FC2ブログ

中華料理 蘭々亭 ~福島県郡山市本町~

前回頂いた「カツ丼」の美味しさを再び確かめたくなって、再び「中華料理 蘭々亭」さんの赤暖簾を潜りました。 今回も店主夫妻と娘さんのフルキャスト。 今回は店主さんが腕を奮ってくれました。

「カツ丼 (900円)」

蘭々亭 カツ丼

揚げ立て一品仕上げの「カツ丼」は、丼ではなくお重に盛られます。 ご飯の量もナカナカですので、“大盛CALL”をしなくても、普通にハライッパイを満喫出来ますよ。

蘭々亭 カツ丼

共添えのスープと冷や奴も前回と同じ。 スープは刻みネギだけが散らされたシンプルな仕立て。 醤油ダレの効かせ方が控え目にされているので、濃ゆ~い味付けの丼タレにはお誂え向きです。 冷や奴も約1/3丁の大ボリュームで、味覚のリセットには好都合なお供です。

蘭々亭 カツ丼

最近は徐々に姿を消し始めているグリーンピースが、現役バリバリで活躍中ですね(〃∇〃) 彩りの良さだけでなく、食感も他と被らないので、存在感が余計に光ります。

蘭々亭 カツ丼

溶き卵は軽く攪拌する程度で掛け回され、しっかりと煮固める伝統技法。 甘じょっぱく凝縮度のある濃い目の丼ツユに、玉ネギの柔らかな甘味が加わって、それはもう“丼のKing og Kings”の面目略如です(〃∇〃)

蘭々亭 カツ丼

仕上がりで厚さ12mmほどの豚ロース肉のとんかつは、脂身がほぼ落とされていて、噛めばブリッ!と歯切れる良質なものです。 肉汁が飛び散るようなジューシーさは無いけど、食堂カツ丼に求められる期待は、ほぼほぼ満たされていると思います。

蘭々亭 秘策のウスターソース

美味しく食べ進めていったら、終盤で再びアノ儀式を行います(ノ´∀`*) 卓上配置のスウターソースを、サラリとカツ丼に掛けて頂けば、衣に宿った甘じょっぱい丼ツユが、酸味とスパイシーさ、そして酸味と辛味で更に力強い味わいとなり、脳髄を直撃してくれますよ♪

喜多方まで足を運んで行列に並ばなくても、アノ名店のカツ丼を彷彿とさせる味わいが、ごく近所で楽しめちゃう事を確信致しました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ




中華料理 蘭々亭
福島県郡山市本町2-20-1
電話;024-934-7300
営業時間;【昼の部】11:50~14:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗東隣の敷地内に2台分