FC2ブログ

皐月亭 ~福島県郡山市喜久田町~

台風12号による直接的な被害は聞かなかった福島県ですが、台風一過は猛暑の再来となりました(;´Д`) これ、8月になっても続くっぽいですね。 暑いの大嫌いなボクには、悲報だなぁ~( ´Д⊂ヽ

最近ちょくちょくとリピしている「皐月亭」さんは、通し営業の上にほぼ無休という、まるで神のようなラーメン専業店さんです。 日曜日も微妙な夕刻タイム。 遅いランチをどこで摂ろうかと思案したところ、まだ家内を連れて行ってなかった事を思い出しての「皐月亭」さんです。

「至福の担々麺 (890円)」 ※追い飯付き・7月限定メニュー

皐月亭 至福の担々麺

お急ぎ下さい! 本日で提供終了ですっ!(;´Д`)

7月限定で供されていた担々麺にようやくありつきました。 いやいや、ギリギリでセ~~~フですヽ( ̄▽ ̄)ノ まるで狙い澄ましたように、最初から「追い飯」がセットされているという、“お客思い”なのか“あざとい”のかはさておいて、何れにせよ自分なら所望する事間違い無しですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

皐月亭 至福の担々麺

なかなかのラー油油膜層の張られたスープに、載せモノは極めてシンプルに挽肉と白髪ネギだけ。 挽肉は店主さんが色々と試作・評価を繰り返して辿り着いた、国産の合挽きで粗挽きと定めたそうです。 お陰で挽肉なのに噛めばまるで肉汁が出てきそうです( *´艸`)

皐月亭 至福の担々麺

油膜を突いて麺を引きだそうとしたら、スープは驚くほどの乳白色(〇o〇;) 白ゴマペーストを惜しげもなく注ぎ込んでいて、ゴマの甘味とクリーミーさ、濃厚な旨味が鶏出汁スープに仕込まれています。 濃度のある味わいだけど、ドロドロってほどの重さは無く、充実したゴマテイストなれど、後々に胃袋を支配するような事はありません。

麻辣テイストはさほどでは無く、どなたでも美味しく楽しめそうな抑制された辛味です。 さすがに花椒までは用意されていませんが、卓上にラー油や直摺り出来る白ゴマミルが配置されていますので、ある程度の“お好みチューン”は出来ますよ。

皐月亭 至福の担々麺

麺は低加水タイプの細麺ですが、一口啜ってピンと来ました。 「伊達地鶏そば」に使われている、名門・京都棣鄂(ていがく)の麺です! 茹で時間を短めにして、張りのある歯切れの食感が引き出されていました。 時間が経過して来ても、そのリズミカルな食感は相変わらず。 こりゃあスゲ~ぞ?!(lll゚Д゚)

皐月亭 至福の担々麺・追い飯

最後に残りスープに追い飯を投入! ミル挽きの白ゴマとラー油を加えて、最後まで美味しく頂きました(〃∇〃)

皐月亭 魚介つけ麺

尚、8月のスペシャルは、2種類のつけ麺が用意されています。 「魚介つけ麺」と、「辛つけ麺」が、大盛(2玉)まで同額の690円で供されますよ( *´艸`)




皐月亭
福島県郡山市喜久田町四十坦8-25
電話;024-925-6321
営業時間;11:30~22:00 (L.O.21:30) ※金曜日は15:00閉店
定休日;元旦、臨時休業あり
駐車場;テナント敷地内に供用10台分ほど


 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

この日は今シーズンでも取り分け暑い一日となりました:(;゙゚'ω゚'): 屋外活動はしない方が良いですよ?なんて警報が出ちゃうほどです。 それでも腹は減るもので、そんな時に真っ先に思い浮かぶのが、みんなの大衆食堂・みたか食堂さんの冷や中でした(ノ´∀`*)

「冷やし中華 (800円)」

みたか食堂 冷やし中華

卓上配置のカケホなマヨネーズと記念撮影ですww 少し濃い目で甘酸っぱく、醤油味の効き具合も絶妙な冷や中スープもたっぷりと満たされています。

みたか食堂 冷やし中華

短冊切りにされないままに、ドン載せされるモモ肉チャーシューは、脂身がほぼ削がれているけど、パサついた感じも無く、常温でも簡単に歯切れる柔らかさ。

みたか食堂 冷やし中華

当たり前のように盛られる錦糸卵は、大変キレイな焼き上がりで、平滑で見事な薄焼きです。 鮮やかな黄色の彩りもヨロしく、ちょい甘めの味付けが心愉しい仕立てです。

太目の中華クラゲは、コリッコリの歯触りと、甘じょっぱく、そしてゴマ油の香ばしさも爽やかなもの。

みたか食堂 冷やし中華

カニカマとキュウリの千切りはいつも隣り合わせで、彩りの競演と食感の差異が互いの存在感を高め合います。

食堂冷や中のキー・アイテムが紅ショウガ! 塩味アクセントとピリリとした辛さが、甘酸っぱい冷や中スープに良い添え物です。

みたか食堂 冷やし中華

辛子は利き味も良くサッと冷や中スープに溶け馴染みます。 そこに追加投入するマヨネーズの濃厚テイストを、ちょっぴり引き締めてくれたり、うっかり油断しようものなら鼻の奥にツンと来るような一撃も披露してくれますよ(o^-^o)

みたか食堂 冷やし中華

氷水で洗い締めされた麺は、冷え冷えでダイナミックな涼感を口中に満たしてくれます。 その涼感を余すところ無く“美味しい♪(〃∇〃)”と思わせてくれるのは、やはり自家調整の冷や中スープです( *´艸`) 少しゴマ油の香ばしさが漂い、丹念に油分を濾したベーススープの旨味を、甘酸っぱく、そして程良く効かされる醤油テイストが絶妙に調和しています。

麺はツルツルとした舌触りの滑らかさと、過ぎない程度のコシの強さがあって、まさに喉に啜り込むと言うよりも、口から喉に落ちるというような、とてもスムーズで自然な流れで胃袋に収まっちゃいますよ(>▽<)b あぁ、ウマ過ぎだ!




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


 

無芸の朝スパ

7月の猛暑は異常経路を辿る台風12号で一時水入りとなりました。 偏西風に逆らって西へと進む台風なんて、聞いた事がありません(;゚д゚) もう何でもアリみたいな異常気象なのでしょうか?

まあ先週は酷暑に負けて日曜日の朝撮りはしませんでしたが、今日は台風のお陰でまた見送りです。 仕方ないので定期挙げの備忘録「無芸の朝スパ」で本日は繋ぎます(`・ω´・ ;)

「無芸作 やっぱり懐かしの昭和のミートソース」

無芸作 やっぱり懐かしの昭和のミートソース

極太タイプのスパゲッティが活きる、昔の味の記憶を呼び覚ますミートソース・スパゲッティーです(o^-^o) 今回はホワイトマッシュルームも手に入り、なかなかゴキゲンな味わいでした。

「無芸作 冷や中」

無芸作 冷や中

あまりの暑さに、平日の夕食が冷や中になっちゃったですよww 前回は冷や中スープから自作して、冷や中スープをタップタプにして頂いたのですが、今回は平日の仕事上がりでしたので、市販の生タイプ冷や中ベースです。 薄焼き玉子は年を重ねる毎に段々と上達して来ましたv( ̄∇ ̄)ニヤッ

「和泉肉屋のメンチカツと松屋カレーコラボ」

この日は“魔の水曜日”で昼食を摂れるお店が少なく、手っ取り早く買い回り宅食にしました。

郡山市の中心市街地にある「和泉肉屋」さんの前を通りかかったら、名物のメンチカツの揚げ立てを発見ヽ(*’-^*)。 たまに食べたくなるんですよ♪(ノ´∀`*)

手のひらサイズで分厚いヤツ。 粗挽きの挽肉に、やや荒目のみじん切りにした玉ネギが、中挽きパン粉をまぶしてカラリとキツネ色に揚げられています。 小食な人なら、これ一個で満腹になるほどのボリューム。

和泉肉屋のメンチカツ

街の名店と言われる「和泉肉屋」の面目略如のパンチ力溢れるメンチカツは、意外とお手頃な130円なんです。

そんでもって、“みんなの食卓でありたい”でお馴染みの、大手牛丼チェーン店の意外なホンキ、松屋カレーをテイクアウトしてきました。

和泉肉屋のメンチカツと松屋カレーコラボ

前に一度試していたのですが、老舗の大判メンチカツと、大手チェーンの侮れないカレーライスをコラボさせます(*>∇<)ノ コンビニ弁当にも飽き、宅食に変化を求めたい向きには、お薦めしてみたいお手軽宅食ですよヾ(^▽^*

「無芸作 ジャージャー麺」

無芸作 ジャージャー麺

調理手順は簡単だけど、意外と時間の掛かる「ジャージャー麺」を作りました。

豆板醤を今までと違うブランドに変えたら、想定外に辛味が効いていて、ちょっと古典的な「炸醤麺」に近い味になりましたf(^_^; まあ、家族は許容してくれたので、取り敢えずセーフ!

お友達農園のキュウリをたっぷりとのせて、某有名高級寿司割烹店さんから頂いた、完熟トマトも共に頂きました♪(ノ´∀`*) ちょい辛で、甘じょっぱく、アジコイメな炸醤餡にキュウリとトマトを合わせて頂くと、丁度良い味わいでした( 〃▽〃)

「無芸作 エビとシメジのトマトクリーム・スパゲッティ」

無芸作 エビとシメジのトマトクリーム・スパゲッティ

平日の朝ゴハンに作ったやつ。 朝からコッテリ~なスパゲッティで、ちょっとハライッパイのスタートでした( ̄▽ ̄i)ゝ

「無芸作 ソーセージの辛いトマトスパゲッティーニ」

無芸作 ソーセージの辛いトマトスパゲッティーニ

この日はキケナ過ぎる暑さでしたので、朝撮りはご近所で叶えて、本宮市で開催されていた写真展に立ち回りました。 帰り足に二本松市の「パティスリー・ルコネサンス」さんに立ち回り、最近バリエーションが拡張中のフォカッチャやシュークリームを買い求めて帰宅しました。

店主 ごうちゃん、色々とお振舞いを頂き、ありがとうございました(*^O^*)

って訳で、この日の「無芸庵大食亭」の店開きは 13時過ぎから( ̄▽ ̄;)ゞ すっかりブランチになっちゃいました。 自宅冷蔵庫にストックしてあった食材で、ルコネサンスさんから買い求めてきたフォカッチャのサポートメニューを作りました。

いやいや、ルコネサンスさんのフォカッチャ! これは美味しいです!Σ( ̄□ ̄;) 普段、あまり進んでパン食をしないボクが、進んで食べたい!と思える美味しさでした♪( 〃▽〃) ワインやサラダが一緒なら、休日の食卓も楽しくなりそうです(* ̄∇ ̄)ノ

「無芸作 ざる中華」

無芸作 ざる中華

先立って「ジャージャー麺」を作ったときに調達していた生麺が、いよいよダイアリーの瀬戸際になっちゃって、自家製の出汁とカエシはある。

しかも今日も激アツの予報となれば、必然的にこうなった(^◇^;) 和出汁とカエシでもラー油を入れると、中華麺でもなかなか良い相性です。

「無芸作 ヴィシソワーズ」

無芸作 ヴィシソワーズ

今月は結局、早朝から写真撮影に出かけたのは、「雄国沼湿原」に行った時だけでした(⌒▽⌒;) 手持ちぶさたで最近安値安定のジャガイモでヴィシソワーズなんて作ってみました。 だいぶ手慣れてきましたよ。

「無芸作 エビとシメジのトマトスパゲッティーニ」

無芸作 エビとシメジのトマトスパゲッティーニ

そのお供に合わせたのはコチラ。 本当はパンが欲しかったんだけど、個人的に好きだった「麦畑」さんが暖簾を降ろしてしまい、大きなスーパーの中に入っていたパン屋さんもリニューアル改装中で落手出来ませんでした。 

ラーメンROOTS ~福島県郡山市大槻町~

日曜日も夕方になりつつある頃合で、ちょいと納涼がてらに「郡山布引風の高原」にでも行きましょうかね? ってんで、その道すがらに立ち回った「ラーメンROOTS」さんです。 通し営業はありがたいですねぇ~♪( *´艸`)

「冷やしそば あっさり (790円)」

ラーメンROOTS 冷やしそば あっさり

おう♪ 涼感を漂わせるボウル型のガラス製器ですねヽ(≧∀≦)ノ 晒し白髪ネギがたっぷりと盛られてくるのは、もうROOTSさんの“顔”になりつつありますね。

ラーメンROOTS 冷やしそば あっさり

頂点に刻み海苔が盛られていて、「冷やし中華」じゃなくて「冷やしそば」って名付けられていたのは、(もしかして和出汁なのか?)と少し戸惑いますけど、歴とした“冷や中スタイル”ですv( ̄∇ ̄)ニヤッ

ラーメンROOTS 冷やしそば あっさり

自慢のチャーシューは短冊切りにされていて、しかも2枚分相当くらいのボリュームもありそうです。 お隣には柔らかメンマも配されていて、しっかりと美味しい仕立てなので、帳尻合わせ的なキャスティングではありません。

ラーメンROOTS 冷やしそば あっさり

黄身がトロリと流れる味玉は、さっぱりとした甘酸っぱい冷や中スープとも相性は上々。 薄焼き卵にあらざる理由は、ちゃんと味わいのバランスで説得力ありです。

ラーメンROOTS 冷やしそば あっさり

スープは先述の通り「冷や中」の定石を踏む甘酸っぱい醤油テイスト。 割とメリハリがあり、少々アジコイメな感じはモロ好みです(*´艸`*)ァハ♪ 生姜、ニンニク、豆板醤といったスパイシーさや辛味が出しゃばりすぎない程度に効かされていて、香り高い白ゴマなども加わり味造りの妙が感じられます。

ラーメンROOTS 冷やしそば あっさり

麺はお馴染みの「羽田製麺」さんの低加水ストレート細麺。 氷水でキリリと引き締められた麺は、明瞭な張りのある歯切れの食感が演出されていて、涼味と共に大変美味しく頂けました。




ラーメンROOTS (FB)
福島県郡山市大槻町反田1-5
営業時間;11:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;4台



ラーメンROOTS 

【ご案内】 千原武和写真展 「彩る季節」

郡山市在住で数々の受賞歴を持つ、千原武和氏の個展、千原武和写真展 「彩る季節」が開催されます。 どうぞご訪問・ご観覧下さい。

千原武和写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

千原武和写真展 「彩る季節」
開催期間;2018年8月1日(水)~6日(月) 【入場無料】
公開時間;10:00~17:00 ※8月6日(月)は15:00まで
開催会場;「アトリエかしわ」 開成柏屋2F
      福島県郡山市朝日1-13-5 電話;024-922-5533



 

丸亀製麺 郡山店 ~福島県郡山市並木~

普段はあまり利用する事のない「丸亀製麺」ですが、お仲間Bloggerさまの投稿で、「親子丼」がある事にに気付いてしまいました。

しかもお仲間Bloggerさまによると

「少々濃い目の味付けだったが美味いではないか!」

との事。 カツ丼が主食と言って憚らなかった、アノ方から出た言葉ですから、これはきっと間違いない!o(*^^*)o と言うか、その行を見てしまったら、食べずにはいられないでは無いですかっ!(`・ω´・ ;)

「冷やしぶっかけうどん(並)&鶏親子丼(小) (290円+390円)」

丸亀製麺 冷やしぶっかけうどん&鶏親子丼

なんだか想像していたよりもモリモリで、うっかり親子丼を“中盛CALL”しなくて本当に良かったと思った(;^ω^)

丸亀製麺 冷やしぶっかけうどん(並)

今回の主役は「親子丼」の方なので、定番の「冷やしぶっかけうどん」は軽く流しておきます。

丸亀製麺 冷やしぶっかけうどん(並)

揚げ玉、葉ネギ、生姜は、セルフサービスでお好み次第。 この他白ゴマもありますけど、ボクにとってはマスト・アイテムではありません。

丸亀製麺 冷やしぶっかけうどん(並)

私的なマスト・アイテムと言えば、揚げ玉の方ですね♪ さっぱりとした冷やかけスープに、揚げ玉油分や香ばしさが加わる事で、味わいに幅がでるもんねΨ( ̄∇ ̄)Ψ

丸亀製麺 冷やしぶっかけうどん(並)

自家製麺はブレのない味わい。 適度に角の出されたうどんは、やや太目でしっかりとしたコシのある噛み応え。 そんなにツルシコでは無いけれど、このクォリティーをこのお足でいつでも供してくれるのは素晴らしいと思います(o^-^o)

丸亀製麺 鶏親子丼(小)

さてこちらが本日の主役です。 オーダーを受けてから一食ずつ目の前で作られるのは、何とも悪い気がしません。

(今ボクのを作ってる♪(〃∇〃))

という、そこはかとないワクワク感も楽しきかな(*´艸`*)ァハ♪ でも、その反面、調理係のオバさまは、とても忙しく沢山の仕事をこなしていますので、キッチンタイマーが火を止めるタイミングを知らせていても、直ぐに対応出来なかったりします。

丸亀製麺 鶏親子丼(小)

おかげでボクの「親子丼」は、トロフワにはほど遠い昭和の煮固め親子丼になっちまいました(つД`)・゚・゚。゚。 電磁調理ですので、いっそのこと、タイマーで自動停止するように改善されたら、みんながフワトロを食べられるのにね。

丸亀製麺 鶏親子丼(小)

そんな訳で、折角の一杯出しの演出なのに、少~~し残念な点もありましたが、丼ツユの甘じょっぱく、ちょっと濃い目の味加減や、出汁の効いた美味しい丼ツユが“ツユダク仕様”で頂けるのは大満足! 作りたてならではの鶏肉のふっくらジューシーな美味しさもスバラシイですよ(*>∇<)ノ これは秀逸♪




丸亀製麺 郡山店
福島県郡山市並木4-6-2 店内禁煙
電話;024-925-6065
営業時間;11:00~22:00 (LO 21:30)
定休日;無休
駐車場;20台ほど


 

お食事処 三八太(みやた) ~福島県郡山市大槻町~

また一軒、郡山の老舗料理店が“伝説”になろうとしています。 当地で暖簾を掛けて33年。 お食事処 三八太」さんが、7月29日をもって暖簾を降ろします(つД`)・゚・゚。゚。 ボクが家業に就いた頃から、郡山市堂前で開店した人気店さんです。

お食事処 三八太

いつも昼時は客足が途絶えることなく、ピークタイムをずらして潜入したのが懐かしいです。 そんな三八太さんも、東日本大震災で店舗が被災し、大変な思いをされて大槻町にお店を再建しました。 店主さんのお人柄をあらわすかのように、一月前には閉店を告げる挨拶状が届き、それはもう驚くばかりでした。 そんな訳で、昨日は最後の“三八太詣で”をして参りました。

「冷しぶっかけ中華 和風味 (750円)」

三八太 冷しぶっかけ中華 和風味

何を頂くか迷いに迷ったけれど、本作が確か店主さんが昨年考案してデビューさせた、最後の創作メニューだったはずσ( ̄、 ̄=)いつ暖簾を降ろす決意をしたかは分かりませんが、常にご自身を鼓舞するように、創作メニューを生み出し続けて来たモチベーションの高さに、深い敬意を込めて選びました。

三八太 冷しぶっかけ中華 和風味
 
見た目はぶっかけ蕎麦みたいですが、ここに中華麺が合わせられています。 ベーススープも鰹節や昆布から引かれていて、しっかりとした旨味とナチュラルな甘味。 カエシも和風仕立てで、油分を直接打つことなく、載せモノの揚げ玉から取り込む程度です。

三八太 冷しぶっかけ中華 和風味

メインの具材に据えられているのは、地元三穂田町の「ふるかわ農園」さんが栽培した大振りなナメコ。 これをちょいと甘じょっぱく味付けされていて、プリッとするような食感とナメコのニュメッとするような舌触りが楽しめます。 そこにマストアイテムのように大根おろしがお供していて、盤石のコンビネーションとなっています。

三八太 冷しぶっかけ中華 和風味

キンキンに冷たいってほどまでは〆られていないスープに、大きめの氷片がジリジリ~っと好い冷やし加減になってくれます。

三八太 冷しぶっかけ中華 和風味

麺は熟成多加水中麺で、とても滑らかな麺肌のツルツル感と、程良くコシのある噛み応えです。 スープの絡み具合も良好で、蕎麦とは異なる量感ある食べ応えが嬉しいところです(o^-^o) とてもバランスの取れた味わいで、さっぱりとした後味の良さと、スープ自体に満ちている旨味の妙で、大変美味しく頂けますよ♪( *´艸`)

三八太 サラダ

共添えのサラダは、店主さんが洋食出身である事を示すかのように、小振りなサイズの中にも彩りや盛り付けセンスなどがキラリと光るものがあります(*^▽^*)

三八太 アイスコーヒー

食事の進み具合を見計らって、全てのお客様に女将さんがアイスコーヒーを振る舞って下さります。 食事の余韻に浸りながら、少しばかり店主さんと会話をさせて頂けました。 とにかく名残惜しいですね。 まだまだ暖簾を掛け続けて頂けると勝手に思い込んでいたのですが・・・

お客様は引きも切らず、長年の掲げてきた暖簾の偉大さを示すように、店主さん夫妻への労を労う言葉や、楽しい思い出に感謝を告げる言葉と共に、もう賞味出来なくなる“三八太の味”を記憶に止めるかのように満喫していました。

店主さん、女将さん、永らくお疲れ様でした。 美味しい味を沢山楽しませて頂き、ありがとうございました。 どうぞ健康で楽しい余生をお送り下さい。




== 閉店しました == 2018年7月29日をもって閉店しました。 アーカイヴとして残しておきます。
お食事処 三八太(みやた)
福島県郡山市大槻町字前畑54-2
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~20:00 (L.O. 19:30)
定休日;月曜日
駐車場;店舗前から左側に掛けて15台分ほど
店内全面禁煙


 

ひっそり池

撮影場所は先輩カメラマンさんに教えて頂いたので公開しません。 もし一瞥で分かっちゃっても、コメ欄とかには書かないのが、カメラマンの嗜みということで宜しくお願いします( ̄▽ ̄i)ゝ

盛夏の睡蓮
[2018/7/15 盛夏の睡蓮]  <↑ Clickで拡大>

今シーズン2回目のチャレンジで、ようやく撮ってみたかった可憐な小さな花を捉えました。

可憐な花
[2018/7/15 可憐な花]  <↑ Clickで拡大>

清流に咲く梅花藻(金魚草)にも似た小さな白い花ですが、お仲間カメラマンさんが調べてくれたところによると「ハゴロモモ」っていうやつらしいです。

ひっそり池の夏の朝
[2018/7/15 ひっそり池の夏の朝]  <↑ Clickで拡大>

睡蓮は昼過ぎには閉じてしまいますが、ハゴロモモはどうなのでしょう?σ( ̄、 ̄=)

人知れず咲く
[2018/7/15 人知れず咲く]  <↑ Clickで拡大>

ここもウシガエルが繁殖していて、例の如く悲鳴にも似た鳴き声と共に岸から池に飛び込みますヽ(@ω@;)ノ 未だにその鋭い鳴き声にはビックリさせられるんだな。 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

進物配達で午前中だけで市内巡回70kmと、飛距離のある配達をこなした足で「麺屋 信成」さんに潜入しちゃいました♪(ノ´∀`*) 久しぶりに復活した「つけ麺」の決め撃ちですo(*^^*)o

「つけ麺 中盛 (850円)」 ※平日限定販売

信成 つけ麺 中盛

過去ログを引いてみたら4年ぶりの復活でしたw( ̄▽ ̄;)w 4年間のブランクの中で、新しく取り組まれた事もあれば、継承されたものもあります。 麺量は並盛(1.5玉・260g)も、中盛(2玉・340g)ともに同料金での提供です。

最近なかなか“信成詣で”もままならない中、4年ぶりに復活のつけ麺ですので、ほぼ脳髄反射的に“中盛CALL”をしちゃったら、思いの外モリモリで一瞬たじろぎました(^◇^;)

信成 つけ麺 中盛

漬け汁は豚骨ベースに魚粉の力強い風味と旨味が利かされています。 甘味は少しだけ感じられますが、所謂甘酸っぱ辛い系ではなく、端正な旨味の積み上げられたタイプです。 魚粉のザラつきはほぼ気にならず、豊かなコラーゲン分とクリーミーなベーススープの滑らかな舌触りが、全て包み込んでいる感じです。

信成 つけ麺 中盛

麺皿に積まれる載せモノは、見ての通りのバリエーションの多さ。 バーナーで炙り焼きにされたバラ巻きチャーシューは、チャーダレが香ばしいアクセントになり、濃い目の味わいも嬉しい存在感溢れるもの。

信成 つけ麺 中盛

この低温調理チャーシューが腰を抜かすほど美味かった(*>∇<)ノ サシの入ったようなお肉は薄くカットされていて、これを漬け汁の中でシャブシャブして口に運べば・・・

溶けた(;゚ Д゚) …!?

いま、確かに溶けましたヽ(@ω@;)ノ ビックリしたなぁ~!

低温調理チャーシューで、柔らかジューシーってのはいくらでも体験済みだけど、舌の上でハラッと溶けたのは初めてです。 また信成マジックにハメられたっぽいww

信成 つけ麺 中盛

水菜とネギにスプラウト、拍子切りの柔らかメンマなど、その他もしっかりとツボを押さえた載せモノの数々に加えて、漬け時の中にも刻みネギやコク味や複雑味に一働きの切りだしチャーシューが仕込まれていたり、本当に隙が無いんだよなぁ・・・( ̄  ̄;) うーん

信成 つけ麺 中盛

麺は洗い締めされた多加水縮れ平打ち太麺。 ピロピロとした麺の舌触りの楽しさと、麺肌のツルツル感、噛めば程良くコシのある食感ながら、ゾゾゾッとばかりに啜り込める滑らかさがあります。

信成 つけ麺 中盛

漬け汁はカエシのテイストはしっかりしつつも、塩味のエッジは円やかで、総じて濃ゆい味に感じさせません。 きっとこの太麺との相性も大アリなのでしょう。 卓上配置の黒コショウミルなどに手が伸びることもなく、提供されたそのまんまで全量がすんなりとお腹に収まってしまう見事なチューンでした!




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2 店内禁煙
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~15:00位 ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に供用10台程度


 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

今年の暑さは、ちょっと桁違いですね:(;゙゚'ω゚'): こう毎日暑くっちゃ、ついつい冷たい食べ物に手が伸びるというものです。 「郡山大勝軒」さんが今年も夏メニューを提供中って事で、定期巡回の折に頂いて参りましたよ。

「冷やし中華 中盛 (800円)」 ※味玉ご馳走になっちゃいました

郡山大勝軒 冷やし中華 中盛

最初から「中盛」「大盛」しかありませんΣ(゜▽゜;) そう言えば前に頂いた時も、「中盛」でも腹パンになった記憶が甦ります(;´艸`)ぁぁぁ きっと「中盛」か「大盛」じゃないと、載せモノとのバランスが取れないって事でしょうネ。

郡山大勝軒 冷やし中華 中盛

丼イッパイの載せモノは迫力もの。 レモンの櫛切りがとても目に付きますが、これはお飾りではなくて、頃合を見て搾ってみると、極めて良い味変ツールになりますよ。 梅干しは個人的な弱点ですので、折角ですが遠慮させて頂きました( ̄▽ ̄i)ゝ

郡山大勝軒 冷やし中華 中盛

辛ネギはとても良いお供で、甘酸っぱいゴマだれをキリリと引き締めてくれます。 自慢のチャーシューは短冊切りに切り整えられていて、お隣のメンマと共に、少々ラーメンチックさを楽しませてくれます。

郡山大勝軒 冷やし中華 中盛

キュウリとレタスも細切りに整えられていて、メンマとの谷間にはさり気なくマヨネーズが仕込まれていました。 ゴマだれだってマヨネーズはマッチするんですよね♪

郡山大勝軒 冷やし中華 中盛

麺は勿論自家製中太麺。 つけ麺と同じ麺を、茹で時間を長めに調整しています。 それでもやはり冷や・冷やの冷や中仕様となると、麺の張りとコシの力強さはちょっと一枚上手。 ツルツルと啜って頂くと言うよりも、手繰って噛んで頂くといった感じになります。

お陰でやはりハライッパイになりましたが、先述の通り、レモンを搾ると俄然美味しさが光りますよ(o^-^o)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


 

盛夏の華

毎年足を運んでいる蓮池ですが、今年はちょっと様相が違っていました。 蓮池に他の植物が大量に繁殖して、蓮が何だか肩身が狭そうです。

盛夏の華 #1
[2018/7/15 盛夏の華 #1]  <↑ Clickで拡大>

遠慮無しに照りつける陽射しは、まだ朝方だというのに凄い熱量Σ(oДolll)ノノ 例年ならトンボが沢山飛んでいるのですが、この暑さに加えて、水面が閉じられそうな勢いで植物に覆われちゃっているせいもあってか、かなり少なかったです。

盛夏の華 #2
[2018/7/15 盛夏の華 #2]  <↑ Clickで拡大>

花の盛りが今年は早かったせいもあるのかなぁ~ 良い感じになっている蓮の花は少なく、植密度も今一つだったので、もしかすると池の水が抜け気味なのかと疑ったほどでした。

盛夏の華 #3
[2018/7/15 盛夏の華 #3]  <↑ Clickで拡大>

あぁ、でもそんな事は無くて、ちゃんと水は張られているのです。 ブッ壊れたビオラの太い弦の如き鳴き声を上げているウシガエルが、例によってピッ!ともキュッ!とも形容し難い高周波の鳴き声を上げてドッポン!と水中へダイブします。

まるで悲鳴のような鋭い鳴き声に、ボクは未だにビクッ!ヾ(.;.;゚Д゚)ノ とさせられます。 

満丸 ~福島県郡山市西ノ内~

17時まで通し営業になっている「満丸」さんに、また行っちゃいましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

いや、昼食を摂るのが夕方になってしまうパターンのボクには、本当にありがたい! 8月からは17時から夜メニューに変更しての、バトン営業になるそうです。 手打ちそばが供されると言いますから、こちらも目を離せないかも( *´艸`)

「油淋鶏冷やし麺 (800円)」

満丸 油淋鶏冷やし麺

「冷や中」じゃ無くてこうキタか!w( ̄▽ ̄;)w

こりゃあ中華料理店ならではの表現ですね♪( *´艸`) しかも“みんな大好き油淋鶏”ドッカァ~~ン!丸ごとオン・ザ・麺!しちゃってますよ。 いいとこ取り過ぎだわぁ~(*>∇<)ノ

満丸 油淋鶏冷やし麺

お野菜もたっぷりと合わされていますが、麺もまた、なかなかのボリュームです。 そこに甘酸っぱく生姜などの薬味の味香も爽やかな油淋鶏のタレが、たっぷりと掛けられているのですから、これは美味しさを約束されたも同然でしょう。

満丸 油淋鶏冷やし麺

一点仕上げの油淋鶏は揚げ立ての香ばしさと、タレの浸みたところのトロッと感と、タレノ回っていないところのサクッと感の両方が入り交じり、豊かな味わいの幅があります。 鶏肉は勿論ふっくらとした弾力とジューシーさでウマウマ♪ お野菜にもタレが良く絡んで、少々野菜が苦手な方でも、油淋鶏と共にどんどん食が進んじゃいますよ(>▽<)b

満丸 油淋鶏冷やし麺

麺は中細タイプの中華麺。 これを氷水でキリリと洗い締めしていて、温かい油淋鶏が乗っけ盛りにされても、熱が移りきってしまうことなく、プツッとした歯切れの食感やコシの強さが残されます。

タップリと掛けられている油淋鶏のタレが麺にしっかりと含まれて、とても美味しく頂けちゃいました(〃∇〃)

満丸 餃子

最近、餃子を手直ししたとの事で、お振る舞いを頂きました。 ニンニクテイストがハッキリと表現されていて、野菜のザクッとした食感が活きています。 噛めば皮を弾くように餡が飛び出してきて、とても存在感のある食べ応えがありました。




満丸
福島県郡山市西ノ内2-10-26
電話;024-925-7288
営業時間;11:00~17:00 注:準備の都合上、開店時間が遅れることがあります
定休日;日曜日
駐車場;店舗前の指定枠2台分のみ


 

とんかつ支那そば こばやし ~福島県郡山市喜久田町~

国道49号線の上り線沿い喜久田町地内にお店を構えてもう5年半になる「とんかつ支那そば こばやし」さんを、久しぶりに訪問しました。 お店の前には4台分くらいの駐車スペースしか見えませんが、実は奥に更に10台分ほど確保してありますので、ほぼ安心して大丈夫です。

とんかつ支那そば こばやし

久しぶりに暖簾を潜ったら、夏季限定メニューの「冷やし中華」が販売中で、かなり暑い日だった事もあり、グラグラとそそられましたけど、今回はコチラを所望しました( ̄▽ ̄i)ゝ

「ロースカツ定食 (1,200円)」

こばやし ロースカツ定食

定石通りのトンカツ定食です(〃∇〃) お味噌汁に冷や奴、香物が添えられて来ます。 ドレッシングはゴマドレ一択で、ソースは卓上配置とされています。 “辛子はいつでも新鮮小袋提供”で、こちらも卓上配置になっていて、お好み次第で何袋でもヾ(^▽^*

こばやし ロースカツ定食

お皿に共盛りされているのはキャベツの千切りと櫛切りレモン、千切りレタスの上には王道のポテサラが鎮座しますよ♪

豚ロース肉は120gほどと、サイズで人を驚かすことはありませんが、薄付きの衣のサクサク感や絶妙の揚げ具合など、長年の手練れの技がさり気なく活きています。

こばやし ロースカツ定食

脂身は端っこのカットに残されているくらいで、ほぼ落とされています。 噛めばブリッとした食感と共に噛み切れます。 そんなにジューシーというほどでは無く、どちらかと言えば大人し目の印象です。

こばやし ロースカツ定食

卓上配置の自家調整ソースは、最近では珍しいサラサラのウスタータイプで、酸味とスパイシーさ、塩味や風味がややシャープに効かされた辛口タイプ。 先述の通り、わりと脂身の少ない締まりのあるロースですので、こういったタイプのソースが引き立ちますよ(o^-^o)




とんかつ支那そば こばやし
福島県郡山市喜久田町堀之内字古町4-3
電話;024-959-5355
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に4台分ほど、お店の後方に10台分ほど


 

蕎麦家 ~福島県郡山市逢瀬町多田野~

この夏も「蕎麦家」さんの近所までご進物の配達があり、その好機を逃さずに“蕎麦家さん詣で”をして来ました。

蕎麦家

お昼前には暖簾を潜ったのですが、既に先客様が数組おられ、その後降着のお客様も続々と暖簾を潜って来ますヨ。 やはり美味しいものを頂くのに、お店の場所が少々遠かろうと関係ないんですね(。-`ω´-)んー と、言いつつ、ボクもその一人だったりしますけど(^◇^;)

蕎麦家 蕎麦掻きの揚げ出汁

オーダーをとって頂き、程なく供される「蕎麦掻きの揚げ出汁」振る舞いを頂きながら、胃袋を馴らしつつ配食を待つひとときもまた一興です(o^-^o)

「もりそば (750円)」

蕎麦屋 もりそば

NORITAKEの洋皿に盛られてくる蕎麦は、勿論純粋十割蕎麦。 毎朝(と、言うよりも深夜)石臼で蕎麦の実を挽くところから始まる蕎麦打ちの粋で、甘い蕎麦の香り立ちの良さは抜群です。

蕎麦屋 もりそば

石臼挽きならではの透明感のある蕎麦は、キレイに細打ちにされていて、少しばかり甘皮が混じった蕎麦は少し蒼味さえ帯びています。

蕎麦屋 もりそば

薬味に添えられるワサビ、大根おろし、晒しネギは、お皿の縁にお行儀良く並べられます。 ワサビは辛味と甘味のバランスが良く、少し粒状感があります。

蕎麦屋 もりそば

そんなワサビを蕎麦に絡めて、宗田節の旨味がしっかりと引き出された蕎麦つゆに潜らせて頂けば、カエシの甘味と醤油テイストが程良く効いていて、辛すぎないところが地元向きです( *´艸`)

コキッとするような歯触りの良さと、細打ちならではの舌ざわりの良さ。 蕎麦つゆがバランス良く寄り沿ってくれて、蕎麦を手繰る度に美味しさで口中が満たされます(*>∇<)ノ

「いなり寿司 (2個・150円)」

蕎麦家 いなり寿司

こちらもいつのもお楽しみ♪ 少し濃い目に甘じょっぱく炊かれたアメ色っぽい照りのある油揚げに、酢飯が絶妙の美味しさでマッチします。 この「いなり寿司」のファンは多いので、早い者勝ちで売り尽くしになっちゃう事もしばしばですよ。

帰宅して暫くしたら、家内から

「蕎麦家さんに行った?」

と聞かれました。 まあ、先述のご進物配達に行った折には、ほぼ立ち回っていますから承知置きかな?と思ったら、どうもお隣におられた方が、家内の親友ご夫妻だったらしく、LINEがタレコミがあったんですね((ノ)゚ω(ヾ))

どうも女将さんとの会話を聞いてピンと来たらしいです。 しかも互いに面識のないご主人様の方がww そんでもって、先に席を立たれたのですが、駐車場で軽トラを見つけて確信されたっぽいです((#◎□◎#))

別に悪い事をしていた訳でもありませんが、勘の良い方っておられるものですね(⌒▽⌒;)




蕎麦家
福島県郡山市逢瀬町多田野字上山田原1-317
電話;024-957-2668
営業時間.;11:00~15:00 (売り切れ次第閉店)
定休日; 火曜日 ※2月中は長期休暇

 

満丸 ~福島県郡山市西ノ内~

夜の部営業が18時からになって以来、なかなか再訪が難しくなっていた「満丸」さんでしたが、お友達から営業時間の変更を知らされて、早速久しぶりに訪問して来ました(ノ´∀`*)

8月をメドに営業スタイルの変更が行われるそうで、現在は11:00~17:00の通し営業として、夜の部営業が封印中です。 まあそんなお陰で、夕刻に昼食を摂る事が常態化しているボクには好都合だったりしました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

満丸 サラダ仕立てのユーリンチっぽいやつ

久しぶりに訪問したら、お駄賃に「サラダ仕立ての油淋鶏っぽいの」をご相伴に与りました(〃∇〃) こりゃあウマいわ♪

「ピーメン (700円)」 ※新作お試しキャンペーン価格

満丸 ピーメン

“牛出汁ベーススープのピリ辛平打ち麺”という『新作』のお薦めを受けて、お断りする理由などどこにありましょうか?( *´艸`)

大量の炒め野菜は、モヤシ、ニラ、そして細切りポテトです。 野菜の下に隠れてしまいましたが、更には豚のモツ煮込みが仕込まれています。

スープの表層は

「やっぱり満丸・・・(^◇^;)」

と思わせてくれる、分厚く真っ赤な油膜が張られています。

満丸 ピーメン

恐る恐るスープを口にしてみると、サディスティックな辣味では無く、良く制御された辛さです。 これならそんなに麻辣耐性の無い方でも、安心して楽しめるはずですし、牛出汁や牛脂油膜の風味もちゃんと分かるでしょう。

大量のモヤシは中華技巧の技で、火は通っていてもシャクシャクとした歯触りがちゃんと残されていて、意外とマッチしているジャガイモの味香共々、なかなか良い感じです。

満丸 ピーメン

牛出汁&牛脂に豚モツ煮込みの組合せは、豚モツ煮自体の下処理が巧妙で、チャーシューや肉とは異なる柔らかさと後味のキレの良さもあって、スープとの相性はバッチリです♪

醤油味はほのかな酸味と共にキチッと効かされつつ、油分効果もあってか後味がサラリと良い引き味です。 全体的な印象としては、これだけの油分を打ちながら、軽快な旨味とキレの良い後味でサッパリとしています。 スープの美味しさを楽しみながら、どんどん箸が進みます。

満丸 ピーメン

さて驚きはこの手打ち極太麺です。 製麺所の麺にしては、随分と個性的だなぁ~と思って尋ねてみたら、実はこの麺、先述の新しい営業スタイルにも関係しているのですが、自家製麺のスペシャルでしたw( ̄▽ ̄;)w

多加水タイプの平断面極太麺は、巧妙な厚みにチューンされていて、ツルッとした麺肌の滑らかさに、程良いコシのある噛み心地。 モチッとした食感がピリ辛スープとシャキシャキ野菜で面白い味わいを醸し出しています。

自家製麺だからこそのクォリティーの高さは、ちょっと見逃せない存在感でしたよ♪ これぞ“中華屋の麺料理”です!




満丸
福島県郡山市西ノ内2-10-26
電話;024-925-7288
営業時間;11:00〜17:00 注:準備の都合上、開店時間が遅れることがあります
定休日;日曜日
駐車場;店舗前の指定枠2台分のみ


 

古寺山白山寺の紫陽花 2018

今年は紫陽花の開花期に、雨量不足や高温障害があったせいか、紫陽花の名所と言われる多くの場所で、発育不全や褐変などがみられました。

「古寺山白山寺」は、ちょうどこの日「あじさい祭り」が開催されていましたが、混雑を回避しつつ、夕暮れ時狙いで訪問してみました。

古寺山白山寺の紫陽花 #1
[2018/7/8 古寺山白山寺の紫陽花 #1]  <↑ Clickで拡大>

そんな折、ようやく二日間ほど雨が降り続いたお陰で、「古寺山白山寺」では、開花期にマッチした一部の株は何とか救われたようです。

古寺山白山寺の紫陽花 #2
[2018/7/8 古寺山白山寺の紫陽花 #2]  <↑ Clickで拡大>

ちょっと不安定な天気で、突然雨が降り出したり、雲間から夕日が射し込んでみたりと、出入りの激しい30分ほどでしたが、“鮮度”のある紫陽花を見つけ出せましたp(*^-^*)q

古寺山白山寺の紫陽花 #3
[2018/7/8 古寺山白山寺の紫陽花 #3]  <↑ Clickで拡大>

花火のようなガクアジサイ。 いやいや、微妙なピントのズレが撮影中には確認し切れなくて、安全策をとって多目にシャッターを切っておきました。 まあ実際にマクロ接写でなくても、狙ったポイントに正確にピントが来ていないカットが沢山出てきましたΣ(゜▽゜;) やはり数は撃っておくべきもので、何とかギリギリで帳尻は合わせました(>▽<;;

古寺山白山寺の紫陽花 #4
[2018/7/8 古寺山白山寺の紫陽花 #4]  <↑ Clickで拡大>

「古寺山白山寺」の紫陽花は、花色のバリエーションが広く、撮影の幅が出せるので、結構好きな場所です。

古寺山白山寺の紫陽花 #5
[2018/7/8 古寺山白山寺の紫陽花 #5]  <↑ Clickで拡大>

多分今年はこれにて紫陽花の写真は終了です。 そろそろ睡蓮と蓮が盛りですね(o^-^o) 

手打中華 トクちゃんラーメン ~福島県郡山市桑野~

夕刻に訪問したら、麺場では現在修行中の二代目が麺打ちに精を出していました。 がんばるねぇ~(〃∇〃) いつも笑顔で爽やかなイイ男だ(o^-^o) さあ、この日はすっかり腹ペコだったから、ボリューム・メニューをいっちゃうよぉ~♪

「蒲焼風とん重セット (980円)」 ※香物と味玉をご馳走になりました(〃'∇'〃)ゝ

トクちゃんラーメン 蒲焼風とん重セット

「ラーメン」「蒲焼風とん重」がガッチリ手を組んだ、迫力満点、ハライッパイ保証付きの美味しいヤツですよ( *´艸`)

トクちゃんラーメン 蒲焼風とん重セット

共添えにフルーツは標準。 香物と自慢の味玉を振る舞って頂きました。 いつもありがとうございます(=´▽`)ゞ

トクちゃんラーメン 蒲焼風とん重セット

ラーメンはマルッと一人前! お店の看板商品「トクちゃんラーメン」が供されます。 出汁は丸鶏や豚骨、厚削りから昆布などの海産物に至るまで、複雑怪奇なほどに注ぎ込まれています。 数年前ですが、店主さんにヒミツの仕込み部屋を見せて頂き、ラーメン用の素材にあるまじき一級品の海産素材を見せられたときの衝撃は、未だに忘れられません。

トクちゃんラーメン 蒲焼風とん重セット

その効果の程は食べれば分かるΨ( ̄∇ ̄)Ψ 動物系素材の充実した旨味成分に底支えされ、そこに華やかな魚介系素材の風味の豊かさと複雑な旨味が互いに高め合いながら極太で複雑怪奇な旨味へと昇華されています。

トクちゃんラーメン 蒲焼風とん重セット

分厚い油膜は瞬く間にコラーゲン膜を生成し、香気と共に麺の表面油膜をコートして、滑らかな舌触りにも寄与しています。 ちょっとコハク酸っぽいスーっとするような旨味は、貝類から直接引き出されたのではなく、スープを仕立てるプロセスの中で醸成されたものらしいです。

トクちゃんラーメン 蒲焼風とん重セット

豚バラチャーシューは柔らかさとのみならず、脂身まで染み入ったチャーダレの味わい共々、丼の中の華ですよ。 柔らかメンマは少し甘じょっぱく、簡単に歯切れる柔らかさ。

トクちゃんラーメン 蒲焼風とん重セット

自家製多加水熟成縮れ麺は、以前の印象と少し異なっていて、コシの強さが一際伝わって来ました(;゚д゚) なにがあったんだ?ってくらい、今までとは趣を異にしてました。

以前はツルツルと滑らかな舌触りに、割とソフトな印象の食感だと思っていたんですけどね。 これは新しい魅力が増えた感じでした。

トクちゃんラーメン 蒲焼風とん重セット

「蒲焼風とん重」は、豚ロース肉を濃ゆい甘じょっぱいタレで焼き、オン・ザ・ライス&タレ掛け~の、山椒振り~ので仕立てられます。 これが白飯に合わない訳も無く、美味くって仕方ねぇ~(*´艸`*)ァハ♪

案の定ハライッパイになりまして、夕食はちょっと控え目にしましたけど、この味覚も楽しませる充実感は素晴らしいです(*>∇<)ノ




トクちゃんらーめん (URL)
福島県郡山市桑野1-25-9
電話;024-925-3390
営業時間;11:00~19:00 ※麺、スープがなくなり次第終了
定休日;毎週火曜日


 

中華食堂 秋 ~福島県郡山市荒屋敷~

久しぶりに「中華食堂 秋」さんの暖簾を潜ったら、店主さんが

「お客様に押し負けしてしまい、冷やし中華を始めちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ」

と言います。

なにぃぃぃぃぃぃ?!((ノ)゚ω(ヾ))

それは食べるでしょ♪( *´艸`)

「冷やし中華 ゴマ味 (800円)」

中華食堂 秋 冷やし中華 ゴマ味

およっ?(゚ロ゚屮)屮 麺が見えないほどの載せモノの山じゃないですか♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ なるほどこれでは“一日限定10食”もやむなしですね!

中華食堂 秋 冷やし中華 ゴマ味

スタンダードな醤油味と、ゴマ味の2種類があり、麺も中太、中華、細麺から選べるそうですから、都合6つのバリエーションがありますよ。 今回は「中華食堂」のブランドに相応しいように「ゴマ味」を所望しましたよ。

中華食堂 秋 冷やし中華 ゴマ味

中華料理店さんのチャーシューは、ラーメン専業店さんのチャーシューとはやはり微妙にスタンスが違うかも。 このチャーシューもご多分に漏れず、しっかりとチャーダレの味わいが染み入り、常温でも柔らかさや肉自体の美味しさがハッキリと伝わって来ます。

中華食堂 秋 冷やし中華 ゴマ味

少し意外だったのはメンマまでもが載せモノにされていたところかしら? でもこちらも常温のままでも柔らかく歯切れますし、しょっぱすぎない味付けの良さで美味しく頂けます。

中華食堂 秋 冷やし中華 ゴマ味

お好み次第でと言う事か、別添えでマヨネーズが供されるのも嬉しいところ(ノ´∀`*) ゴマ味だってマヨネーズは合うんだよね。 ゴマだれは濃厚になり過ぎない程度のやや控え目仕立て。 味目も強すぎず、程良くゴマのクリーミーさとナッティーさを、諄くならないように纏められています。

中華食堂 秋 冷やし中華 ゴマ味

麺はゴマ味と言う事で、中太タイプを選びました。 プリッとした弾力のある歯触りに、冷水締めされて強化されたコシの強さもあって、なかなかの食べ応えです。 辛味はほぼ感じませんので、溶きカラシに飽き足らなければ、卓上配置のラー油で味変するのも楽しそうですよ(*´艸`*)ァハ♪

中華食堂 秋 ピリ辛ナルム

作りたてのところって事で「ピリ辛ナルム」をご馳走になりました♪ ピリ辛の域を超えて、花椒のシビレもシャープに効きまして、こりゃあルービーをキメたいところでしたが、そうもいかず(;´Д`) ちょっぴり生殺し加減が冴え渡る「中華食堂 秋」さんでしたヾ(^▽^*




中華食堂 秋
福島県郡山市新屋敷2丁目131
電話;024-954-5151
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;火曜日
駐車場;養老乃瀧郡山富田店さんと供用


 

北方らーめん ~福島県郡山市並木~

ボクの仕事場からは割と近い「北方らーめん」さんですが、車がデポ出来ずに潜入出来ない事が多々あります。 それでも夜の部は狙い目で、この日は開店直後のタイミングも相まって、車をデポする事が出来ました。

「らーめん (650円)

北方らーめん らーめん

看板メニューの「北方肉そば」の丼真っ白な背脂の海とは異なりますが、それでも丼の油膜の厚さはもの凄いです(^◇^;) これはラードじゃなくて、背脂が溶けている状態の油膜ですね。 終始重苦しさを全く感じさせない、「北方」さんらしい個性です。

北方らーめん らーめん

ベースは豚骨と鶏ガラでしょうか。 ちょっとニゴリスープで、カエシは淡口醤油とチャーダレが合わせられているっぽく、醤油の色目はかなり淡く感じます。 豊富な背脂の効果もあって、塩味のエッジが立たない印象です。

北方らーめん らーめん

濃い目の味付けのチャーシューは、塩味のマイルドなスープに良いバランスで塩味を供給しています。 柔らかメンマもまた少々濃い目の味付け。 ネギは辛味や臭みをあまり強く感じさせません。 良い意味で背脂の海でトロッと美味しく感じちゃいます。

北方らーめん らーめん

卓上配置の醤油ダレは、お好み次第の調整に使えます。 粗挽き黒コショウと唐辛子が配されていますが、多分唐辛子の方がマッチする気がします。

北方らーめん らーめん

麺は勿論多加水熟成縮れ麺。 中太タイプでしっかりと茹で上げられた麺は、麺肌こそ滑らかですが、この縮れの舌触りとツルモチ食感が魅力的です。 そこに背脂のオイリーさが拍車を掛けますので、ますますもってツルツルのモッチモチです(〃∇〃)

喜多方でも近年たっぷりと背脂を打つラーメンが見られるようになりましたが、「北方らーめん」さんは先代から続く“背脂使い”です。 それを更に推し進めた二代目の頑ななスタイルに、ようやく時代が追いついてきたかも知れませんσ( ̄、 ̄=)




北方らーめん
福島県郡山市並木3-6-14 鈴木ビル1F
電話;024-923-9608
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;火曜日、第3月曜日
駐車場;店舗敷地内に3台分

 

丸仙食堂 ~福島県石川郡石川町~

今年は紫陽花の咲き具合が今一つでしたが、前週の雨で少しは盛り返したかなぁ~と、須賀川市の「古寺山白山寺」の紫陽花を写真撮影しに行きました。 ちょうど「紫陽花祭」の開催日だったのですが、例によって夕方近くの到着だったので、お祭りの余韻さえ残っていないほど人気がありませんでしたΣ(゜▽゜;)

丸仙食堂

まあそのへんの行は、追って別稿にてお話致しますとして、遅い昼食をどこかで摂ろうと考えた挙げ句に、またもや足が向いてしまった「丸仙食堂」さんです(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 夜の部スタート早々の到着でしたが、既に先客様がおられたり、降着のお客様も続々と入店して来て、日曜日の夜も全く客足に翳り無しのご繁昌ぶりです。

「冷やし中華 (530円)」 ※夏季限定メニュー

丸仙食堂 冷やし中華

和辛子が業務用小袋で供されてくるのはご愛敬( ̄▽ ̄i)ゝ 相変わらず“食堂の良心”がそのまんまのお足で、これだけの料理が頂ける事に、感嘆しきりでございます。

丸仙食堂 冷やし中華

この薄焼き卵の輝くばかりの美しさ。 冷や中の載せモノの中でも、店内調理されること必至のアイテムですから、やはり一番華となる載せモノです。

丸仙食堂 冷やし中華

ハムとキュウリは切り幅が揃えられています。 冷や中スープは思いの外マイルドでした。 古典的な醤油味に甘酢の組合せですが、濃さがかなり控え目にされています。 だからスープを軽く完飲しちゃえます。

丸仙食堂 冷やし中華

ちょっと変わったアイテムはスライス玉ネギでしょうか? 辛味抜きがされているのか、そんなに辛味や臭みは強く無く、シャクシャクとした歯触りと共に、甘味と辛味が弾けます。 あと黒ゴマが振られているのも珍しいですかね? 冷や中スープはゴマ油の風味がありますので、ちゃんとマッチしています。

丸仙食堂 冷やし中華

驚きはこの麺です!w( ̄▽ ̄;)w 多加水熟成中麺ですが、茹で具合一つで加減しているのか、ツルッとした麺肌と柔らかな茹で上がりの中にも、少しモチッとした弾力が伝わって来ます。 濃度控え目の冷や中スープは、この麺にしっかりと含まれて口の中まで持ち上げられます。 何とも不思議な感覚(^◇^;)

実はちょっとオイリーな感じはしていたのですが、ツルモチ中麺が殊の外滑らかな舌触りに感じられるのは、この辺にも一因ありそうです。 麺量は程良く成人男性なら“大盛CALL”をしても、難無く完食出来ると思います。

でも、ここで“大盛CALL”しないのは、ちゃんと理由がありますv( ̄∇ ̄)ニヤッ

「ラーズ炒蛋 (350円)」 ※※定食から“おかずだけCALL”

丸仙食堂 ラーズ炒蛋

定食メニューにある「ラーズ炒蛋(しょうたん)定食」から“おかずだけCALL”しちゃいました( *´艸`) 聞き慣れない料理名ですが「玉子からし炒め」って注釈が付いていました。

丸仙食堂 ラーズ炒蛋

キクラゲとニンニクの芽、メンマ、そして玉子を炒め合わせて、濃い目のピリ辛醤油味仕立てにされてました。 これ、白飯が欲しくなってしまった(;´^д^`)ゞ 最初から定食メインで組み立てれば良いものを、ついつい麺類から攻めてしまうクセが抜けません。




丸仙食堂
福島県石川郡石川町中野高ノ内3-1
電話;0247-26-5597
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 (LO) 【夜の部】17:00~20:00 (LO)
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に6台分ほど


 

雄国沼湿原 2018

今年はコバイケソウとニッコウキスゲが当たり年と言われた「雄国沼湿原」に行って来ました。 腰痛爆弾を抱えてはいましたので、携行する撮影機材はなるべく少なくしつつも、結局はリュックはズッシリと重かったΣ(゜▽゜;)

始発のシャトルバスは6時発車。 ニッコウキスゲの見頃と言う事か、通例なら5:30に駐車場のゲートが開くのだけど、早々に5:15に開放されました。 始発のシャトルバスは1台だけと言う事で、先着36名までしか乗せて貰えず、降着となった方々は第2便以降の乗り合わせです。 撮影地で良く逢うカメラマンさんも乗り合わせましたが、他にも以前ここでお見かけしたカメラマンさんが何人か・・・

会津バスが運行するシャトルバスは、ワンマン運行の路線バスとして使い尽くされたベテラン車両。 登坂中にクーラーを掛けると、パワーロスで登れなくなるから、空調は掛けられないと言います(;゚д゚)

まさに喘ぐように進むバスは、時折徒歩速よりも遅いくらいになりますが、今年も金沢峠まで連れて行ってくれました(o^-^o)

雄国沼湿原2018 #1
[2018/7/1 雄国沼湿原2018 #1]  <↑ Clickで拡大>

金沢峠から見下ろす「雄国沼湿原」は、悪くない程度の黄色い絨毯。 ピークから3日ほど経過しちゃったみたいですが、それでもまだまだ見栄えします。

雄国沼湿原2018 #2
[2018/7/1 雄国沼湿原2018 #2]  <↑ Clickで拡大>

標高1,100mの強烈な紫外線を浴びながらも、やはり高山の空気はいくぶん涼しい。 高低差50mほどの遊歩道を下り、木道まで辿り着いたら絶景が待っていました(>▽<)b

雄国沼湿原2018 #3
[2018/7/1 雄国沼湿原2018 #3]  <↑ Clickで拡大>

コバイケソウは既に終了。 若干ながら遅咲きの株が残っている程度でした。 例年の事ながら、大量の羽虫が湧いていて、望遠レンズで撮影すると白いブツブツになって写り込みます(;´Д`)

でも気温が高くなってくると、羽虫は日陰に隠れちゃうのか、その姿を突然消してしまいます。 代わりに人間がジリジリと陽射しにさらされますけど。

雄国沼湿原2018 #4
[2018/7/1 雄国沼湿原2018 #4]  <↑ Clickで拡大>

約30分に一便ほど間隔でシャトルバスが運行されていて、金沢峠に着く度に、ドッと来訪客が増えます。 カメラマンは木道の上に居続けますが、トレッキングを楽しむ人は、ここでの楽しみ方は全然違いますね。

帰途に裏磐梯ルートを通ったら、雄国山、雄国沼への登山ルートの周辺は、ものすごい台数の車でした。 場所によっては、登山口から軽く1km以上離れたところまで、路肩駐車が見られましたよ(;゚д゚)ポカーン さすがは健脚ですね。

雄国沼湿原2018 #5
[2018/7/1 雄国沼湿原2018 #5]  <↑ Clickで拡大>

黄色い絨毯と夏の空。 お天気に恵まれて、雄国沼湿原を満喫です(*>∇<)ノ この時ばかりは帰途の地獄の階段は忘れましょうヽ( ̄▽ ̄)ノ

雄国沼湿原2018 #6
[2018/7/1 雄国沼湿原2018 #6]  <↑ Clickで拡大>

「雄国沼湿原」に行くようになって今回で4回目。 ここ3年連続で行ってます。 多分、今まで一番見事な咲き具合で、天気も申し分無しの好条件でした。 ここはすごいな・・・

雄国沼湿原2018 #7
[2018/7/1 雄国沼湿原2018 #7]  <↑ Clickで拡大>

「雄国沼湿原」を後にして、シャトルバスの乗降口となる「金沢峠」までの高低差50mを440段の階段で上ります。

50mと言えば郡山駅前のランドマーク「ビッグアイ」の半分くらいにあたる標高差なのですが、なぜか結構キツいですΣ(゜▽゜;)

まあそんな訳で、途中で一度足を止めて2分ほどでも息を整え直すと、翌日以降のダメージがだいぶ軽くなります(o^-^o) これを覚えてから多少の山道(登山道)なら気後れしなくなりました。

登りつめれば
[2018/7/1 登りつめれば]  <↑ Clickで拡大>

ゆっくりとしたペースで登り続けること15分くらいでしょうか。 ようやく「金沢峠」の駐車場に到着。 足を止めると、何かスイッチが切れるのか、汗が一層流れて来ます。 Coolなフェイシャル・ペーパーで拭うと、峠に吹く風がヒエヒエになって気持ち良いですよ(>▽<)b

喜多方を見下ろすと眼下に雲が浮き、碧い空との境には、残雪を頂いた飯豊の山並みが見渡せます。 

支那そば でんでん ~福島県郡山市富久山町久保田~

ボクの仕事場から一番近い“おいしいラーメン屋さん”の一つが「支那そば でんでん」さんですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 平日は昼の部しか営業しないけど、土日は通し営業で夜まで頑張ってくれますよ♪

支那そば でんでん

夕刻に暖簾を潜ったら、カウンター席は馴染み客の皆さんで賑わってました。 ふむふむ、それではボッチだけれども広い囲炉裏席を独占しちゃいましょうかね(ノ´∀`*) なんて陣取ったら、次々と降着のお客様が来店して、アッと言う間に店内は活況を呈しましたw( ̄▽ ̄;)w 店主ご夫妻のお人柄を慕って来るお客様が多いんですね(o^-^o)

「ヘルシー豆乳みそラーメン カレー味+ごはん (800円+100円)」

でんでん ヘルシー豆乳みそラーメン カレー味

以前から興味を寄せていた「ヘルシー豆乳みそラーメン」“カレー味”を所望しましたo(*^^*)o スープが並々と注がれていて、とってもボリュームがありそうです。

でんでん ライス

券売機のとこに『ごはんを入れたらリゾットに!』という分かり易い釣り文句が貼ってあったので、易々と釣られてみたらば、望外の大盛ライスに驚かされたりしながらも、先ずは期待の“カレー味”を頂きます。

でんでん ヘルシー豆乳みそラーメン カレー味

カレーのスハイシーな香りはちゃんと立ってますが、ホットさは豆乳の威力で制圧されているのか、程良くピリ辛って感じです。 これなら辛いのが苦手な方でも、スパイシーなカレー風味を期待している方にも、一挙両得で応えられそうです。

でんでん ヘルシー豆乳みそラーメン カレー味

クリーミーな舌触りと味噌味ベースの豊かな味わいが、カレーテイストを手なづけている感じで、違和感無く纏まっています。 モヤシからの水分も巧い具合に効いているし、コッテリ感はあっても豆乳だから胃袋にダメージが来ないですね。 自慢のバラ巻きチャーシューは、クリーミーなカレーテイストの中でも存在感を主張していて、いつものように美味しく楽しめました。

でんでん ヘルシー豆乳みそラーメン カレー味

麺はちょっとニュメツとするような滑らかな舌触り。 ここにクリーミーなスープがしっかりと絡んでくれるので、レンゲ無しでも口中はスープで程良く満たされます( *´艸`) 麺量もなかなかありますので、あの山盛りライスをスープに投入したら、ホンキでハライッパイになりましたよ(^◇^;)




支那そば でんでん
福島県郡山市富久山町久保田字大久保68-1 エルム郡山 1F
営業時間;【平日】11:00~14:00 【土日祝】11:00~21:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;月・火
駐車場;店舗敷地内と北側に合計9台分


 

【ご案内】 2018年 日本風景写真協会 福島支部写真展

今年も「日本風景写真協会 福島支部写真展」が開催されます。 手練れのカメラマンさんが揃っていますので、見応え充分ですよ(o^-^o)

JNP写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

日本風景写真協会福島支部 写真展
開催期間;2018年7月12日(木)~16日(月) 【入場無料】
公開時間;9:00~16:30 ※最終日は16:00まで
開催会場;本宮市白沢ふれあい文化ホール
      福島県本宮市白岩字堤崎500 電話;0243-44-3185



 

麺処さとう 郡山店 ~福島県郡山市鳴神~

開店当初は水曜日を定休日と定めていた「麺処さとう」さんですが、いつの間にか年中無休営業となっていて、“魔の水曜日”に価値ある選択肢となりました(o^-^o) と、言う訳で、2回目の訪問をして参りました。

「魚介豚骨つけ麺 中盛 (850円+0円)」

麺処さとう 郡山店 魚介豚骨つけ麺 中盛

数あるメニューの中でも“リピート率No1”とのこと。 前回の訪問でも、自家製麺の美味しさが印象的でしたので、これは大いに期待出来そうです(〃∇〃)

乳化タイプの豚骨スープに、豊かな旨味と風味が際立つ鰹節、宗田節、鯖節などの魚介素材がたっぷりと合わせられています。 節粉が加わる事で、その印象はより一層強く感じられました。

麺処さとう 郡山店 魚介豚骨つけ麺 中盛

カエシはつけ麺の定石通り、やや強めの効かせ方ながら、塩味のエッジは程良く丸められていて、しょっぱい感じにはなっていません。 僅かに酸味と甘味が加えられているのかな? 一味唐辛子っぽい辛味も、ディテールを支える程度に効かされています。

乳化によるクリーミーさは、重さを感じさせない程度とされており、コラーゲン分が凝縮しているのは良く伝わってきます。 みじん切りらされたネギと小口ネギが、漬け汁の表層油分の上で沈まずに浮いているほど、コラーゲン膜が生成されているのかも知れません。

麺処さとう 郡山店 魚介豚骨つけ麺 中盛

漬け汁の中には、中程度の大きさに切り出され、チャーダレの染み入った角切りチャーシューと、細裂きタイプでコリコリッとした歯触りのあるメンマが仕込まれていました。

麺処さとう 郡山店 魚介豚骨つけ麺 中盛

麺丼に目を移せば、やはり目が釘付けにさされるのは、低温調理された豚モモ肉チャーシューですね( *´艸`) 鮮やかな色合いに細かくサシの入った切り口は生ハムに近い面構えです。 ふっくらと弾力のある歯触りと、肉汁がジワッと染み出そうなほどの食感は見事です。

麺処さとう 郡山店 魚介豚骨つけ麺 中盛

カイワレ大根の青味が活きていて、具材を盛りすぎないシンプルさの中にも、“良いもの食わして貰える感”が漂います。

麺処さとう 郡山店 魚介豚骨つけ麺 中盛

麺は自家製の多加水熟成太麺。 目も楽しませてくれる、とても美しい盛り付けも気持ち良いものです。 流水で洗い締めされた麺をちょいと手繰って頂いてみると、軽い塩味と共に小麦粉の風味が鼻腔に届き、小麦粉の持ち味が引き出されている事が分かります。

麺処さとう 郡山店 魚介豚骨つけ麺 中盛

熱々の漬け汁に潜らせてみると、モチッとした食感が活性し、噛めばしっかりとしたコシの強さを伝えつつ、プッツンと歯切れる良きリズム感があります。 このリズム感に乗せられるように、麺手繰り口に運ぶのが楽しくなるような麺です。 中盛は300gと言う事で、なかなかの麺量ではありますが、美味しくペロリと頂けちゃいました(>▽<)b

割りスープはポットで供されます。 多分濃厚豚骨スープだと思いますが、漬け汁の美味しさが再活性し、クリーミーさが増して楽しめますのでお薦めですよ。




麺処さとう 郡山店
福島県郡山市鳴神2丁目103
電話;024-926-0505
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:30~21:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;年中無休
駐車場;店舗敷地内に11台分
禁煙店舗

 

カジュアルダイニング えんび ~福島県郡山市桑野~

暫く訪問機会から遠ざかっていた「カジュアルダイニング えんび」さんに久しぶりの潜入です!(〃∇〃) お店の外壁工事が行われている最中ですが、営業は普段通りに行われています。

カジュアルダイニングえんび

昼の部の営業開始時間が100:30から11:00に変更されたので、なかなかブランチ処にするチャンスが無くなってしまったのですが、開店時間に合わせて行ってみたら、もう駐車場がパンパンでした(;゚д゚) 相変わらずと言うよりも、益々人気が高まっているようです。

ちょうど月替わりの初日に訪問したのですが、月替わりメニューがだいぶ変更されて、新しく加わったメニューの中に、工藤シェフらしい一品を発見して、幸運な気分で一発で決めました♪Ψ( ̄∇ ̄)

オーダーを通して貰ってから、ランチで供されるスープ・バーをチラッと見たら、何だか気になるのがありました。

「すっぱくて辛いスープ」

えんび ランチスープ 酸辣湯

それ、「酸辣湯」やん!w( ̄▽ ̄;)w

スープ・バーとは言え、全く手抜き無しのすっぱ辛さと豊富な具材♪ さすがは工藤シェフの手仕事ですね( *´艸`) このスープで味覚を楽しませ胃袋に“これからもっとウマいもんがやって来ますよぉ~(ノ´∀`*)”って胃袋慣らしをしていると、本日のメインディッシュが登場です。

「日替わりラーメンセット うま辛茄子丼 (950円)」 ※曜日毎に2アイテムから選択する丼

えんび 日替わりラーメンセット うま辛茄子丼

一人前のラーメンに曜日替わりの中サイズの丼のセットメニューですよヽ( ̄▽ ̄)ノ 丼だけでオッケ~な向きには、フルサイズの丼メニューもアリアリですv( ̄∇ ̄)ニヤッ

えんび 日替わりラーメンセット

共添えには先述のスープ・バー(3種類飲みホww)と、プチ・デザートとポテサラが来ました。 副菜はほぼ日替わりだと思うので、連日通っても飽きません(o≧▽゚)oニパッ

えんび 日替わりラーメンセット

素直なラーメン(*^_^*)

良く考えてみたら、かれこれ工藤シェフの料理を頂くようになって7年になりますが、素直なラーメンを頂いた事はありませんでした。 香りからすると鶏出汁でしょうか。 チー油の油膜も見られます。

えんび 日替わりラーメンセット

豚バラチャーシューは、やはり中国料理の定石を踏んだもので、しっかりとチャーダレの味わいが染み入っていて、ただ柔らかいだけではなく、しっかりと味を伝えてくる仕立てです。 そのまま冷菜で頂きたくなるような、味筋の立った立派なものでした。

海苔の下に隠れていたのは、大振りな拍子切りのメンマと小松菜のおひたし。 このメンマがまた秀逸で、歯で噛んだ刹那に繊維に沿ってハラッとほぐれちゃうほどの柔らかさ(⌒▽⌒;) みじん切りにされたネギは、時折シャクっとした歯触りを伝えて来て、また楽しいものです。

えんび 日替わりラーメンセット

麺はゆるくウェーブの掛かった多加水熟成タイプの中細麺。 この麺線でもしっかりとしたコシの強さを伝えてきます。 あまりスープが絡み過ぎない印象でしたが、これは担々麺や酸辣湯麺など、本格中国料理の麺料理に合うような麺だからかも知れません。 半味のアクセントのある醤油ダレですが、塩味のエッジが立つ事無く、麺と一緒にバランスで食べさせるタイプでした。

えんび 日替わりラーメンセット

そして二の膳(っ*^ ∇^*c)

いよいよお楽しみの「うま辛茄子丼」を頂きますっ! お供には先述のスープ・バーから「酸辣湯」の再登場ですよ.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

えんび 日替わりラーメンセット

油通しのされた茄子は、トロトロ爆弾になっていて、そこに甘酸っぱい下味が這わせられています。 更には旨辛系の麻婆餡に近いソースをまぶされていて、そりゃあもう美味しい味の詰め合わせみたいな丼です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

えんび 日替わりラーメンセット

いやマイッタ(;´^д^`)ゞ こりゃあウマすぎだわ。 月曜日だけの提供メニューですけど、是非ともシーズンメニューとして昇格を心から望みますし、茄子好きさんには是非とも召しあがって頂きたいお薦めメニューです(*´∀`人 ♪




カジュアルダイニング えんび <FACEBOOK>
福島県郡山市桑野1-13-25
電話;024-925-6767
営業時間;【昼の部・月~金】11:00~14:00 (LO 13:45) 【夜の部】17:00~24:00 (LO 23:15)
定休日;日曜日
駐車場;店舗敷地内に5台分ほど


 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

郡山市の安積町日出山地内の東部環状線そばにある「支那そば 墨家」さんの冷や中は絶品!(*>∇<)ノ この日も“珠玉の冷や中”を頂きに参りました(〃∇〃)

「サラダ風冷やし中華 (800円)」

墨家 サラダ風冷やし中華

“サラダ風”のタイトルに相応しく、お野菜がタップリと盛り込まれた冷やし中華です。 麺は自慢の自家製ストレート細麺。 その美しい麺線さえも、食欲をソソる美しい盛りつけです。

墨家 サラダ風冷やし中華

当然ながらの“マヨ増しCALL”で、千切りキャベツの上には倍増盛りにされたマヨネーズの姿も頼もしいww( *´艸`) 伝家の宝刀・豚バラチャーシューは、短冊切りに整えられて、冷水締めされた麺と共に頂いても、その柔らかさやチャーダレの染み込んだ美味しさにはハッとさせられます。

墨家 サラダ風冷やし中華

千切りキャベツにキュウリの千切り、櫛切りトマトに千切りレタス、更にはワカメまで組み込まれています。 細目に切り揃えられた野菜は、麺と共に頂いても食感に大きなギャップが感じられず、シャクシャクとした好い歯触りが加わったりと、巧妙に調和しています。

墨家 サラダ風冷やし中華

この細麺の美しさは、冷水で洗い締めされて、更に輝きを増します(>▽<)b 「支那そば」で食べ慣れた麺ですけど、冷水締めされてもしなやかな舌触りは失わず、引き締まったザクッとした歯切れの食感が満喫出来ます。

墨家 サラダ風冷やし中華

ここに甘酸っぱさと旨味、醤油テイストが絶妙のバランスでとられ、鶏出汁の旨味がジンワリと効いた冷や中スープが、ゴマ油の香ばしい香りと共に麺を美味しく引き立ててくれます。 冷や中スープはこの細麺にたっぷりと含み上げられて、口中がジャブジャブになるほどの絡みの良さです(*´艸`*)ァハ♪

和辛子の辛味とマヨネーズの濃厚さと酸味は、この冷や中スープをとてもインパクトある味わいへと押し上げてくれますので、“マヨ増しCALL”をお薦め致します(o^-^o) いやいや、今回も大満足でした!




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど

 

松のや&リンガー・ハット ~福島県いわき市小名浜~

県内最大のショッピングモールとして開業した「イオンモールいわき小名浜」の見物に行って来ました。 日曜日も17時頃でしたので、店舗1階の駐車場内に車をデポ出来ました。

とりたてて記述するような出店社もありませんけど、関東圏のイオンモールに準じた店造りなので、中に入ってしまえばすぐに馴染みます。 ただ店舗周辺の共用駐車場のキャパシティーをアテにしたような運営方法にはちょっと疑問は残りますσ(゚・゚*)

ともあれ遅い昼食を摂るために、フードコートとレストラン街をチェック。 きっと昼時は大変な混みようだったでしょうけど、局所的に行列が解消しないお店もありました。  お初度合の高いお店は、待ち時間が気になるので、カジュアルだけども郡山未出店のこちらを利用してみました。

「松のや」はお馴染み“みんなの食卓でありたい~、ま、つ、や!”でお馴染みの「松屋」のとんかつ店業態です。 路面店ではモロに「かつや」の対抗馬となりますが、果たして牛丼チェーン店の雄であり、幅広いメニュー構成のノウハウを積み上げている「松屋」はどうでしょう。

「おろしロース定食 (630円のところ500円)」 ※開店セール特価

松のや おろしロース定食

開店記念特別価格と言う事で、通常630円の「おろしロース定食」ジャスト500円! 簡単に釣られまして、こちらを所望しました。 フードコートのご多分に漏れず、オーダー&会計を済ませると、呼び出しベルが手渡されます。 そこそこの広さのある飲食ブースの中に紛れると、呼び出しベルが鳴っても、お店まで辿り着く間に、再びCALLが掛けられるという忙しなさ(;´艸`)ぁぁぁ でも、出店ブースから好きなものを組み合わせて楽しめるのはフードコートの良いところです。

松のや おろしロース定食

とんかつは80g程度でしょうか? 少し小さめではありますが、何とか標準量のごはんが食べ切れるギリギリのサイズです。 大根おろしはトンカツの上にダイレクト・オン! 共盛りの葉ネギが彩りを添えています。 見せ方の巧さはさすがですね。

松のや おろしロース定食

キャベツの千切りは意外とタップリと盛られています。 ドレッシングは品出し口に小袋入りの状態で用意されています。 ポン酢は小さな容器で別添え提供。 掛けるか漬けるかは食べ手のお好み次第です。

松のや おろしロース定食

お味噌汁はご本尊で散々やってきた実績があるので、期待もしないがその分失望もしません。 それでも組膳として組み込まれているのは「松屋」らしさかも知れません。

松のや おろしロース定食

さてとんかつの方ですが、これがまた侮れない(;゚д゚) お肉に適度な肉汁が感じられ、これだけ柔らかな歯切れの良さとくれば、立派の一言に尽きるでしょう。 揚げ具合もしっかりとした管理下に置かれていて、先鋭の調理機器の底力が良く引き出されています。

ボクは衣のサクサク感を失いたくなかったので、ポン酢に漬けて食べましたが、柚子の風味とシャープな酸味が良く利いていて、充分に美味しく頂けました( *´艸`)

お値頃でとんかつも頂けたし、もう一つ頂いちゃおうか♪(〃∇〃) と、「リンガーハット」で未食だった「皿うどん」に食指を伸ばします。

「スナック皿うどん (453円)」

リンガーハット スナック皿うどん

標準サイズの約半分です。 でもパリパリ極細麺がこんもりと盛られているので、意外とチープ感は無いですよね? 単独店舗ならテーブル配置の調味料がありますが、フードコートではそうはいかないので、酢、ソースなどは配膳を受けた時に直掛けしてこなくてはなりません。 途中で“味変”が効かないのは残念ですけど、こればかりは致し方無しですね。

リンガーハット スナック皿うどん

先述の通り「皿うどん」は極細麺が油で揚げられていてパリパリ状態のところに、自慢の野菜の旨味と海鮮テイストの仕込まれた白餡が掛けられます。 味付けはチェーン店としては意外にしっかりしています。 人によってはしょっぱく感じるかも知れません。

リンガーハット スナック皿うどん

ボクは受け取りの時に、半分くらいソースを掛けてきてみましたが、酸味とスパイシーさが加わる事で、不思議と甘味が広がって美味しく頂けました。

リンガーハット スナック皿うどん

最初はパリパリだった極細揚げ麺も、時間と共にスープが染み入ってしんなりとして来て、油で揚げた香ばしさと、適度なしっとりとした食感、野菜と餡の旨味が美味しく楽しめちゃいますよ(*´艸`*)ァハ♪




イオンモールいわき小名浜
福島県いわき市 いわき都市計画事業小名浜港背後地震災復興土地区画整理事業地内
 (旧;福島県いわき市小名浜辰巳町38)
電話;0246-73-7210
営業時間;10:00~21:00 ※店内のセクションによって異なります。
定休日;無休
駐車場;敷地内1Fと屋上(5F)に1,200台
     周辺の共用無料駐車場が600台ほど


 

塩川屋 ~福島県喜多方市~

今年も「雄国沼湿原」のニッコウキスゲの撮影が叶いました。 シャトルバスで駐車場まで戻った頃には腹ペコですΣ(゜▽゜;) 喜多方の街中まで下りても15分位ですので、そちらで朝食を摂ることにしました。

標高1,100m位の高原で過ごしていたので、午前中の強い陽射しを受けても、下界に比べればまだ涼しかったものの、雄国沼湿地から金沢峠の停留所まで続く、心臓破りの階段を登れば、暫く汗が引かないほどの疲労感です。

(こりゃあ冷たいのでCool Downしないとキツいな・・・( ̄  ̄;) )

と、言う事で、私的に“喜多方で冷たい旨いもん”がある「塩川屋」さんへGO!ですよ.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

「潮冷やしラーメン+わさび+ごはん (756円+54円+108円)」

塩川屋 潮冷やしラーメン+わさび+ごはん

しじみの出汁の美味しさが塩ラーメンとして昇華された、お店の看板メニューです。 年間通して“冷やし”は供されているそうです。 温かい「潮ラーメン」には「わさび」が標準のメニューがありますが、冷やしメニューでは、スッキリと味わいを整える「梅肉」が添えられます。

塩川屋 潮冷やしラーメン

冷やしでも「わさび潮ラーメン」を頂きたい向きには、「わさび」トッピングを追加すればOKですよ♪ヾ(^▽^*

塩川屋 わさび

キレイに澄んだシジミ出汁スープに、際立つ美しい青味は地場産のグリーンアスパラです。 地元の名産品をちゃんと推してくるのもイイですね。

塩川屋 潮冷やしラーメン

滋味を感じさせる旨味と、昆布のほの甘さとニボシの穏やかな風味あるスープに、柔らかいアタリの塩味がとてもよく馴染んでいます。 “冷やし”とされていますが、スープ自体は予冷されておらず、スープに浮かべられた氷がジリジリと冷やしてくれます。

塩川屋 潮冷やしラーメン

ネギは辛すぎず臭すぎない白髪ネギ。 シャクシャクとした歯触りの良さが心地佳しΨ( ̄∇ ̄)Ψ チャーシューは2種類で、モモ肉とロース巻かな? 「エゴマ豚」の肉質の確かさもあって、共に簡単に歯切れて脂質の固化もなく、食感を損なわないで頂けました。

塩川屋 潮冷やしラーメン

麺はもちろん喜多方スタイルの多加水熟成縮れ麺。 コシの強さと舌触りの良さは、流水洗いされてなお輝きを増しています。 ツルシコ食感も楽しい、美味しい麺ですよ( *´艸`)

絵的に映えないので写真は控えますが、〆にはご飯をスープに投入し、ワサビ茶漬けで満喫致しました(〃∇〃) いやいや、満足、満足♪

いつの間にか外税となり、事実上8%の値上げとなりましたけど、昨今の食材事情を考えると致し方ありませんね。




塩川屋 (HP) (FACEBOOK)
福島県喜多方市一丁目4543 店内禁煙
電話;0241-24-2520
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】18:00~21:00 【日曜日】7:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;店舗右隣りにあり


 

らーめん絆家 ~福島県郡山市西田町~

約3年ぶりに「らーめん絆家」さんを訪問しました。 実はだいぶ前に気付いていたのですが、17:30以降の夜の部限定で、新メニューが登場していました。 その新メニューを食べておきたいものだと思いつつも、ボクの仕事場からはちょっと距離があるので、思い切れ無いままに約半年が経過しました。

らーめん絆家

この日は仕事先にちょっと時間調整が必要だったので、好機とばかりに足を伸ばしてみましたよ(〃∇〃) 夜の部なので、早めの夕食を摂りに来るお客様もいて、客足も途切れませんでした。

「濃厚鶏白湯+九条ネギ (702円+108円)」 ※味玉クーポンで頂きました

らーめん絆家 濃厚鶏白湯+九条ネギ

実は鶏白湯専門店ラーメン店としては、市内では草分け的なお店が「らーめん絆家」さんです。 本作は今まで培ってきた鶏白湯スープの粋を集めての作ということで、当然ながら期待が膨らむってものです。

以前配付されていた「味玉券」は未だに有効と言う事で、永らく財布の中で惰眠を貪っていたクーポン券に陽の目を見させました( *´艸`)

らーめん絆家 濃厚鶏白湯+九条ネギ

自慢の濃厚鶏白湯スープは、完熟香が感じ取れるような詰め方です。 乳化タイプではありますが、舌触りにざらつきは無く、適度なコラーゲン分由来の滑らかな感じです。

鶏出汁の味重ねによる重厚かつ緻密な味わいがドロリとするほど主張される訳でも無く、あくまでもスルツと舌触りの良く、胃袋を直撃するような重量感は無いスープです。 でもこの濃度なら、ちょっと不得手に思っている人でも、程良く美味しく楽しめそうですよ。

らーめん絆家 濃厚鶏白湯+九条ネギ

看板メニューの「白絆」とは異なり、豚バラチャーシューから味付け鶏挽肉にスイッチされていました。 多分「鶏」というテーマに対して、妥協無き取り組みの一つだと思います。 そこは創作者の意図として尊重したいと思います。

「九条ネギ」は「白絆」を頂く時でも、進んでトッピングに加えていましたが、「濃厚鶏白湯」であれば尚のことマスト・アイテムでしょう。 シャリシャリと歯触りの食感も好く、辛味とネギ臭が控え目で、鶏出汁風味の強い本作にはマッチしていると思います。

スープのカエシには、ちょっと甘めの醤油ダレが合わせられていますが、醤油テイストがハッキリと立っていて、「濃厚鶏白湯」というメニューのテーマからは少し乖離を感じます。 ベーススープ勝負で醤油テイストは抑えても良さそうな気がします。

らーめん絆家 濃厚鶏白湯+九条ネギ

麺はストレート細麺で、プツプツとした歯切れの食感が活かされています。 もちろん、スープの絡み具合も良好で、麺を手繰ればスープが寄り沿う鶏白湯です(o^-^o)

らーめん絆家 半替え玉

更には“全員サービス”「半玉替玉」を追加投入♪ ころあたりになってくると、麺からスープに溶け込んだグルテン分が、スープにトロミを加えてくるので、より一層麺との一体感が増して来ますよ(>▽<)b




らーめん絆家
福島県郡山市西田町三丁目仁王ヶ作37-1
電話;024-971-3880
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:30~20:30 ※土日祝は11:30~20:30
定休日;年中無休
駐車場;店舗敷地内に30台以上

 

大内ダリア園 ~福島県伊達郡桑折町~

桑折町にゆり園があると聞きつけ、ちょっと早取りできるね!と出掛けて見ました。 事前にキャッチしていた情報にも、あまり所在地を事細かに知らせてくれているところはなくて、すぐ近くまで来ているハズなのだけど、なかなか辿り着けずに苦悩してしまいました( ノД`)

と、ちょうど佳き事に、農夫さんを見つけて、手っ取り早く尋ねてみたら、やっぱりすぐ近くまでは寄れていたようで、難無く教えて貰えました。

大内ダリア園
[2018/6/24 大内ダリア園]  <↑ Clickで拡大>

周囲は水田地帯で、植栽されているゆりは、植物園の如き区画で仕切られた展示方法。 風景として捉えるよりも、花の艶やかさが撮りどころでしょうか?

甘い香り #1
[2018/6/24 甘い香り #1]  <↑ Clickで拡大>

園内には1万本のゆりが植栽されているとの事です。 ボクが訪問したときには、まだ若干ピーク前だったようですので、きっと今頃は最高の咲き具合になっていると思います。

甘い香り #2
[2018/6/24 甘い香り #2]  <↑ Clickで拡大>

園内には甘いユリの花の香りがふんわりと漂い、夕刻を迎えていたこともあって、来園者は極少なくなっていました。 管理人さんは、テキトーなところで帰宅しちゃったみたいで、このユルさがまた何ともww

甘い香り #3
[2018/6/24 甘い香り #3]  <↑ Clickで拡大>

管理人さんは帰宅しちゃってからも、ご近所さんらしき方々が三々五々にやって来ては、互いに挨拶を交わしたり、四方山話を咲かせたりで、ちょっとした社交場にもなっているみたいですね(o^-^o)

夕映え
[2018/6/24 夕映え]  <↑ Clickで拡大>

陽が傾き、オレンジ色の強烈な夕陽が射し込む。 水田を渡って来る夕風は、どこかしら涼しく感じられる、田園地帯の夕暮れ時でした。

月まで届け!
[2018/6/24 月まで届け!]  <↑ Clickで拡大>

ゆり園の傍らに一畝だけ育てられていた梅雨のシンボル植物・タチアオイ。

ちょっと早く昇ってきた月を指して、天まで届け!

『先まで咲く頃には梅雨が明ける』と言われているけど、もしかすると本当はもう梅雨明けしてないか?Σ(゜▽゜;)

さて、この「大内ダリア園」ですが、自分も辿り着くのに困惑したので、正確な住所とGoogle Mapの登録をしておきました。 ダリア園を名乗っている事から、本命はダリアの花って事ですが、開花期はこれからじゃ無かろうかと思います。

訪問・観覧にあたっては、初回200円の施設協力費の協力が呼びかけられています。 どうかご理解を頂き、楽しく過ごして頂ければと思います。




大内ダリア園
福島県伊達郡桑折町伊達崎薬師前51
駐車場;農園入り口に10台分ほど、第2駐車場もあり