FC2ブログ

【2018年 桜巡り】 夜ノ森の桜

先週の事になりますが、今年の県内の桜巡りは、富岡町の「夜ノ森の桜」からスタートしました。 時を同じくして、浜通り各所では、かなり桜も咲き進んでいて、県内の名桜のトップバッターと言われる、矢祭町の「戸津辺の桜」も満開を迎えていました。

そちらは以前訪問済みでしので、もう長いこと訪問していなかった「夜ノ森の桜」に行ってみたいと思いました。 県内在住の皆さんや、福島に心を寄せて下さっている皆さんには、ほぼ常識として知られているとは思いますが、富岡町は避難指示解除地区と帰還困難地区が混在する町です。

お隣の大熊町に至っては、まだまだ道のりは遠いように思えます。 国道288号線を伝って大熊町から富岡町へと向かう道すがらには、通行止めのゲートやスクリーミング施設、主無き家に立派な花を咲かせるている桜など、初めて見たらちょっとショックを起こしそうな風景が続きます。

そう言うボク自身も震災後初めてこの道を通って来たのですが、やはり心理的なインパクトは相当なモノでした。 「夜ノ森の桜」は、その全てが立ち入り出来る訳ではありませんが、帰還を強く念じる住民の意思を汲み取るかの如くに、早期に除染が進められてきました。

希望
[2018/4/1 希望]  <↑ Clickで拡大>

丁度道路上に車と観桜客が捌けた、ほんの僅かな隙を突いて撮影した写真です。 ボクが現着したときは、既にかなり陽も傾いていたからか、ここを訪れている人はそんなに多くはありませんでしたが、引きも切らずに来訪者は絶えることはありませんでした。
 やはりこの桜を目の当たりにしたら、人は皆、自然と頬が弛むものですね。

もどかしさ
[2018/4/1 もどかしさ]  <↑ Clickで拡大>

そんな桜並木のもう一方側は、フェンスで仕切られた世界です。 線量にはそんなに強烈なギャップがあるとは思えませんが、主因は道路閉鎖の都合や、スケジュールの都合のせいではないかと思います。

時間(とき)
[2018/4/1 時間(とき)]  <↑ Clickで拡大>

アコーディオン・フェンスのヤレた感じに、7年の時の流れを感じさせられます。 歩道脇のアパートは立ち入りが制限されている場所で、バーを一跨ぎにすれば誰でも簡単に入れてしまいます。 僅か10m先には置き去りにされた住人の自動車が未だにそのまま残されていて、アパートの屋根瓦も崩れたままで放置されているのが、とても鮮明に迫ってきます。

ちょうど帰還困難区域と居住制限区域の隣り合う「夜ノ森の桜」は、“希望”と“もどかしさ”の交錯する歪(いびつ)な場所なのかも知れません。 

北海道ラーメン 麺屋 中邑 ~福島県田村市船引町~

富岡町まで撮影行に出掛けた帰り足、すっかり昼食を摂り損ねてしまいました。 R288沿いでは、富岡町からの帰途でロードサイドで食事を摂れるところは、船引町まで戻らないと無いのです・・・(・∀・i)タラー・・・

さてどうすっかな~?σ( ̄、 ̄=)と思案したら、Blog仲間の「今日もどこかで・・・きっとどこかで」(URL)のAuthor・maxmaxさんの最近の肝いり店が船引町にあるのを思い出しました。 2016年9月に開店していた「北海道ラーメン 麺屋 中邑」さんに初詣して参りました。

北海道ラーメン 麺屋 中邑

夜の部も遅めの入店となってしまいましたが、幸いなことにまだ暖簾落ちしていませんでした(* ̄∇ ̄*) 駐車場は広めですので、昼時のピークタイムでもなければ、多分ちゃんとデポ出来ると思います。 暖簾を潜って店内に漂う香りを嗅いだだけで、もうこれは間違いなくアタリだろう♪( *´艸`)って予感がしました。

「こってり味噌ラーメン+チャーシュー (750円+200円)」

麺屋 中邑 こってり味噌ラーメン+チャーシュー

見るからにボリューム満点な味噌ラ~ですヽ( ̄▽ ̄)ノ お初ながらも、なかなか訪問機会は無いでしょうから、チャーシュー・トッピングを追加したら、望外の威容となりましたよ。

麺屋 中邑 こってり味噌ラーメン+チャーシュー

“こってり”には背脂が加えられていて、なかなか迫力モノの油膜です。 更には仕上げに擂りゴマとガーリックパウダーがふられています。

麺屋 中邑 こってり味噌ラーメン+チャーシュー

モヤシはスープと共に炒め煮されていて、程良い歯触りを残しながら、濃厚な味噌スープのパンチを和らげてくれます。 メンマは柔らかく炊かれており、ちょっと甘めなところがまたヨロし(o^-^o)

麺屋 中邑 こってり味噌ラーメン+チャーシュー

チャーシューは肩ロース肉なのかな? ほぼ脂身無しで、ちょっと厚めのカットでしたが、とても簡単に歯切れる柔らかさに驚きました。 ベーススープは豚骨じゃないかと思われますが、背脂の後押しもあってかなりハードな旨味が怒涛の如くに押し寄せます。 そんな中、チャーシューが脂身リッチなバラ肉だったなら、きっとKOされる人が続発するかも知れませんね(^◇^;)

味噌味はなかなか濃厚。 塩味のエッジはコンブや背脂の甘味で丸められています。 ちょっと甘さをたたえた味噌味ながら、それがまた甘味と油分の魔性の味わいとして、ツボにハマる人が続発しそうです。

麺屋 中邑 こってり味噌ラーメン+チャーシュー

麺は北海道は札幌市の札幌ラーメン専門の製麺会社「太兵衛 小林製麺」からの取り寄せ品。 クチナシ色素入りのゆるめの縮れ中麺は、多加水タイプの熟成麺です。 これが札幌味噌ラーメンの古典的極太縮れとは異なる新しさを感じさせます。

ゴリゴリ感では無く、コキッとするような歯切れの食感と、スープの含みの良さで口中が味噌ラ~祭りになること請け合いです( *´艸`) なるほど、これは美味しいね! 麺量も並盛りで150gと程良く、炒め煮される野菜も加わると、食べ応えも上々でした。




北海道ラーメン 麺屋 中邑 (なかむら)
福島県田村市船引町船引字堰田44-4 ※店内禁煙
電話;080-1093-1720
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 (L.O.13:45) 【夜の部】17:00~20:00 (L.O.19:45) ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日
駐車場;20台ほど