ふくしまラーメンショー2018 「金沢麺達兼六会」 2回目

いよいよ本日が「ふくしまラーメンショー2018」の開催最終日です。 ボクはスケジュールの都合上、フィナーレを見届けることは出来そうもないので、昼時に少しだけ時間を作って、会場に行って来ました。

ふくしまラーメンショー2018 金沢麺達兼六会

来年の出店シード権(上位2店)争いも、上位4店が僅差で並ぶ中、果たしてどこが抜け出すのか、とても気になるところですが、「金沢麺達兼六会」さんはV5の掛かる、非常に重要な局面でもあります。 4年連続1位を獲り続け、5年目にしてもこの行列と上位争いの真っ直中にいるのは、このチームのファンがもはや固定的になっている証かも知れません。

「濃厚味噌 炎・炎 肉盛そば ~金沢百年味噌2018バージョン~」

ふくしまラーメンショー2018 金沢麺達兼六会

相変わらずのインパクトある盛りつけですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 炙り立ての豚バラ肉がドスツと載せられ、その色も深々とした味噌スープに、分厚い油膜がトロッとするほど掛かっています。

福島ラーメンショー2018 金沢麺達兼六会

郷土の地醤油・大野醤油が風味豊かにバラ肉を美味しく味付けしています。 この肉だけどご飯一膳は楽勝で楽しめそうです( *´艸`)

福島ラーメンショー2018 金沢麺達兼六会

豊かな味噌の風味と甘じょっぱくちょっと脂ギッシュな濃ゆ~い味わいの味噌ラ~には、後味を洗い流す茹でモヤシと刻みネギが配されます。 それでも尚かつ濃ゆ~~いのが金沢の味噌ラ~(;^ω^)

いつも「ここに白飯をそばにおきたい」と思わせるほどの旨味が、怒涛の如くに味覚を支配していきます。

福島ラーメンショー2018 金沢麺達兼六会

濃厚でパワフルなスープに互する麺は、ジャガイモが小麦粉にブレンドされているそうで、そのデンプンがニョッキのようなモチッとした食感を作り出しているのかも知れません。 お掛けで麺は腰砕けになることなくしっかりとした弾力を感じさせる食感が長く続きます。

福島ラーメンショー2018 金沢麺達兼六会

以上で今年のボクのふくしまラーメンショーはお終いです。 仕事との兼ね合いもあって、なかなか会場に足を運べず、もう少し攻め足り無かった感は残りましたが、今年も会場で多くの仲間や旧知の友達に会うことも出来たり、ボクにとってはちょっとした社交場になりつつあります。 もう7回目の開催でしたから、そんな積み重ねも実感する事があるものです。 また来年を楽しみにしています。
 

高蔵寺のシャガ

いわき市高倉町の「高蔵寺」のシャガが見頃になっています。 こちらも桜同様に、例年よりも1週間くらい早く見頃を迎えました。

今年で4年連続で行ってますが、毎回夕刻になってしまうので、今年も例によって貸し切り状態でした( ̄▽ ̄i)ゝ

高蔵寺のシャガ #1
[2018/4/29 高蔵寺のシャガ #1]  <↑ Clickで拡大>

あと、今までなら大量の羽虫が纏わり付いていたのですが、今年はほぼいなかったなぁ~ 気温は例年と変わらない温かさ(と言うよりも、暑いくらい)だったけど、羽虫の羽化は早まらなかったのかも知れません。

高蔵寺のシャガ #2
[2018/4/29 高蔵寺のシャガ #2]  <↑ Clickで拡大>

シャガの花は、自分にとってはあまり身近な花ではなかったので、古刹の杉林の中一面に咲き乱れる景色を初めて見たときは、何かしらスピリチュアルな雰囲気を感じました。

高蔵寺のシャガ #3
[2018/4/29 高蔵寺のシャガ #3]  <↑ Clickで拡大>

そしてそれは今も変わり無く。 シンと静まった杉林と三重の塔、少しだけ杉林に射し込んでいた夕日も、徐々に遠退いて来て、日陰の蒼味と緑が色濃く冴えてきました。