FC2ブログ

ふくしまラーメンショー2018 「仙臺 くろく」

南相馬市出身の店主さんのお店仙臺 くろく」が県内初出店です。 名門「渡なべ」出身の店主さんが創り出すラーメンは、いつも豊かなセンスある発想力を、驚くべき調整能力でまとめあげる底力を感じさせます。

ふくしまラーメンショー2018 「仙臺 くろく」

今回お披露目されたのは、焙煎して濃縮した甘エビの旨味を濃厚な鶏白湯と合わせて、醤油ダレで整えるという作品。 今回の出店社の中でも、素材のチカラを前面に据えた作品の代表作の一つと言えます。

「濃厚香味海老そば」

ふくしまラーメンショー2018 「仙臺 くろく」

品の良い美しい盛り付けですね(o^-^o) 器からはスゴイ勢いで海老の香りが放たれています。 甘エビを焙煎した上、殻ごと砕いて絞り出されたエキス分と、濃厚な鶏白湯の出会いは、まさに濃厚の一言に尽きます。 でもそれでいて甘エビに支配され尽くした感じではなく、クリーミーに乳化した濃厚鶏白湯の旨味と合わさることで、旨味に多様性が感じられて単なる一点突破型では無い事が分かります。

ふくしまラーメンショー2018 「仙臺 くろく」

さり気ない辛子の効かせ方や、極薄切りにされた九条ネギの優しいタッチの風味など、とても繊細にバランスが取られていて、クリーミーな極旨スープを飽きさせることなく楽しませてくれます。 この濃厚なスープに合わされるのは縮れ太麺。 スープの濃度だけでなく、麺を噛みながらスープの味わいをより一層楽しませる策が張られていました。 さすがだ・・・(^◇^;)
 

ふくしまラーメンショー2018 「白樺山荘」

今回の出店社さんの中でも、特に驚いたのが札幌市の名店「白樺山荘」さんの出店です。 とりわけGW中のイベント出店は、普通では考えられないようなサプライズです゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆ 何やら主催者さんの日頃からの人脈形成の賜物で届いた願いだったとか。 そりゃあありがたいってもんです(>▽<)b

ふくしまラーメンショー2018 「白樺山荘」

札幌でも常に人気のトップグループにいる「白樺山荘」さんだけあって、当地での知名度も高いせいか、スタートと同時に直ぐに行列が出来ていました。 しかもオペレーションも良く、配食は思いの外待たされる事もありません。

「札幌味噌ラーメン」

ふくしまラーメンショー2018 「白樺山荘」

角切りチャーシューは白樺山荘の味噌ラ~のビジュアル的なトレードマーク。 白麹味噌と白味噌で作られる味噌ダレは、やはりその色も色白です。 背脂と油膜はしっかりと張られていて、クチナシ色素の用いられた麺も、札幌味噌ラーメンの定石を踏むものです。

ふくしまラーメンショー2018 「白樺山荘」

豚骨をベースに白菜とネギ、昆布と共に炊かれたスープに、少しエッジの効いた味噌の塩味のアクセントが感じられました。 ゴマ油やニンニクの他にオイスターソースまで仕込まれているそうで、その辺の色んなサジ加減が見事な一体感となって味わいに表現されています。

多分初日の夕刻には少々チューンを加えて、より塩味のアタリが柔らかくされていると思います。 札幌味噌ラーメンの一つの完成型を開成山公園で頂けるチャンスです。
 

ふくしまラーメンショー2018 「ラーメン工房 ふくや」

正直なところ、「ラーメン工房 ふくや」さんに関しては、事前に良く取り調べしていませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ それだけにその確かな美味しさとの出会いは衝撃的でもありました。

ふくしまラーメンショー2018 「ラーメン工房 ふくや」

ブースの後方ではアシスタントさんが丁寧に自慢の厚切り炭火焼きチャーシューを炙っていたんですよ。 これ8日間続けるって、ほぼ賽の河原の如き辛い仕事になると思います。 でもその甲斐あって、とても印象的な美味しさを楽しませて貰えました(o^-^o)

「厚切り炭焼きチャーシュー豚骨」

ふくしまラーメンショー2018 「ラーメン工房 ふくや」

地元・郡山では黒マー油をあしらったラーメンはほとんど無いと思いますが、濃厚な動物系スープとの相性の良さを教えてくれるような絶妙のバランスです。

ベーススープは豚骨ですが、そこに鶏出汁をブレンドしているそうです。 だからシンプルに濃厚豚骨と言うよりも、少し軽快感があって、旨味のエレメンツの幅が広く感じました。 そこに先述の黒マー油のコクと豊かなロースト香が加えられていて、後味にキレの良さと黒マー油の香りの余韻がスゥ~っと後を引くかのようです。

ふくしまラーメンショー2018 「ラーメン工房 ふくや」

濃厚なスープにちょっと甘めの醤油ダレですが、これがまた良い感じに舌の上にクリーミーな印象を与えてまくれます。 白髪ネギと小口ネギの2種類のネギが、爽やかな辛味と瑞々しさや味わいへの軽快な印象を巧く演出しています。

麺は極細の低加水ストレート麺。 ザクッとした歯切れの食感も良く、当然ながらスープの含みも上々で、麺を手繰れば口の中までスープが一緒に運び上げられるほどで。

厚切り炙りチャーシューは、余分な脂質が既に落ちていて、甘じょっぱいタレが芯まで染み入っていて美味しい。 食べ応えも充分で満足度が高いですよ( *´艸`) 近所に一軒欲しい店だなぁ~(〃∇〃)
 

ふくしまラーメンショー2018 「活龍」

今年の「ふくしまラーメンショー2018」の出店社さんの中で、郡山市内の飲食店が注目しているとの声が寄せられていた筆頭が、茨城県の「活龍」さんです。

ふくしまラーメンショー2018 「活龍」

鶏白湯スープに生雲丹を溶かし込むという、何とも豪勢なスープでエントリーしていますが、この「活龍」さんは製麺所も持っていて、同業のラーメン専業店さんにも卸しているそうなんですね。 今回の「ふくしまラーメンショー2018」の出店社さんの中にも、「活龍」さんの製麺所の麺を使っているお店があるとか・・・

「濃厚うにそば」

ふくしまラーメンショー2018 「活龍」

これ、原価割れしてない?Σ(゜▽゜;) ってくらい、雲丹がタップリと溶かし込んであります。 スープの色は雲丹色と言っても過言無しです。 こりゃあスゲえや(゚A゚;)ゴクリ

その味わいはまさに雲丹テイストの濃縮スープ、 徹頭徹尾、雲丹の濃厚な旨味と豊かな風味が口中に留まり続けるほどのパワーです。 こんな事があって良いのだろうか?・・・(・∀・i)タラー・・・

ふくしまラーメンショー2018 「活龍」

まるでローストポークの如きチャーシューは、やはり半生っぽいしっとりとした食感で、雲丹テイストに一石投じるチャーダレの味わいが染み入っています。 雲丹だけでなくベースとなっている鶏白湯の底力も、全体像をグイッと押し上げていますね。 拍子切りタイプの大振りなメンマは、見事に柔らかく炊かれていて、甘じょっぱい味付けがまたヨロし。 クリーミーなスープは、まるでソースのようでさえありますが、中太のモチッとした食感の麺が、これまた良い感じです。

またもう一つ発見したのは、このラーメンは少し冷めてからも悪くない! と言うか、ちょっと冷ますとまた別の魅力があるラーメンでした。 麺は冷めても伸びちゃうのではなく、更にナイデンテ的な極太スパを思わせるモチモチ感が出てきます。 そこに濃厚な雲丹&鶏白湯スープがソース化して、完全にパスタ化して来ますヨw( ̄▽ ̄;)w

ふくしまラーメンショー2018 「活龍」

お昼時にはブースの前はこんな行列。 みなさん、フレッシュな雲丹の濃厚スープを、心ゆくまで楽しんで下さい( *´艸`) 

ふくしまラーメンショー2018 「世界が満ちる時」

大阪から出店の「世界が麺で満ちる時」さんは、個性的なラーメンを創り出す天才肌の店主さんとして知られるお店です。 店主さんは若いなぁ~と思ったら、まだ20歳台だと言うのですから、また驚きでした。

ふくしまラーメンショー2018 「世界が満ちる時」

お客さんも良く調べて来ているのでしょう。 開場早々に客並びが出来上がっていて、昼時に掛けてその行列は長くなるばかりでした。

「名古屋コーチン黄金醤油ラーメン」

ふくしまラーメンショー2018 「世界が満ちるとき」

醤油ラーメンとは言え、やはり関西のカラーで非漆黒系です。 丼の表層の油膜には、独自の柑橘系香味油オレンジ・ファントムがあしらわれます。 この香味油こそ、このラーメンを極めて個性的なものにしていて、オレンジピールと鷹の爪を油に浸漬して作られています。

だからとても爽快感のある不思議な香りが感じられるのですが、このフレーヴァーを文字に起こすのはボクにはちょっと難し過ぎです(`・ω´・ ;) 少し揮発性を感じさせるような鼻腔を突き抜けるオレンジピールの香りがまさにファントムです(*^▽^*)

ふくしまラーメンショー2018 「世界が満ちるとき」

ベーススープには名古屋コーチン。 醤油ダレに用いられる醤油も、なかなかコチラではお目に掛かれないもので、島根の淡口醤油に鹿児島の濃口醤油が合わされます。 共に甘口タイプですので、ラーメンスープには昆布出汁などの甘味とは一線を画する明瞭な甘味があります。

塩味を甘味が巧く円やかにしていて、醤油の旨味が良く活かされた味わいになっていました。 また薄切り大判の肩ロースチャーシューには、粗挽き黒コショウらしきスパイスがまぶされていて、甘めのスープをディテールアップしています。 麺もまた個性的で、うどん粉がベースなのだそうですが、平断面の中太ストレート多加水麺は、全粒粉がブレンドされていて香りの高さが伝わって来ます。 モチッとした食感は時間を経てもあまり失われることなく、美味しいスープを適度に吸い込みながら、麺自体がどんどん美味しくなってくるタイプでした。

ド派手なインパクトはありませんが、麺を手繰りスープを口にする度に、ジワジワと美味しさが増幅されていくような、ヤミツキになりそうな魔力があります。 オレンジ・ファントム、ソソられたらハマりますよv( ̄∇ ̄)ニヤッ
 

ふくしまラーメンショー2018 「金沢麺達兼六会」

初日からスゴイ賑わいでした!(;゚д゚) 「ふくしまラーメンショー」4年連続の売上げ杯数首位を獲った「金沢麺達兼六会」さんは、今年はいよいよV5が掛かっています。 ちゃんと調べてはいませんけど、多分ラーメンイベントで5年連続で売上げ杯数1位を獲った事のあるお店は無いと思われます。

ふくしまラーメンショー2018 金沢麺達兼六会

5年連続で出店しているのに、真っ先にお客様が並びます。 完全にファンが付いていますね(o^-^o)

「濃厚味噌「炎・炙」肉盛そば ~金沢大吟醸味噌 2018バージョン~」

ふくしまラーメンショー2018 金沢麺達兼六会

今年も甘じょっぱく濃厚な味噌ラ~は健在です。 インパクトありますね♪ 味噌テイスト、旨味、油分、炙り豚バラ肉のタレからの甘じょっぱさと脂質が加わり、口に含んだときのパンチ力は中毒性の高さ満点です。

ふくしまラーメンショー2018 金沢麺達兼六会

昨年よりも味噌自体のエッジが明瞭で、炙り豚バラ肉は確かにモチッとした食感が伝わって来ます。 麺もコシのある歯触りで、濃ゆいスープに力負けしていません。 今年も旨いなぁ~(〃∇〃)

ふくしまラーメンショー2018 金沢麺達兼六会

会場を後にする頃には、更に行列は拍車が掛かり、まさに初日からロケット・スタートをキメた感アリです。