。 餃子のタレは卓上に揃えられた酢、醤油、ラー油、コショウ、生唐辛子などで、自由に調味しますが、これは酢と辛味だけの方が美味しく頂けそうな気がしました。

焼き上がりはキレイで、皮同士の癒着も無く、ちゃんと粒サバケしましたよ(o^-^o) この下味の強さだと、白飯のおかずにバッチリですね。

ラーメン大志軒 黒半チャーハン

「黒半チャーハン」は自動調理器によるものですが、保温調理器に作り置きされているものよりはずっと良好。 適度にパラッとしていて、飯自体はちゃんとしっとりとした食感も備わっています。

>ラーメン大志軒 黒半チャーハン

その色合いから想像されるような塩辛さは無く、醤油の焦げるような香り立ちやビター感も無し。 油がまぶされたような重さは残さずに、ラードの香ばしい風味とローストされて味わいが口中に膨らみます。 サイドメニューとして少し控え目な味加減に抑えられているのは好感を持てました。

カジュアルなラーメン・レストランとして好感度はなかなかです。 少しやり過ぎなくらいのハッキリとした味作りは、好みに合えば“楽しめる”と感じられるはずです。 豚骨系や魚介系ブレンドもあり、味噌味が推しなのは承知ですが、醤油味にも興味の湧くところ。 気軽に立ち寄れる良さもありますので、追い追い切り崩してみましょうかね。




ラーメン大志軒 富田店
福島県郡山市新屋敷1丁目162 店内禁煙
電話;024-926-0083
営業時間;11:00~22:00 (L.O.21:30)
定休日;無休
駐車場;敷地内に30台ほど


 

白河関の森公園のユリ園

もう半月前のことですが、白河市の「白河関の森公園」に造られているユリ園に行ってみました。

随分昔に子供を連れて行った事がありましたが、もう15年ぶりくらいでしょうか?σ( ̄、 ̄=)

斜陽のユリ
[2018/7/15 斜陽のユリ]  <↑ Clickで拡大>

ユリ園は遊具エリアの南側にありました。 とても暑い日で、アッと言う間に滝汗でしたが、水田を渡って来る夕風に、少しだけ救われました(;^ω^)

夕陽をあびて
[2018/7/15 夕陽をあびて]  <↑ Clickで拡大>

山影に夕陽が沈む寸前の、強いオレンジ色の光が、ユリ園に降り注ぎました。 まだ若干咲き揃っていなかったので、撮りどころは限られていましたが、入園料不要で入園出来る、ありがたいユリ園です。
 

チャイニーズレストラン みかど ~福島県郡山市方八町~

毎日続く暑さの中、ついつい軽く喉通りの良い麺料理ばかり頂いていましたが、“夏メシ”の中でも、チャーハンにも食指が伸びるところです。

郡山市東部幹線沿いの方八町地内にある、老舗中国料理店「チャイニーズレストラン みかど」さんは、駐車場の備えも万全な上、通し営業の頼りになるお店(>▽<)b もちろんお味も折り紙付きです!

チャイニーズレストラン みかど

曜日替わりのサービスメニューもありがたいところで、丁度この日は「チャーハン」の当たり日でなおラッキ~でした(ノ´∀`*)

「チャーハン 大盛 (626円+162円)」 ※通常966円のところ曜日替わりサービス価格

みかど チャーハン 大盛

うえっ?!Σ(oДolll)ノノ

“大盛CALL”したら、山盛りチャーハンになってキタ!

(こっ、これは食べ切れるかな?・・・(・∀・i)タラー・・・ )

みかど チャーハン 大盛

なんだかチャーハンの標高も侮れない高さで、頂点にはエビまで配されています。

みかど チャーハン 大盛

裾野を見れば、どうも二段盛りっぽいんだな・・・ こりゃあ結構な密度で盛られているっぽいのだな。

みかど たまごスープ

共添えには塩味控え目だけど、キッチリと美味しいたまごスープ。 三ツ葉が香り良く散らされていて、油ギレの良さにも一役買っています。

みかど 香物

香物は浅漬けとたくあん。 実は半味強めの味付けで美味しい感じに仕立てられたチャーハンなので、このたくあんの甘味が口直しには最高なんです。

みかど チャーハン 大盛

さて俯瞰気味に見てみても、この大盛チャーハンの破壊力はそこはかとなく伝わるでしょうか? 具材は特に個性的なものは無く、あくまでもスタンダード。 強いて言えばグリーンピースが多目かな(´∀`*)

みかど チャーハン 大盛

しっかりと炒め上げられたチャーハンは、油が過多な感じは無くて、ごはんのしっとりとした食感を残しつつ、万遍なく炒められている感じ。 先述の通り、半味濃い目の味付けが特徴で、それは醤油からと言うよりも、ハムからの塩分を含む塩気にありそうです。
 
もしかしたら、ハライッパイになって、途中でギブしちゃうかなぁ~とそのボリュームに圧されていたのですが、結局はキレイに完食! 食後に胸焼けなどの変調もなく、水を欲することもなく、美味しさの余韻だけが味の記憶に残りました(o^-^o)




チャイニーズレストラン みかど
福島県郡山市方八町2-19-10
電話;024-944-8338
営業時間;11:00~21:00
     ※お得なランチタイム;11:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;30台