塩川屋 ~福島県喜多方市~

今年も「雄国沼湿原」のニッコウキスゲの撮影が叶いました。 シャトルバスで駐車場まで戻った頃には腹ペコですΣ(゜▽゜;) 喜多方の街中まで下りても15分位ですので、そちらで朝食を摂ることにしました。

標高1,100m位の高原で過ごしていたので、午前中の強い陽射しを受けても、下界に比べればまだ涼しかったものの、雄国沼湿地から金沢峠の停留所まで続く、心臓破りの階段を登れば、暫く汗が引かないほどの疲労感です。

(こりゃあ冷たいのでCool Downしないとキツいな・・・( ̄  ̄;) )

と、言う事で、私的に“喜多方で冷たい旨いもん”がある「塩川屋」さんへGO!ですよ.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

「潮冷やしラーメン+わさび+ごはん (756円+54円+108円)」

塩川屋 潮冷やしラーメン+わさび+ごはん

しじみの出汁の美味しさが塩ラーメンとして昇華された、お店の看板メニューです。 年間通して“冷やし”は供されているそうです。 温かい「潮ラーメン」には「わさび」が標準のメニューがありますが、冷やしメニューでは、スッキリと味わいを整える「梅肉」が添えられます。

塩川屋 潮冷やしラーメン

冷やしでも「わさび潮ラーメン」を頂きたい向きには、「わさび」トッピングを追加すればOKですよ♪ヾ(^▽^*

塩川屋 わさび

キレイに澄んだシジミ出汁スープに、際立つ美しい青味は地場産のグリーンアスパラです。 地元の名産品をちゃんと推してくるのもイイですね。

塩川屋 潮冷やしラーメン

滋味を感じさせる旨味と、昆布のほの甘さとニボシの穏やかな風味あるスープに、柔らかいアタリの塩味がとてもよく馴染んでいます。 “冷やし”とされていますが、スープ自体は予冷されておらず、スープに浮かべられた氷がジリジリと冷やしてくれます。

塩川屋 潮冷やしラーメン

ネギは辛すぎず臭すぎない白髪ネギ。 シャクシャクとした歯触りの良さが心地佳しΨ( ̄∇ ̄)Ψ チャーシューは2種類で、モモ肉とロース巻かな? 「エゴマ豚」の肉質の確かさもあって、共に簡単に歯切れて脂質の固化もなく、食感を損なわないで頂けました。

塩川屋 潮冷やしラーメン

麺はもちろん喜多方スタイルの多加水熟成縮れ麺。 コシの強さと舌触りの良さは、流水洗いされてなお輝きを増しています。 ツルシコ食感も楽しい、美味しい麺ですよ( *´艸`)

絵的に映えないので写真は控えますが、〆にはご飯をスープに投入し、ワサビ茶漬けで満喫致しました(〃∇〃) いやいや、満足、満足♪

いつの間にか外税となり、事実上8%の値上げとなりましたけど、昨今の食材事情を考えると致し方ありませんね。




塩川屋 (HP) (FACEBOOK)
福島県喜多方市一丁目4543 店内禁煙
電話;0241-24-2520
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】18:00~21:00 【日曜日】7:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;店舗右隣りにあり