FC2ブログ

食事処 松しま ~福島県郡山市朝日~

寒暖の差にヤラれたのか、久しぶりに風邪をひいてしまい、体調がイマイチだったので、ちょっと胃に優しい昼食にしておきましょうと、脳内検索をして「食事処 松しま」さんに決めました(o^-^o)

「中華もりとミニカレー丼のセット (750円)」

松しま 中華もりとミニカレー丼のセット

うん、何だか当初の思惑は何処へやら、何時もと変わらぬモリモリ具合を選んでしまった気がする(。-`ω´-)んー (←反省の色無し)

本当は「中華もり」だけに止めておくつもりだったんだけど、暖簾を潜って女将さんに会ったら、何だかイケそうな気になっちまったんだなσ(゚・゚*)

その辺の云々は、まあお店に足を運んでいる皆さんには、何となく

「分かる、分かる(-∀-。)ぅんぅん」

と謂って頂けるかとww

松しま 中華もり

名物の「中華もり」“もりそばの中華麺バージョン”ではあるけれど、その完成度の高さは食べてみる価値有りですよ。 中華麺、そば、うどんと、全て自家製麺という、単なる大衆食堂の一言では括れないのがこのお店です。

松しま 中華もり

日本そばで培われてきた出汁とカエシに、自家製の砂入りラー油でエッジの利いた漬け汁にしています。 蕎麦つゆは蕎麦猪口に張られず、ちゃんと蕎麦徳利で供されるあたりも、礼儀正しいと言いますね(*>∇<)ノ 手酌で自分好みのバランスが楽しめますよ。

蕎麦つゆはあまり甘過ぎず、程良く宗田節と厚削りの旨味が利いていて、どっぷりと潜らせてもしょっぱくなり過ぎない、地元嗜好を良く汲んだ仕立て。 ここに油断大敵な自家製ラー油が爪を研いでいますv( ̄∇ ̄)ニヤッ 油断して啜ると、盛大に咽せる事もありえるポテンシャルを持っていますからご用心。

松しま 中華もり

麺は先述の通り自家製で、多加水タイプの熟成中細麺です。 流水締めされるのを前提に、しっかりと茹で上げられていて、ツルッと滑らかな舌触りの佳さは美点です。 およそ200gくらいあるのでしょうか? 麺量もそこそこありますが、麺肌のしなやかさも手伝って、喉通りが良くてグイグイと手繰れてしまいまいます。

松しま ミニカレー丼

セットメニューに選んだ「ミニカレー丼」は和出汁の利かされた蕎麦屋さんならではのカレーです( *´艸`) 実は「ミニカレーライス」という、正統派のカレーもあって、セットメニューなのにカレーが2種類から選べるという、ちょっと珍しい構成となっています。

松しま ミニカレー丼

ミニ丼セットを選ぶと、単品価格よりもお得になるだけではなく、ミニサラダと香物まで付いて来ちゃうというサービス・メニューなんですね♪ そんな事もあって、いつもこの罠にまんまと掛かってしまいます(^◇^;)

松しま ミニカレー丼

サイズはとても“ミニ”とは呼べないモリモリ具合・・・(・∀・i)タラー・・・  お陰でいつもハライッパイは約束されている訳で。 玉ネギと豚肉のシンプルな具材が、旨味タップリのカレー・ルーにはピッタリです。




食事処 松しま
福島県郡山市朝日1-28-10
電話;024-922-3540
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に5台分


 

【2018年 桜巡り】 棚田の桜

この日は県内の主立った桜の最後の見頃の日。 名のある桜並木などは、どこも人で溢れていてとても写真撮影どころではありません。

方々から情報をかき集め、見頃になっている桜の情報から、未訪問だった喜多方市山都町の沼ノ平の「棚田の桜」に行ってみました。

棚田の桜 #1
[2018/4/22 棚田の桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

棚田になっている場所ですから、思い切り山間部な訳で、日の出時刻から大分経たないエリア全体に陽射しは廻りませんでした。 まあそんな事情を一度はロケハンをしたことのあるカメラマンなら承知置きって事でしょう。 現着から暫くはダレも来ませんでした。

棚田の桜 #2
[2018/4/22 棚田の桜 #2]  <↑ Clickで拡大>

ここ「棚田の桜」は、耕作放棄となってしまった農地を、荒れ地にしないという思いで桜や菜の花を植栽したそうです。

沼ノ平は今回初めて行きましたが、とても険しい峠道がそこここにあって、ちょっとした耕作可能な土地を手塩にかけて農地に仕立てたのが分かりました。

棚田の桜 #3
[2018/4/22 棚田の桜 #3]  <↑ Clickで拡大>

撮影していたら一台の軽自動車が棚田の中に通じる道に下りていきました。 ダッシュボードには「猟友会」のプレート。

リアルに狩猟に行くんだぁ~(゚A゚;)ゴクリ

と思っていたら、暫くして熊除けの打ち上げ花火が上がりました。

確か24日から30日だったか、棚田の桜のライトアップとウォークラリーが予定されていたはず。 猟友会さんは狩猟をしに行ったのではなく、熊を寄せ付けない為のパトロールをしていたのかも知れません。